プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/07 08:42 yuccalina

初フラワーアレンジメントの悲しいワケ

先ずはこちらをご覧下さい。

gardening326.jpg

ガサニア、サクラソウ、キンギョソウ、ビオラ、サイネリア等、ベランダに咲いているお花で初めてアレンジを作ってみました。先月のバースデーに姉からもらったアレンジのオアシスを裏返して再利用してみたんです。ちなみにサイネリアは、同じく誕生日に母から鉢植えを貰ったものです。

gardening328.jpg

しかーし、このアレンジを作らねばならなかった悲しい理由があるんです。実は前回のガーデニング記事は予約投稿で4月4日の土曜日にアップしましたけど、本当は3日の金曜日の強風で、サクラソウがこんなことになってたんですわ。

gardening324.jpg
gardening325.jpg

根元からブチッと切れた株が、ベランダの隅に転がってるのを見たときは、ショックでガックリ膝を落としました
サクラソウの中でも一番お気に入りのでしたし。

ありし日の姿はこちら。

gardening323.jpg

ちょっと前にサクラソウって茎がしなやかで風に強くて良いわぁ、と書いたばかりですが、余りに風が強すぎる場合は、茎が折れない代わりに、根本が折れてしまうのですね。若しかしたら、根っこだけでも土に残して、生き残る為の戦略かもしれない、とも後になって思いましたが、諸行無常とはこういうことなんでしょうか。折れてしまったものを、元に戻すことは出来ません。鉢に残った根っこから、また芽が出てくるのを祈るしかないです。そして、折れた花を少しでも長く咲かせてあげたいなーと思ったのでした。

そんな訳で引き千切られたサクラソウを飾るべく、アレンジを作ってみようかと、思い立ったと。

gardening327.jpg

別にコップに差すだけでも良かったんですが、丁度ベランダには色んな花が咲いてましたので、あるものだけで作ってみたくなりました。

サイネリアがあってちょうど良かったです。花を沢山つけてましたし、サクラソウと色が似てますね。ガザニアも花が4つあったので、1本だけ切ってみました。ガサニアのオレンジとビオラの黄が差し色って感じで、葉っぱはローズマリーとラベンダー等。ちなみにガザニアって、切り花にしても夜は花を閉じて昼にまた開くんです。ビックリです。

そんな寄せ集めの花で、作り方もテキトーではありますが、これで1週間ほど、サクラソウを楽しめれば満足です。取り合えず折れた花が風で飛ばされず、手元に残っただけでも良かった、と思うことにしましたよ。

そういう訳で、秋の種まきの成果はまた次回に繰り越しにします。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ベランダ・ガーディニング - ジャンル:趣味・実用

まっちー小ネタ~町田樹オフィシャルサイトとNumber 875号 | ホーム | プシキニア、ムスカリ&チューリップetc.
Comment
こんな風にスッパリ根元から切れちゃうとは・・・ショックニダねぇ。でも、フラワーアレンジメントは豪華になったニダな。
フィンランドではバルコニーにガラスが付いてることが多いんで、風が強い日はガラスを閉めて植木を守ることができますミダ。でも、日本のように台風も来るような国だと、こういうガラス窓をつけるのは無理だろうな~と思うような代物ニダが。ちょっと風が強いとすぐガタガタ揺れるデヨ。
きれいなアレンジメント、、と 思ったら、、悲惨ーー根元からブチっですか、、せっかくユッカリーナさんが丹精込めてたのに、、

でもでも、、そのおかげでかわいいアレンジメントできましたね、、
ベランダにいっぱいお花があるので 華やかな作品になりましたね
Mansikka様おはしお~!

> こんな風にスッパリ根元から切れちゃうとは・・・ショックニダねぇ。でも、フラワーアレンジメントは豪華になったニダな。
そうなんです。ビックリしますた。でも、根っこが掘り起こされずに土の中に残るようにしたのでは?とも思ったんですね。サクラソウは多年草なので。

> フィンランドではバルコニーにガラスが付いてることが多いんで、風が強い日はガラスを閉めて植木を守ることができますミダ。でも、日本のように台風も来るような国だと、こういうガラス窓をつけるのは無理だろうな~と思うような代物ニダが。ちょっと風が強いとすぐガタガタ揺れるデヨ。
金曜の強風では、マンションの共同玄関扉のガラスが割れてしまいますた~。扉に使うものですから、結構丈夫なガラスだとは思うんですがが。バルコニーにガラスは無理でそーねえ。マンションでのガーデニングで一番大変なのは風対策だと思います。
ふぁる代さんへ

> きれいなアレンジメント、、と 思ったら、、悲惨ーー根元からブチっですか、、せっかくユッカリーナさんが丹精込めてたのに、、
そうなんです。ショックで~、、、

> でもでも、、そのおかげでかわいいアレンジメントできましたね、、
> ベランダにいっぱいお花があるので 華やかな作品になりましたね

グダグダ言ってても仕方ないので、気持ちを切り替えてみました。これで何とか諦めがつきました。
yuccalina さん、こんにちは。
豪華なフラワーアレンジメントだと思ったら、サクラソウが可哀そうなことになっていたんですね。
強風でしたものね・・。
うちも前にお気に入りだった真紅のバラの鉢が、台風で無残な事になってしまったことがありました(それは、結局その後はもうダメでした)。
こういうのはショックですね。
サクラソウは株分けで増やすと聞いたことがありますが、もしかして、根は丈夫だということはないのでしょうか。
また芽が出てくると、良いですね。
Arianeさんへ

> 豪華なフラワーアレンジメントだと思ったら、サクラソウが可哀そうなことになっていたんですね。
> 強風でしたものね・・。
> うちも前にお気に入りだった真紅のバラの鉢が、台風で無残な事になってしまったことがありました(それは、結局その後はもうダメでした)。
> こういうのはショックですね。

ありがとうございます。
鉢植えなので、もう少し早く気がつけば風の当らないところに移動出来たのに、と凄く残念に思っています。でもあのサクラソウが折れたお蔭で、他の鉢を移動し、被害を最小限にすることが出来ました。

> サクラソウは株分けで増やすと聞いたことがありますが、もしかして、根は丈夫だということはないのでしょうか。
> また芽が出てくると、良いですね。

上手く夏越し出来ると良いですが、頑張ってみます。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1127-58f985d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。