プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/28 22:15 yuccalina

町田樹選手の現役引退発表

全日本フィギュアの話は年明けに、と思ってたブログ主ですが、非常事態です。何とも悲しいニュースが。

まっちーが引退だなんて~!

今季で引退を考えてそうな予感はあったんですけど、何で世界選手権後じゃなくて今なの~?
第九は未完のまま終わってしまうの?

ふえーーん

まだ、現実を受け入れられません。

12/29追記

一夜明けても、まだ心のザワツキは収まらず。珍しく朝からワイドショーなど見てしまった。

昨夜思ったのは、かつてまっちーは、エキシプロ『白夜行』の主人公はクリスマスに亡くなったので、その後再演しなかったことで、もしやフリーに第九を選んだのも、最初から全日本が最後と決めていたのかしら?と頭を過ぎったのです。それなら、もう納得するしかないのかな。

その一方で、ワイドショーでは「その日の朝に1人で決めた」との話もあり、ショートでの採点を見て、(格付け的に)自分が世界王者の可能性は無いと判断したのかも?とも思えて、またザワザワ。まっちーはノーミスでゆづはコンボを3-2に下げた状態でのあの点差でしたからねえ。

ああ、それにしても、第九はスケアメを完成形として受け入れるしかないのかなあ、まあ十分仕上がってたのは確かですけど、アメリカの皆様ラッキーでしたね。



スポーツマネッジメントを勉強するというのは、きっとフィギュアの将来を思ってのことですよね?目先の勝ち負けよりも、もっと先に目が向いてたってことなんでしょうね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン 
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

サクラソウ&キンギョソウの蕾、冬のランタナにシクラメンetc. | ホーム | 『カルパチアのミューズたち』その(5)~即興の叫び歌
Comment
yuccalina様 こんばんは

フィギュアスケートは選手生命が短いらしいですが
それでも早い気がしますね。

でもニュースで聞いたコメントはとても立派で
しっかり考えているんだな、と驚きました。
自分もきちんとしないと・・・
GAOHEWGIIさんへ

> フィギュアスケートは選手生命が短いらしいですが
> それでも早い気がしますね。

最近は長く続ける選手も多いですが、とてもお金のかかるスポーツであることも、影響してると思います。

> でもニュースで聞いたコメントはとても立派で
> しっかり考えているんだな、と驚きました。
> 自分もきちんとしないと・・・

彼は常に自分を持ってて、発言にブレが無いことでも人気を得ていました。これまでのインタビューでも、色々名言ありました。町田樹語録、中々面白いですよ。
yuccalina様、ウリもまだ心がザワザワしておりますミダ。

>もしやフリーに第九を選んだのも、最初から全日本が最後と決めていたのかしら?と頭を過ぎったのです。
ウリもそういう気がするんです。イルボンじゃ第九は年末のイミジが強いですからね。また、歓喜の歌のボーカルが入っているのも彼の新しい門出に相応しいと思いました。でも寂しいニダ・・・
このコメントは管理人のみ閲覧できます
yuccalinaさんこんばんは

町田君はほんと衝撃発言でした ご自分では いろいろ考えて準備して 大勢のファンの皆さんに感謝を残せる全日本の場を選んだんでしょうね まだ若いけど、、まだまだ見ていたいけど、、スケートでご自分でけじめがつけられる 所まで頑張れて 次もまた頑張るのに 今のこの年齢がいいと思ったんでしょうね 
Mansikka様ばんしお~!

> >もしやフリーに第九を選んだのも、最初から全日本が最後と決めていたのかしら?と頭を過ぎったのです。
> ウリもそういう気がするんです。イルボンじゃ第九は年末のイミジが強いですからね。また、歓喜の歌のボーカルが入っているのも彼の新しい門出に相応しいと思いました。でも寂しいニダ・・・

昨夜のMOIで、まっちーの引退発表見ました。皆その場で驚いてる顔も見ますた。無良君やこづ君の話にも泣けますた。そして、エキシの「エデンの東」で号泣して、少し気持ちが落ち着いてきますた。真央ちゃんはどう思ってるのか気になりますね。
鍵コメ様
了解致しました。
ご連絡ありがとうございます。
ふぁる代さんへ

> 町田君はほんと衝撃発言でした ご自分では いろいろ考えて準備して 大勢のファンの皆さんに感謝を残せる全日本の場を選んだんでしょうね まだ若いけど、、まだまだ見ていたいけど、、スケートでご自分でけじめがつけられる 所まで頑張れて 次もまた頑張るのに 今のこの年齢がいいと思ったんでしょうね 

エキシのエデンの東を見て号泣して、ちょっと落ち着いてきたところです。
彼はこれまでも自分で考えて判断してきた人で、エデンの東ではそう言った彼の生き方を表現してたんだな、って気が付いたからかもしれません。もっと見たかったけど、彼の次の挑戦を応援したいです。
こんにちは

 町田選手は大学院での勉学を選んだのですね。24歳で引退とは若すぎますね。他のスポーツではありえません。昨日NHKで羽生選手の体幹や筋肉の柔らかさを報道していましたが、トレーニングを見てもあの細い体に過酷だなと思いました。フィギュアスケート選手は他のスポーツに比べて選手生命が短いのが理解できました。
 詳しくはないのですが、私のイメージでは若い選手がどんどん出てくる感じですね。
mikitaka08さんへ

>  町田選手は大学院での勉学を選んだのですね。24歳で引退とは若すぎますね。他のスポーツではありえません。昨日NHKで羽生選手の体幹や筋肉の柔らかさを報道していましたが、トレーニングを見てもあの細い体に過酷だなと思いました。フィギュアスケート選手は他のスポーツに比べて選手生命が短いのが理解できました。
>  詳しくはないのですが、私のイメージでは若い選手がどんどん出てくる感じですね。

最近は長く続ける選手もいますが、ほんの一握りという感じでしょうか。
とてもお金がかかるスポーツであるため、大学のフィギュアスケート部に所属してる一般部員は、大学卒業と同時に現役引退する人が殆どです。国際大会に出場出来る強化指定を受けた選手にしか、金銭援助がないからです。

アマチュアでもスポンサーがつくと経済的に楽になりますが、町田樹選手にスポンサーはありませんでした。だからこそ、自分の意志だけですんなり辞めることが出来たとも言えるのですが。

バレエダンサーのピークは20代後半から30代前半くらい、と言われてますので、それに比べても何と消耗の速いこと。ジャンプによる脚への負担はバレエの比ではないそうです。プルシェンコが30才で4回転が跳べるのは奇跡なんです。彼の体はあちこち、手術の傷痕だらけだそうです。


このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様
ご指摘ありがとうございます。
早速訂正しました~


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1052-68cd2791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。