プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/31 08:19 yuccalina

殿のポジティヴ解説とまっちーを見て思ったこと

もう、スケートカナダが始まると言うのに、今頃のこのこスケアメ話で失礼致します。

だってえーー、余りに素晴らしくて、リピートが止まらなかったんですもーん。

って、それは勿論男子、特に町田樹選手(以下まっちー)なのですが、ついつい他の選手も全部見ちゃうんです。それは、織田信成くん(以下、殿と略)の解説がとにかく良いっ!間の悪い実況アナ角澤がいてもなお、殿の解説さえあればハッピーなのです。

ニュエン(カナダ)、ピトキーエフ(ロシア)、マルティネス(フィリピン)等、10代の若い選手達を暖かい目で見守りつつ、凄い所は讃え、ベテランのアボット選手へのコメントには、敬意が満ち溢れていました。選手の良いところを必ず言ってくれる誉め上手であり、失敗したところは、上手く行かなかった理由を、ちゃんと分析してくれている。例えば、

ジャンプを開くのが早すぎました
軸が斜めに傾いて、修正しきれませんでした
跳び急いでしまった様です

等々。つまり失敗によって、選手を低く評価したりは決してしない訳ですが、それをまた、ちょっと辛そうな声で言うのは、きっと自身の経験から、感情移入してしまうんでしょうねえ。失敗を見るのは好きじゃないんでしょう。どこぞの国の解説とは大違いですわね。

この調子で、年末の全日本と来年の世界フィギュアも、殿に宜しくお願いしたいですわ~!

と言う訳で、ここらでまっちーのお話をしたいと思います。彼の演技とインタビューを見てたら、様々な思いがドドーッと溢れてきて、中々纏まらなくて、こんなに時間がかかってしまいました。

それは、

フリーの第九は120%の力を出さなければ形にならない、チョー鬼プログラムであることで、私の脳裏に浅田真央ちゃんの影が過ぎりました。

彼女はあのラフマニノフのピアノコンチェルトNo.2を、自分が出来る最高のプログラム、と言い、高難度のエレメンツを詰め込みました。

そして、自分の持っているものを全て出しつくしたい、と言いました。

まっちーの目指しているものが、ふと真央ちゃんと重なって、しかも、ショートの『ラヴェンダーの咲く庭で』は、彼女が2009年初めて世界女王になったときの、ショートの曲です。また、第九の3A-3Tコンボの、入りのステップ(ブラケットでしたっけ?)は、真央ちゃんが『チャルダシュ』でやってたステップと同じだし、何かまっちーを見ながら、脳内で真央ちゃんの姿を勝手に同時再生して、ウルウルしてしまいました。

それにしても、まっちーは精神的にブレを感じないです。常に自分自身が良く見えていて、コントロール出来ているようですが、それはこれまでに数々の失敗をし、自分の弱点とも真摯に向き合ってきたからなんでしょうね。4回転の成功率が低かった2シーズン前、当時のアンソニー・リュウコーチに散々叱られてた姿が、ウソのようです。

そういった成長が見られるのも、フィギュアスケートの魅力の一つだと思います。浅田真央ちゃんがジャンプの矯正で不調だった頃も、ファンはじっと見守っていたからこそ、あのソチのフリーがメダル以上に価値のある、輝かしいもの見えたのは言うまでもありません。そう言った感動を持てず、順位だけでしか判断出来なかった人は、本当に残念だったと思います。

ここで、某国の元エセ女王様の話をするもの何ですけど、日本で何故彼女の人気が上がらないのか、某国は全く分かってなかった。完全無欠で負けない絶対女王を、見せかけだけいくら演出しても、そこに魅力を感じるほど、日本人は単純ではありません。例えば、メジャーリーガー、イチロー・スズキが4000本安打を達成した時のコメントで、多くの日本人が感銘を受けたのは、

「4000のヒットを打つには、僕の数字で言うと、8000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に、自分なりに向き合ってきたことの事実はあるので、誇れるとしたらそこじゃないかと思いますね」

と言う言葉だったと思うんです。単に4000という数字に価値があるのでなく、彼がそこまでたどり着いた道程を含めて、私達は感動した。フィギュアスケートも、何度も転びながら、技に挑戦し続け、試合で力を出しつくそうという姿に、私は心を動かされるので、余裕しゃくしゃくで「やっつけ仕事」みたいな演技には、何も感じない訳ですね。

もしも、
・ 彼女が身体に柔軟性をつけて、美しいポジションのスパイラルやスピンを手に入れていたら、
・ 猫背やだらんとした腕の動きを正し、美しい姿勢とアームスになっていたなら、
・ 深いエッジを使って、美しくステップを踏めるようになっていたら、
・ 苦手のループジャンプを克服して、ジャンプ構成を上げていたら、

上のどれか一つでも、乗り越える姿を見せてくれていたなら、日本にはもっと彼女のファンがいたかもしれません。

でも、某国のスケ連は、彼女に努力を望むよりは、そのままで何とか上手いこと点数を稼げるようなルール作りに奔走しました。彼女が選手として、また人間的にも、一つ成長するチャンスの芽を摘んでしまったのです。

まあ、彼女自身も、別にそれを当たり前と思ってた節がありますので、全然同情には値しないんでしょうけど。そう言えば、「某国のフィギュアファン達は、日本人がソチ五輪で浅田真央ちゃんのフリーに感動し捲っているのが、理解出来なかった」とか言う噂を聞いたことがあります。所詮、メダルや順位にしか価値を見いだせない人々に、同じ価値観を望んでも仕方ないのでしょう。

ってな話は、これくらいにしておきましょうか。

まっちーが言う120%の20%って、本番でしか出ないものなんでしょうね。確かオペラ座のエトワール、マヌエル・ルグリが言ってたんですが、若いダンサーに本番前のレッスンで、こうアドバイスしてました。

「本番では、アドレナリンが出ると思うから、もっと体が動く筈だよ」

多分、観客の拍手歓声と言った、会場の空気によって力が漲って、身体の痛みを忘れさせてくれるんでしょうね。まっちーはフリーの後半、口が半開きになっていて、相当体がきつそうだったのが見て取れました。それでも、最後の3ルッツを着実に成功させたのは、会場との一体感から得たエネルギーもあったのでは?

それにしても、ラヴェンダー、第九、共に、いかにもバレエダンサーが振りつけた感が強い。つなぎの振りが、バレエ的でワタクシの好みなんです。まっちーの熊哲感も20パーセント増量、って感じですわ。今こそ、クワド入り「ドン・キホーテ完全版」(ランビ様振付)を見てみたいものですが、この第九がこれから進化して行って、完成形がどうなるのか、本当に楽しみです。



最後にちょっとオゲレツな話。キスクラでのまっちーと振付師フィリップ・ミルズさんの顔が近すぎて、キスしたらどうしようと、ドキドキしてるのは、私だけでしょうか?


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。