プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/03/21 07:30 yuccalina

『世界の果ての日本人』と『イーラーショシュとビーズ刺繍』展

もうすぐ春休みですね。テレビは特番の季節ですが、ワタクシがハマっているイーラーショシュ(刺繍)のお師匠と勝手に思っている谷崎聖子さんが、再びテレビに出演されるそうなんで、紹介したいと思います。

TBS系番組「世界の果ての日本人13」

1)関東ローカル
   3月25日(水)21時~22時53分(インド、ルーマニア、タイ、ウガンダ)

2)全国ネット
   3月25日(水)21時56分~22時53分(インド、ルーマニア)


世界の果ての日本人13〜ここが私の理想郷〜TBSオフィシャルサイト

TBSのホームページに番組の概要が出てますが、CMの公式動画があれば、後でまた貼りたいと思います。

谷崎さんのブログの方でも、記事を上げられてますので、こちらも合わせてどうぞ~。


トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja- 「世界の果ての日本人」
昨年の秋の終わり、
ここトランシルヴァニアで一週間の取材が行われた。
セーケイ地方の我が家で4日間、カロタセグ地方で2日間。
それは、世界の果てに住む日本人を訪ねるという趣旨の番組・・・・・

erdely22.jpg



昨今のテレビでは、世界で活躍する日本人を取材する番組が多数あり、谷崎さんは去年テレビ朝日系の『世界の村で発見!こんなところに日本人』でも取材を受けておりました。

このブログでも取り上げました(コチラ)が、番組の主旨が「その日本人が彼の地に辿りついた経緯にスポットをあてること」であったり、リポーターであるタレントが日本人を探し当てるくだりに時間を取ったりしたため、谷崎さんのお仕事である、トランシルヴァニアの手仕事を紹介する部分がかなり少なかったのを残念に思ったものです。また、ルーマニアとハンガリーの民族衣装をゴッチャに紹介されてたり、もありました。しかし、上のブログ記事によれば、今回は担当ディレクターが谷崎さんのお仕事やトランシルヴァニアの手芸に興味を持ち、伝えようとする熱意を感じたとありましたし、リポーターの女優さんがカロタセグを衣装を着せてもらってたりしますので、きっと前の番組とは違ったものになるのでは?と期待しています。トランシルヴァニアの美を沢山伝えてくれたら良いなと。

さて、番組放送から約1か月後、大阪で「イーラーショシュとビーズ刺繍」の展示会及び、ワークショップを予定されているそうで、詳しくは下のブログ記事をご覧ください。


トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja- 「イーラーショシュとビーズ刺繍」展

erdely23.jpg

「イーラーショシュとビーズ刺繍」展
とき: 2015年4月25日(土)、26日(日) 12:00~19:00
ところ: 大阪中崎町 ONE PLUS 1 gallery 
     (昭和時代の古民家の一階と二階の小さな会場となります。)・・・



関西方面で手芸好き、東欧好きな皆様、是非とも足を運んでみて下さいね~!今回は関東では行わないそうなので、行ける方が羨ましいですわ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 東欧 刺繍

テーマ:ルーマニア - ジャンル:海外情報

キンギョソウ、サクラソウ&ガザニア~花の色と形 | ホーム | ブルガリア音楽と変拍子フェチ
Comment
 まあ、、yuccalinaさんのお師匠様が テレビの番組でみられるんですか、、それは楽しみですね 私もみてみたいです 

下のお写真の刺繍びっしりでお見事ですね 見ごたえがあります
ふぁる代さんへ

>  まあ、、yuccalinaさんのお師匠様が テレビの番組でみられるんですか、、それは楽しみですね 私もみてみたいです 
そうなんです。是非見てみてください。

> 下のお写真の刺繍びっしりでお見事ですね 見ごたえがあります
本来はこういう風に布を埋め尽くすくらい刺繍したものが多いんですよ。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1117-3ea1ce5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR