プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


--/--/-- --:-- yuccalina

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/25 14:31 yuccalina

『主任警部モース』~文学的香りに、ダニー・ボイルの味付け

クリスマスに相応しい話題かどうかは分かりませんが、久しぶりにイギリスのミステリードラマを紹介します。ミステリー小説を全然読まない私は、知らなかったのですが、コリン・デクスターの原作からして有名らしい『主任警部モース』です。

主任警部モース/Inspector Morse the Complete Series 1-12 DVD-BOX(33エピソード収録)[PAL-UK][英字幕]主任警部モース/Inspector Morse the Complete Series 1-12 DVD-BOX(33エピソード収録)[PAL-UK][英字幕]
()
ジョン・ソウ、ケヴィン・ウェイトリー 他

商品詳細を見る


詳しい内容は下記、CSチャンネルのAXNミステリー公式サイトをご覧いただくとして、

主任警部モース~AXNミステリー

今回紹介したいのは、その中のエピソードの一つ第25話「ケルビムとセラフィム」。思いっ切りネタバレ記事にしますので宜しくお願いします。タイトルからして何のこっちゃ分からなかったのですが、ケルビム=智天使、セラフィム=織天使と、どちらも天使のことみたいです。ちょっと宗教がかった内容とも言えるのですが、表向きは若者のドラッグ問題で、製薬会社の研究者コリアーが絡んでいます。彼が開発した向精神薬がセラフィム。一方、若者がたむろするクラブの名前が「エンジェルハウス」等の隠喩もあり。コリアーは未認可のセラフィムを、レイヴパーティーに集まった若者達にバラまいて、人体実験的なことをしてしまいます。

そのパーティーでセラフィムを摂取した若者の内3人が、自殺をしてしまい、その内の一人がモース警部の姪でした。異母妹の娘であり、複雑な家族関係を部下のルイスに打ち明けるシーンも見所の一つ。モースはオックスフォード大学出のインテリ警部で、文学に造詣深くクロスワードパズルが得意で、クラッシック好き(特にオペラ )で酒好き。愛車はジャガー、と言うのが基本情報ですが、エピソード毎に、その過去や人間関係が明かされていくからです。

『主任警部モース』はオックスフォードが舞台ということで、全編を通して常に文学の香りするのも特徴なんですが、実は、この回がその中でもちょっと変わり種かと思って、取り上げてみました。

それはオルダス・ハクスリーでして、以前、サイケデリックロックの話でちょっと言及したと思うんですが、ドアーズのバンド名の元となった『知覚の扉』の作者です。モースがその『知覚の扉』について話すシーンが出てきて、おおっ、モースってばあんな本も読んでるんかー?とちょっと感動してしまった私。

morse1.jpg
morse2.jpg
morse3.jpg

こちらは、遺体から薬の特定が出来ない成分が出て、検死医とモース、ルイスの3人が話すシーンです。

morse4.jpg
morse5.jpg

モースも知覚の扉を読んでいたのは、60年代に青春を送っていた設定だからなんでしょうが、やはりローリング・ストーンズはお気に召さなかったようで、ドラッグとは距離を置いていたと、あくまでもサイケデリックカルチャーを冷めた目で淡々と語ります。ハクスリーが「天国へ行けると思ってLSDを射たせた」と言うのが宗教と繋がってる訳ですね。

で、そのセラフィムはコリアー曰く、「人に幸福感を与える薬だから、危険な筈がない!」と主張するのですが、モースは最終的にこう理解したのです。薬によって幸福感を得た若者達は、この世のすべてを見たと感じ、これ以上生きる必要がないと思ったのかもしれない。

エピソードの冒頭で、ドラッグ体験したモースの姪マリリンが、陶酔したように「世界のすべてを見た」と語るシーンの意味が、この時分かって、ゾッとしてしまいました。

人間の精神とはまだまだ謎に満ちていて、パーティーに参加した大多数には現れなくとも、その3人を死に向かわせてしまったと言うことです。コリアーはレイヴパーティーの会場であえなく御用となるエンディングでしたが、中々重たいテーマで、スッキリとはしませんでしたね。

この「ケルビムとセラフィム」が最初に放送されたのが1992年だそうですから、当時のイギリスはまだレイヴブームの只中。私は80年代後半から、サイケデリックリバイバルがあったのをよく覚えていて、もっぱら60年代の音楽を聴いていたのですが、ハッピーマンデーズで既に音楽的魅力を全く感じていなかった為、あの手の音楽には全く疎いです。ドラマを見いても、音楽も踊る若者達の姿にも、全然懐かしさはありませんでした。それは、かつてマイケル・ウインターボトム監督の『24アワーズ・パーティー・ピープル』を見た時も同様でした。

なので、レイヴについてはよく分からないことばかりだったんですけど、音楽のタイプは違っても、60年代のサイケデリックブームと似たようなとこあったんでしょうね。宗教とかオカルト的臭いがつきまとうのは、時代が下っても変わらないものですね。

と言ったところで、私がこの「ケルビムとセラフィム」が気になって理由をもう一つ。それは監督がダニー・ボイルだったからなんです。そう言えば彼の出世作、ユアン・マクレガー主演の『トレインスポッティング』もドラッグがテーマの映画でした。このエピソードには暴力的なシーンは殆ど出てこないのですが、何となく殴られたような衝撃性を感じるのは、やはりダニー・ボイルのテイストなのか?なんて、思ったのでした。

ちなみに、違法ドラッグを作った研究家コリアーを演じるのは、ハリーポッターシリーズのルシウス・マルフォイ役ジェイソン・アイザックスです。中々豪華なエピソードとも言えますね。

最後にこのモースシリーズですが、主演のジョン・ソウが癌でなくなった後、部下のルイスを主役に、『ルイス警部』シリーズが始まりました。

オックスフォードミステリー ルイス警部~AXNミステリー

俳優を変えて新しいモースシリーズにしなかったのは、ジョン・ソウ以外の俳優は考えられなかった、という事なんでしょうね。こういうパターンはイギリスのドラマでは結構多いのかしら?かつて紹介した『刑事タガート』も主演のジョン・マクナマスが他界した後、タイトルはそのままで、タガート抜きで続いたり、『バーナビー警部』はジョン・ネトルズが辞めた後、先代のバーナビー警部の従弟という設定で、新・バーナビーがスタートしました。余りにも親しまれたキャラクターだと、俳優が代えることはあまりしないのかもしれませんね。

ルイス警部は相棒のハサウェイが神学校出身のちょっと変わったタイプで、一見冷たそうなのに実は良い奴、というのも中々良い感じ。また別の機会に紹介したいなと思います。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: イギリス

テーマ:海外ドラマ(欧米・イギリスetc) - ジャンル:テレビ・ラジオ

2014/09/03 09:14 yuccalina

「バーナビー警部」は奇跡の男?

久し振りにイギリスのミステリードラマを紹介します。例によってCS放送AXNミステリーチャンネルのラインナップからです。イギリスの刑事物と言えば、主人公は大抵性格的に問題があって、離婚歴があったり、独り者だったり、家庭はあっても上手くいってなかったりがお決まりのパターンなんですが、そう言う意味で奇跡の男なのが今回紹介する「バーナビー警部」(原題Midsomer Murders)なんです。

バーナビー警部~謎のアナベラ~ [DVD]バーナビー警部~謎のアナベラ~ [DVD]
(2004/05/08)
ジョン・ネトルズ、ダニエル・ケーシー 他

商品詳細を見る


ジョン・ネトルズが演じる「バーナビー警部」シリーズは1997年から2011年まで続いて、エピソードは全部で81話。現在は主役を変えて(トム・バーナビーの甥っ子が刑事という設定)「新バーナビー」続行中とのこと。AXNミステリーではとても人気が高いようで、何度も再放送されています。詳しくは下記リンクをどうぞ。

バーナビー警部 AXNミステリー公式サイトより

実は、拙ブログの海外ドラマカテゴリーでこれまでに紹介してきた刑事(及び探偵)って、片付けられない男ジャック・フロストや異常に片付ける男モンク。妻子持ちでも家族といつもギクシャクしてるタガート。頭に血がのぼると暴言男になるピーター・ボイド(ウェイキング・デッド)。また近々紹介しようと思ってる「主任刑事モース」はパワハラ紛いの行為が目立つ独身男。と、性格的にちょっと問題アリそうな人が多いんです。多分、犯人を突き止める天性のカンとか、特殊な能力を持っている分、どこがが欠落してる設定なんでしょうね。

そんな中にあってトム・バーナビーは、愛妻家で一人娘カリーとの仲も良く、歴代の若い部下たちからは尊敬される存在。その人柄の良さで被害者からは信頼されて、容疑者の自首を促すのです。お菓子が大好きで、お腹回りが気になるくらいが、唯一の欠点でしょうかね。つまり、良好な対人関係を生かして、捜査を進めていく感じでして、常に周囲への気遣いが出来るタイプなんです。それでいて、刑事としてのカンも鋭い、と言うのが私的に「奇跡の男」ではないかっ?と思った次第。

私はミステリー小説は読まないんですけど、原作者が女性(キャロライン・グレアム)であることも大きいかもしれませんね。バーナビーは理想的な男性像として描かれてるかもしれませんし、ドラマの中での人間の描き方、心理描写がいつも細やかなのも特徴だと思います。さらに、ドラマの舞台が都会でなく、ミッドサマーというイングランドの架空の田舎町というのも大きいでしょうか。常に事件に追われてギスギスした感じがないので、バーナビーのキャラクターが存分に活かされる設定なんだと思います。

そうそう、田舎町ならではと言うか、庭付きの一軒家が多い為、「庭自慢コンテスト」とか出てきます。庭師が主役の「ローズマリー&タイム」ほどではありませんが、イングリッシュガーデン好きにもオススメしたいですね。

それと、古いエピソードには駆け出しの頃のハリウッドスターが脇役でてたりします。オーランド・ブルームが年増に体を売ったり、ドロボーもしてるクズ男役とか。



第12話「審判の日(Judgement Day)」では、上の動画の濡れ場シーンから次に出てきたときは既に死体になっておりました。こんな時代もあったんですね。

それと、イギリスならではを感じたのは、フリーメイソンに潜入して儀式を受けたりかな。会員になってる警察官は珍しくないそうです。また、ドラマの中にお芝居が出てくるエピソードが多いのは、やはりシェイクスピアの国だから?とか、イギリス好きには見どころ盛り沢山のドラマシリーズですが、私が唯一あまり好きでないのがオープニングテーマです。なんか暗くて、おどろおどろしいと言うか、私にはこれから凶悪犯罪おきるで~と煽ってるみたいに聴こえるんです。エンディングも同じ曲が使われてて、例えばドラマが事件解決後の和気あいあいとしたバーナビー家のシーンで終わっても、この曲が鳴り出すと一気に暗くなります。まあ、私はいつもビデオ録画で見てるので、早送りしたりして見ないようにしてますけど。



ドラマの中でブラスバンドが出てきて、この曲を演奏したりするのはちょっと笑っちゃいましたけどね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: イギリス

テーマ:海外ドラマ(欧米・イギリスetc) - ジャンル:テレビ・ラジオ

2014/06/14 07:18 yuccalina

NHK海外ドラマ「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」

久々に地上波ドラマにハマっています。NHK総合で毎週日曜午後11時から放送中の「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」。サブタイトルの「華麗なる」が超ダサいですが、中々面白い内容です。



20世紀初頭のイギリス、グランサム伯爵家とその下で働く人々の群像劇で、私はロバート・アルトマン監督の映画「ゴスフォード・パーク」(こちらは1930年代が舞台ですが)を思い出しました。映画でも伯爵夫人役だったマギー・スミスが、このドラマでは伯爵の母親(ヴァイオレット)役で出ております。とにかく登場人物が多いので、事前にホームページでチェックしておくのも良いでしょう。

ゴスフォード・パーク [DVD]ゴスフォード・パーク [DVD]
(2012/05/09)
マギー・スミス、マイケル・ガンボン 他

商品詳細を見る


「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」~NHK海外ドラマホームページ

CSのスターチャンネルでは、既にシーズン3まで放送されてる?先を知りたい方はこちらもどうぞ。

「ダウントン・アビー」~スターチャンネル公式サイト

ま、元々英国ドラマ大好きなワタクシなので、ハマるのも当然とも言える訳ですが、さらに時代設定も良いんです。話は1912年のタイタニック号沈没からスタートしますので、これから先、1920年代が待ち受けてるんですよ。先日バレエリュスの話(コチラ)でもちょっと書きましたね、そう、ジャズエイジです。19世紀末の産業革命は、貴族の暮らしを脅かす結果となります。金持ちの中産階級が現れ、気位だけ高くて時代の変化に着いていけない貴族は、財産を切り売りして落ちぶれていく訳です。コミュニストが登場し、アメリカでは婦人参政権運動とか、変化に富んだ時代の中、私が一番注目してる登場人物は、伯爵の三女シビルです。男女平等に目覚め、色々と行動に移す彼女が見ていて楽しいのですわ。女性の社会進出を応援すべく、メイドのグエンに秘書の面接を受けさせたり。社会主義者を自称するアイルランド人の運転手ブランソンと仲良くなったり。家庭教師から習うんじゃなくて、学校へ行きたいと言って、おばあ様(マギー・スミス)の眉を顰めさせたり。第4回では新調したドレスがパンツスタイルという、当時は斬新なもので家族を唖然とさせる場面がありました。

da1.jpg
da2.jpg

パンツルックとはいえ、申し訳程度に裾を絞った、ゆったりしたデザイン。ハーレムパンツってやつですか。それでも当時としては、かなり意欲的なファッションだったんでしょうね。このシビルのハーレムパンツについて、mikaidouさんが興味深い記事を書かれていますので、ここでリンクさせていただきます。

ハーレムパンツ~『老嬢の鼻眼鏡』より

このブログで度々紹介している20年代本「現代思想」の中に、当時のファッションが紹介されてますが、

20s1.jpg
da3.jpg

そうそう、女性の服装は社会的立場を反映してるんですよね。シビルが「なんで、女性だけコルセットしなきゃいけないの?」と不満を言う場面がありましたっけ。20年代ジャズエイジの女性が、ストンと直線的なデザインのワンピースを着てるのは、まさにコルセットからの開放を意味してる訳です。私が「華麗なる貴族」をダサく感じるのも、三女シビル目線で見てるからかもしれません。貴族の格好もやってることも、すごくくだらなく思えちゃう。

とは言え、お話の中心はどうやら長女のメアリーみたいです。伯爵家には男の子がなく、当時の法律で女性は爵位も財産も受け継ぐ権利が無かった為、メアリーは伯爵の遠縁の男性マシューと結婚して、相続するしかないという状態。マシューは中産階級、医者の息子で本人は弁護士です。現代日本では相当良いとこのお坊っちゃまですけど、流石、貴族の世界は違いますわな「テーブルマナーも出来てない男なんて」とメアリーは拒絶します。「ゴスフォード・パーク」でもミドルクラス出身のヨメが登場して、服が「機械編みのレースなんて」とか陰口叩かれてましたっけ。

一方雇われ人の中でも様々な、序列を巡っての謀略もあれば、恋もあり。良い人もいれば悪い人もいて、愛と友情と妬み嫉みが渦巻いております。私的には凄く面白いと思うんですけど、登場人物に日本女性にウケそうなイケメンがいないのが弱みでしょうかね。視聴率の方はどうなんでしょう。NHKではもうすぐシーズン1が終わるみたいです。シーズン2&3も、当然やってくれるんですよね?


お読み頂きありがとうございました。
↓良しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: イギリス 20年代

テーマ:海外ドラマ(欧米・イギリスetc) - ジャンル:テレビ・ラジオ

2014/05/27 09:16 yuccalina

イングリッシュガーデンを楽しめるドラマ「ローズマリー&タイム」

久しぶりに海外ドラマの紹介をしようと思います。ワタクシの場合、海外ドラマ=欧米ドラマでして、中でも好きなのがイギリスのミステリードラマ。別にミステリーが好きだった訳じゃないんですが、元々イギリスのカルチャー(料理を除く!)好きが高じて、ミステリードラマに辿りついたって感じですねえ。例えば、70年代のグラムロックが楽しめる「時空刑事1973」とか、まだ紹介してませんけど、ロバート・カーライル主演の「マクベス巡査」なんかは、いかにも妖精の国スコットランドっぽい、ファンタジーな要素も多かったり、色々と楽しめるところが多いんです。そんな訳で、今回紹介するのは、英国のお庭が楽しめるドラマです。

「ローズマリー&タイム」はCSチャンネルのAXNミステリーで見ました。最近は続編の放送がなくて、残念なんですが、刑事でないおばさん達が事件解決をしちゃいます。ローズマリーは植物学者で庭師、そのアシスタントをしてるタイムがバツイチの元警官。ローズマリーが仕事で訪れた庭園で、何故かいつも事件が起きるんですねえ。で、おばさん2人がしゃしゃり出て、事件解決に導くと。

謎解きとしては緩い感じですけど、毎回素敵なイングリッシュガーデンが見られるのが見どころです。また、あくまで友人関係である2人に、ちょくちょくレズ疑惑が持ち上がったり、それぞれにロマンスが訪れるという配慮が、いかにもイギリスらしい。

ローズマリー&タイム BOXセット1 [DVD]ローズマリー&タイム BOXセット1 [DVD]
(2008/04/11)
パム・フェリス、フェリシティ・ケンドール 他

商品詳細を見る




DVDも出てるみたいですが、英語OKならYouTubeで見れちゃいます。私も最近は、ベランダの花を真面目に育てようと思い始めたとこですので、改めてまた見てみたいと思っております。AXNミステリーでまたやってくれないかなー?



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: イギリス

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013/08/20 08:22 yuccalina

夏が終わる前に英国ドラマ「ミステリーinパラダイス」とジャマイカ音楽スカの話

久しぶりに海外ドラマを紹介したいと思います。これまでにCSのミステリーチャンネルで放送中の海外ドラマを紹介してきて、その殆どがイギリスのものでしたが、今回はBBC(イギリスの国営放送)の作品でありながらも、舞台はカリブ海に浮かぶセントマリー島という「ミステリーinパラダイス」(原題はDeath in Paradise)。番組紹介と放送予定については、下記を参照ください。

ミステリーinパラダイス - AXNミステリー公式サイト

イギリス領でありつつも、フランス文化が色濃く残るというセントマリーという島が舞台なのですが、どうやら実在してはなさそう。ロケーションはグアダルーペというフランス領の島で行われて、イギリスとフランスの合作だとか。島の人々は時々フランス語(もしかしたらクレオール語かな?)らしき言葉を発したりします。また、ブードゥー教と関係してそうなお祭りがあったりするのも、興味深いですね。ロンドンから派遣された堅物警部リチャードは、クソ暑い中でも頑なにスーツでお仕事し、地元のスタッフと繰り広げるドタバタ劇。殺人事件は起きても、コメディタッチのミステリードラマです。1時間の尺で1話完結ですので、謎解きもそれほど複雑でなく、コメディの部分を楽しめるかどうかがカギかもしれません。

私は特に南の島への憧れとか強くないのですが、随所に出てくる「おフランス文化」の香りに惹かれて見ております。女性の服装とか、やっぱりジャマイカと違うんですよね。昔見たマルティニーク島のアーティストKALIのライヴで、可愛いマドラスチェックの巻きスカートを履いたバックダンサーとかを、ふと思い出してしまいました。リチャード警部の部下のカミーユが「モンテクリスト伯は古典よ」と読んだ事がないと言う上司を、少々小馬鹿にしたりするのが何だか可笑しかったり。イギリスの紅茶と料理が世界一美味いと思ってる彼に、紅茶はまだしもイギリス料理って何だよと突っ込みたくなる私。ってな具合に楽しんでみている次第。

それでいて、オープニングとエンディングに流れるテーマ曲が、明らかに「スカ」なのがまた良いです。このテーマ曲を聴いてたら、スペシャルズのアルバムが聴きたくなってきました。ここから先はイギリス音楽の話全開で行きますよ。



スカとはレゲエの源流であるジャマイカ発祥の音楽で、ダンサブルな後乗りのリズムが特徴。この「Your Wondering Now」という曲は、スカのスタンダードナンバーで、オリジナルらしき音源をYouTubeで発見。



さらに、くだんのスペシャルズとエイミー・ワインハウスがライヴでこの曲をやってるのもありました。



やっぱ凄いっすね、YouTube!ってな訳で、さらにスペシャルズ絡みの話を少々。このブログでは、音楽関係のエントリーではこのところずっと「ビートクラブ」という60~70年代のロックTV(ドイツ・ラジオブレーメン製作)の話題を取り上げているのですが、番組のオープニングで「Sock It To EM JB」という曲が使われてる回があり、ビックリしてしまいました。こちらのオリジナルはRex Garvinと言うアメリカのソウル系アーティストなんですが、後年スペシャルズがカヴァーしてヒットした曲なのです。ソウルとスカの相性が抜群に良いことか証明されたナンバーです。



ビートクラブでは基本イギリスのアーティストが多く取り上げられているのですが、カリブ系の顔(エディ・グラント、ジミー・ジェイムズ等)もチラホラ出てくるんですよね。つまり、ボブ・マーリィー以前から、イギリスではカリブの音楽が親しまれてた事に気が付き、スペシャルズの登場が必然であったことを知ったのでした。


ところで、エイミー・ワインハウスはスペシャルズのカヴァーしてましたので、先の共演ビデオもその流れなんでしょうね。「Hey Little Rich Girl」と「Monkey Man」ですが、どちらもゴキゲンなナンバーでした。

<こちらはスペシャルズ版。来日公演の映像?>




彼女のいないロック界はやっぱり寂しいですね。とか、ちょっぴりおセンチになりつつ、残り少ない夏をスカと共に過ごすのも悪くないかもしれません。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: イギリス フランス

テーマ:海外ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。