プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2018/02/09 19:32 yuccalina

ブロ友pipco1980さん逝去に寄せて

2018年最初の投稿は、残念ながら悲しいお話しとなってしまいました。

拙ブログのリンク欄の一番下『ボチボチと生きてくよ!秋田編』のpipco1980さんがお亡くなりになったと知りました。ずっと闘病されてて、昨年末からかなり体調が悪化していた様ですので、全く予感してなかった訳ではないのですが。

コメント欄に哀悼の意を載せるべきか迷ったのですが、やはり少し書いておきたくなりました。

私は父が秋田出身というのもありましたが、彼とブログ上でのやり取りで盛り上がったのは、やはり共通のアーティストへの似たような思い入れでありましょう。その最たるが、

シド・バレット好きの
ロジャー・ウォーターズ嫌い

でしょうかね( ´艸`)私はシド・バレットについての記事を結構書いてましたが、いつも彼からのコメントを楽しみにしていたものでした。

昨今のSNSを始めとしたネット上の付き合い、と言うのは顔が見えないので余り気持ちが良いものでない、と感じる人もいるのかもしれませんが、私は余り気にしない方でした。昔は音楽雑誌に

〇〇のファンの方と文通希望

とか、平気で名前と住所を載せてた時代があったもので、それは〇〇のファンだったら、と言うのにある程度の信頼性があったからだと思うのです。私は実際18~20歳の間に、

「トム・ヴァーレインのファンです」

と某雑誌に載せて、何人かお友達になりました。その内の一人R子ちゃんとは何度か会って、今もメールのやりとりをしています。

と話が逸れてしまいましたが、pipco1980さんとシド・バレットやジュリアン・コープの話をする時の、

「それ、分かるわ~」

な感じは、正に音楽の力なのではないかと思います。全く関わりのない、違った人生を歩んできたにも関わらずの共感。それはやっぱり音楽の中にアーティストの人間性とか、人生観とかが滲み出ていて、それを共有してる感覚があるってことなのでしょうね。

そんな訳で、会ったことがない人でなくても、確かにハッキリと喪失感があるのです。最後に、pipco1980さんの旅立ちに当たり、シド・バレットの動画を貼って閉じたいと思います。



ご冥福をお祈りいたします(合掌)

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト

タグ: シド・バレット

2017/11/24 08:12 yuccalina

ギミー・デンジャー延長戦ッ!!(ちょこっと追記あり11/29)

インスタグラムの投稿はブログ記事のメモ代わり、と言う位置付けだったのですが、いつの間にかメモが溜まり、そしてそのメモすら最近は滞り気味。この辺りで本当に書きたいことは何なのか考えてみた結果が、、、



イギー・ポップ×ジム・ジャームッシュ=ギミー・デンジャー

の延長戦、行きま~す(^O^)/

上の画像クリックするとインスタ投稿に飛びます。

1989年のInstinct Tour時、中野サンプラザ最前列で見たワタクシではありますが、イギーについてはじぇんじぇん詳しくなかったんで、初めて知って驚いたことが沢山のドキュメンタリーでした。



イギーもやっぱりブルースが好きで、シカゴ行ってポール・バターフィールド・ブルース・バンドと交流があったとか、ストゥージズの曲でシンコペーション多用してるのは、彼のブルース好きと、ドラマーからキャリアをスタートしてるのと、深く関わっていたのですね。デヴィッド・ボウイにしろ、ブライアン・フェリーにしろ、

「ホントは黒人音楽大好きなんだけど、白人の自分がただ真似してもみっともないから、さてどうしよう」

と言うところから、それぞれのオリジナリティーへと繋がってるとは、かねてから思っていたのですが、イギーにでさえ、そういうところがあったんだ、と目からウロコだったんです。

そしてもう一つブルースに倣った重要なことは、

自分のシンプルな言葉で伝える

ではないかしらん。

で、実際単語数の上限も決めてたらしい(^_^;)ディランみたいにあーだこーだ長ったらしく歌わんと。

その一方で、デトロイト育ちで、子供の頃に自動車工場見学での大音量が影響してる、なんてのも興味深かったです。60年代で既に、インダストリアルノイズ的アプローチがあったと。それを頭で考えてどうこうでなく、体得したものを素直に表現したとこが、いかにもイギーらしいんです。

全てにおいて、計算がなくてピュア―。トレイラーハウスで育ちつつも、ご両親を尊敬し、過去にインタで散々自分の悪口言われてたニコにも「彼女から沢山学んだ」との言葉。インタビューに答えるイギーは、見た目には皺くちゃなおじーちゃんなのですが、その目は今もキラキラと瑞々しい☆彡天国のボウイもきっと、彼のそんなところを愛していたのでは?

11/29付追記
イギーがご両親の話してる時とか、自動車工場見学の話とかで、ハッとしたのは、彼の音楽が、単なる青臭い反抗からのものでなく、本当に好きな音を出してたってことでした。だから、年齢を重ねても変わらないんだと、みょーに納得したのです。


この映画見て、私も益々イギーが好きになりますた。それもひとえに、ジャームッシュ氏のイギー愛の賜物でありましょう。で、それを我々日本人に伝える字幕ですが、音楽評論家、大鷹俊一氏が監修してるだけあって、読んでて???となることは皆無でした。これ、かなり大事ですよね。なので、DVD化されたら是非欲しいです。未公開シーンのボーナス盤付きで、宜しくお願い致しま~すm(__)m

それでは最後に、一番胸に刺さったイギーの名言で締めくくります。

音楽は人生、でも人生はビジネスじゃない

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2017/05/04 15:17 yuccalina

再びの、、、『父のワルツ』

新学期が始まって1ヶ月ですが、まだペースがつかめておりません。

PTAの仕事、私は別に大したこと何もしてないにも関わらず、分けわからなくて、ドッと疲れています。20年も事務仕事から遠ざかってるので、全てにおいて勝手が分からないと。これまで、学校の息子に関する書類、市役所福祉関係、デイサービス2カ所、の書類整理だけでアップアップしてたとこに、もう一つ増えたからねえ。

で、つい現実逃避したくて、書類の山を背に、ギターを弾いたりしてまう私は、

宿題の山から目をそらしてマンガ読んでた子供時代と、やってることは殆ど同じだす(^^;)

先日、姉と久しぶりに会ったら、父の手術の話聞いてちょっと落ち込んでしまった。特に生死に関わる病気ではないから、と言うけれど、

「ゆかりに心配かけたくないから、黙っててと言われてた」というのがかなりショックであった。

その夜、実家に電話して、

「そんなに気を遣われるほど、大変な生活してないし、言ってくれなかった方がショックだよ」

と言いながら、泣いてしまった。まあ、そもそも更年期のせいもあって、情緒不安定になりがちなんだけど、病気の時でさえ、親にそんな気を遣わせてしまう自分が、チョー親不孝に思えて、悲しくなっちゃったのかもしれん。

いや、そもそも私はずっと親不孝なことしてきた訳で、今更孝行娘のつもりだったんか~~い!と自らツッコミを入れることで、何とか気持ちを収めたのでした。

そんな訳で?鈴木常吉さんの『父のワルツ』です。



この出前コンサートから早4年かあ、、。と感慨に浸りつつ、最近はこの曲をギターで弾き語りなぞしています。インスタグラムに動画(ここには貼れません)

インスタ動画のリンク

もあるので、もの好きなお方は聴いてみてください。

タグ: 鈴木常吉

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

2017/03/13 10:00 yuccalina

遠藤賢司『東京ワッショイ』

日々のニュースを見ておりますと、この歌を歌いたくなることが良くあります。



私は現在東京に住んではおりませんが、一応生まれも育ちも東京で、20歳まで過ごしました。

この曲は、昔、まだ東京に住んでいた頃に、渋谷陽一のサウンドストリートでエンケン特集があって、その時初めて聴きました。

私は東京の悪口を言った記憶はございません。もしも、住めるものならまた住みたいなあ。

YouTubeのコメ見たら、

「東京オリンピック2020のテーマに」

と言う意見がが、

ナイスです!

で、ですね、この歌の東京を日本に置き換えても良い。

日本好きですから~!

どんな土地にだって、色々と改善すべき問題があるのは確かです。

でも、

意見と悪口は違いますから~

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

2017/03/07 13:05 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ誌が選ぶ、黒人アーティストのビートルズカバー50

しつこいですが、黒人音楽×ビートルズネタが続きます。

こちらはインスタには投稿しておりません。

表題の50選は以下の通り。#は雑誌の付録CDの収録曲、*がエイスレコードのコンピレーションVol.1、**がVol.2に収められている曲、そして今回動画を貼ってる曲を赤字で表示しております。

1. A Hard Days Night - The Supremes
2. All You Need Is Love - Lynden David Hall
3. And I Love Him (Her) - Esther Phillips #
4. Blackbird - Cassandra Wilson
5. Can't Buy Me Love - Blackstreet
6. Can't Buy Me Love - Ella Fitzgerald
7. Come Together - Ike & Tine Turner
8. Come Together - Syl Johnson
9. Day Tripper - Otis Redding *
10. Dear Prudence - Ramsey Lewis
11. Do You Want To Know A Secret - Mary Wells **
12. Don't Let Me Down - Donald Height *
13. Drive My Car - Bobby McFerrin
14. Eight Days A Week - Mary Wells
15. Eleanor Rigby - Aretha Franklin *
16. Eleanor Rigby - Ray Charles
17. Eleanor Rigby - Richie Havens
18. Get Back - Shirley Scott
19. Good Day Sunshine - Roy Redmond *
20. Got To Get You Into My Life - Earth, Wind & Fire **
21. Here Comes The Sun - Nina Simone **
22. Here Comes The Sun - Womack & Womack
23. Hey Jude - Clarence Wheeler & The Enforcers
24. Hey Jude - Wilson Pickett #
25. I Saw Her Standing There - Little Richard *
26. I Want To Hold Your Hand - Al Green *
27. I Want To Hold Your Hand - Lakeside
28. I Want You (She's So Heavy) - Eddie Hazel
29. I've Got A Feeling - Billy Preston
30. In My Life - Boyz II Men **
31. Lady Madonna - Allen Toussaint
32. Let It Be - Aretha Franklin *
33. Let It Be - Bill Withers **
34. Let It Be - Gladys Knight & The Pips
35. Lovely Rita - Fats Domino **
36. Michelle - Willie Bobo
37. Ob-La-Di, Ob-La-Da -Arthur Conley #**
38. Oh! Darling - Jimmy McGriff & Junior Parker
39. She Loves You - The Joneses
40. She's Leaving Home - Syreeta
41. Something - James Brown
42. Taxman - Junior Parker
43. The Long And Widing Road - Wills Jackson
44. Wait - Bettye LaVette
45. We Can Work It Out - Stevie Wonder
46. Why Don't We Do It In The Road - Lowell Fulson *
47. Yer Blues - Lucky Peterson
48. Yesterday - Donny Hathaway
49. Yesterday - Ruth Brown
50. Yesterday - The Soul Children

CDに入ってなかった曲が結構あったので、頑張ってYouTubeで聴いてみました。一部探しきれなかった曲があったのが残念でしたが、気に入ったカバーをいくつか紹介しますね。

先ずはCome Togetherから。これアイク&ティナもカッコ良かったんで、どっちにしよか迷ったんですが、なるべく知名度低い方を紹介したいと、Syl Johnsonです。



以後お見知るおきを~~(^O^)/

お次のMichelleのWillie Boboって全く知らんかったのですが、アフロキューバンアレンジがオサレなインスト(ちょこっとだけ掛け声入ってますがが)ですのよ。



ニューヨーク生まれのプエルトリコ人パーカッショニストだそうです。

そして、前回「ブルースロックっぽいカバーが少ない」と書いたとこで、こんなのあったのですよ、



Yer Bluesはブルースロック流行りを揶揄してたそうですが、Lucky Petersonのカバーカッコ良過ぎだす。

そんで、泥臭さとは対照的に、洗練を感じるDonny HathawayのYesterday



なんて美しいアレンジなんざんしょ~!と同時に、ソウルの熱気が伝わってくるのは、歌ってる傍からお客の合いの手みたいな掛け声の妙もありそうな、、、。ライヴならではの味わいかしら。痺れるんざんす。

こういうのは、確かブルースブラザーズ2000でBBキングが歌ってる時に、客の掛け声入ると、何かカッケーなーと思ったのが始めてだったのですが、私もいつかやってみたいなあ。

最初にこの黒人音楽×ビートルズネタを出した時、

「勿論Donny HathawayのYesterdayは入ってるよね~?」

とのコメントを頂き、あわわ、入ってねえ、エイスレコードのコンピにも入っとらやないか~い!と一瞬思ったんですがが、誌面ではちゃんと紹介されていたのです。エイスレコートのカバー集の仕掛け人、トニー・ラウンスへのインタビュー記事を読むと、やはりコンピは版権が下りなくて諦めた曲も多かったそうです。

最後にラウンス氏のお気に入りで、上の50選に入ってなかったカバーを紹介します。RevalationsのYellow SubmarineはChic風アレンジが素敵ですわ。



そして、もう一つはブラックアメリカならぬジャマイカンですが、Prince Busterのロックステディ風All My Loving



いや~、ビートルズの曲をこれだけ纏めて集中的に聴いたのは、生まれて初めてかも?雑誌も大変面白かったんで、しつこく投稿してみました。

タグ: 60年代 70年代 80年代 ソウル R&B

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR