プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/04/11 08:45 yuccalina

初代しくじり先生パンクブーブー~腐った二冠のこれから

突然ですが、皆さんはパンクブーブーといふ漫才師を覚えていますか?あのM-1(2009年)とTHE MANZAI(2011年)といふ、大きな漫才賞レースで二冠を達成したあのパンクブーブーですよ。

その後テレビではパッとしない彼等。ネタ番組以外では全く見る事が無くなっていたパンクが、久しぶりに輝いてるのを見たのはかれこれ2ヶ月前のこと。このブログでも取り上げましたが、浅田舞ちゃんが出演した『しくじり先生』ゴールデン特番の直前に、パンクが出演した回の再放送があったのでした。実はパンクブーブーが初代しくじり先生であると、その時に知ったのです。



それまで、パンクがバラエティで面白かった記憶が全くなかったのですが、これはとても面白かった。番組の中では自らを

腐った二冠

と呼んで、笑いを誘ってましたが、私は『ブラマヨとゆかいな仲間たち』の中で吉田に

「華がないなら、メチャクチャごっつい葉っぱになったらええ」

と叱咤激励されてたのを思い出しましたよ(記事はコチラ)。そう、私は彼等が腐った二冠からごっつい葉っぱになってくれたら良いなーと思うのです。

で、この再放送の視聴率が良かったとかで、パンクはその約一ヶ月後、再度番組に登場。それは、オリラジ中田が教鞭をふるった深夜レギュラー最終回の1つ前の回(3月19日)でした。漫才やコントの王者になったものの、イマイチな皆様、パンクを筆頭にかもめんたる(キング・オブ・コント2013)、やまもとまさみ(R-1ぐらんぷり2014) タイムマシーン3号(オンエアバトル第2回)、が集結して職員会議をするというもの。進路に悩む生徒役にシソンヌ(キング・オブ・コント2014)。



フルの動画がないのがとても残念なのですが、そこでもパンクはまたイキイキとしてて、弾けてたと思うんです。まだ硬さが感じられた初回よりも進化して、一皮剥けた感じ。兎に角しくじり仲間達へのツッコミが全て良かった。担任役オードリー若林の反応を見ていても、場が跳ねていたのは良くわかりました。

例えば、「自分は満票で優勝した」と言うやまもとまさみに対して、

shikujiri2.jpg
shikujiri3.jpg

と突っ込む黒瀬に横から被せる佐藤哲夫のコンビネーション、小憎たらしい表情がグーですた。

と言ったところで、今季からゴールデンに進出する『しくじり先生』に、パンクが再び呼ばれるのは中々難しいかもしれませんが、どこかでチャンスがもらえることを祈っております。丁度、今年M-1が復活するテレビ朝日の番組でもありますから、M-1前後が狙い目かしら?繰り返しになりますが、私は腐った二冠がごっつい葉っぱになるところを、是非とも見てみたいのです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: オードリー

テーマ:お笑い番組 - ジャンル:お笑い

The BLUES Movie Projectその(5)~『デヴィルズ・ファイア』と18禁の悪魔 | ホーム | まっちー小ネタ~町田樹オフィシャルサイトとNumber 875号
Comment
パンク面白いですよね~。特に佐藤さんのキャラめっちゃ好きです!
最近の番組って同じ芸人さんを使ったゆるい番組が多くてつまんないです。もっと吉本のおきまり芸人以外も使って欲しいなぁ~。
若手のリズムねたより、中堅のテレビに出れない芸人さんをもっと見たいです!
ちょしっちさんへ

> パンク面白いですよね~。特に佐藤さんのキャラめっちゃ好きです!
> 最近の番組って同じ芸人さんを使ったゆるい番組が多くてつまんないです。もっと吉本のおきまり芸人以外も使って欲しいなぁ~。
> 若手のリズムねたより、中堅のテレビに出れない芸人さんをもっと見たいです!

彼等の面白さを活かせる番組がもっとあると良いですね。
なので、しくじり先生が深夜枠でなくなるのは、少し残念でもあります。
こんばんは

 このPV最後までみさせていただきました。

 ふたりとも切れ味鋭いですね。
 ちょしっちさんも述べていますが、人気のある芸人を司会させて番組の体裁を繕っているTV局の姿勢がテレビをつまらなくしてますね。
 
 二冠をとった時のパンクブーブーは勢いがありとても面白かったし、今回の分析は説得力あり、しかもふたりのやりとりがスピーディでやらせなく可笑しかった。(やらせで面白くない場面にスタッフの笑い声をかぶせる番組がありますが、あれは嫌味ですね。聞くに堪えない。)
 面白いPVのご紹介ありがとうございました。
 
 
mikitaka08さんへ

>  このPV最後までみさせていただきました。
>
>  ふたりとも切れ味鋭いですね。
>  ちょしっちさんも述べていますが、人気のある芸人を司会させて番組の体裁を繕っているTV局の姿勢がテレビをつまらなくしてますね。

確かに人気芸人を使った無難でつまらない番組は多いと思います。

>  二冠をとった時のパンクブーブーは勢いがありとても面白かったし、今回の分析は説得力あり、しかもふたりのやりとりがスピーディでやらせなく可笑しかった。(やらせで面白くない場面にスタッフの笑い声をかぶせる番組がありますが、あれは嫌味ですね。聞くに堪えない。)
>  面白いPVのご紹介ありがとうございました。

パンクが二冠を取った直後は勢いはありましたが、結果を出さなくてはという焦りも感じられ、正直良さを発揮出来てなかったと思います。今回の出演では、一度落ちてから這い上がってきた者のパワーがあった様に感じました。
わざと笑い声を被せる「誘い笑い」のことですが、スタッフの笑い声だけでなく、観覧者のリアクションが不自然なバラエティ番組って、結構多いです。別撮りしたのを組み合わせたりしてる様です。出演者と客席全体が映る引きの絵がない番組は、殆ど怪しいです。
 


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1130-7b3641e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR