プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/29 06:40 yuccalina

THE MANZAI 2012認定漫才師~dr.ハインリッヒはガールズ漫才の星?

1週間たってしまったが、THE MANZAI 2012認定漫才師のネタ披露番組の話。モンスターエンジン、千鳥とウーマンラッシュアワーが見られなかったんが残念だったけど、中々面白かったっす。

当ブログでハマカーンを応援してる話は散々書いてるが、今回も良い感じだったよー。客席が「出るぞー」「来るぞー」と「下衆の極み待ち」してる空気が伝わってきたもんね。ネタは既にレッドカーペットや笑点で披露された「金魚すくい」。夢を金魚に突き破られるポイの話ね。磁石・永沢の「こんな感じでーす」てな〆の一言も、オトボケ東北人の空気出してて好きだし、流れ星・ちゅうえいがツカミのギャグ「かー、チューエーイ」がことのほか受けてゴキゲンな姿もえかったよ。逆に大丈夫か?と心配になったのはジャングルポケット。全然漫才になってないんだが、このままでいいのであらうか。

とか何とか気になる芸人さんは沢山いるんだが(何せ50組だし)、今回は初めて見た女性コンビ、dr.ハインリッヒの話をしたい。女子はもう一組、最近テレビでよく見かけるニッチェも認定されてて甲乙付けがたい。タイプは全然違うんだが、どちらも個性的で、女子ならではの自由さを感じるわー。ニッチェはボケの江上が歌うゴスペル調の童謡にしびれたが、その前に登場したdr.ハインリッヒのインパクトも凄かった。髪の色だけ違って同じ顔した双子なんだが、鳥居みゆきちゃん的異次元を彷徨しているような佇まい、怪しげな手足の動き。それには不釣り合いな関西弁で、「人間失格の太宰治にカツを入れてるんや」「生まれてすみませんへのアンチテーゼやな」云々。

<ネタの動画がなくて、顔見せ程度ですが、、>


いんやー、この子達好きだわー。大体がコンビ名がドイツ風なとこからして、愛犬にホルガーなんて名前を付けてた私は、同じ匂いを嗅ぎ付けて鼻がヒクヒクしてたんだけどさ。司会のナイナイ岡村も、興味津々のリアクションしてたなー。日頃みゆきちゃんとの絡みを見てても、あの手のタイプは好きなのかもしれんね。

どっかで誰かが「dr.ハインリッヒはお笑い界の少年ナイフ」と書いてたんだが、なるほどー、ガールズバンドの楽しさ、自由さを感じさせるわね。少年ナイフも同じ関西だしさ。でも、ガールズバンドなら私的にはゼルダかなと思った。太宰をネタにしてたあたりで、まーちょっと文学の香りもあるんかなー?とゆー訳で、スコット・フィッツジェラルドのヨメの名を取ったゼルダでも良くないすか?

<ゼルダの「Are You Lucky?」はCMソングにもなったのだよ。>


去年のチキチキジョニーは大阪のオバハン2人だったが、dr.ハインリッヒはガールズ漫才と呼ぶに相応しい。これまでは、パワープリンのレギュラー、スパイクがガールズ漫才では一歩前を行ってた気がするんだが、dr.ハインリッヒがどう食い込んでくるのか、今後がとっても楽しみだ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン 鳥居みゆき

テーマ:THE MANZAI - ジャンル:お笑い

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。