プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/03/17 15:14 yuccalina

まっちー小ネタ~私としたことがっ、、、『家庭画報』を買ってしまいました!

町田樹が表紙を飾ったイタリア誌『doppio axel』の購入を悩んで諦めた(イタリア語読めんし~)ワタクシですが、家庭画報なる未知の雑誌を買ってしまいました~!

家庭画報 2015年 04月号 [雑誌]家庭画報 2015年 04月号 [雑誌]
(2015/02/28)
不明

商品詳細を見る


表紙にある通り、フィギュアで使用されたクラッシック曲のCDが付録に付いてる、ってこともあり、とても魅力的だったワケです。んで、フィギュア特集のトビラを飾ったお写真がコチラ。

macchi8.jpg

って、ここでも町田樹降臨~!

ではありませんか?それにこのおサシンってば、doppio axelの表紙と兄弟っぽいですよね。ほんのちょっと角度が違うだけで、同じ瞬間を捉えていたのでは?

macchi7.png

と、テンション高くページを捲ってみると、まっちーの記事とお師匠はん、ステファン・ランビエール様のインタビューがっ。

記事で印象的だったのは

「最近スポーツ選手の在り方を真剣に考えているんです。残りの人生も充実させる為に僕、今、大学の勉強も必死に頑張ってるんですよ」

という、まっちーのお言葉。記者さんがこの言葉を聞いたのは引退宣言から1年以上前であったと。引退を知ってあの時の言葉の深い意味を知った、というお話でした。

そして、ランビの

「たつきはとても決断力があり努力家。常に自分が何を求めているのかを知っています」

には、流石お師匠はん、分からってらっさる~!と頷きまくったのでした。

その他まっちーのグラビアが見開きで2ページと、羽生結弦選手1ページ、小塚崇彦選手、無良崇人選手、宇野昌磨選手、山本草太選手が其々4分の1ページくらいのカラー写真で載っていて、彼等男子選手については、鈴木明子さんが語る形になっております。

付録CDには浅田真央ちゃんのピアノコンチェルト(ラフマニノフ)を始め、カルメン、バラード1番他、まっちープロは第九とジュ・トゥ・ヴーで全10曲入り。

それにしても、定価1300円もビックリですが、この雑誌の重たいのなんのって、、。電車の中で読める本ではないですねえ。つまり移動で電車やバスに乗るような人は読まないってことかな。だって、載ってる服が何10万するものばっかりなんですよ。ちょっと前に宝島社の「大人のおしゃれ手帖」を買った時、何万もする服はとか思ってましたけど、一桁違ってましたよ。

でも、まっちーのお蔭で、ちょっとだけ違う世界を覗かせてもらった気分ですわ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ブルガリア音楽と変拍子フェチ | ホーム | The BLUES Movie Projectその(4)~ブルーズ同窓会@『ロード・トゥ・メンフィス』
Comment
教えていただいたので本屋さんで手に取ってみました ありがとうございました(立ち読みですが、、v-291)町田さんきれいですねー確かにふたつの お写真よく似てます、小塚君のも読みました、CDもついててお得ですね 確かに中のお写真の お洋服お高いものばかり、、縁がなさそうです 
でもフィギュアスケートの雑誌もこのくらいしますよねーよほど小塚君がいっぱい載ってるのでないと買ってはいません
ふぁる代さんへ

> 教えていただいたので本屋さんで手に取ってみました ありがとうございました(立ち読みですが、、v-291)町田さんきれいですねー確かにふたつの お写真よく似てます、小塚君のも読みました、CDもついててお得ですね 確かに中のお写真の お洋服お高いものばかり、、縁がなさそうです 
> でもフィギュアスケートの雑誌もこのくらいしますよねーよほど小塚君がいっぱい載ってるのでないと買ってはいません


フィギュア雑誌は買ったことがないのですが、家庭画報のフィギュア記事はネット上でも評判が良かったみたいなので、買ってみました。まあ、CD付いてなかったら買わなかったと思いますけど。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1113-c83b69f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR