プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/05/15 17:05 yuccalina

神保町で会いませう(1)~チェコの藍染Violka(ヴィオルカ)

今日は2年振りに神田神保町へ行ってきました。前回は岩波ホールでカミュを描いたフランス映画『最初の人間』を見に行ったのですが(記事はコチラ)、今回はポーランド映画『パプーシャの黒い瞳』。タイトルからも分かるかもしれませんが、ジプシーの女性詩人のお話です。

と、この映画についてはまた別の機会に書くことにして、実は神保町へ行こうと思ったのには、もう一つ理由があったんです。昨日、14(木)の朝「yuccalinaが好きそうな展示会をやってるよ」と、友人からメールが来ました。

チェコの藍染から作ったお洋服や雑貨の販売をしているViolka(ヴィオルカ=チェコ語でスミレ)というお店で、ホームページは下記。

チェコの藍染め ヴィオルカ

cze18.jpg

場所は神保町の三省堂書店。しかも翌金曜は全くのフリーな日でした。実はパプーシャを見るかずっと迷ってたワタクシは、これは「行け」ってことでしょ?といふ、人一倍豊富な思い込み力に背中を押されて、再び大好きな神保町に向かったのでありました。

で、事前にネットで写真を見てましたが、本物を間近で見、そして、手で触れてみると、どれも手仕事の温もりが感じられました。チェコの藍染めは200年の歴史があり、伝統的な製法が受け継がれているそうです。

素敵なクッションカバーの数々、

cze16.jpg
cze13.jpg

写真欠けちゃってますが、ディスプレイ用の左のカゴもチェコ製で、素材は柳なんですって。ツヤツヤでとっても綺麗でした。

また、クロスやブックカバーなどの小物に、

cze14.jpg

ワンポイントでチューリップ等の花束が染められたトートバッグ。

cze12.jpg

これは、私が親しんでいるトランシルヴァニアの刺繍、イーラーショシュに通じるものを感じたんですが、何とこの図柄はチェコよりもスロヴァキア人が好むタイプなんだそうです。大地の香りがするような大らかさは、もしやトランシルヴァニアと似た風土があるのかも?と、とても興味深いんです。

そして、羊のお人形も可愛くて、

cze15.jpg

と、この手前に置いてあったポストカード、もしや『ひなぎく』のヒティロヴァ監督だったりする?と後になって気が付きましたわ。お顔に飾ってるのはひなぎくではないのかしら?売り物だったのか、見てみればよかったわあ、、。

さて、実物を触らせてもらって良く分かったのですが、藍染めは糸に染み込むよりも、表面をコーティングする性質があるそうで、コットンなのに麻のような張りが出来るんですね。確か藍染って元々は虫除けの為に使用されてたと、どこかで聞いたことがありますが、そのコーティングのお陰で、虫から守られてたのかもしれませんね。

代表の小川里枝さんは、柄の由来を教えてくださったり、実際染めに使われる木の型を見せてくださったりしました。映画の上映前でしたので、時間を気にしながらでしたが、楽しいひと時を過ごさせて頂きました。そして、ワタクシが購入したのがコチラ。

cze17.jpg

野花模様のノースリーブワンピースと野バラ&ローズマリー模様の巾着。早速ワンピを試着してみました。身長166㎝で丁度膝丈くらいです。

cze11.jpg

また、スタンドカラ―の7分袖シャツと合わせるとこんな感じ。

cze10.jpg

ただ、最初は色落ちがするので、重ね着には向いてないそうです。ある程度着込んで馴染んでくれば、白のカットソーと合わせても良いかもしれません。

『Violkaチェコ伝統の藍染め』展の開催は18(月)までです。三省堂書店1階「いちのいちBookman's Gallarey」にて、時間は10:00~20:00。詳しくは下記リンクをご覧くださいませ。

神保町いちのいち 【2015/5/12~5/18】Violka「チェコ伝統の藍染め」


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 東欧

テーマ:北欧・東欧のかわいい雑貨 - ジャンル:趣味・実用

さよならB・B・キング | ホーム | 山岸涼子『牧神の午後』~『黒鳥』編
Comment
どれも素敵なものばかりですね。
藍染は日本人にも馴染みやすいと思います。
気軽に行ける場所じゃなくて残念。
チェコのい藍染すてきですねー かなり私もこういうかわいいけど渋い柄好きです おおおらかな可愛さがありますね お求めになったワンピいいですね 夏で素肌にも、冬で他の服と合わせても いいですね

yuccalinaさんは身長166センチおありなんですね、、うらやましい、 なんでも着こなせますね 私なんて152センチなので何着てもちんちくりんで、、ジーパンはかなり下を切るし、、なかなかぴったりの服はありません、、
抹茶アイスさんへ
> どれも素敵なものばかりですね。
> 藍染は日本人にも馴染みやすいと思います。
そうですね。どこら懐かしくもある色で、ホッとするんですよね。
ふぁる代さんへ
> チェコのい藍染すてきですねー かなり私もこういうかわいいけど渋い柄好きです おおおらかな可愛さがありますね お求めになったワンピいいですね 夏で素肌にも、冬で他の服と合わせても いいですね
そうですね。おおらかで可愛いって、ピッタリな表現だと思います。

> yuccalinaさんは身長166センチおありなんですね、、うらやましい、 なんでも着こなせますね 私なんて152センチなので何着てもちんちくりんで、、ジーパンはかなり下を切るし、、なかなかぴったりの服はありません、、
でも、このワンピースはどんな体格の方でも似合いそうです。膝下の丈になるとまた別の雰囲気が楽しめそうな気がします。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1163-32d3d41c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR