プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/10/31 14:00 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.1

以前予告した通り、ラヴィン・スプーンフル(以下スプーンフルと略)のCDボックスのアルバムを順番に紹介していきます。

johnseba1.jpg

普段は余り有名でないアーティスト及び音楽について書くことが多いので、このようなメジャーなやつは逆に身構えちゃいますなあ。もし、間違ってること書いてたら、 ジャンジャン指摘してくださいまし。

つー訳でデビュー曲『Do You Believe In Magic』がいきなり大ヒットのファーストから。

正確には、それ以前にエレクトラレコードで録音した『Good Time Music』など数曲があるんですがが、ちゃんとボーナストラックで入ってるのも嬉しいねえ🎵😍🎵

実を言えば、私が一番最初にジョン・セバスチャン(以下ジョンセバと略)作品と認識して聴いた曲は、ボ・ブランメルズによるこの曲のカバーだったりするのよねん。

とか言いつつ、今回はオリジナルの収録曲に関してしか書きませんぐ。

つー訳で、以下に収録曲を。デビューアルバムの半分以上がカバーで、ブルースものが多いです。

1. Do You Believe in Magic*
2. Blues in the Bottle
3. Sportin' Life
4. My Gal
5. You Baby
6. Fishin' Blues
7. Did You Ever Have to Make Up Your Mind?*
8. Wild About My Lovin'
9. Other Side of This Life
10. Younger Girl*
11. On the Road Again*
12. Night Owl Blues**

*印がジョンセバの作品で、**が4人の共作名義、そして今回動画紹介する曲は赤字にしてみますた。

で、最初はやっぱ『魔法を信じるかい❓』からにしまそうね。



オートハープを抱えて歌うジョンセバは、私のツボなんですが、後ろで踊るミニスカギャルにも時代を感じますねえ。

ん❓スクールメイツか、ザ・バーズか❓

って感じなんですがが、要するに、ニッポン歌謡界はこんなとこも英米の真似してたんだなー、と分かって面白いんです。

という流れからの、『My Gal』



カッコいいよねー。50年代のヴィンテージなロケンロールを思わせる、ブルースナンバー。

そして、ロネッツのカバー『You Baby』を歌うはドラマーのジョー・バトラー。



昔はジョーのヴォーカルに全くノーマークだったことに気付きましたわ。次もジョーが歌うフレッド・ニールの『Other Side of This Life』



これも好き。なんつーか、歌声が二枚目なんだよね。魅力的な良い声してると思う。

てのを踏まえつつ、次の動画をご覧くださいまし。



スプーンフル、テレビでビートルズの『ヘルプ!』を歌うの巻。中心はジョー・バトラーなんです。

やっぱ、バンドでももっと歌いたかったのかな❓YouTubeのコメント欄では、

「ジョーは良い声してるんだから、もっと歌えば良かったのに~!」

と言う書きこみを複数見かけますた。

そうそう、ザル・ヤノフスキーも歌える子だったからさ、スプーンフルも上手くやれば、ザ・バンドみたいにリード・ヴォーカルを分担しても良かったかも❓

あ、でも曲作りは殆どジョンセバだったから、それは難しかったかもね。ちなみにベースのスティーヴ・ブーンは作詞をしてたそうですが、彼だけリード・ヴォーカル取ってないのよね。見かけからして奥ゆかしく、影で支えるミスターベースマンだったらしい、、。

で、歌声が一番男前なのはジョー・バトラーで、ザルはコミカル担当。ジョンセバはその中間で、親しみやすく暖かみを感じる歌声。ブルースシンガー気取りでない感じがも良いのです。

インスタにも書きますたが、『Fishin' Blues』と『Blues In The Bottle』は多分私が初めて良いなと思ったブルース曲で、ジョンセバの歌声も陽気な感じでブルーな部分がないのが、入り口としては逆に良かったんだとおもいますです。

で、50過ぎて聴き直してみたら、ブルース系の曲では、インストルメンタルの『Night Owl Blues』が一番好きかも。



若い頃は余り印象に残ってなかったものだが、ジョンセバのブルースハープ、メッチャカッコいいじゃないですか。タイトルは勿論、彼らの育った、そしてディランでも有名なグリニッチヴィレッジのカフェの名前から。

さて、あの時代のアメリカにおいて、スタジオミュージシャンの力に頼らず、バンドとしてレコーディングをしていた意義は大きいと思います。レッキングクルー全盛期、音楽の中心は西海岸へと移っていく中で、スプーンフルはニューヨークで頑張ってたんだなあ。電子楽器や録音技術が未熟な時代にあって、バンドの力だけで様々なアイディアを持ってたんじゃないでそか❓オートハープとかカズーとか、それまでロックで使用されなかった楽器、ジャグバンドで使われる小道具等遊び心があって楽しいのがスプーンフルの良さですね。

テレビ出演映像からすると、アイドル的人気があったみたいです。『Did You Ever Have To Make Up Your Mind❓』は、いかにも60年代なひな壇で演奏するパターンで、勿論口パクでそね。



お調子者ザルがカメラ目線で、かなり慣れてる感じです。アメリカにもビートルズ旋風がやって来て、アメリカのバンドもスーツ着て似たような髪型してたりしたけど、スプーンフルはボーダーTシャツがトレードマークですた。それが逆にイギリスで受けた、というのも面白いですね。

超男前はいないけど、4人ともそこそこシュッとしてて、ブスがいないこと。4人のタイプが違ってること。等、受け入れられやすい要素だったのではないか、と思います。そして、そんな4人の仲良しな雰囲気は、一番重要な、ジョンセバの書くハッピーでウキウキする歌にピッタリとマッチしていたんだと思います。

つー訳で、次回はそのジョンセバ曲の魅力がパワーアップするセカンド『Daydream』です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR