プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/10/21 08:31 yuccalina

文化祭と障害者アート

土曜日はトモローが通う特別支援学校の文化祭でした。晴天に恵まれて良かったです。ちょっと前の県のスポーツ大会で、トモローの晴れ男記録が途絶えてしまったのですが、ここからまた再開かしら?それにしても、中学部に上がった途端、行事が随分と増えました。2学期はあと11月に授業参観、12月に駅伝大会があります。私でさえ落ち着かないですから、トモローにとっても大変だと思うのですが、今年の文化祭は比較的安定して過ごせたようです。


作業班単位で、それぞれのお店の当番をしましたが、トモローは生活雑貨班で、キャンドルや匂袋、マグネット等を売っていました。

tomoro496.jpg
tomoro497.jpg
tomoro498.jpg

生徒達の役割は細かく分担されています。お客さんにカゴを渡す係り、お金を受け取ってお釣りを渡す係り、品物をビニール袋に入れてお客さんに渡す係り、と言った具合。トモローは買い物カゴを渡す係りでしたが、ざんねんながら活躍中の写真はとれず。

ちなみに、生活雑貨班のお店で、私は匂袋2つで100円を購入。パパも別にいくつか購入してた様です。

chg3.jpg
chg4.jpg

袋の裏表にステンシルがしてありました。

そして、文化祭でいつも購入しているのが、園芸班の花苗です。お店はこんな感じでした。

tomoro500.jpg

今年もヴィオラを購入したのですが、まだお花が少ないので、次のガーデニング記事で紹介しようと思っています。

さて、校舎の中には生徒達の作品を飾るコーナーがあり、一学期の授業で行った「写真を撮ってみよう」の成果が並んでいました。トモローが撮ったのはコチラ。

tomoro499.jpg

アザミの花みたいですね。ちゃんと意識して撮ったのかどうかは分かりませんけど、額縁の装飾も、自分で作った様です。

一方、学校での作品とは別に、福祉施設が主催する障害児の絵画教室の作品コーナーもあって、中々の力作が揃っていました。私が一番惹かれたのはこちら。

hcart2.jpg

hcart1.jpg

イコンみたいですよね。キリスト像かマリア像なんでしょうか?太い輪郭がジョルジュ・ルオーのよう、とか言ったら褒めすぎでしょうけど、独特の色彩に目を奪われます。作者がキリスト教徒なのは、次を見れば明らかですよね。

hcart3.jpg

どれも小さな油彩だったのですが、遠くからでも目を惹く、存在感のある絵でした。

そして、対照的にポップな作品も。

hcart4.jpg

hcart6.jpg

hcart5.jpg

可愛い色使いと細い線描、そして空間の取り方がとても好きです。

どちらも、知らない生徒さんで、学年も分からなかったのですが、また次の作品が見たくなりました。来年も作品コーナー作ってくれると良いなと思います。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

「藤田嗣治 パリからの恋文」その(3)~戦争画のこと | ホーム | 「カルパチアのミューズたち」その(1)と“カルパチアのマイノリティー達”~フツル、リポヴァン、レムコetc.
Comment
あの絵、すごいです。

もう終わってしまいましたが、地元で国際陶磁器フェスティバルと
いうものが開催されて、同時にアール・ブリュット美濃展というものも
開催されていました。

思わず“スゲー”と声に出してしまいそうな作品が沢山あって、
大変楽しめました。
アール・ブリュットは“生の芸術”という意味なのですね。
文化祭 トモローくん頑張られてたみたいですね お店の売る側って結構やってみると楽しいですよね、、いい経験になりますよね

アートも皆個性があっていい作品ばかり、、トモローくんの額も頑張って作ったあとがでてますね アザミの写真も空の雲とかちゃんと入れて ペース配分考えて写してあるし、、

ヴィオラうちも今日4067買いました
バニーマンさんへ

> 思わず“スゲー”と声に出してしまいそうな作品が沢山あって、
> 大変楽しめました。
> アール・ブリュットは“生の芸術”という意味なのですね。


アール・ブリュットというのは見た事ないのですが、アカデミックではないってことなのかしら?
自閉症の子達は、人目を意識することなく、自分の世界を持ってるので、生な表現が得意かもしれません。
ふぁる代さんへ

> アートも皆個性があっていい作品ばかり、、トモローくんの額も頑張って作ったあとがでてますね アザミの写真も空の雲とかちゃんと入れて ペース配分考えて写してあるし、、


写真は先生が上手く処理してくれたのかもしれませんが、とりあえず作品っぽくなってましたね。

> ヴィオラうちも今日4067買いました

ヴィオラとパンジーの季節になりましたね。冬が近いなって感じます。
yuccalina さん、こんにちは^^
障害を持っているお子さんたちの絵に驚きました。
色彩感覚といい、構成力といい、なかなかこのように描こうと思っても描けませんね。
存在感や力があって、迷いがない感じがします。
スゴイっ!
コックさんの絵でTシャツ作って欲しい
ですっ!
色の配置バランスが素晴らしいっ!
嬉しくてたまらんっ!
Arianeさんへ

> 障害を持っているお子さんたちの絵に驚きました。
> 色彩感覚といい、構成力といい、なかなかこのように描こうと思っても描けませんね。
> 存在感や力があって、迷いがない感じがします。


ありがとうございます。

おっしゃる通り、思い切りの良い描き方をしているなあ、と思います。多分「上手く描こう」という意識がないせいではないかと思っています。普通の子供でも、幼いほど、迷いのない、存在感のある絵を描く子が多い気がしますから。

四の字硬目さんへ

> スゴイっ!
> コックさんの絵でTシャツ作って欲しい
> ですっ!
> 色の配置バランスが素晴らしいっ!
> 嬉しくてたまらんっ!


ありがとうございます。
確かにコックさんやジャムの瓶など、とてもポップで可愛くて、何か商品のデザインに使っても良い感じですよね。私もTシャツあったら欲しいです。

トモロー君の一番上の写真、賢そうニダ♪
3枚とも相変わらずのハンサムなんです。

トモロー君が撮った写真は構図もしっかりしてるし、額縁もよく似合ってますね。

イコン風の絵は暖色で描かれたものが好き。牛の絵は何となくマリメッコの牛柄「イルタヴィッリ」を思い出しました。背景色のせいかもニダ。
参考までにイルタヴィッリはこれニダ↓
http://www.icenter.co.jp/iltavilli.htm
Mansikka様おはしお~!

> トモロー君の一番上の写真、賢そうニダ♪
> 3枚とも相変わらずのハンサムなんです。
>

ありがとうございます。嬉しいでございます。

> イコン風の絵は暖色で描かれたものが好き。牛の絵は何となくマリメッコの牛柄「イルタヴィッリ」を思い出しました。背景色のせいかもニダ。
> 参考までにイルタヴィッリはこれニダ↓
> http://www.icenter.co.jp/iltavilli.htm


おおっつ、マリメッコにこのやうなパタンがあったとわ、知りませんですたわ。確かにあの牛さんも増殖させたらマリメッコみたいになりそうですに。


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://notarinotariyoga.blog.fc2.com/tb.php/1008-2bc15846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR