プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/08/02 11:41 yuccalina

思い出の半券に纏わるエトセトラ

先日27時間テレビの記事(こちら)で、昔見た映画やコンサート諸々の半券が出てきた話をしたが、過去の記事(それぞれ画像のところをクリックしてみて)に纏わる画像を、ここで一挙に紹介しておきたい。

まずは、雨上がり決死隊、蛍原徹に入れ込むキッカケとなった、イラン映画『友だちのうちはどこ?』。ホトちゃんが好きな映画第3位に選んだ作品。キアロスタミ監督は、世界各国にいるであろう“小津チルドレン”の一人だと思う。普通の人々のありきたりの日常を淡々と清々しく描いている。私は、ヴェンダース(ドイツ)、ジャームッシュ(アメリカ)、候孝賢(台湾)などのお蔭で、小津安二郎を知る事が出来た。キアロスタミ監督は素人の子をよく出演させるのだが、この主役のアフマッド君も多分そうだ。とーっても、可愛かったです。

<蛍原ジェンヌへの道を開いた記事はこちら

お次は太宰治の没後40年展。今や青森土産に“生まれてすみま煎餅”があるらしい。私は食べたことないですけど。また、某飲料のCMでは、ジャニタレが走れメロスを演じてたり、太宰も草葉の陰で笑ってるかな。

<太宰絡みでピース又吉へのシンパシーを書いた記事はこちらdazaiten.jpg

浅い内容だけど、私は同性愛&両性愛に関する記事も結構書いてきた。12才からイギリスの音楽や映画を愛好してきた為、日常的にも友達と話題にしてきた方だと思う。この数年、日本でも刑事ドラマ『BOSS』でケンドーコバヤシがゲイの警察官の役をしているが、イギリスでは80年代から登場してますからー。そんだけ日常に入り込んだ存在なんだろう。で、香港スター故・レスリー・チャンがカミングアウトしたのも、旧宗主国イギリスの影響だったのかは分からんけど、俳優さんにとってはかなりの勇気ある決断だったはずだ。それによって共演NGが出る可能性高くなるし、、。実際、この『ブエノスアイレス』で共演したトニー・レオンは後に「精神的に大変だった」と語っていた。もちろんレスリーの事を貶めるような内容ではなかったけど、、。ゲイカップルのラヴシーンが強烈かもしれないが、クリストファー・ドイルによるカメラワークは、やはり美しい。自由奔放な恋人(レスリー)に振り回されて、憔悴しきったトニーの前に現れたバックパッカー青年を演じるチャン・チェンがチョー爽やかで、エンディング曲『Happy Together』の軽快な音と絶妙にマッチして、見た後になぜか爽快な気分になれる不思議な映画だ。

<ピカルの定理、ビバリ&ルイを見て思い出した(記事はこちら)、耽美なる同性愛絵図>
buenosaires.jpg

最後に『ラテンアメリカ十大小説』の記事(こちら)から。どちらの作品も、劇中劇が本筋と絡みあっていく内容。『暗殺のオペラ』の原作となった『裏切り者と英雄のテーマ』は岩波文庫の『伝奇集』に収められている短編で、ボルヘス作品としては、とても分かりやすい内容。逆に『蜘蛛女のキス』の原作本は、中々の厚さだが、ガルシア・マルケスの『百年の孤独』ほどじゃないので、行けそうな人だけどうぞ。私は映画版を見ていないのだが、麻美れいと市村正親という豪華なキャスティングのミュージカルは、とても見ごたえがあった。私は当時一緒にHIDEBOHのレッスンを受けてた友人と見に行った。初ミュージカルで、「ついて行けるかしら?」と心配したが、すっかり引き込まれたのを覚えている。そして、偶然にも!市村はゲイの青年モリーナ役であった。

<原作も映画も、ボルヘス作品としては分かりやすい方だと思う>ansatsunoopera.jpg

<絵的につまらない半券だけど、、。市村正親はもちろん踊ってました>kumoonna.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ミニシアター系映画 - ジャンル:映画

鷹の爪から鶏の爪? | ホーム | お笑いの『ほしをつぐもの』―27時間テレビを見て
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/120-8b5c068f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR