プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/12/11 14:36 yuccalina

イーラーショシュのエコバッグ~構想&製作約5ヵ月で漸く完成

かなりのご無沙汰でした、ハンドメイド報告です。最近ルーマニアの音楽とフォークダンスの話をせっせと更新してましたが、その影で、少しずつですがチクチクと針を動かしておりました。最後に紹介した作品が7月ですか。同じトランシルヴァニア(地理的にはルーマニアですがハンガリー人の)伝統刺繍のイーラーショシュで、ジャン・コクトーの絵を模したものなぞを紹介したのですが、今回はオリジナルの図案です。

イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍
(2013/05/31)
谷崎 聖子

商品詳細を見る


構想と製作で5ヵ月以上かかったと言いつつ、没頭してその時間という訳ではないので、余り勿体ぶってはいけませんね。先に完成品をお見せします。

handmade100.jpg

ひっくり返すとこんな感じ。

handmade104.jpg

姉のバースデープレゼントとして用意したのですが、実際は10月の誕生日から遅れること2ヵ月でやっと完成。何故遅れたかと言えば、あれこれ刺繍を足してって、止まらなくなってしまったんです。

そもそも、最初の図案はこれだけでした。

handmade93.jpg
handmade94.jpg

殆どワンポイント程度のつもりだったのですが、いざ出来てしまうと、何か寂しいというか、バッグのサイズが大き過ぎたことに気が付きました。私がハギレを作りたくなくて、布をケチったからですね。その為、幅の広いマチを取ってみたみたのですが、生地が薄いシーチングということもあり、どうも格好がつきません。強度的にも不安がありました。そこで、縫い目と縁にラインを入れてみました。

handmade96.jpg

ここで止めても良かったのですが、物を入れた時のマチの部分がやっぱり気になるなあ、、。そこで両サイドと底にも何か入れてみようか、、。

handmade97.jpg
handmade103.jpg
handmade102.jpg

そんなこんなで、最後はストラップの縁にもラインを入れて、表も葉っぱの刺繍を少し足して、やっと完成。

handmade105.jpg

結局イーラーショシュ糸1綛=500gを、殆ど使ってしまいました。その分重くなってしまいましたが、バッグとしての使いやすさはアップしたかなと思います。

それにしても、絵を描くのと同じで、どこで止めておくか、とても悩みました。特に表のデザインはアシメトリー(左右非対称)にしちゃったので、どのように空間を残すかが、とても難しいですねえ。まあ、それは分かっててやっちゃったんですけど。これが日本人のさがなんでしょうか、ついついアシメトリーにしたくなっちゃったんですわ。

そして、完成と同時にやっぱり来ましたかのプチ燃え尽き症候群。次の作品まで、また時間が開きそうですわ~。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン 
関連記事
スポンサーサイト

タグ: トランシルヴァニア 東欧 刺繍

テーマ:手作りのバッグ - ジャンル:趣味・実用

THE BLUES Movie Projectその(1)~ヴェンダースの『ソウル・オブ・マン』 | ホーム | 『カルパチアのミューズたち』その(4)~クレズマーを巡るマラムレシュのユダヤ人とロマ
Comment
うわー凝ってますね お姉さんお喜びになりますねー どんどん足してって素敵なデザインになりましたね 最初のもいいですがより素敵なデザインになりましたね どこで止めるかはほんと難しそう、、

はじっこがラインがありかっちりしてるので物を入れたとき 型崩れしなくて使いやすそうですね
素晴らしいバッグですね!正面の図案だけでも素敵ですが、さらにマチ部分の連続模様がとてもいい雰囲気だと思います。

手作りって足したり引いたりのバランスが難しいですが、それがまた楽しみだと思います。他に見たことのないもの、オリジナル性がとてもよく出ています。Yuccalinaさんは、なんでも自己流のものにしてしまうところが凄いです。
yuccalina さん、おはようございます^^
最初ワンポイントだった時も素敵ですが、こうして比べると、やっぱり最後の完成品はしっかりしている感じだし、手が込んでいて豪華で良いですね。
お姉さまも喜ばれることでしょう。

どこで止めるかは、悩みますね(笑)
私の場合は書き物かな、と思います。
やっぱり数カ月かけるものだと、その後でプチ燃え尽き症候群になる気持ち、分かります。
私は、一度入れ込んだものに、いつまでも入れ込んでいたくなるんです。
プチじゃない燃え尽き症候群も、過去にありましたねぇ・・。
ふぁる代さんへ

> うわー凝ってますね お姉さんお喜びになりますねー どんどん足してって素敵なデザインになりましたね 最初のもいいですがより素敵なデザインになりましたね どこで止めるかはほんと難しそう、、
>
> はじっこがラインがありかっちりしてるので物を入れたとき 型崩れしなくて使いやすそうですね


ありがとうございます。お蔭様で姉も喜んでました。マチの部分はやはり刺繍して良かったと思っています。
谷崎聖子さんへ

> 素晴らしいバッグですね!正面の図案だけでも素敵ですが、さらにマチ部分の連続模様がとてもいい雰囲気だと思います。
>
> 手作りって足したり引いたりのバランスが難しいですが、それがまた楽しみだと思います。他に見たことのないもの、オリジナル性がとてもよく出ています。Yuccalinaさんは、なんでも自己流のものにしてしまうところが凄いです。


ありがとうございます。コメント頂き嬉しいです。マチの連続模様は、縫い目のラインを活かせるものを考えてみました。確かに足したり引いたりのバランスが、一番難しいですが、難しい分の楽しみもありました。
Arianeさんへ

> yuccalina さん、おはようございます^^
> 最初ワンポイントだった時も素敵ですが、こうして比べると、やっぱり最後の完成品はしっかりしている感じだし、手が込んでいて豪華で良いですね。
> お姉さまも喜ばれることでしょう。


ありがとうございます。お蔭様で姉も喜んでくれました。

> どこで止めるかは、悩みますね(笑)
> 私の場合は書き物かな、と思います。
> やっぱり数カ月かけるものだと、その後でプチ燃え尽き症候群になる気持ち、分かります。
> 私は、一度入れ込んだものに、いつまでも入れ込んでいたくなるんです。
> プチじゃない燃え尽き症候群も、過去にありましたねぇ・・。


そうですね、何か完成した時、達成感と同時に喪失感もあったのが不思議でした。出来たと同時に自分の手から離れていくことに、寂しさを感じたのかもしれません。しばらくは充電期間になりそうです。
これ、裏面も綺麗でリバーシブルで楽しめそうニダねぇ。
デザインが変わっていく過程が楽しめて面白かったニダが、これは作るのにかなり時間がかかりそうニダなぁ。お姉さまも喜ばれるでしょうねぇ。
ウリ的には最初と最後のデザインが好きニダ。途中のデザイン(縁つき)もいいんだけれど、並べるとやっぱ最初のシンプルなデザインと最後のゴージャスなデザインに目が行きます。

前回のコクトーの絵柄もお洒落でいいけど、自分のデザインとなると愛着もひとしおですよね。
Mansikka様こんしお~!

> これ、裏面も綺麗でリバーシブルで楽しめそうニダねぇ。
> デザインが変わっていく過程が楽しめて面白かったニダが、これは作るのにかなり時間がかかりそうニダなぁ。お姉さまも喜ばれるでしょうねぇ。


ありがとうございます。お蔭様で喜んでもらえますたわ。姉から「いつでもいいよ」と言われたので、時間をかけて納得のいくところまで作れた感じですが、今回は製作過程も写真を撮っておいて良かったと思いますた。

> ウリ的には最初と最後のデザインが好きニダ。途中のデザイン(縁つき)もいいんだけれど、並べるとやっぱ最初のシンプルなデザインと最後のゴージャスなデザインに目が行きます。

確かに最初のもあれはあれで良かったなと思うので、小さい巾着を作っても良いかなーと思っております。
素敵なバッグですね!どんどん足していって正解!私は手芸が苦手なので感嘆しちゃいました。
千鳥さんへ

> 素敵なバッグですね!どんどん足していって正解!私は手芸が苦手なので感嘆しちゃいました。

ありがとうございます。こういうところにも性格が出るのか、私は余り目標をハッキリ決めずに、その時その時の感覚でやるのが好きなんだなー、と気が付きました。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1043-ede9f5ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR