プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/06/30 00:38 yuccalina

浅田真央『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡

4月に購入して、もう何度も見ております浅田真央ちゃんのDVD「Smile~氷上の妖精10年の軌跡 」ですが、感想を何度も書いては削除を繰り返して、中々アップ出来ずにおりました。だって、大好きな真央ちゃんのことなのに、ついついスケ連への不満とか、フジテレビや隣国のエセ女王様の悪口が出てきちゃって、汚い言葉が入ってしまうのが嫌になっちゃったんです。

浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]浅田真央 『Smile』~氷上の妖精10年の軌跡~ [DVD]
(2014/04/16)
浅田真央

商品詳細を見る


ってな訳で、なるべく良かったことだけを書くように努めますね。制作のフジテレビが、如何に浅田真央という才能を踏みにじる報道をしてきたかは、ここでは言いません。このDVDでもバンクーバーの頃、ジャンプの質がどんだけ悪かったかを強調する場面もあるのですが、やはりお宝映像も多い。長年密着取材をしてきたわけですから。

まだあどけない、ジュニア時代のインタビューとか。

maoasada25.jpg

シニア初参戦の中国杯(2006年)、会場で「あっ、タラソワ先生!」と嬉しそうに後ろ姿を見つめるシーンとか。

maoasada26.jpg
maoasada27.jpg

等々、とても微笑ましかったです。

オリンピックシーズンのフリー曲を決める為、タラソワさんを訪問した時のことや、

maoasada35.jpg
maoasada36.jpg

最初にシュトラウスの「青きドナウ」を聴いた後に、ラフマニノフのピアノコンチェルトを流し、

maoasada34.jpg

この曲を聴くと鳥肌が立つ言うタラソワさん。

普段は殆どアシスタントのザンナ先生がリンクに立って振付けしてるようですが、珍しくタラソワ先生自らリンクに下りてるシーンもあったり、

maoasada29.jpg

ラフマニノフのピアノコンチェルトに込めた思いを語る姿とか、

maoasada30.jpg
maoasada31.jpg
maoasada32.jpg

どれも感慨深かったです。ネット上で文面では知ってましたけど、ご本人の口から(まあ、ここでも字幕を読んではいますが)聞けるのは、何だかとっても嬉しかったんです。勿論、ローリー・ニコルさんのお話も印象的でした。

そして、実況&解説抜きの演技も見どころ。特に全日本や四大陸選手権等、フジが放送してる試合は実況キモかったので、それが無いだけで全然違います。その中から、まだジャンプ矯正に苦しんでいた2011年2月の四大陸選手権のフリーの「愛の夢」を。

maoasada28.jpg
maoasada23.jpg

久しぶりに会心の演技で、笑顔でフィニッシュしました。演技終了後、真央ちゃんが佐藤久美子コーチとハグしてる後ろに写し出されたフラワーガールも印象的。口を押えて涙を堪えてる女の子がいたんですよ。真央ちゃんの演技に感動して、涙が出てきたんでしょうね。

maoasada24.jpg

当時ネット上でも話題になったような気がします。

で、話はソチでのフリーになりますが、何度見ても目がウルウルしていまいます。演技に向かう真央ちゃん、信夫コーチが声を掛けるところから、トリプルアクセルの成功、次々とジャンプを決め、最後のトリプルループを下りた時、真央ちゃんが「よしっ!」という表情だったのも、フィニッシュしてから涙に震え、笑顔で挨拶するところまで、何度見ても新しい発見があるんですよね。

maoasada33.jpg

インタビュー映像の中で、トリプルアクセルがハイリスクローリターンだと、真央ちゃんが不満を漏らす場面がありました。こういった不満って、私はこのDVDで初めて聞いたきがするのですが、それにも関わらず跳び続けたのは、スケーターとしての矜持だったんでしょうね。得点やメダルよりも、自分の目指す演技を完結させたい、という気持ちが、あのフリーに繋がったのでしょう。得点上は3位という、訳の分からない結果でしたが、演技の内容は、技術と表現と、フィギュア女子の史上最高であったし、越えていく選手は簡単には現れないと思います。だって、ルール改正でエッジエラーと回転不足がもっと厳しくなるそうですから。ISUは難しい技に、さらに挑戦しにくくさせるつもりなんですよ。まあ、その辺りの話は始めると長くなるので、また別にしますけど。

DVDはエキシビションの「Smile」で幕を閉じます。彼女のママが娘に送った「笑顔でね」のメッセージとか、信夫コーチの「真央スマイルを忘れずに」という言葉とか、色んな事がシンクロする中、歌詞の日本語訳が字幕に出てきました。そこでまたしてもウルウルしてしまったのでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: 浅田真央

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR