プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/09/30 15:55 yuccalina

黒っぽさとアンダーグラウンドの狭間で『夢博士の告白』

ケヴィン・エアーズの初期作品5枚組ボックス、最後は右下『夢博士の告白 The Confession of Dr. Dream and Another Stories』です。

これ、一番好きかも、と言うくらいツボな曲ばかりなんで、全曲動画を貼りたいくらいなのですがが、重たくなるのも嫌なので、涙ながら(ウソ)にチョイスしますた。

music5.jpg
music6.jpg

オープニングは、チョー低音ヴォーカルがドクター・ジョンかと思ったよ。



っつーくらいファンキーな『Day by Day』で、続く『See You Later/Didn't Feel Lonely Till I Thought Of You』も、ジャクバンドっぽいコミカルなオープニングとロックなギターサウンドのコンビネーションがお素敵なんです。



全体的に黒っぽさを感じるのは、バックコーラスの女性ヴォーカリストに負うところもありそう。前作に続き参加のドリス・トロイに加え、ロゼッタ・ハイタワーも結構なキャリアの方なんですね。とにかくカッコええ~のなんのって~!

そして、ここでは紹介出来ないのですが、○○ブルースと称されるスローナンバーには、ジングル的効果も感じられて、非常にバランスの良さを感じます。

さて、レコードだと丁度B面になるのが『夢博士組曲』

(a) Irreversible Neural Damage
(b) Invitation
(c) The One Chance Dance
(d) Doctor Dream Theme






ですが、動画だと4本でブツ切りになってしまうがのがちと残念です。初っ端からNicoが歌う(a)が異彩を放ち、ジングル的インストの(b)に続く(c)が意外と私のツボだったりしますです。何ですかね、

ララランラン♪ララランラン♪

とタイトル通り?ご陽気にダンスするよなスキャット。

しか~し、後ろから重なってくる

オ~~ラ~~イ~~~!!

の雄叫びに一瞬ビビる。いや~~気になって仕方ないんですの。ホントに大丈夫なのケヴィンさんっ?って心配になりますわよwww

それにしても、このアルバム聴いてると、何かシド・バレットよりも、キャプテンビーフハート臭(=牛臭い訳では決してない)を感じてしまう私なんですが、ケヴィンが影響受けてたって話はあったりするんかしら?ご存知の方は教えてくださいまし。

そして、ラスト『Two Goes Into Four』はちょっとジョン・ケイルちっくな曲だな~、と思いますた。



黒っぽさとヴェルヴェッツ感が混じり合ったこのアルバムを好きにならずにはいられんよ、そりゃあ、、。

ところで、今回パーソネルをチェックしてたら、気になる名前が沢山出てきますたよ。

スティーヴ・ナイってペンギン・カフェの人じゃん?ルパート・ハインはハワード・ジョーンズのプロデュースで名前を知ったんだっけ?何気にジョン・ぺリー、ジェフリー・リチャードソンのキャラヴァン組も気になるぞ。リチャードソンはペンギンカフェ絡みでもあるのね。キャラヴァンはドイツの伝説的ロックTV『Beat Club』で初期のVTRを見て、結構気になってたんよね。

そんなこんなで音楽の旅(記事)は今後も続きますがが、ケヴィン・エアーズCD BOXシリーズはこれにて完結です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: ケヴィン・エアーズ 70年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR