プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2011/07/17 16:33 yuccalina

豚バラ肉と夏野菜の味噌炒め

この時期はやはり夏野菜が美味しい。子供の頃、暑い日のおやつにキュウリやトマトをかじっていたが、アーユルヴェーダ的にも大正解だったのね、と気付く今日この頃だ。

最近私はキュウリを炒めて食べるのにハマッております。簡単な「豚肉と夏野菜の味噌炒め」お試しくださいませ。

eggplant_convert_20110718145150.jpg

材料(2~3人前)

豚バラ肉 100g
茄子 3本
キュウリ 1本
トマト小 1個
椎茸 3個
ゴマ油 小さじ1

(漬けダレ用)
味噌 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 小さじ1(味噌の味によって加減)
おろし生姜 適宜

大葉 適宜(トッピング用お好みで)


漬けダレの材料を混ぜ合わせ、そこに一口大に切った豚バラ肉を漬け込む。私はタッパーでなく、ビニール袋に入れて、よく揉み込んでいます。20分程冷蔵庫で寝かせておく。

茄子、キュウリ、椎茸は一口サイズに切る。トマトは4等分にする。私は勿体無いからトマトは湯剥きせず、種子もそのままで使いますが、気になる人は下処理してください。キュウリは塩を振って、軽く水分を抜いておく。

茄子と椎茸だけ先に塩を振ってフライパンで空炒りし、しんなりとさせたら、器にあける。

フライパンでゴマ油小さじ1を熱し、中火で漬け込んだ豚肉を炒める。火が通ったら、茄子、椎茸、キュウリ、トマトを加える。トマトの身を崩しながら、味噌ダレに馴染ませる。トマトの皮が気になる場合は、菜箸で取り除いてください。火が通ると自然に剥けてきます。私は勿体無いから、料理しながら、皮を食べちゃってます。茄子に味噌ダレが染み込んだら器にあけ、大葉の千切りをトッピングして出来上がり。

キュウリの代わりズッキーニでも良いし、オクラを入れても良い。トッピングも大葉の代わりにミョウガにしたり、色々とバリエーションも楽しんでみてください。
関連記事
スポンサーサイト

タグ: アーユルヴェーダ

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

ラテンアメリカ十代小説ー「欲望」「パフォーマンス」等UKロックと映画を廻る話 | ホーム | The Manzai 2011
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/104-cf72eca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR