プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/07 08:20 yuccalina

The BLUES Movie Projectその(7)最終回~再びの『ピアノブルース』

マーティン・スコセッシ総指揮の『The BLUES Movie Project』DVDボックスを紹介しています。2003年をブルース生誕100周年とし、アメリカ音楽の歴史として後世に残すためのTV番組として、企画・製作された作品です。

THE BLUES Movie Project [DVD]THE BLUES Movie Project [DVD]
(2011/12/21)
マディ・ウォーターズ、BBキング 他

商品詳細を見る


7枚組DVDボックスを順に紹介してきましたが、これで最終回となります。これまでのエントリーは以下の通り。

その(1)~ヴェンダースの『ソウル・オブ・マン』
その(2)~スコセッシ『フィール・ライク・ゴーイング・ホーム』~ブルーズとアフリカを結ぶファイフの音色
その(3)~『レッド・ホワイト&ブルース』~ブルーズからブリティッシュロックを生み出した人々のお話
その(4)~ブルーズ同窓会@『ロード・トゥ・メンフィス』
その(5)~『デヴィルズ・ファイア』と18禁の悪魔
その(6)~『ゴッドファーザー&サン』~ウィリー・ディクソンと根っこと果実

トリを飾る作品は勿論、クリント・イーストウッド監督の『ピアノ・ブルース』。DVD購入以前に見てて、既に記事(コチラ)も書いてましたが、改めてまた書きたくなりました。ここまで6本見た後だからこそ分かる有難みがありましたし、発見や驚きもありました。その中でも一番興味深かったのが、ドクター・ジョンの”音楽は皆どこかで繋がってる”という話。彼はセロニアス・モンクを聴いた時、地元(ニューオーリンズ)のアーティストかと思ったんだとか。でも、ノース・カロライナだと知って、音楽はどれもがどこか聞き覚えのあるもの、それは皆何かに影響されているから、と言うんです。

レイ・チャールズもカントリーを好んでいた話が出てきましたし、つまり根っことしてのブルースを意識しつつも、その枠からはみ出ることを厭わない、ってことでしょう。『ゴッドファーザー&サン』に出てきたマディ・ウォーターズがサイケデリックロックに挑戦した『エレクトリック・マッド』も、きっとそう言うことなんですよね。

それと、プロフェッサー・ロングヘアーの「ゴミ置き場にあった壊れたピアノを運んできて、自分で分解して直した。そうやって修理から調律までを覚えた。音の出ないキーがあってもお構いなしだった」には、ニューオーリンズブルースの自由さの背景には、そういうピアノとの接し方があったのね、と妙に納得しました。



また、ジャズの世界でも活躍したジェイ・マクシャンは「音楽はみんなどこかで繋がってる親戚みたいなものだから、私はジャンルで区別しない」と言ってました。そんな彼が、デイヴ・ブルーベックと連弾した『Mission Ranch Blues』は、とても印象深かったです。



ブルーベックと言えば、小塚崇彦くんが滑った『テイク・ファイヴ』や『アンスクエア・ダンス』くらいしか知らなくて、本人の演奏も初めて見たのですが、とても素敵な紳士でしたよ。

マクシャン&ブルーベックの連弾も含め、それまでに登場した殆どのピアニストの演奏が澱みなく繋げられて、最後はレイ・チャールズの『America The Beautiful』で締めくくられるエンディングが素晴らしく、クリント・イーストウッドのセンスの良さを再確認しました。そして、シリーズの最後を飾るに相応しい作品だと思いました。

と言ったところでまとめ。7本それぞれが個性的で、好みも分かれるとは思いますが、これはやはり全部見てこそ、と言う気がします。音楽好きなら一家に1セット置いておきたい。私は多分これからも折に触れ、見返すことになりそう。それは、ここに音楽のルーツがあるからです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: R&B

テーマ:BLUES - ジャンル:音楽

『インビクタス/負けざる者たち』スポーツが灯した希望の光 | ホーム | プチハーブガーデンの春~キャットミント、タイム、ジャーマンカモミールetc.
Comment
こんにちは!
とうとう最終回ですね。
通して拝見するに、やはりこれは欲しいなあと思いました。
音楽好きなら一家に1セット置いておきたい、本当だと思いました。
ご紹介ありがとうございます。
乙山さんへ

> 通して拝見するに、やはりこれは欲しいなあと思いました。
> 音楽好きなら一家に1セット置いておきたい、本当だと思いました。
> ご紹介ありがとうございます。

ハイ、これはきっと何度も見たくなるものだと思います。見る度に新しい発見があるので飽きないんです。なので、一家に1セットあると良いと思います。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1156-37b16f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。