プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/11/10 09:00 yuccalina

まともじゃない!~狂気の宴となった中国杯男子フリーのこと

先日、フィギュアグランプリシリーズの記事は、じっくりリピート観賞してから記事にしよう、と書いたばかりですけど、中国杯は全くリピしたくない内容になってしまいました。

女子フリーまでは良かったんですよ、それがあの、羽生結弦選手とハンヤン選手の事故で、大会は異様な空気に支配されてしまいました。

頭を打った選手が、自己判断で試合を続行なんて、本当に無茶な話でした。本人がやると言っても、周りが羽交い絞めにしてでも止めるべきでした。そうしなかったのは、選手の身体よりも大切なものが頭を過ぎってたからでしょう。そして、フィギュアスケートには、不測の事態に備えた、選手の命を守るルールが全く整備されていない様です。総て選手個人の判断、自己責任では、余りにも危険ではありませんか?やはり、フィギュアはまともなスポーツではないことを露呈してしまいました。

それは採点にも表れていましたよ。現世界王者だから、アクシデントがあったからなんて、本来勝敗には関係ない筈です。5回転倒してボロボロの羽生結弦選手には、全く相応しくない高得点に、私はドン引きしましたわ。表彰台確保は、一番人気の羽生がファイナルに出なかったら客足に影響すると、ISUがソロバン弾いた結果ではないか?と疑ってしまいます。

そして、逆境に負けなかった羽生、と感動のストーリーに演出しようとするテレビ朝日には、吐き気を催しました。スポーツを悪趣味な見世物に貶めるような、そんな雰囲気を私は感じてしまったんです。特に実況アナは明らかに興奮で声のトーンが変ってましたし、解説の佐野稔はスケ連理事であるにも関わらず、羽生選手を止めなかった周囲に対して、何の疑問も持たなかった様です。6分間練習中、MCの松岡修造は「直ぐに止めてもらいたい」「棄権するべきだ」と繰り返してたのは、まともな反応だと思いました。しかし、そんな彼も、最後は実況アナと佐野稔の煽りに同調していた。それは、製作サイドから何か言われたのでは?と、もっぱらウワサになっています。あの感動屋さんの殿が、一番言葉少なく冷静にしていたのは、きっと心から羽生選手を心配していたからなんでしょう。

マスコミはテレ朝の感動演出には同調せず、今回の対応の危険性を指摘して欲しいです。そして、ISUには選手の命を守るルール作りをして欲しいものですが、選手を金儲けの道具としか考えてないISUには、所詮無理なお願いなんでしょうか?30秒ルールだの、エッジエラー&回転不足の厳格化だのやる前に、もっと基本的なとこを見直すべきでしょう。

腰の故障で初戦のフィンランディア杯を棄権した後でしたから、羽生選手には金メダリストとしての責任が重くのしかかっていたんでしょうけど、目先の試合よりも金メダリストとして、自身の体にもっと敬意を持つべきです。体を自分の思い通りに動かすことだけでなく、逆に身体の声を聞いてあげて、十分に労ることも覚えて欲しい。それは、回りの大人達が教えてあげるべきだと思うのですが、きっと逆のことしてる人ばかりなんでしょうね。日頃から無茶させるように、急き立てていた結果、ああなったのではないでしょうか。

とにかく事故後の羽生選手は、様子が変でした。頭を打って気がおかしくなったのではないか?と怖くなりました。目が座っていたかと思うと泣き出したり、微笑んだり、感情のコントロールが出来なくなったのは、脳にダメージがあったからでは?と本当に、心配になったんです。

ロシアのマキシム・コフトン選手は、優勝にも笑顔がありませんでしたね。そらあ、羽生選手をリンクサイドで見てたら、怯えちゃうでしょう。彼が日本フィギュア界の異常さに、恐怖心を抱いたとしても、全く不思議ではありませんよ。

スケ連の異常性と言えば、今回の事故で遠征に医者を同行させてないのがバレちゃいましたね。アメリカチームのドクターに治療してもらったんですって。日本のスケ連は金持ってるくせに、そんなケチなことをしてる、変態の集団みたいですから。そういう奴らが、羽生選手を駆り立てているんですよ、きっと。

羽生選手がソチで金メダルを取った時には、ワラワラとたかってきたスケ連関係者達が、今回のアクシデントに関してはサーッと身を引く様に関わろうとしない構図に、寒気がしましたわ。「羽生選手とコーチの判断に任せた」って言い草でしたっけ。何もしないで傍観してたことに、罪悪感はないのかしら?ドクターは連れてかなかったけど、スケ連の伊東フィギュア委員長は現場にいたそうですが、何もしなかったってことですよね。きっとスポンサーのサラ金と、バンケットで一杯やることしか、頭になかったんでしょう。

羽生選手、ハンヤン選手にはしっかりと精密検査を受けて、医師の指示に従って欲しいです。自己判断や周囲の指示で安易に行動しないでちょーだいな。二人に後遺症がないことを祈るばかりです。



お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

真面目が肝心~プル様と殿のバラエティTV | ホーム | オイスタートマトソースで常備菜2点~切干大根とひじきの煮物
Comment
同感です。

ドクターを帯同していなかったというのはびっくりですね。若い選手が無理を押して「跳びたい・滑りたい」と主張したとしても、最悪を想定してブレーキかけてあげるのが、周りの大人の責任です。

TVのコメンテーターが言ってたように、30秒ルールで浮いた時間で六分間練習の枠を増やし、四人で滑走練習したらどうか、という提案も根本的な解決にはなりませんよね。

それにしても、とても冷静にリプレイ見ていられません。
ほんとびっくりな男子フリーでしたね

羽生選手の闘志はわかりますが 脳挫傷でもでてしまう前例を作っては今後の選手の安全が保たれるのか心配です スケ連はお金儲けより選手のこと考えてほしいですね あんなに稼がせてもらってて ドクター同行してなくてっていうのは恥ずかしいことです

一緒に試合に出てた男子選手にはほんと気の毒でした、、
こんばんは

 全く同感です。

 あれだけ激しくぶつかって、7針も縫って出場させる。
 5回も転倒したのですから、転倒の原因は脳しんとうでしょう。しろうとでもわかります。
 さらに大相撲じゃああるまいし、キネシオテープをまいての出場はないですね。

 yuccalinaさんがおっしゃるテレビ朝日の画策ですか。
 採点のでたらめさも露呈しましたね。
 
 橋本聖子のスキャンダルはあまりたたかれませんでしたが、日本スケート連盟のトップがああですから、世界大会に医者も同行させないのです。
 本当に恥ずかしいです。

 
はじめまして、ときどきお邪魔している波ウサギです。
こちらのブログには、ブログトーナメントに参加された時からお邪魔しています。
今回の衝突事故の件、ユッカリーナさんの書かれている通りと思い思わずコメントを。。。

こちらのブログは<そう、そう、そうなのよ>なところが多いので、楽しみに拝見しています。
ちなみにお笑いでは、博多大吉さんが好きです。
ticcaさんへ

> ドクターを帯同していなかったというのはびっくりですね。若い選手が無理を押して「跳びたい・滑りたい」と主張したとしても、最悪を想定してブレーキかけてあげるのが、周りの大人の責任です。


彼の回りにろくな大人がいないことに恐怖を覚えました。棄権も続行も、自己責任で関わる気もなかったようなスケ連は「選手とコーチの判断にまかせた」、と恥ずかし気もなく答えていました。良い時だけ擦り寄って、都合が悪くなると関係ないと距離を置くなんて酷すぎます。何故「我々が止めるべきだった、申し訳なかった」と一言言えないんでしょうか。

> TVのコメンテーターが言ってたように、30秒ルールで浮いた時間で六分間練習の枠を増やし、四人で滑走練習したらどうか、という提案も根本的な解決にはなりませんよね。

人数を減らせば確立は低くなりますけど、決してゼロにはなりませんから、事故が起きてしまった時のルール作りを早急にしてもらいたいですね。

ふぁる代さんへ

> 羽生選手の闘志はわかりますが 脳挫傷でもでてしまう前例を作っては今後の選手の安全が保たれるのか心配です スケ連はお金儲けより選手のこと考えてほしいですね あんなに稼がせてもらってて ドクター同行してなくてっていうのは恥ずかしいことです
>
> 一緒に試合に出てた男子選手にはほんと気の毒でした、、


あの時の羽生選手の闘志は、讃えるよりも悪い見本として捉えるべきでは?と私は思っています。あれをカッコいいヒーローと思って、真似する子供が増えたら怖いですよ。

ドクター帯同についてスケ連は「派遣選手が少なかったから」と言い訳してましたけど、中国大会の出場人数はアメリカが4人、日本が3人でした。アメリカは日本に比べたらスケート人気低くて、お金に困ってるとよく聴きますけど、選手のケアにはちゃんとお金を使ってるってことですね。

同じグループの選手達も本当に可哀想でした。羽生選手の強行出場が彼等に悪影響を与えたのですから、そういう点でもスケ連は反省してもらいたいです。


mikitaka08さんへ

>  あれだけ激しくぶつかって、7針も縫って出場させる。
>  5回も転倒したのですから、転倒の原因は脳しんとうでしょう。しろうとでもわかります。


医学界からもプレッシャーをかけてもらって、早くルールを作ってもらいたいですね。右足の怪我は明らかにフリーでの転倒によるもの。強行出場の結果です。検査の結果、今のところ脳には異常がなかったそうですが、今後も定期的にチェックをしてもらいたいです。

>  yuccalinaさんがおっしゃるテレビ朝日の画策ですか。
>  採点のでたらめさも露呈しましたね。


テレ朝はきっとこの事故を「美味しい」と思ったのではないか、そう言う印象がありました。番組スタッフとアナウンサーは、きっとスポーツとしてではなく衝撃映像スクープとして見ていたのではないかしら。そんな異常な興奮状態で作られたような気がします。

採点に関しては、後で詳細を見ると最初に思った程の乖離はなかったようです。と言う点でも、フィギュアの採点方法がおかしいことを証明してるんですが、、。つまり、「例え転倒してもジャンプの回転が足りていれば、綺麗に着地しても回転不足のジャンプよりも高い点がもらえる」そう言うシステムなんですよ。

>  橋本聖子のスキャンダルはあまりたたかれませんでしたが、日本スケート連盟のトップがああですから、世界大会に医者も同行させないのです。
>  本当に恥ずかしいです。


今回の対応に関して「選手とコーチの判断で」としか言わずに知らんぷりのスケ連、全く責任を感じていないようですね。勝った時だけハエのように寄ってきて、こういうアクシデントには関わりたくないという体質は、橋本聖子もそうでしたよね。高橋選手にだけ記者会見させて、自分は入院してましたから。
波ウサギさんへ

ご訪問&コメントありがとうございます。

> 今回の衝突事故の件、ユッカリーナさんの書かれている通りと思い思わずコメントを。。。


私が見る限り、今回の件では、見るのが辛かったり、悲しんだり、または怒ってる(主に対スケ連)フィギュアファンが殆どのようです。テレビでは称賛してる人がまだいますけど、非常に違和感がありますね。


> こちらのブログは<そう、そう、そうなのよ>なところが多いので、楽しみに拝見しています。
> ちなみにお笑いでは、博多大吉さんが好きです。


そうなんですか。大吉さん、最近はバラエティで大活躍ですよね。そう言えば、お笑いの話もちょっとご無沙汰でしたね。
あなたの心の叫びに同感します。
練習も含めた競技の安全、
事故防止があってこそ某組織も
真に収益性があがる事をよぉく
考慮すべきですよね!
選手のコンディションを脅かす
ルールや試合環境は明らかにおかしいです。

四の字硬目さんへ

> あなたの心の叫びに同感します。
> 練習も含めた競技の安全、
> 事故防止があってこそ某組織も
> 真に収益性があがる事をよぉく
> 考慮すべきですよね!
> 選手のコンディションを脅かす
> ルールや試合環境は明らかにおかしいです。


競技団体としてまったく成熟していないのに、お金が儲かってしまう結果、一番大切な選手の命が疎かになっているのは本当に恐ろしい、今回のことでつくづくそう思いました。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1021-61e4a5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR