プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/01/26 10:15 yuccalina

芸歴20年目のスター誕生?~セカオザこと小沢一敬(スピードワゴン)のこと

私が初めてスピードワゴンの漫才を見たのは、2002年のM-1グランプリでした。ツッコミの井戸田が「甘~い!」と叫ぶネタはそこそこ面白かったけれど、特にファンだったことはありません。後に井戸田が女優の安達祐実と結婚→離婚し、バラエティでは彼の方が注目されていたようですが、ここにきてボケの小沢一敬が一気にブレイクしたようです。昨年末のアメトーク大賞で「流行語&反省」部門のダブル受賞したのは、芸歴20年にしてスター誕生の瞬間だったのかもしれません。

で、先週のアメトークのテーマが「小沢と言う変人」。メンバーはチュートリアル徳井を筆頭に、品川祐、東京ダイナマイトの松田、小島よしお、そして私のイチオシ東北芸人である、磁石の永沢たかし(秋田県出身)でした。永沢はアメトーク初登場ではなかったのかしら?ホトちゃんからの紹介はありませんでしたが。と、話が外れましたが、サブタイトルは「SEKAI NO OZAWA」。別に世界のナベアツは全く関係ないのですね?って誰もそんなの覚えていないって?番組内では、SEKAI NO OWARI略してセカオワを洒落て、セカオザと呼ばれていた小沢。本人もまんざらではなさそうでしたね。

反響が大きかったようで、既にYouTubeにはセカオザの名言動画が多数アップされてました。




自分大好き芸人であり、ポエマーとも言える小沢ですが、私が注目したのは、相方の井戸田が言ってた「裏の顔が表に出てきただけ」というところ。アメトークの前週「ブラマヨとゆかいな仲間たち」には、スピードワゴンがコンビで出演していて、こちらもかなり面白かったんですよ。



この番組では、井戸田も好感度を上げたのでは?と思いました。小沢のワガママにとても寛容に思えましたから。同様にアメトークで小沢を囲んだメンバーも、皆優しくて良い人に見えちゃうから不思議ですわ。その中に品川祐もいたのですからね。でも、それって小沢自身が心根の優しい良い子だから、というのもあると思います。彼の名言を気持ち悪いと思う人も、ポンコツ振りにイライラする人もいるでしょうが、ワタクシはノンスタ井上も、狩野英考ちゃんもOKなので、当然ウエルカムです。

さて、「ゆかいな仲間たち」では、かつてブラマヨ吉田が「トークでも漫才でも、一番見せたいのは自分の人間性」と言ってたのに、私は感銘を受け、このブログにも書きました。(コチラ)そして、それは、博多大吉さんが昨年のTHE MANZAIで「自分たちの漫才は人格」と言ってのも符号します。

ですから、私がスピードワゴンに望むのは、

変人は変人の漫才をしなさい

ってことなんです。これは、先の記事でも引用してた、

下品な人は下品な絵をかきなさい。
ばかな人はばかな絵をかきなさい。
下手な人は下手な絵をかきなさい。


という、熊谷守一画伯の言葉によるものなんですけど、

小沢も裏に隠れてた人間性が表に出てきたことが、良い結果をもたらしていんじゃないかと思うんです。奇しくも、小沢自身が「練習して台本通りの漫才よりも、ブラマヨみたいな、もっと自由にアドリブが入るような漫才が好き」と言ってましたが、人間性、自分らしさを出してる漫才師ほど、アドリブが多い自由な漫才をするんですよね。

そんな訳で、今年のTHE MANZAIでスピードワゴンの変人漫才が見れることを、心から願っております。

最後に一つ、セカオザの名言に突っ込んでおきましょう。もう既にどこかで指摘されてるかもしれませんが、「イエスの生まれた日にノーは言わせない」ですが、クリスマスはキリストの誕生日じゃないですよ~。誕生に当るのは、クリスマスじゃなくてイースターではないかしら?また、キリストの誕生日については、天文学的見地から、6月説と9月説もあるようですけどね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アメトーク ブラックマヨネーズ

テーマ:スピードワゴン - ジャンル:お笑い

『オーケストラ!』は多国籍・多民族のハーモニー? | ホーム | 女性のファッションを創造し時代を変革した『イヴ・サンローラン』
Comment
井戸田が安達祐実と結婚・離婚したことぐらいしか知らなくて、初めてスピードワゴンの動画を見ますたわ。
海外に住んでると中々日本のTVを見ませんからね。相方ってこんな人なんだ~!とか、こんなギャグやるんだってのを初めて知りました。もう、オザーさんのポンコツぶりがwwwお笑い界にあんな方もいたんですねw
Mansikka様おはしお~!

> 井戸田が安達祐実と結婚・離婚したことぐらいしか知らなくて、初めてスピードワゴンの動画を見ますたわ。
> 海外に住んでると中々日本のTVを見ませんからね。相方ってこんな人なんだ~!とか、こんなギャグやるんだってのを初めて知りました。もう、オザーさんのポンコツぶりがwwwお笑い界にあんな方もいたんですねw


お笑いに限らずどの世界でも、ダメなとこ、足らないところが魅力となることって多い気がします。セカオザはポンコツだし、自分好きなんだけど、他人のことも好きで一杯褒める。相方を大好きなのも見ていて良く分かる。だから憎めない気がします。
磁石永沢は、「芸人体当たりシミュレーション」の回に確か出てましたよー地味に。
> 磁石永沢は、「芸人体当たりシミュレーション」の回に確か出てましたよー地味に。

ありがとうございます!
思い出しました。確かに体当たりシュミレーション出てましたね。スッカリ忘れてました。

このコメントは管理者の承認待ちです


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1070-f22f1b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR