プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/05/02 06:14 yuccalina

プチハーブガーデンの春~キャットミント、タイム、ジャーマンカモミールetc.

先日また実家に行く用があった為、サクラソウの種を貰ってきました。1ヵ月前に2色のサクラソウを「嫁入り」させた後、我が家のが強風で吹き飛ばされた話を以前書きましたけど、実家でお花を一杯咲かせて、種も沢山出来てました。

そして、もう一つ私の目を惹いたのが、同じく嫁入りさせたつるバラ。ウチにあるピンクの一重アンジェラを、挿し木したものを、母にあげてたんですが、

<実家に持って行った時はこんな感じ>
gardening191.jpg

もうこんなに立派に育ってました。しかも、ウチのより大きな蕾がついてます~!

gardening376.jpg
gardening377.jpg

これはかなり嬉しいですね。

さて、春になると、茎や葉の成長が早く、蕾を持ってからの開花も早いですね。先日、大丈夫か?と心配だったスイートピーですが、これはもしや蕾?

gardening373.jpg

とか思って喜んでたら、何と花も一つ咲いてたんです。

gardening374.jpg

スモーキーな薄ピンクで、スマホのカメラでは綺麗に色が出なくて残念。しかし、上に伸びてる枝ばかり注目してて、足元で花が咲いてるのに気が付かなかったとは、、、。

それと、ガザニアは、暖かくなる前は地べたに這うように背が低かったんですが、急に縦に伸びてきました。

gardening378.jpg
gardening379.jpg

3月上旬はこんな感じでした。
gardening276.jpg

茎の丈が倍になり、横に広がってた葉っぱも縦に伸びてますね。見た目の雰囲気が変わってきて面白いです。そして、蕾がありますので、まだ楽しめそう。こんなに沢山お花が咲くとは思ってませんでしたよ。

また、ピンクのぺラルゴニムも開花しました。

gardening375.jpg

と、ここまでが前置きでして、タイトルになってる本題はこれからなんです。長くなっちゃいますが、写真が溜まってしまったので、ここで一気に紹介してしまいますね。

南向きバルコニーの一画にハーブ類を集めてる話を前回チラッとしましたが、昨日5月1日現在でこんな感じ。

gardening365.jpg

A ロンギカウリスタイム
B キャットミント
C ブルーベリー(ラピッドアイ種)
D ジャーマンカモミール
E エキナセア
F エキナセア
G フレンチラベンダー
H イングリッシュラベンダー
I ローズマリー
J イタリアンパセリ

EFのエキナセアは種類が違うのですが、名前が分からなくなってしまいました。花が咲いてから調べて、後で追記するつもり。それとアルファベットをふっていない青い鉢はカタバミです。

で、まずはロンギカウリスタイムが、ピンクの可愛いお花を咲かせました。

gardening366.jpg
gardening367.jpg

これは香りよりも、お花の可愛さで買ってしまったものです。

次のBは毎年元気に咲いてくれるキャットミントです。

gardening368.jpg

そして、Cのブルーベリーはバラと一緒に低木コーナーに置いても良かったのですが、これは実の収穫を期待して買ったのではなく、葉っぱをお茶にする為なんで、ハーブ扱いです。ブルーベリーリーフティーは高血糖に良いらしく、葉っぱを洗って干し、煎じてからお湯を注いで飲みます。

gardening369.jpg

なので、お花は全然期待してなかったのですが、何と葉っぱの裏側で咲いてました。

gardening370.jpg

すずらんみたいな可愛い白いお花です。

Dのジャーマンカモミールは市販の種を蒔いたもので、間引きが出来ずにあちこちの鉢に間借りさせてます。Iの鉢は頑健なローズマリーと同居させてみたのですが、全く負けてないのでビックリ。このハーブコーナーだけでなく、風が強い西側バルコニーにも2本あるのですが、ご覧の通り。

gardening372.jpg

蕾付けてますね。こちらもお茶にしてみようかと思ってます。

そしてEFのエキナセアもお茶にしたいんですが、エキナセアって凄く種類が多いので、ハーブティーに向いているものかどうか、調べてみないといかんかもしれませんね。今のところEの方だけ蕾をつけています。

gardening371.jpg

と言ったところで、今回はお仕舞いです。



お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

The BLUES Movie Projectその(7)最終回~再びの『ピアノブルース』 | ホーム | 早く見たい!まっちーの『継ぐ者』The Inheritor
Comment
yuccalina さん、こんにちは^^
バラの挿し木が成功して、スイートピーも無事に咲いてきましたね。

ガザニアは、これからの季節、立ち上がってくるんですね。
ガザニアは立っているイメージがあるのに、うちのは何でこんなに寝ているのかなぁと思っていました。
そういえば、うちのもちょっと立ち上がってきました。
今ようやく2輪目が咲いて、見てみたら蕾も3つ付いていました。
これからのお花なんですね。

ハーブのお花は、何か可憐で可愛いですね。
タイムはピンクのお花が春にものすごくよく咲きますので、私も以前、観賞用に植えていました。
去年くらいに、お料理に結構美味しいじゃなかと思い、お料理に使うのも楽しみにするようになりました。
ところが、日当たりが悪かったり、他の植物に圧迫されたりしていたのがいけなかったのか、妙に具合が悪く、まだろくに葉っぱが出ていなくて、こんなに変なことは初めてです。

ブルーベリーもあるのですが、yuccalina さんのお宅のブルーベリーと葉っぱの感じが違っているので、種類が別なのかもしれません。
品種名を控えませんでした。
これも、ちっとも大きくなりません~^^;
yuccalina さんのブルーベリーは、柔らかそうな葉っぱが青々としていて、いかにも美味しそうですね。
ブルーベリーリーフティーが高血糖に良いとは知りませんでした。
ハーブは、けっこうハマりますね。
こんにちは
園芸いいですねえ
庭があればやってみたくなりますv-254
お母様つるバラやスイトピーお上手にお育てになってますね 差し上げたyuccalinaさんもこれは うれしいですね


yuccalinaさんの おうちは プチ、、でなく立派なハーブガーデンですよ、、 ブルーベリーや ラベンダーはフレンチ、イングリッシュ両方あるんですねラベンダーも花や葉っぱ微妙に違うからいろいろあると楽しいですね

私も明日20ポット1080円のお花屋さん行く予定です
フィンランドじゃ、調理用のハーブは小さいポットで売られてるのが普通なんで、夏場だと大きめのポットに植え替えて育てたりします。で、タイムも育てた事があるんですが、ウリのタイムはとても小さい花をつけてますたわ。

フィンランドじゃ、ブルーベリーはどこにでもあるニダ。森や林の中で自生してて、7月終わりごろから8月中旬頃が収穫時です。北欧のブルーベリーは白夜で太陽光をたっぷり浴びてるからビタミンたっぷりで、目にいいと聞きますミダ。葉っぱを煎じて飲むのは初耳!それも健康にいいんですねぇ。
Arianeさんへ

> バラの挿し木が成功して、スイートピーも無事に咲いてきましたね。
>
> ガザニアは、これからの季節、立ち上がってくるんですね。
> ガザニアは立っているイメージがあるのに、うちのは何でこんなに寝ているのかなぁと思っていました。
> そういえば、うちのもちょっと立ち上がってきました。
> 今ようやく2輪目が咲いて、見てみたら蕾も3つ付いていました。
> これからのお花なんですね。
>
> ハーブのお花は、何か可憐で可愛いですね。
> タイムはピンクのお花が春にものすごくよく咲きますので、私も以前、観賞用に植えていました。
> 去年くらいに、お料理に結構美味しいじゃなかと思い、お料理に使うのも楽しみにするようになりました。
> ところが、日当たりが悪かったり、他の植物に圧迫されたりしていたのがいけなかったのか、妙に具合が悪く、まだろくに葉っぱが出ていなくて、こんなに変なことは初めてです。
>
> ブルーベリーもあるのですが、yuccalina さんのお宅のブルーベリーと葉っぱの感じが違っているので、種類が別なのかもしれません。
> 品種名を控えませんでした。
> これも、ちっとも大きくなりません~^^;
> yuccalina さんのブルーベリーは、柔らかそうな葉っぱが青々としていて、いかにも美味しそうですね。
> ブルーベリーリーフティーが高血糖に良いとは知りませんでした。
> ハーブは、けっこうハマりますね。


お蔭さまでスイートピー大丈夫でした。まだまだ葉っぱもグングン伸びてます。
薔薇の挿し木も大きく育ってくれて良かったです。

ハーブの花って豪華さはないですが、可愛いのが多いですよね。ブルーベリーフリーフティーはこれまで市販(輸入物)のをネットで購入してたのですが、木が大きくなったら自前で賄えるかもしれません。
無記名コメント様

> 園芸いいですねえ
> 庭があればやってみたくなりますv-254


庭が無くても大丈夫ですよ。ウチはマンション住まいなのですべて鉢植えです。
ふぁる代さんへ

> お母様つるバラやスイトピーお上手にお育てになってますね 差し上げたyuccalinaさんもこれは うれしいですね
バラは大きく育ててもらって嬉しいです。書き方が分かり辛かったかもしれませんが、スイートピーは実家でなくウチで育てているものです。

> yuccalinaさんの おうちは プチ、、でなく立派なハーブガーデンですよ、、 ブルーベリーや ラベンダーはフレンチ、イングリッシュ両方あるんですねラベンダーも花や葉っぱ微妙に違うからいろいろあると楽しいですね
>
> 私も明日20ポット1080円のお花屋さん行く予定です


ありがとうございます。ラベンダーも花が咲いてくれると良いのですが、、。20ポットで1080円は安いですね!
Mansikka様ばんしお~!

> フィンランドじゃ、調理用のハーブは小さいポットで売られてるのが普通なんで、夏場だと大きめのポットに植え替えて育てたりします。で、タイムも育てた事があるんですが、ウリのタイムはとても小さい花をつけてますたわ。
ヨーロッパの家庭はハーブを育ててるイミジありますが、やはりそうなんですねえ。

> フィンランドじゃ、ブルーベリーはどこにでもあるニダ。森や林の中で自生してて、7月終わりごろから8月中旬頃が収穫時です。北欧のブルーベリーは白夜で太陽光をたっぷり浴びてるからビタミンたっぷりで、目にいいと聞きますミダ。葉っぱを煎じて飲むのは初耳!それも健康にいいんですねぇ。
残念ながらブルーベリーの実は生らなそうです。まだ木も小さいから仕方ないですねえ。夏に一杯成長してくれると良いですが。リーフティーが体に良いのは、『ワイル博士のナチュラル・メディスン』という本に載ってますた。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1148-f40b4d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR