プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/01 09:14 yuccalina

イーラーショシュのクッションカバー

トランシルヴァニア(ルーマニア北西部)に住むハンガリー人の伝統刺繍の一つ、イーラーショシュの作品を紹介するハンドメイド報告です。

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍
(2013/05/31)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


またもやインド綿の布にグリーンの刺し子糸のシリーズで、新作が完成しました。ペアのクッションカバーです。

handmade131.jpg

一見同じ様に見えますが、柄を微妙に変えてみました。

handmade130.jpg
handmade129.jpg

光の加減で色が違って見えますが、上の方が本物に近い色です。そして、開閉口は紐で結ぶタイプにしました。

handmade132.jpg


今年結婚した友人へのプレゼントです。40過ぎで再婚ということもあり、披露宴はありませんでした。お祝いも高価な品だと気を遣うし、とか逆に手作りの口実にしてしまいました。ペアクッションなのでハートのモチーフも頭を過ぎったんですけど、無難にお花にしました。

さて、今年はもう一組結婚した友達がおりまして、秋までにペアクッションカバーをもう一組作る予定。これから布、糸のチョイスと刺繍のデザインをするつもりです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 刺繍 東欧

テーマ:刺繍 - ジャンル:趣味・実用

バカリズムの闇?@ENGEIグランドスラム | ホーム | 種の収穫、種まきと、購入した野菜&花苗etc.
Comment
 ほんとですねー微妙になかのお花の部分が 柄が違うんですね クッションカバーだと面積が大きいからお作りになるの大変でしたね お友達良いお祝いになりますね

秋に差し上げるのは 違う感じになさるんですか?これから考えるのかな、、
ふぁる代さんへ

>  ほんとですねー微妙になかのお花の部分が 柄が違うんですね クッションカバーだと面積が大きいからお作りになるの大変でしたね お友達良いお祝いになりますね
>
> 秋に差し上げるのは 違う感じになさるんですか?これから考えるのかな、、

ありがとうございます。
面積は広いですが、全面に刺繍してる訳ではないので、それほど大変ではありませんでした。以前作った生成りのバッグが一番の大作です。
刺繍の図案をこれから考えるところですが、先日見に行ったチェコの藍染の図案を参考に作ってみようと思っています。
刺繍のクッションカバーって素敵ニダねぇ。
ウリも以前、yuccalina様のものとは違う感じですけど、フィンランドの刺繍のクッションカバーに一目ぼれして購入、愛用してますた。今は別のクッションカバーを使ってますが、それも地方の美術館の売店で買った刺繍のクッションカバーです。
ハンドメイドの温かみが感じられるせいか、刺繍のクッションカバーはリラックスできる気がするニダ。
yuccalina様のお友達も素敵なプレゼントに喜ぶはず♪
Mansikka様こんしお~!

> 刺繍のクッションカバーって素敵ニダねぇ。
> ウリも以前、yuccalina様のものとは違う感じですけど、フィンランドの刺繍のクッションカバーに一目ぼれして購入、愛用してますた。今は別のクッションカバーを使ってますが、それも地方の美術館の売店で買った刺繍のクッションカバーです。
> ハンドメイドの温かみが感じられるせいか、刺繍のクッションカバーはリラックスできる気がするニダ。
> yuccalina様のお友達も素敵なプレゼントに喜ぶはず♪

ありがとうございます。ミュージアムショップは私も大好きなんです。雑貨とかアクセサリーとか、結構掘り出し物があったりしますよね。
リラックスと言えば、自分で作った刺繍の枕カバーを使うと、何となくいつもより眠りの質が良くなる気がしないでもないです(^^)


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1173-df3ab03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。