プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/10/05 14:39 yuccalina

ある日エレベーターで~自閉症児母としての説明責任について

自閉症の息子トモロー14歳について、ブログで書くことががすっかり減ってしまいましたが、多分一般的な家庭とはちょっと違った日常が続いているのかもしれません。

先日こんなことがありました。トモローと二人、マンションのエレベーターホールで待っていたら、小1か2年くらいの女の子と両親の3人連れと、一緒のエレベーターに乗ることになりました。

知らない人たちと狭い空間にいる緊張からか、トモローは、

「エヘヘー」

と結構大きな声で笑い出し、それを見た女の子は怖かったのでしょう、みるみる表情が強ばって、トモローをキッと睨み付けてきました。そして、すぐそれに気付いたご両親は、申し訳なさそうな表情をしていました。

こ、これはまずい(-_-;)
ここは私が何か一言言わねば、と思い

「このお兄ちゃんはお話が出来なくて、ちょっと変わってるけど、怖くないから大丈夫だよ~」

と、女の子に向かって、出来る限り柔和な声で話しかけてみました。それに対し、女の子の表情はあまり変わらなかった様ですが、私とトモローはにこやかに先にエレベーターを降りました。

この間、30秒もあったかなかったかの、僅かな時間でしたが、とりあえず私は言いたいことが言えて、ホッとしました。

こういった場面は年々増えてきたので、私も段々と慣れてきたというか、短い言葉で何とか説明出来るようになってきました。トモローもきっと変な目で見られてるのは分かっていると思いますので、彼が傷つかないような言い方をする様、注意していますし、今回もエレベーターを降りた後で、

「騒がないで偉かったねー」
と褒めてあげました。

以前このブログでも紹介しましたが、東田直樹さんは、いつも刺すような視線を感じると書いてましたから。

『飛び跳ねる思考・会話のできない自閉症の僕が考えていること』 東田直樹 Amazon.co.jp商品情報
book3.jpg

その一方で、小さな女の子が見慣れない雰囲気の少年を見て、怖がってるのなら、私は息子について説明する責任があると思っています。そして、何よりも、”変かもしれんが恐ろしい人間ではない”ことを伝えたかったのです。その後彼女のご両親がどう説明したかは分かりませんけどね。

ピョンピョン跳ねたり奇声を上げたりも、体が小さい頃は、見た目の可愛さで多目に見てもらった感のあるトモローさんも、今や身長160cm。もうすぐ私も抜かれるでしょう。この様な場面は今後ももっと増えてくるでしょうから、自閉症を知ってもらうチャンスと思って、色々と上手い説明の仕方を模索していこうと思います。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:自閉症 - ジャンル:福祉・ボランティア

2016/04/13 13:45 yuccalina

春休みの宿題~食事用エプロン

毎年春休みは、トモローさんの服のサイズをチェックして、大きいのを買ったりする訳ですが、食事用のエプロンだけは手作りをしてきました。100均で買ったナイロンの端切れで、縁取りテープを縫い付け、胸には『TOMORO』の文字を刺繍

handmade236.jpg

春休みって子供達には宿題がないですが、これは毎年私の宿題でした。トモローは手先が不器用で食べこぼしが多い為、これは一生使うかも、と思っています。服を汚してイライラするよりは、良いかなと。

で、今年はちょっぴりトモローさんに手伝ったもらったのですよ。

ほぼ毎朝30分程度行っている個別学習の時間、トモローは刺繍をすることが多いんだそうですが、春休み中も、私と一緒に刺繍をしてみました。

handmade237.jpg

って、勿論私がやってるイーラーショシュではなくて、もっと簡単なアウトラインステッチです。それでも、針を刺すところを補助して、糸を引くところだけ一人でやってもらいました。何れ刺すところも一人で出来るように、地道に続けていきたいです。

それにしても、エプロンのサイズが大きくなって、今では私でも使えます。昔作ったのが、妙にかわいらしく見えますなあ。

handmade76.jpg

アイヌ刺繍のチヂリ風もありますたわ。

ainu4_convert_20120113081407.jpg

でも、これからは、胸の刺繍はトモローに担当してもらうつもりですww


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 刺繍

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

2016/02/27 10:27 yuccalina

学校の頒布会と書き初め

ビオラ、サクラソウ&キンギョソウで埋まっていた我が家のベランダに、新顔が加わりました。ガザニアで~す。

tomoro606.jpg

まだ、お花が綺麗に咲いてないのですが、先日トモローの学校での頒布会で購入してきました。

今年度はトモローさんが園芸班で水やりの担当をしたので、私もちょっと思い入れが強いということで。
また綺麗に咲いたらガーデニングの記事で紹介しますね。

前回の記事で「もう写真のアップはやめよう」とか書いたばかりなので、前言撤回になってしまいますが、頒布会での様子をこっそり撮ってきました。

tomoro604.jpg

とは言え、後ろで休憩してるとこしか撮れませんでしたがが(*´~`*)
一応トモローさんは左端の、お花を袋に入れる係でした。

そして、別の日、本年度最後の保護者会で学校へ。

教室の廊下に書き初めが貼り出してありました。

tomoro607.jpg

「力」と「心」の二文字。名前の部分は先生が漢字で書いてくれたようですが、書いてるところの写真(左上)も貼ってあったので一緒にパチリと。

そろそろ卒業式に向けての活動が始まり、ちょっと寂しそうなトモローさんですが、3年ではクラス替えがないことを知って、一安心しているところです。仲良しのK君とS君がまた一緒で良かったです。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

テーマ:特別支援学校 - ジャンル:学校・教育

2016/02/02 16:00 yuccalina

まだまだ伸びる?

息子トモローの話題は、殆どブログに書かなくなってきましたが、一応記録だけ。

1月の身体測定の結果見てたら、

tomoro603.jpg

4月から約10㎝、身長が伸びておった。

体重は7㎏かあ。


中2男子としてはまだ小さい方ではありますが、着実に体は成長してるなあ。

それに比べて中身の方はと、、、、

(ToT)ちーと微妙かな、、。

いや、それは本人の努力云々というよりも、私の力不足なのかなあ、

とか、思ってる暇あったら、やれることをちゃんとやっとけ!

ってことですな。

さて、今回から顔の写メは入れないことに致しました。

スマホを向けると露骨に嫌な顔をするのでね。
もうやめておこうと思います。

そして、現在、自閉症・発達障害のカテゴリー記事は140件ほどありますが、これまでアップしてきたトモローの記事は、取りあえずファイルだけ保管、下書き扱いにして、非公開にしても良いかなと思っております。

自閉症に関わる書籍の紹介などは、今後もしていくつもりですので、カテゴリーそのものを削除はしませんが、息子の成長期部分については、もうそろそろ良いかなと。

折りを見て、徐々にブログ記事の整理をしていくつもり。

まあ、大人になってからの問題も色々とありそうですから、そちらをまた書きたくなる時は来るかもしれませんけどね。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
2015/12/17 14:13 yuccalina

県の駅伝大会と作品展

12月も後半に入り、2学期終了まであと少しですが、年内最後のトモローさんの活動記録です。

10(木)は県内の特別支援学校中学部が一同に会した駅伝大会でした。去年1年生は選抜メンバーのみでしたので、今年が初めての参加です。トモローは一番短い距離で、たったの100メートルでしたが、

tomoro598.jpg

伴走の先生に励まされつつ、結構走ってました。

tomoro599.jpg

無事にタスキが渡りました。先生が後ろでカメラ撮影してるのに、競争としての緩さが出ておりますが、一応A、B2チームに分かれての参加でした。Aチームは本気モードで、皆結構なスピード。伴走の先生もゼイゼイしてました。トモローさんはもちろん「ゆる伝」チームのBでした。Aチームは表彰状が貰える上位10チームの7位に入り、Bチームも全体で真ん中くらいの順位でしたので、まずますの成績だったと思います。

こちらは競技場のスタンドで応援してるところ。

tomoro597.jpg

この日は丁度暖かい日だったので、凍えずに済んで良かった。そして何よりも、トモローさんが最後まで乱れずに参加出来たのが一番でありました。

それから2日後、12(土)は同じく県内の特別支援学校、中・高等部の美術作品展を、ダンナと2人で見に行ってきました。トモローさんが学校の授業で製作した和風のランプシェード。

tomoro600.jpg
tomoro601.jpg

何故かトモローのだけ短い。多分途中で破けて短くなっちゃったんでしょうね。まあ、学年全員が展示された訳ではないので、選ばれてラッキーという感じでしょうか。それでも、作品も段々と形が整ったものになっている様で良かったです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらポチして頂けると嬉しいですm(__)m

blogram投票ボタン

テーマ:特別支援学校 - ジャンル:学校・教育

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR