プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/01/16 08:31 yuccalina

受け取りましたか?まっちーからのプレゼント

昨年の全日本フィギュアで現役を引退したまっちー(町田樹)のことを、もう少し書いておきたいと思います。

彼が初めて試合で4回転に成功したのは20歳でした(ちなみに羽生結弦選手は15歳)。その後、12-13シーズンのグランプリシリーズ(GPS)で初の表彰台~五輪代表争い~ソチ五輪~埼玉ワールド銀メダル、そして2014全日本での引退までが、たった3年足らずの出来事だったんだ、と今更の様に思い知りました。2006年の全日本ジュニアで優勝しながらも、その後コンスタントに勝てなかったのは、もしかするとお勉強の方で手を抜けなかったからかしら?と思ったり。あの去り際の美学は、フィギュア以外のところで育まれていたのかも?等と思いを巡らせております。

で、最近はそのまっちー覚醒以前の動画もちょこちょこ見ています。どんな少年だったのか、見てみたくなったんですよ。こちらは2008年の全日本フリー(当時18歳)『白鳥の湖』です。



最後の現在順位が、2位町田、3位羽生になっててビックリでしたわ。ちなみに、最終結果はまっちー7位、ハーニャ8位でして、その前にあった全日本ジュニアがハーニャ優勝、まっちー準優勝と、この頃から良いライバルだったのですね。

衣装は白鳥と黒鳥をミックスしてるんでしょうね。前半が白、後半が黒パートになってます。まっちーもザヤった(ジャンプの跳び過ぎ違反)ことがあったんだとか、「町田さーん」とか声援が疎らだったりとかが逆に新鮮だったりして、、。身のこなしも手の表現もまだ未熟ですが、表現しようという気持ちはとても良く出ていると思いました。

そして、私が初めてまっちーを意識的に見たのが11-12シーズンのGPSでして、それはフリーがランビエール振付けの『ドン・キホーテ』だったからなんです。ランビに振付けしてもらえるなら、きっと良い選手なんじゃないかと、単純にそう思ったんですね。



ただ、顔がアップになった時に、当時の私は彼のニキビを見て「ううっ」と引いてしまっていた、と今更ながら告白しておきます。私はまだ見かけに捕らわれて、まっちーの演技の本質を見てなかったような気がします。改めて見直すと、ブリティッシュユーロ解説も言ってる通り、この頃から素晴らしいジャンプを跳んでたんですよね。

このブレイク1年前のシーズンは、ショートも良かったんです。宮本賢二先生振付けの『黒い瞳』です。



スピンでこけたところは覚えてました。当時はまだ、「こんなミス僕はしない」なんて台詞は出てこなかったかしら?

さて、私がまっちーを好きになった理由の一つとして、文学やアートから得たインスピレーションをフィギュア作品に出来ること。東野圭吾はイマイチ私のシュミではありませんですたが、その極みと言いますか、私のシュミとピッタリ合ってたのがエキシの『Je Te Veux』です。



エリック・サティの曲に乗ってまっちーが演じるのは、ロベール・ドアノーの写真『市庁舎前のキス』のイメージ。

<左のチラシに使用されてる写真が『市庁舎前のキス』>
art4.jpg

ドアノーの写真については別に記事(コチラ)を書いていたワタクシには、このプロはとても嬉しいプレゼントみたいなものでした。

プレゼントと言えば、埼玉ワールドでのショート完全版『エデンの東』。



なじぇにプレゼントなのかと言うと、この男子ショートがあった3月26日は、ワタクシの誕生日だったんです。ですから、勝手にプレゼントとして頂いちゃった訳です。

それにしても、何度見ても良いなあと思うのが、演技後の挨拶です。本当に心がこもっていて、お客さんと対話しているように見えるんですよ。皆さんの拍手とか声援とか気持ちとか、諸々を自分のハートにしっかりと受け取りましたよ、って。ここでハッと、まっちーはいつも応援してるファンへのプレゼントとして、滑ってくれてたのですね。ソチでは「逆バレンタイン」の名言もありましたし。きっと皆さま、それぞれの心に、まっちーからのプレゼントが届いていたのでありましょう。

そして、スケートへの敬意を表すように、右手でリンクに触れながら下りるところまで、そのすべてが、まっちーの人となりを表わしているような、そんな気がするのです。

と言う訳で、ワタクシが勝手に「私と相性良いんでね?」と思い込んでいたまっちーなので、引退は本当に悲しかったのです。しかし、彼には人生のヴィジョンがしっかりとありそうです。また成長して良い男になって帰ってくるのを心待ちにしています。そして、たまにはアイスショーに出て、また素敵な作品をシェアさせてもらえたらな、と切に思うのでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

『ジョン・レノン、ニューヨーク』 | ホーム | 『最強のふたり』の本当のふたり
Comment
まっちーロスに涙を流している私の心を癒やしていただいた素敵なブログの内容でした。また、若手だった頃の羽生選手とのエピソードもツボでした。まっちー語録なるものより彼の誠意あふれる対応と優しくシャイな言葉使いが大好きでした。偉大な二人の先輩と超一流の羽生君の間でさぞかし苦労して、町田樹をマスコミに出し、注目してもらいつつ、スケーターとしても結果を出す。そして、院試受けて、本当にやりたかった学者の道に進む、寂しいし、もっと見たいし、でも、本当の町田樹を応援せざるえません。
町田くん 引退してしまったなんてなんだか少したっても信じられませんね ずっと前からいた選手でしたが ほんと活躍するようになってこれから、、ってイメージだったし 引退表明が急だったから

私も演技がすごい上手な選手だなーってずっと思ってました4回転が装備できたら最強だろうな、、って
黒い瞳私も大好きでした、

この前の見に行った世界選手権の男子SPの町田くん 演技が終わったとたん会場中がほんと地鳴りのような歓声拍手、あの日は 羽生選手より一番お客さんが 歓呼してました
よ、、町田くんの細部にわたる上質の表現と完璧なジャンプすてきでした 
こんばんは!まっちーのことを書いてくださる日を待ってました^^/
引退のニュースを聞いたときは旅行中で動画が見れず、ニュースで見てただただショックを受けて泣けてきました~。
帰ってきてネットで動画を見てまた泣き、最近も動画を見てはぐっとくる日々ですけど、さすがにショックはおさまりました。何より本人が将来の夢をしっかり持ち、悔いなく素晴らしい笑顔で引退されたので、今後のまっちーの人生を応援したいなぁと。最後までスケートへの愛情と自分の美学を追及したいという姿勢にあふれてて、やっぱ好きだわーと思いました!
しっかりと将来のキャリアのために勉強をし、卒論もこなし、しかも難しい演技に取り組まれていて、本当に大変だったと思います。苦しかっただろうにそんなことおくびにも出さず本当によくがんばったんだなぁとおかんの気持ちで見てしまいます。
グランプリの日、スペインにいたのですが夫の都合でバルセロナにいけず。一度でいいから戦うまっちーの姿を生で見たかったです。埼玉ワールドでのショート完全版『エデンの東』は永久保存版ですね。何度見てもじーんとします。お誕生日に見れたなんてほんと素敵な思い出になりましたね!
長文すみません。周りにまっちーファンの友達がいなくてうれしくてついつい・・・。
あやさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。

> まっちーロスに涙を流している私の心を癒やしていただいた素敵なブログの内容でした。

私の拙い文章でもお役にたてて嬉しいです。

> まっちー語録なるものより彼の誠意あふれる対応と優しくシャイな言葉使いが大好きでした。

そうなんですよね。マスコミは単純に彼の言葉だけを捉えて、「氷上の哲学者」というキャッチフレーズで済ませてましたけど、その奥の人間性ももっと伝えて欲しかったと思います。

偉大な二人の先輩と超一流の羽生君の間でさぞかし苦労して、町田樹をマスコミに出し、注目してもらいつつ、スケーターとしても結果を出す。そして、院試受けて、本当にやりたかった学者の道に進む、寂しいし、もっと見たいし、でも、本当の町田樹を応援せざるえません。

悲しいけれど、まっちーと同じように前を向いていこうって気持ちにさせるところも凄いです。
ふぁる代さんへ

> 町田くん 引退してしまったなんてなんだか少したっても信じられませんね ずっと前からいた選手でしたが ほんと活躍するようになってこれから、、ってイメージだったし 引退表明が急だったから

ピークの時に惜しまれながら辞める。というのは、これ以上に美しい身の引き方はないかもしれません。本当に潔い決断だったと思います。

> この前の見に行った世界選手権の男子SPの町田くん 演技が終わったとたん会場中がほんと地鳴りのような歓声拍手、あの日は 羽生選手より一番お客さんが 歓呼してました
> よ、、町田くんの細部にわたる上質の表現と完璧なジャンプすてきでした 


そうでしたね。ふぁる代さんは生で見たんですよね。羨ましいです。ビデオで見ていても会場の興奮が伝わってきますから、現場にいたらさぞや凄いものだったんでしょうね。
ちょしっちさんへ

> 帰ってきてネットで動画を見てまた泣き、最近も動画を見てはぐっとくる日々ですけど、さすがにショックはおさまりました。何より本人が将来の夢をしっかり持ち、悔いなく素晴らしい笑顔で引退されたので、今後のまっちーの人生を応援したいなぁと。最後までスケートへの愛情と自分の美学を追及したいという姿勢にあふれてて、やっぱ好きだわーと思いました!

埼玉ワールドでのショート完全版『エデンの東』は永久保存版ですね。何度見てもじーんとします。お誕生日に見れたなんてほんと素敵な思い出になりましたね!

そうですね。やっぱりまっちーの持ってる美学と、それを実現するための努力や自己を客観視する姿勢などに惹きつけられたんだと思います。演技でそれを出し切ったのが埼玉ワールドでのエデンだったのでしょう。

> 長文すみません。周りにまっちーファンの友達がいなくてうれしくてついつい・・・。

いえいえ、ちょしっちさんのまっちーへの思いが分かって、私も嬉しかったです。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1061-3dc1d1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR