プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/06/03 08:00 yuccalina

2014秋の種まき総括

昨年の秋、まとめて種蒔きをしました。サクラソウ、ルピナス、ジャーマンカモミール、大輪のキンギョソウ、ヤグルマギク、スイートピー、ツリガネソウの計7種類です。この内、ツリガネソウだけ実は開花まで1年以上かかる2年草だそうで、ご覧の通り葉っぱだけなんですが、

gardening430.jpg

一応、結果をまとめて記録してみようかと思い立ちました。

サクラソウ
gardening323.jpg

ルピナス
gardening337.jpg

ジャーマンカモミール
gardening386.jpg

ヤグルマギク
gardening431.jpg

大輪キンギョソウ
gardening434.jpg

スイートピー
gardening389.jpg

全ては、マンション5階のベランダ(又は玄関先)と言う環境でプランター栽培してみた上での、個人的な感想になります。×△○◎で4段階評価にしてみましたが、花を格付けする意図はなく、あくまでも自分の好みや住環境との相性を記録して、今後のガーデニングの参考にしようと思います。

gardening411.png

それでは、一項目ずつチェックしてみましょう。最初の見た目ですが、これは種を買ったときから認識してますので、○以上しかないのは当然ですね。ジャーマンカモミールは元々お茶にする目的だったからと、ルピナスは肥料が足らなかったのか、花の色が段々薄くなってしまったので、少しだけ低評価になりました。

そして、香りなんですけど、ルピナスはハッキリ言って臭い!と言って良いくらい、変な臭いでした。

開花期間は、大輪キンギョソウだけ、1本に1房しか花が咲かないタイプだったからで、その他は次々に蕾をつけていました。

育て易さは大体隣の害虫&耐風性と連動しています。ルピナスだけ初期の水やりで失敗して、新芽を腐らせてしまったから△。カモミールとキンギョソウはアブラムシが沢山付いてしまい、スプレー式の薬をまきました。サクラソウは強風で根こそぎ飛ばされてしまった話を記事にしましたが、一方のキンギョソウは、支柱をたてないと花枝が寝てしまい、支柱をたてると風で茎がポッキリ折れてしまったので×。

切り花にして、一番長持ちだったのはヤグルマギクです。丈もあるので花瓶に挿せるのが良いですね。大輪キンギョソウも背が高く切り花に向いてますが、害虫や風で痛んでしまったりしたので、少し評価を下げました。ルピナスは花がポロポロ落ち易いのと、そもそも香りがよくないので、部屋に飾りたくないので×。

種の収穫はマメ科のルピナス&スイートピーが簡単でした。

と言ったところで、一番気に入ったのはヤグルマギクかなー。写真も一杯撮っちゃったし。

gardening429.jpg
gardening432.jpg
gardening433.jpg

とは言うものの、全部楽しめたので、「もう二度と育てんぞ」的低評価な花は一つもありません。量を少な目にはしますが、全て、今年の秋にまた種まきをするつもりです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

久し振りの自家製バクテーとインスタントエスニック麺 | ホーム | バカリズムの闇?@ENGEIグランドスラム
Comment
アラー表になさったんですね わかりやすいですね ヤグルマギクは色がとてもきれいですよね 花瓶にさせるなら仏壇に飾れるしな、、私もほしくなりました ジャーマンカモミールもお花かわいいですね、、ちょっと気になります

ツリガネソウって育つのに2年もかかるんですね、、それだけよけい咲くのが待ち遠しいですね
yuccalina さん、こんにちは^^
先日は、種の作り方を教えてくださって、ありがとうございました。
本気で種を作ろうと思うことが大事ですね。
毎日花殻を摘むのが生業みたいになってしまっていて、これでは最後にたまたま出来た種を蒔いてみても、芽がでなくて当たり前だったかもしれないと思いました。
その一方、イタリアンパセリの花を放っておいたら、今年はイタリアンパセリだらけになってしまって、今うちの庭は、結構ひどい状態です^^;

カモミールも、意外と害虫がついたりするんですね。
ハーブに害虫がつくとは私はちょっと意外だったのですが、うちもオレガノやエキナセアにカイガラムシがついたりします。

こうして表で見ると、ヤグルマギクとスイートピーが好評価ですね。
一番下のヤグルマギクは、中が青っぽくて素敵ですね。
ほとんど見かけたことがありません。
ふぁる代さんへ

> ヤグルマギクは色がとてもきれいですよね 花瓶にさせるなら仏壇に飾れるしな、、私もほしくなりました ジャーマンカモミールもお花かわいいですね、、ちょっと気になります
ヤグルマギク、気温の上昇と共に、日持ちが悪くなってはいますが、丈が長くて虫もつかないので、良く飾っています。

> ツリガネソウって育つのに2年もかかるんですね、、それだけよけい咲くのが待ち遠しいですね
今年の春に咲かせるには去年の春に種蒔きしなきゃいけなかったみたいです。百均のパッケージには秋まきと書かれてたんですけどね。
Arianeさんへ

> 先日は、種の作り方を教えてくださって、ありがとうございました。
> 本気で種を作ろうと思うことが大事ですね。
> 毎日花殻を摘むのが生業みたいになってしまっていて、これでは最後にたまたま出来た種を蒔いてみても、芽がでなくて当たり前だったかもしれないと思いました。
> その一方、イタリアンパセリの花を放っておいたら、今年はイタリアンパセリだらけになってしまって、今うちの庭は、結構ひどい状態です^^;
種を管理して作らなくても、次から次へと発芽する繁殖力の強いものがありますね。パセリはとても強いんでしょうね。

> カモミールも、意外と害虫がついたりするんですね。
> ハーブに害虫がつくとは私はちょっと意外だったのですが、うちもオレガノやエキナセアにカイガラムシがついたりします。
風が当たらないところに置いていたら、アブラムシが凄いことになってビックリしました。葉っぱだけの時は全くなかったので、花の香りに誘われて来たのかもしれません。

こうして表で見ると、ヤグルマギクとスイートピーが好評価ですね。
> 一番下のヤグルマギクは、中が青っぽくて素敵ですね。
> ほとんど見かけたことがありません。
マンションのベランダ栽培では、やはり耐風性が重要かなと実感しました。根っこが掘り起こされたり、茎が折れたりしにくいと、安心です。下のヤグルマギクは薄紫なので、中心部は濃い紫色をしています。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1179-d3e1dfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR