プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/02 08:30 yuccalina

バカリズムの闇?@ENGEIグランドスラム

久しぶりに楽しいネタ番組を見ました。大小様々ではありますが、漫才、コント等お笑いの賞を取ったことのある芸人さんを集めた、フジテレビの『ENGEIグランドスラム』。出演順は以下の通り。

ブラックマヨネーズ
オードリー
博多華丸・大吉
ロバート*
ナイツ
サンドウィッチマン
NON STYLE
矢野・兵動
ピース*
どぶろっく*
バカリズム*
笑い飯
パンクブーブー
東京03*
ウーマンラッシュアワー
TKO*
日本エレキテル連合*
フットボールアワー
爆笑問題


*印がコントで、他は全て漫才です。ブラックマヨネーズの漫才を見るのは久しぶりで、最初からワクワクしてました。コントみたいな設定を使わない、しゃべくり漫才がやっぱり好きなんですよね。関東では中々見る機会が少ない矢野・兵藤も、とっても面白かったです。



鉄板ネタを持ってきた芸人さんもいましたが、ちょっとスタイルを変えてきて新鮮だったのが、ナイツ、NON STYLE、パンクブーブー等。特にパンクは、ボケとツッコミがお互いの顔を見て、会話になってる時間が格段に長くなってました。これまでは、佐藤哲夫が一方的にボケて、黒瀬がチョイチョイ突っ込むだけみたいな感じで、二人の関係性がよく分からなかったのですが、コンビとしての成長を感じたんです。これはもしや『しくじり先生』効果なのかな(詳しくはコチラ)?

そして最もショーゲキテキだったのがバカリズムなんです。



ズラもメイク無しでスカート姿の彼が、今時の女子の会話をデフォルメした一人コント。柳原加奈子がやりそうな内容を、太い声と変顔でやるという、バカリズムの心の闇を曝け出したような内容でした。彼の目には、女性達の言動がこんな風に見えてるのかしら?ブラックマヨネーズ吉田とか、オードリー若林とか、女性不信気味と思える芸人は数多いですが、闇の深さではバカリズムが一番かもしれませんね。一男性としての幸せは遠そうですが、芸人としてやっぱりイケてます。喩えとして適当か分かりませんけど、芸術を愛するが故に、そのインスピレーションの源泉である女性の美に拘り続けたジョージ・バランシンは、幸せな結婚は出来なかった。と、先日コチラに書いた話を思い出してしまいました。一方のバカリズムには、女性の醜さが笑いの源って感じがしてしまったと。

ところで、THE MANZAI王者でハマカーンだけ出てなかったのが残念でしたが、この特番は今後も定期的にあるみたいですね。M-1ではチュートリアル、中川家、ますだおかだ、C-1のバイきんぐなど、まだ出てない芸人さんは沢山いますから、次回も楽しみです。私が一番見てみたいのは、コンビの仕事が全く無くなったアンタッチャブルなんですが、やはり難しいのかな?それと、R-1王者が一人も出てなかったのも気になりました。一応フジテレビがやってる賞レースなんですから、もっと盛り上げて欲しいですね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: ブラックマヨネーズ オードリー 博多大吉

テーマ:お笑い番組 - ジャンル:お笑い

2014秋の種まき総括 | ホーム | イーラーショシュのクッションカバー
Comment
バカリズムさんってこの番組はみてませんでしたが すてきな選タクシーをみてて とてもおもしろかったので 才能あるなーと思いました 特に吉田羊さんがゲストの回がとても良かったです
ふぁる代さんへ

> バカリズムさんってこの番組はみてませんでしたが すてきな選タクシーをみてて とてもおもしろかったので 才能あるなーと思いました 特に吉田羊さんがゲストの回がとても良かったです

選タクシー評判良かったみたいですね。
今回のコントは、今までになかったタイプなので、とてもビックリでした。
yuccalinaさん、こんばんは。
妻と娘がかなりのお笑いマニアで、この手の番組、実はけっこう観てます。
バカリズムのはショーゲキ的でしたね。笑えないシュールさがかっこよかった。
同じくシュールさを演ろうとしているのでしょうが、ウーマンラッシュアワーとエレキテル連合には今の力量の限界を感じました。
ナイツ、パンクブーブー、サンドウィッチマンあたりはさすがの出来、笑い飯とブラマヨ、NON STYLEはちょっと芸が雑になってきている印象で、完璧だったのは華丸大吉ですね。
でも一番笑ったのはロバートでした😅
Goldenblueさんへ

> バカリズムのはショーゲキ的でしたね。笑えないシュールさがかっこよかった。
> 同じくシュールさを演ろうとしているのでしょうが、ウーマンラッシュアワーとエレキテル連合には今の力量の限界を感じました。


バカリズムはまた一皮むけた感じがしました。
ウーマンとエレキテルの力量云々というよりは、まだまだ型にハマらず、色んな事にチャレンジ出来ると思っています。バカリズムもそうですが、パンクやナイツも芸歴20年で、自分達の型を破ってきてる訳ですから。



Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1183-c1a4817e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。