プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/11/29 15:08 yuccalina

キンギョソウの花の色

今回のガーデニング報告はちょっとだけ。先日紹介したバーガンディーのキンギョソウですが、蕾が5つとも開きました~!

gardening230.jpg
gardening231.jpg
gardening232.jpg

なーんか、嬉しくてバチバチ写メを撮ってしまいましたが、冬はお花が咲くまで時間がかかるものの、咲いてから長持ちするのが嬉しいですね。で、このキンギョソウ、前回は開花するまで色が分からなかった、と書きましたが、本当は蕾の段階で、「んん?これはもしやバーガンディーかしら?」と思える状態だったんです。

gardening229.jpg

ご覧のように、蕾の段階で色がついてますよね。

で、さらによく見ると、蕾だけでなく、周囲の葉っぱの縁も、同じように色づいていることに気が付いたのでした。

gardening228.jpg

という事は、この左隣に生えてるのは、違う色みたいです。黄色かはたまた薄ピンクか?早く蕾が大きくならないかしら?

gardening226.jpg

また、もう一つ植えていた鉢も、大きくなってきて、そろそろ蕾を付けそうな気配。

gardening227.jpg

何色かしら?

ところで、百均で買ったキンギョソウの種を蒔いたら、順調に芽が出てきましたよ。

gardening233.jpg

これから植え替えするところですが、お花を楽しめるのは来春になるのかな~?


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:***ベランダガーデニング - ジャンル:趣味・実用

『カルパチアのミューズたち』その(3)~マレムレシュの踊り | ホーム | 気になるロック&ポップスプログラム~ヘルゲソン、バルデ&ヴォロノフ
Comment
yuccalina さん、こんばんは^^
こちらのキンギョソウの色は、本当に素敵ですね。
そして、葉っぱの縁も同じように色づいているのは、面白いと思いました。
そういう所に色素が出るものなのですねぇ。
それにしても、キンギョソウは今から咲いて、春も咲くのですね。
花期の長いお花というのは、ずっと楽しめて良いですね。
うわーキンギョソウ育ってますねかわいい、蕾も小さくてかわいいですね
yuccalinaさんは そだてるのお上手だからいいなー

種の方の芽もいっぱいでてきてますねー

先日私 キンギョソウの種の袋いただいたんですが今からでは遅いですか?まだ間に合いますか?
Arianeさんへ
いつもありがとうございます。

> こちらのキンギョソウの色は、本当に素敵ですね。
> そして、葉っぱの縁も同じように色づいているのは、面白いと思いました。
> そういう所に色素が出るものなのですねぇ。


水やりをしながら、よくよく見てみると、面白い発見があります。実は、一番下の、百均で買った種から出た新芽にも、既に葉の縁が赤っぽいのと、そうでないのがあるんです。葉の色で鉢を分けでみようかなと思っているところです。

> それにしても、キンギョソウは今から咲いて、春も咲くのですね。
> 花期の長いお花というのは、ずっと楽しめて良いですね。


こぼれた種からは、1年中発芽してる感じですが、何年もたってから出てきたり、生命力の強さを感じます。季節を選ばず、いつでも咲けるみたいですし。
ふぁる代さんへ

> うわーキンギョソウ育ってますねかわいい、蕾も小さくてかわいいですね
> yuccalinaさんは そだてるのお上手だからいいなー
>
> 種の方の芽もいっぱいでてきてますねー


いえいえ、キンギョソウは手間いらずで、勝手に育ってくれてる感じですよ。

> 先日私 キンギョソウの種の袋いただいたんですが今からでは遅いですか?まだ間に合いますか?

一応蒔き時は10~11月みたいですが、キンギョソウはこぼれ種から一年中芽が出てる印象ですので、今蒔いても大丈夫な気がします。それに直ぐに芽が出なくても、1年後に出る可能性もありますし。実際この色のは何年も前に育ててたやつのこぼれ種ですから。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1033-83ac6108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR