プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/03/07 13:05 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ誌が選ぶ、黒人アーティストのビートルズカバー50

しつこいですが、黒人音楽×ビートルズネタが続きます。

こちらはインスタには投稿しておりません。

表題の50選は以下の通り。#は雑誌の付録CDの収録曲、*がエイスレコードのコンピレーションVol.1、**がVol.2に収められている曲、そして今回動画を貼ってる曲を赤字で表示しております。

1. A Hard Days Night - The Supremes
2. All You Need Is Love - Lynden David Hall
3. And I Love Him (Her) - Esther Phillips #
4. Blackbird - Cassandra Wilson
5. Can't Buy Me Love - Blackstreet
6. Can't Buy Me Love - Ella Fitzgerald
7. Come Together - Ike & Tine Turner
8. Come Together - Syl Johnson
9. Day Tripper - Otis Redding *
10. Dear Prudence - Ramsey Lewis
11. Do You Want To Know A Secret - Mary Wells **
12. Don't Let Me Down - Donald Height *
13. Drive My Car - Bobby McFerrin
14. Eight Days A Week - Mary Wells
15. Eleanor Rigby - Aretha Franklin *
16. Eleanor Rigby - Ray Charles
17. Eleanor Rigby - Richie Havens
18. Get Back - Shirley Scott
19. Good Day Sunshine - Roy Redmond *
20. Got To Get You Into My Life - Earth, Wind & Fire **
21. Here Comes The Sun - Nina Simone **
22. Here Comes The Sun - Womack & Womack
23. Hey Jude - Clarence Wheeler & The Enforcers
24. Hey Jude - Wilson Pickett #
25. I Saw Her Standing There - Little Richard *
26. I Want To Hold Your Hand - Al Green *
27. I Want To Hold Your Hand - Lakeside
28. I Want You (She's So Heavy) - Eddie Hazel
29. I've Got A Feeling - Billy Preston
30. In My Life - Boyz II Men **
31. Lady Madonna - Allen Toussaint
32. Let It Be - Aretha Franklin *
33. Let It Be - Bill Withers **
34. Let It Be - Gladys Knight & The Pips
35. Lovely Rita - Fats Domino **
36. Michelle - Willie Bobo
37. Ob-La-Di, Ob-La-Da -Arthur Conley #**
38. Oh! Darling - Jimmy McGriff & Junior Parker
39. She Loves You - The Joneses
40. She's Leaving Home - Syreeta
41. Something - James Brown
42. Taxman - Junior Parker
43. The Long And Widing Road - Wills Jackson
44. Wait - Bettye LaVette
45. We Can Work It Out - Stevie Wonder
46. Why Don't We Do It In The Road - Lowell Fulson *
47. Yer Blues - Lucky Peterson
48. Yesterday - Donny Hathaway
49. Yesterday - Ruth Brown
50. Yesterday - The Soul Children

CDに入ってなかった曲が結構あったので、頑張ってYouTubeで聴いてみました。一部探しきれなかった曲があったのが残念でしたが、気に入ったカバーをいくつか紹介しますね。

先ずはCome Togetherから。これアイク&ティナもカッコ良かったんで、どっちにしよか迷ったんですが、なるべく知名度低い方を紹介したいと、Syl Johnsonです。



以後お見知るおきを~~(^O^)/

お次のMichelleのWillie Boboって全く知らんかったのですが、アフロキューバンアレンジがオサレなインスト(ちょこっとだけ掛け声入ってますがが)ですのよ。



ニューヨーク生まれのプエルトリコ人パーカッショニストだそうです。

そして、前回「ブルースロックっぽいカバーが少ない」と書いたとこで、こんなのあったのですよ、



Yer Bluesはブルースロック流行りを揶揄してたそうですが、Lucky Petersonのカバーカッコ良過ぎだす。

そんで、泥臭さとは対照的に、洗練を感じるDonny HathawayのYesterday



なんて美しいアレンジなんざんしょ~!と同時に、ソウルの熱気が伝わってくるのは、歌ってる傍からお客の合いの手みたいな掛け声の妙もありそうな、、、。ライヴならではの味わいかしら。痺れるんざんす。

こういうのは、確かブルースブラザーズ2000でBBキングが歌ってる時に、客の掛け声入ると、何かカッケーなーと思ったのが始めてだったのですが、私もいつかやってみたいなあ。

最初にこの黒人音楽×ビートルズネタを出した時、

「勿論Donny HathawayのYesterdayは入ってるよね~?」

とのコメントを頂き、あわわ、入ってねえ、エイスレコードのコンピにも入っとらやないか~い!と一瞬思ったんですがが、誌面ではちゃんと紹介されていたのです。エイスレコートのカバー集の仕掛け人、トニー・ラウンスへのインタビュー記事を読むと、やはりコンピは版権が下りなくて諦めた曲も多かったそうです。

最後にラウンス氏のお気に入りで、上の50選に入ってなかったカバーを紹介します。RevalationsのYellow SubmarineはChic風アレンジが素敵ですわ。



そして、もう一つはブラックアメリカならぬジャマイカンですが、Prince Busterのロックステディ風All My Loving



いや~、ビートルズの曲をこれだけ纏めて集中的に聴いたのは、生まれて初めてかも?雑誌も大変面白かったんで、しつこく投稿してみました。
スポンサーサイト

タグ: 60年代 70年代 80年代 ソウル R&B

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2017/01/26 09:25 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ買いました!~Black America Meets The Beatles

インスタからのネタ下ろしばかりで何ですが、ブルース&ソウルレコーズ2016年12月号がヒいジョーに良かった。



映画マッスルショールズで知って、ノックアウトされたウィルソン・ピケットのヘイ・ジュードが付録CDに入ってるとのことで、即決だったんですが、



他にもイカした曲が沢山。The Watts 103rd Street Rhythm Bandによるファンキーなイエローサブマリンは、音頭以上のインパクトでしたが、動画は見つからず。

で、今回はVol.1, 2とリリースされている、Black America Sings Beatlesの収録曲を、幾つか紹介したいと思います(下の画像は第1集Come Together)。

61KGHXI6qaL__SX425_.jpg

まずは、スティーヴィー・ワンダーの『We Can Work It Out』



こちらの動画はホワイトハウスにご招待されての演奏。客席にオバマ夫妻とポールが並んでノリノリなのも、よろしおすなあ。キーボードのリフが耳に残るし、間奏のブルースハープもカッコいいんです。
投稿後に気が付いたんで、追記。
このスティーヴィー・ワンダーのカバーはBlack America Singsシリーズには、入っておりませんですた。
雑誌誌面に名カヴァー50選なるものがあり、そちらで紹介されてたので、混同してしまったようです。スミマセンm(__)m


そして、アル・グリーンの『I Wanna Hold Your Hand』(Vol.1に収録)



これはお蔵入りになってたセッションらしいんですが、冒頭からリラックスして曲を楽しんでるのが伝わってきますなあ。テンポを落としてのバックビートがファンキーで、思わず踊りたくなっちゃいます。キャーキャー!

ジュニア・パーカーの『Lady Madonna』(Vol.1に収録)もゆったりバックビートで、セクスィー部長なノリが素敵。



最後はジョージの曲行きましょうか。ニーナ・シモンによる『Here Comes The Sun』(Vol.2 Let It Beに収録)。



これは、中々オサレなんじゃないでしょうか?元々チョイかすれ声は、大好物なワタクシなんですが、曲の雰囲気とジャジーなヴォーカルが、凄くあってると思います。あー、こっちのCDも欲しくなっちゃったなあ。多分買うと思います、はい。

タグ: R&B ソウル 60年代 70年代

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2016/09/30 15:55 yuccalina

黒っぽさとアンダーグラウンドの狭間で『夢博士の告白』

ケヴィン・エアーズの初期作品5枚組ボックス、最後は右下『夢博士の告白 The Confession of Dr. Dream and Another Stories』です。

これ、一番好きかも、と言うくらいツボな曲ばかりなんで、全曲動画を貼りたいくらいなのですがが、重たくなるのも嫌なので、涙ながら(ウソ)にチョイスしますた。

music5.jpg
music6.jpg

オープニングは、チョー低音ヴォーカルがドクター・ジョンかと思ったよ。



っつーくらいファンキーな『Day by Day』で、続く『See You Later/Didn't Feel Lonely Till I Thought Of You』も、ジャクバンドっぽいコミカルなオープニングとロックなギターサウンドのコンビネーションがお素敵なんです。



全体的に黒っぽさを感じるのは、バックコーラスの女性ヴォーカリストに負うところもありそう。前作に続き参加のドリス・トロイに加え、ロゼッタ・ハイタワーも結構なキャリアの方なんですね。とにかくカッコええ~のなんのって~!

そして、ここでは紹介出来ないのですが、○○ブルースと称されるスローナンバーには、ジングル的効果も感じられて、非常にバランスの良さを感じます。

さて、レコードだと丁度B面になるのが『夢博士組曲』

(a) Irreversible Neural Damage
(b) Invitation
(c) The One Chance Dance
(d) Doctor Dream Theme






ですが、動画だと4本でブツ切りになってしまうがのがちと残念です。初っ端からNicoが歌う(a)が異彩を放ち、ジングル的インストの(b)に続く(c)が意外と私のツボだったりしますです。何ですかね、

ララランラン♪ララランラン♪

とタイトル通り?ご陽気にダンスするよなスキャット。

しか~し、後ろから重なってくる

オ~~ラ~~イ~~~!!

の雄叫びに一瞬ビビる。いや~~気になって仕方ないんですの。ホントに大丈夫なのケヴィンさんっ?って心配になりますわよwww

それにしても、このアルバム聴いてると、何かシド・バレットよりも、キャプテンビーフハート臭(=牛臭い訳では決してない)を感じてしまう私なんですが、ケヴィンが影響受けてたって話はあったりするんかしら?ご存知の方は教えてくださいまし。

そして、ラスト『Two Goes Into Four』はちょっとジョン・ケイルちっくな曲だな~、と思いますた。



黒っぽさとヴェルヴェッツ感が混じり合ったこのアルバムを好きにならずにはいられんよ、そりゃあ、、。

ところで、今回パーソネルをチェックしてたら、気になる名前が沢山出てきますたよ。

スティーヴ・ナイってペンギン・カフェの人じゃん?ルパート・ハインはハワード・ジョーンズのプロデュースで名前を知ったんだっけ?何気にジョン・ぺリー、ジェフリー・リチャードソンのキャラヴァン組も気になるぞ。リチャードソンはペンギンカフェ絡みでもあるのね。キャラヴァンはドイツの伝説的ロックTV『Beat Club』で初期のVTRを見て、結構気になってたんよね。

そんなこんなで音楽の旅(記事)は今後も続きますがが、ケヴィン・エアーズCD BOXシリーズはこれにて完結です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: ケヴィン・エアーズ 70年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/08/22 10:10 yuccalina

Whole Lotta LoveよりLotta Love、すなわちRobert PlantよりNeil Young (^o^;)

何年置きか、自分の中でニール・ヤング・ブームが定期的に訪れる。

とは言え、聴いてるのはやっぱり70年代のアルバムばっかです。

neilyoung_convert_20130312165918.jpg

マイブームの再来は、トモローのおもちゃ代わりに買ったギターがいつの間にか自分のおもちゃになってたのと関係しております。最近、二十歳の頃にテープを巻き戻しながら一所懸命にコピーした『Tell Me Why』や『Heart of Gold』の弾き語りなぞをしてるので、運転中はこれらのCDをかけながら、歌の練習に余念がない訳ですな、テヘッ(。-_-。)

ニールの曲はシンプルで初心者にも弾きやすいというのもあるけど、やっぱ声が高くて女子にも歌いやすいキーなのがポイント高いかもしれない。これは逆に言えば、男子はコピーし辛かったりするのだろうか?

どうかは分かりませんぐが、ニールの声はむさくるしくて目つきの悪いルックスと、凄くギャップがあると思う。高くてか細くて、音程も不安定だしなあ。高低差あり過ぎて耳がキ~~ンなる、のは、美青年でバリバリバリトンヴォイスのケヴィン・エアーズと良い勝負、つーか逆パターンであろうか。

しかし、私はこのニールの声が大好きなのっ!ついでに言っとくと、この70年代のルックスも大好き!



ちょっと前に、”可愛いは無敵!”という話を書いたのですがが、実を言うと私は『Rust Never Sleeps』のビデオや『ラストワルツ』でのニールを見て、マジ可愛いと思ってますた。なんか捨てられた子犬のように見えたんだよねえ。よく、男性が「女の言う”可愛い”の意味が分からん」と言うのを耳にしますが、

”可愛い”とわ、読んで字のごとく”愛することが可能”であること。

心が揺さぶられた時に思わず発するの。すべての女性がそうなのかは分からんけど、少なくとも私はそうだし、キモカワやウザカワなど、ちょっとネガティヴな言葉と組み合わせ出来るのは、その愛があるのかにかかっているのではなかろうか?

つ~~訳で、ニールが歌う愛の歌に、私はキュ~~ンとなるのは当然のことですわね。『Comes A Time』収録の『Lotta Love』が一番好きかな?



らららららっらら~ら~ う~う~~♪

うう~~胸が締め付けられる~~ぐるぢ~~

とか喜んでる私はヘンタイですがが、おやっ?Lotta Loveって似たようなタイトルのじぇんじぇん違う歌があったよな~?

レッド・ゼペリンの『Whole Lotta Love』ってさ~、ハードロックの金字塔的な歌なんでしょうけど、ロバート・プラントのキンキン声と、

ドヤドヤッ、セックスシンボルなオレってドヤさ~?

なヴィシュアルにはドン引きな私。そう言えば、中学生の時にヴァン・ヘイレンのデイヴ・リー・ロスを見た時も、何か気持ち悪くて嫌だったのを思い出したよ。

って、ファンの皆様には申し訳ないですが、ロバート・プラントの

がらほらろら♪

を聴いても、私の胸は全然キュンキュンせ~へんし、頭だけがガンガンするのよねっ!やめてけ~れ、ゲバゲバッ!

なのよ、って重ね重ねファンの皆様ごめんなさいね~m(__)m


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: ニール・ヤング 70年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/08/05 10:32 yuccalina

”CCRを聴いたかい?”とスワンプ・ロックの話

BS-TBSの音楽ドキュメンタリー『Song To Soul』の7月27日の放送は、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル)の『雨を見たかい?』(Have Your Ever Seen the Rain?)でした。



1965年生まれのワタクシは、CCRって勿論後追いで知った訳ですが、小6~中1の頃は”BCR(ベイ・シティ・ローラーズ)の誤植”かと思ってますた、スミマセン。最初にCCRの曲と分かって聴いたのは、1984年ハノイ・ロックスがカバーした『Up Around The Bend』だったかと思います。



でも、当時は全然CCRにはハマらなかった。

なのに番組内で彼等を評した”スワンプ・ロック”なるワードを耳にして、おっ!となったワタクシ。はい、これまで、ザ・バンドとか、ボビー・チャールズのことをちょこっと書いたことがありますし、一応音楽遍歴の中で、スワンプの泥に足を突っ込んで、

もぐり込~~んで♪
転げ落~ち~て♪
泥んこ道を二人で~~♪

は、ボ・ガンボスだったわい。もとい、スワンプ系に惹かれるようになった時期、と言うのはハッキリと分かっております。

それは、80年代初頭から聴いていた英国のニューウェイヴが、いつの間にやらユーロビートと言う波に飲み込まれた頃からではないかと。当初はアフリカやカリブ・ラテン、ヒップホップ系など多様なビートと音楽性があったニューウェイヴが、いつの間にか高速4ビートとお決まりの打ち込み音だけのダンスミュージックと化した、とゆーか、日本で持てはやされたのがそう言うのばっかりだったってだけなんでしょうけど、兎に角私は当時ユーロビートにイラついてたのを、ハッキリと覚えているのです。

で、その頃から走ったのが60年代の音楽。スモール・フェイセズやキンクスにハマったのもその頃だし、Nuggetsシリーズのガレージロックとかは、ずっと好きだったテレヴィジョン~トム・ヴァーレインとの関係性もあり、すんなりと入っていきました。すると、ニュー・ウェイヴ繋がりの友人だったK君も、いつの間にかアメリカ南部のブルースにハマってたらしい。

「昔のエルヴィスがメチャカッコいい!

と言ったり、プロフェッサー・ロングヘアーやヒューイ・ピアノ・スミス、ドクター・ジョン等、ニュー・オーリンズ・ブルースの曲をカセットに入れて私にくれたのでした。そして、その流れで自然とスワンプ系なるワードも出てきたと。

ユーロビート真っ盛りの時代にK君から貰ったテープで初めて聴いた、ボビー・チャールズ『Small Town Talk』に、私はどれだけの衝撃を受けたことか。



兎に角、口笛だけの入りの潔さ。オルガンの音が何だかにシミジミと心に滲み込んでいくような、あの感覚は今でもハッキリと覚えている訳ですわ。

つ~訳で、この『Small Town Talk』も含め 紹介する曲は皆、そのテープ収められていた曲です。なので、スワンプの代表的な曲でないのも入ってるかもしれませんが、ご了承くださいまし。

CCRのソングライターでありヴォーカリスト、ジョン・フォガティの曲が良いな~と思ったのは、ソロになってからの『Almost Saturday Night』です。これはデイヴ・エドモンズのカバーも大好き。




なので、CCRをちゃんと聴いたのはその後ですが、『雨を見たかい』を含め、知らない間に耳にしてた名曲は多数ですた。

で、デイヴ・エドモンズやニック・ロウなど、いわゆるパブ・ロック系な皆さまは、やっぱりロック第一世代に近い、シンプルなロックがお好みなようでして、ニック・ロウも参加してたジョン・ハイアットの『Bring The Family』をほぼリアルタイムで聴けたのは、自分のこうした趣向の変化があったからこそ。



この曲はボニー・レイットのカバーもカッコ良いんだよねえ。

そして、最後はイギリスのバンドですが、マクギネス・フリントの『When I'm Dead and Gone』



マンフレッド・マン繋がりのバンドと知って、逆にマンフレッドを聴きなおすキッカケにもなりますたわ。最初のCCRと見比べると、結構髪や服装などファッション的にも寄せてる感がある?

のかどうかは分かりませんが、ピーター・バラカンさんが、ラジオで「70年代はイギリスのバンドがつまらなくて、アメリカのばかり聴いてた」って話は、もしやレッド・ゼペリン以降の、ハード・ロックとプログレで溢れたブリティッシュロックにウンザリしてたってことなのかな?なんだかとっても納得する話なのですた。

かくいう私も、段々とブリティッシュ・ロックから距離を置いて、ワールドミュージック時代に突入したのでありますた。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 70年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR