プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/12/03 08:45 yuccalina

『YOUは何しに日本へ?』とカーライルの言葉

テレビ東京の人気番組『YOUは何しに日本へ?』は、これまで、何度か話題に出したことがあるのですが、今回は私が感じているこの番組の素晴らしさについて、書いてみたいと思います。

現在、日本に来た外国人を取り上げる番組って、結構多いと思うのですが、その中でも私はこれが一番好きなんです。その理由として一番に上げられるのは、製作サイドが自分達の思い通りにしようとしてない感じ、枠にはめようとしてない姿勢。そして、取材対象の外国人YOU達が、どんな人間なのかを伝えようとしているところなんです。常に適切な距離を保ちながら取材しているなあ、と言うのが見ていて伝わってきます。だからこそ、YOU達の素直な気持ちが引きだされる。日本での出会いの中で生まれる珠玉の言葉にも、リアリティがあるのです。ただ単に日本を好きで褒めてくれるのが嬉しいのとは、別の世界が垣間見えるとでも言いましょうか。

そんな訳で最近の放送から、私がちょっと感動したエピソードをいくつか紹介しますね。

先ずは11月3日放送のペルーからやってきた囲碁好きYOUレオンさんは、日本語が喋れなくても、囲碁を通じてコミュニケーション出来るという言葉が印象的でした。

<レオンさんが登場するのは13:45から>


囲碁はまさに芸術であり、そして宇宙だ。
僕は日本語が話せないけど、碁石を通して世界で会話できる。
打った碁石は心だからね。


そして、11月17日放送では、ロンドンで写真の勉強をしているメキシコ人青年ホセくんが、写真を通じてコミュニケーションする姿。

<ホセ君への取材は26:15から>


彼の「シャッターを切った時の自分の思いを大切にしたい」と言う言葉に、私はグッときましたね。今ここにある一瞬一瞬に意識を傾けよう、というのはとてもヨガ的な行為である訳ですから。

you3.jpg
you4.jpg
you5.jpg
you6.jpg

ホセ君が農作業をしていたおじいさんに声を掛けて、写真を撮らせてもらった後も、凄く言い事を言っていました。

you7.jpg
you8.jpg
you9.jpg
you10.jpg

私はそこにもまたヨガ的ココロを感じてしまったわけです。彼の写真を紹介しながらBGMで流れる『風をあつめて』も良い雰囲気。そして、バナナマンのコメントも良かったんです。農家のおじいさんを撮る時に「日常と芸術か」とボソッと言ってましたが、ありふれた日常の中にある、そうした美しさに気が付ける人こそ、芸術家なのでは?と私は思います。また、ホセ君の旅についても、

you11.jpg
you12.jpg

素敵な人を見ると、自然と良いコメントが出てくるんでしょうね。MCのバナナマン、特に設楽統の方は、普段あまり感情的にならないと言うか、冷めた感じの芸人さんなので、逆に心を動かされた時の雰囲気が、リアルに感じられて良いですわ。

さて、日本語が喋れなくても大丈夫、というレオンさんと、頑張って喋ろうとするホセ君でしたが、2人に共通するのはどちらも、何かを好きという気持ちです。レオンさんは囲碁、ホセ君は荒木経惟好きをキッカケとして日本に辿りついた。何か一つでも好きなものを突き詰めていくと、そこから派生して学べることって、沢山あるんですよね。

そこで、ロバート、じゃなかった、トーマス・カーライルの名言。

愛情ある心が、すべての知識の初めである。
A loving heart is the beginning of all knowledge.

トーマス・カーライルの名言より



これは、私自身も実感しています。ロックに夢中になったことがキッカケで、学んだことはかなり多いと思うんです。『YOUは何しに日本へ』を見ていると、武道とか、アニメやコスプレとか、盆栽やら、日本茶とか、キッカケが何であれ、人は好きなことの為なら、自ら学ぼうと努力するし、そうして知識を広げていく姿を見る事が出来ます。そう言う愛情ある心のYOU達を、これからも沢山紹介していって欲しいです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

NHK杯と選手が覚醒する時 | ホーム | 『カルパチアのミューズたち』その(3)~マレムレシュの踊り
Comment
今日は♪
この番組、たまに見てます!
そうですよね、距離感がよい感じで、却って彼らの生き方が伝わってきます♪

等身大、そんな感じが逆に心に響きますよね♪
今回とても深く貴方と同じく共感
することができ、わたくしも嬉しい
限りです。
言葉の問題を乗り越えて海外の方が
日本の機微に触れてくださる事、
スリリングな密着のプロセスを
ドキュメンタリーでわたくしたちが
観、知らされる事、そしてそれを
実現できる日本の治安の良さと
日本人の寛容さに改めて
敬意を表したいです。m(_ _)m

1本目の動画しか見れてないニダが、面白くて最後まで見ちゃったんです♪
やっぱあのレオンさんがいい味出してるニダね。
何が好き、何がしたい、そういう嗜好と目的がハッキリしてる人だから見てる側も「この方は日本滞在を楽しめる」という安心感がありました。
「愛情ある心が、すべての知識の初めである。」はウリもよく考えますミダ。スケート愛があるから、スケートの採点方法を調べたりするし・・・ヨン棒に対する愛情があるから、ヨン棒の演技をチェックする・・・w
いや、ヨン棒に対する愛情なんてないでしょ!と周囲から言われそうニダが、愛情無くしてはあんなヨン棒のスケート愛の無い演技を見てらんないデヨw
愛情あるこころがすべての始まり。心に刻んでおきます。
リュウさんへ

コメントありがとうございます。

> この番組、たまに見てます!
> そうですよね、距離感がよい感じで、却って彼らの生き方が伝わってきます♪
>
> 等身大、そんな感じが逆に心に響きますよね♪


番組、ご覧になったことあるのですね。テレビでは、予め作ったストーリーに嵌め込んだようなドキュメンタリーが結構多い気がします。作り手のエゴが出ないようにする為には、ある程度距離を置かなくてはいけないと思うんです。
四の字硬目さんへ

> 言葉の問題を乗り越えて海外の方が
> 日本の機微に触れてくださる事、
> スリリングな密着のプロセスを
> ドキュメンタリーでわたくしたちが
> 観、知らされる事、そしてそれを
> 実現できる日本の治安の良さと
> 日本人の寛容さに改めて
> 敬意を表したいです。m(_ _)m


そうですね。行く先々で取材に協力してくださる日本の方々の姿も、素敵なんですよね。
日本中から愛される番組に成長してるのも、嬉しい限りです。
Mansikka様おはしお~!

> 1本目の動画しか見れてないニダが、面白くて最後まで見ちゃったんです♪
> やっぱあのレオンさんがいい味出してるニダね。
> 何が好き、何がしたい、そういう嗜好と目的がハッキリしてる人だから見てる側も「この方は日本滞在を楽しめる」という安心感がありました。


レオンさんは囲碁を通して心も磨かれてる感じがしますたわ。

> 「愛情ある心が、すべての知識の初めである。」はウリもよく考えますミダ。スケート愛があるから、スケートの採点方法を調べたりするし・・・ヨン棒に対する愛情があるから、ヨン棒の演技をチェックする・・・w
> いや、ヨン棒に対する愛情なんてないでしょ!と周囲から言われそうニダが、愛情無くしてはあんなヨン棒のスケート愛の無い演技を見てらんないデヨw


ムム、ワタクシはヨン棒に愛情が足らなくて、ついついパッシングしてまスミダww反省~(棒)
そう言えば、ワタクシもフィギュアスケートのお蔭でバレエやクラッシックも好きになりますた。
千鳥さんへ

> 愛情あるこころがすべての始まり。心に刻んでおきます。

やっぱり、何でも好きでやるのとイヤイヤやるのでは全然違いますよね。ポジティヴなエネルギーが良いものを生むとは、ヨガの世界でも言われてることです。
この番組、観たくて仕方がないのですが、岐阜県は愛知県とのテレビ局間の
契約問題で、観ることができません(泣)。

テレビ東京もBSジャパンで再放送してくれればよいのに・・・。

ケーブル・テレビと契約するとか、強力なアンテナを立てるとか
すればいいんですけどね、いずれにせよお金の問題になります(^_^;)。
バニーマンさんへ

> この番組、観たくて仕方がないのですが、岐阜県は愛知県とのテレビ局間の
> 契約問題で、観ることができません(泣)。


そうだったんですか、知りませんでした。

> テレビ東京もBSジャパンで再放送してくれればよいのに・・・。


BSジャパンのホームページにリクエストしてみたらどうでしょうか?でも、YouTubeで殆どの回を見る事が出来るみたいなので、リクエストする人は少ないかな、、。




Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1030-39a380ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR