プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/03/07 13:05 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ誌が選ぶ、黒人アーティストのビートルズカバー50

しつこいですが、黒人音楽×ビートルズネタが続きます。

こちらはインスタには投稿しておりません。

表題の50選は以下の通り。#は雑誌の付録CDの収録曲、*がエイスレコードのコンピレーションVol.1、**がVol.2に収められている曲、そして今回動画を貼ってる曲を赤字で表示しております。

1. A Hard Days Night - The Supremes
2. All You Need Is Love - Lynden David Hall
3. And I Love Him (Her) - Esther Phillips #
4. Blackbird - Cassandra Wilson
5. Can't Buy Me Love - Blackstreet
6. Can't Buy Me Love - Ella Fitzgerald
7. Come Together - Ike & Tine Turner
8. Come Together - Syl Johnson
9. Day Tripper - Otis Redding *
10. Dear Prudence - Ramsey Lewis
11. Do You Want To Know A Secret - Mary Wells **
12. Don't Let Me Down - Donald Height *
13. Drive My Car - Bobby McFerrin
14. Eight Days A Week - Mary Wells
15. Eleanor Rigby - Aretha Franklin *
16. Eleanor Rigby - Ray Charles
17. Eleanor Rigby - Richie Havens
18. Get Back - Shirley Scott
19. Good Day Sunshine - Roy Redmond *
20. Got To Get You Into My Life - Earth, Wind & Fire **
21. Here Comes The Sun - Nina Simone **
22. Here Comes The Sun - Womack & Womack
23. Hey Jude - Clarence Wheeler & The Enforcers
24. Hey Jude - Wilson Pickett #
25. I Saw Her Standing There - Little Richard *
26. I Want To Hold Your Hand - Al Green *
27. I Want To Hold Your Hand - Lakeside
28. I Want You (She's So Heavy) - Eddie Hazel
29. I've Got A Feeling - Billy Preston
30. In My Life - Boyz II Men **
31. Lady Madonna - Allen Toussaint
32. Let It Be - Aretha Franklin *
33. Let It Be - Bill Withers **
34. Let It Be - Gladys Knight & The Pips
35. Lovely Rita - Fats Domino **
36. Michelle - Willie Bobo
37. Ob-La-Di, Ob-La-Da -Arthur Conley #**
38. Oh! Darling - Jimmy McGriff & Junior Parker
39. She Loves You - The Joneses
40. She's Leaving Home - Syreeta
41. Something - James Brown
42. Taxman - Junior Parker
43. The Long And Widing Road - Wills Jackson
44. Wait - Bettye LaVette
45. We Can Work It Out - Stevie Wonder
46. Why Don't We Do It In The Road - Lowell Fulson *
47. Yer Blues - Lucky Peterson
48. Yesterday - Donny Hathaway
49. Yesterday - Ruth Brown
50. Yesterday - The Soul Children

CDに入ってなかった曲が結構あったので、頑張ってYouTubeで聴いてみました。一部探しきれなかった曲があったのが残念でしたが、気に入ったカバーをいくつか紹介しますね。

先ずはCome Togetherから。これアイク&ティナもカッコ良かったんで、どっちにしよか迷ったんですが、なるべく知名度低い方を紹介したいと、Syl Johnsonです。



以後お見知るおきを~~(^O^)/

お次のMichelleのWillie Boboって全く知らんかったのですが、アフロキューバンアレンジがオサレなインスト(ちょこっとだけ掛け声入ってますがが)ですのよ。



ニューヨーク生まれのプエルトリコ人パーカッショニストだそうです。

そして、前回「ブルースロックっぽいカバーが少ない」と書いたとこで、こんなのあったのですよ、



Yer Bluesはブルースロック流行りを揶揄してたそうですが、Lucky Petersonのカバーカッコ良過ぎだす。

そんで、泥臭さとは対照的に、洗練を感じるDonny HathawayのYesterday



なんて美しいアレンジなんざんしょ~!と同時に、ソウルの熱気が伝わってくるのは、歌ってる傍からお客の合いの手みたいな掛け声の妙もありそうな、、、。ライヴならではの味わいかしら。痺れるんざんす。

こういうのは、確かブルースブラザーズ2000でBBキングが歌ってる時に、客の掛け声入ると、何かカッケーなーと思ったのが始めてだったのですが、私もいつかやってみたいなあ。

最初にこの黒人音楽×ビートルズネタを出した時、

「勿論Donny HathawayのYesterdayは入ってるよね~?」

とのコメントを頂き、あわわ、入ってねえ、エイスレコードのコンピにも入っとらやないか~い!と一瞬思ったんですがが、誌面ではちゃんと紹介されていたのです。エイスレコートのカバー集の仕掛け人、トニー・ラウンスへのインタビュー記事を読むと、やはりコンピは版権が下りなくて諦めた曲も多かったそうです。

最後にラウンス氏のお気に入りで、上の50選に入ってなかったカバーを紹介します。RevalationsのYellow SubmarineはChic風アレンジが素敵ですわ。



そして、もう一つはブラックアメリカならぬジャマイカンですが、Prince Busterのロックステディ風All My Loving



いや~、ビートルズの曲をこれだけ纏めて集中的に聴いたのは、生まれて初めてかも?雑誌も大変面白かったんで、しつこく投稿してみました。
スポンサーサイト

タグ: 60年代 70年代 80年代 ソウル R&B

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2017/01/26 09:25 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ買いました!~Black America Meets The Beatles

インスタからのネタ下ろしばかりで何ですが、ブルース&ソウルレコーズ2016年12月号がヒいジョーに良かった。



映画マッスルショールズで知って、ノックアウトされたウィルソン・ピケットのヘイ・ジュードが付録CDに入ってるとのことで、即決だったんですが、



他にもイカした曲が沢山。The Watts 103rd Street Rhythm Bandによるファンキーなイエローサブマリンは、音頭以上のインパクトでしたが、動画は見つからず。

で、今回はVol.1, 2とリリースされている、Black America Sings Beatlesの収録曲を、幾つか紹介したいと思います(下の画像は第1集Come Together)。

61KGHXI6qaL__SX425_.jpg

まずは、スティーヴィー・ワンダーの『We Can Work It Out』



こちらの動画はホワイトハウスにご招待されての演奏。客席にオバマ夫妻とポールが並んでノリノリなのも、よろしおすなあ。キーボードのリフが耳に残るし、間奏のブルースハープもカッコいいんです。
投稿後に気が付いたんで、追記。
このスティーヴィー・ワンダーのカバーはBlack America Singsシリーズには、入っておりませんですた。
雑誌誌面に名カヴァー50選なるものがあり、そちらで紹介されてたので、混同してしまったようです。スミマセンm(__)m


そして、アル・グリーンの『I Wanna Hold Your Hand』(Vol.1に収録)



これはお蔵入りになってたセッションらしいんですが、冒頭からリラックスして曲を楽しんでるのが伝わってきますなあ。テンポを落としてのバックビートがファンキーで、思わず踊りたくなっちゃいます。キャーキャー!

ジュニア・パーカーの『Lady Madonna』(Vol.1に収録)もゆったりバックビートで、セクスィー部長なノリが素敵。



最後はジョージの曲行きましょうか。ニーナ・シモンによる『Here Comes The Sun』(Vol.2 Let It Beに収録)。



これは、中々オサレなんじゃないでしょうか?元々チョイかすれ声は、大好物なワタクシなんですが、曲の雰囲気とジャジーなヴォーカルが、凄くあってると思います。あー、こっちのCDも欲しくなっちゃったなあ。多分買うと思います、はい。

タグ: R&B ソウル 60年代 70年代

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2017/01/12 09:30 yuccalina

シド・バレット評伝とディスりたい人達の話

去年読んで、ブログにどう書こうか、ずっと迷っていた本がこれ。

516XKGJVHXL__SX321_BO1,204,203,200_

Amazonで中古が安かったんで買っちゃった。DVD『シド・バレット・ストーリー』を先に見てたし、ナルホドナルホド、とすらすらと読めた感じですが、ショックな話も多いです。

情緒不安定からか、シドは歴代の彼女を殴ってたらしい。暴力はいかんよねえ。

それと、気になったんが、ケヴィン・エアーズが『O Wot A Dream』(1973年Bananamour収録)を歌った時の話として、

「シドとは会ったことないが、、」

と話したというくだりは、おやおや?

では1969年『Joy Of A Toy』時にあったとされるセッションは偽物なのかい?まあ、多分本にある発言が間違いか、ケヴィンの記憶違いってことすかね?

しかしですねっ!一番びっくらこいたのは、序文をこの人が書いてたことですっ!

julian23.jpg

ジュリアン・コープ

また、お会いしましたわね。そういや、ジュリアンの自叙伝、まだ、じぇんじぇん読んでませんわあ。

とか思ってるそばから、最近、パティ・スミスの『M Train』も買っちゃったのよね。



そう言う訳で、

今年の抱負は、溜まってる本を読む

です。

最後にまたシド・バレット評伝に話を戻します。シドとは関係ない話ですがが、ロジャー・ウォーターズの父親がイタリアで戦死したという記述にも、おやおや?

「俺の父親は日本兵に殺された」

初来日のインタビューでの開口一番がこれ!

と言うのは渋谷陽一がラジオで言っとった。以来、

ロジャー・ウォーターズって見た目だけじゃなくて中身もブスっぽいな。

と思ってた私ですがが、さらに嫌いになりますたwww

イタリアで亡くなったのなら日本兵はありえませんねえ。多分恨む相手、ディスる相手として、

イタリア人<日本人

の方が都合が良いから、勝手に脳内変換したのでしょうか?

とか、どーでも良いことに突っ込んでごめんなさいね。

そう言えば、ジュリアンが日本贔屓の理由として、

「敗戦でボロボロになったのに、立ち直ったのが素晴らしい」と言ってましたが、彼がクラウト(ドイツ)・ロックのファンでもあったのは、そう言う意味もあるのでしょうか。ウォーターズとは世代が違うので、感覚も違うんでしょうねえ。昔見た『孤高の警部ジョージ・ジェントリー』というちょっと恥ずかしい邦題の刑事ドラマは、60年代のロンドンが舞台だったんですが、ドイツ人が嫌われ者として登場してたのを思い出します。

「戦争に負けた国の奴の方が金持ちなのが納得いかん」

とか恨まれていた。ちなみにジェントリーの亡妻はイタリア人だった、という設定でした。60年代はまだ戦争の影が色濃かったのでしょうか。ジョン・レノンとオノ・ヨーコにイギリス中がヒステリー反応を起こしたのも仕方ないのかなあ。

ちなみに、ジョンの最初の妻シンシアが

「ダンナを寝取ったのはヨーコではなく歌手のアルマ・コーガン」

にしたかったのも、ウォーターズと似たような心理を感じずにはいられませんぐ。日本人に負けたのではない!と言いたかったのか?まあ、ジョンにとってヨーコが特別な存在であることが面白くないので、ちょっとでも価値を下げたくて必死な感じ~~www

別にどっちが先でも構わんとです。肝腎なのは、ジョンが女性達にインスパイアされて書いた曲がどんなものなのか、です。そして、お生憎様、それを書き変えるに足るエピソードではなかった様です。

タグ: シド・バレット ジュリアン・コープ ケヴィン・エアーズ 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/12/28 13:30 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.3

johnseba1.jpg

Lovin' SpoonfulのCDボックスを順に紹介しております。今回は名作の誉れ高い『Hums of the Lovin' Spoonful』です。オリジナルの収録曲は以下。クレジットが無いものは全てジョン・セバスチャン(ジョンセバ)作品で、今回動画を紹介してる曲は赤字にしております。

1. Lovin' You
2. Bes' Friends
3. Voodoo in My Basement
4. Darlin' Companion
5. Henry Thomas
6. Full Measure (Boone, Sebastian)
7. Rain on the Roof
8. Coconut Grove (Sebastian, Yanovsky)
9. Nashville Cats
10. 4 Eyes
11. Summer in the City (John Sebastian, Mark Sebastian, Boone)

10の作者に名を連らねているマーク・セバスチャンはジョンセバの弟さんで、彼のアイディアが曲作りにとても重要だったそう。6と10のスティーヴ・ブーンは主に作詞だと思いますが、彼はピアノを弾きながら曲のアイディアを出すこともあったそうです。

まずはオープニングの『Lovin' You』。実はこれが私の一番好きな曲でして、ギターが堪らなく好きなんです。勿論歌も良いのですが、気が付くとギターの音ばかり追ってます。特に間奏のとこが最高~~o(^▽^)o



なので、安っちいギターで自分もせっせと練習したりしております。

何だかんだ言って、スプーンフルはカントリーブルースっぽい曲が好きでして、『Darling Companion』もまあ、似たタイプの曲ですよね。こちらはかつてマグワンプスで仲間だったママキャスとのデュオVTR。



テレビ出演の映像でしょうね。

お次はドラマー、ジョー・バトラーの男前ヴォーカルシリーズで『Full Measure』です。



スティーヴ・ブーンの歌詞も『与える愛』の尊さについての心温まる内容。単に男女の愛だけじゃなくて、もっと普遍的と思えます。これは今年のクリスマスにも聴きました。

そして、再びTV出演のVTR行きますね。これは明らかに口パクですが、『Rain on the Roof』



この曲ではオートハープでなくアイリッシュハープを使用してるのですがが、楽器を手に入れた経緯が面白かったんです。66年のイギリスツアー中に、スプーンフルはアイルランドに招かれます。ギネスビールの御曹司(当時21歳)が「誕生日パーティーにLovin' Spoonfulを呼んでよ~!」とパパにおねだりしたらしく、グループはそこで演奏したと。んでダブリンの街角でアイリッシュハープを買って帰って出来た曲がこれであったと(以上ベスト盤CDのライナーより)。

曲自体も雨のロンドンだかダブリンをイミジして作ったんでしょうかね。何か可愛らしい曲ですよね。

そんで、もう一つ私が可愛い系の曲と思ってるのが『Nashville Cats』



こちらは生演奏してるようです。このTV映像も舞台セットが可愛いっすよね。

最後はNo.1シングルとなった『Summer in the City』です。この曲はかのヴェム・ヴェンダースに影響を与えたと言う点でも、私的にポイント高いです。インスタでも紹介しております。



間奏で車のクラクションや道路工事等の音をオーバーダビングして、都市であることを表現してるのですが、67年当時としては、意欲的な試みだったんではないでしょうか。こちらは、先のRain On The Roofと同じTV映像の様ですので、当然口パク。



クラクションの音に「アレレ?」とおどけて手をあげるジョンセバが何だか可愛いんです。スプーンフルの曲の中ではハードな感じだなー、と思ってたら、映画『ダイ・ハード3』に使用されてたそうですね。私は見たことない(ってかダイハードって1本も見てね~)ので、じぇんじぇん知りませんですたわ。

つー訳でいつかその4へ続く。

タグ: 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/10/31 14:00 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.1

以前予告した通り、ラヴィン・スプーンフル(以下スプーンフルと略)のCDボックスのアルバムを順番に紹介していきます。

johnseba1.jpg

普段は余り有名でないアーティスト及び音楽について書くことが多いので、このようなメジャーなやつは逆に身構えちゃいますなあ。もし、間違ってること書いてたら、 ジャンジャン指摘してくださいまし。

つー訳でデビュー曲『Do You Believe In Magic』がいきなり大ヒットのファーストから。

正確には、それ以前にエレクトラレコードで録音した『Good Time Music』など数曲があるんですがが、ちゃんとボーナストラックで入ってるのも嬉しいねえ🎵😍🎵

実を言えば、私が一番最初にジョン・セバスチャン(以下ジョンセバと略)作品と認識して聴いた曲は、ボ・ブランメルズによるこの曲のカバーだったりするのよねん。

とか言いつつ、今回はオリジナルの収録曲に関してしか書きませんぐ。

つー訳で、以下に収録曲を。デビューアルバムの半分以上がカバーで、ブルースものが多いです。

1. Do You Believe in Magic*
2. Blues in the Bottle
3. Sportin' Life
4. My Gal
5. You Baby
6. Fishin' Blues
7. Did You Ever Have to Make Up Your Mind?*
8. Wild About My Lovin'
9. Other Side of This Life
10. Younger Girl*
11. On the Road Again*
12. Night Owl Blues**

*印がジョンセバの作品で、**が4人の共作名義、そして今回動画紹介する曲は赤字にしてみますた。

で、最初はやっぱ『魔法を信じるかい❓』からにしまそうね。



オートハープを抱えて歌うジョンセバは、私のツボなんですが、後ろで踊るミニスカギャルにも時代を感じますねえ。

ん❓スクールメイツか、ザ・バーズか❓

って感じなんですがが、要するに、ニッポン歌謡界はこんなとこも英米の真似してたんだなー、と分かって面白いんです。

という流れからの、『My Gal』



カッコいいよねー。50年代のヴィンテージなロケンロールを思わせる、ブルースナンバー。

そして、ロネッツのカバー『You Baby』を歌うはドラマーのジョー・バトラー。



昔はジョーのヴォーカルに全くノーマークだったことに気付きましたわ。次もジョーが歌うフレッド・ニールの『Other Side of This Life』



これも好き。なんつーか、歌声が二枚目なんだよね。魅力的な良い声してると思う。

てのを踏まえつつ、次の動画をご覧くださいまし。



スプーンフル、テレビでビートルズの『ヘルプ!』を歌うの巻。中心はジョー・バトラーなんです。

やっぱ、バンドでももっと歌いたかったのかな❓YouTubeのコメント欄では、

「ジョーは良い声してるんだから、もっと歌えば良かったのに~!」

と言う書きこみを複数見かけますた。

そうそう、ザル・ヤノフスキーも歌える子だったからさ、スプーンフルも上手くやれば、ザ・バンドみたいにリード・ヴォーカルを分担しても良かったかも❓

あ、でも曲作りは殆どジョンセバだったから、それは難しかったかもね。ちなみにベースのスティーヴ・ブーンは作詞をしてたそうですが、彼だけリード・ヴォーカル取ってないのよね。見かけからして奥ゆかしく、影で支えるミスターベースマンだったらしい、、。

で、歌声が一番男前なのはジョー・バトラーで、ザルはコミカル担当。ジョンセバはその中間で、親しみやすく暖かみを感じる歌声。ブルースシンガー気取りでない感じがも良いのです。

インスタにも書きますたが、『Fishin' Blues』と『Blues In The Bottle』は多分私が初めて良いなと思ったブルース曲で、ジョンセバの歌声も陽気な感じでブルーな部分がないのが、入り口としては逆に良かったんだとおもいますです。

で、50過ぎて聴き直してみたら、ブルース系の曲では、インストルメンタルの『Night Owl Blues』が一番好きかも。



若い頃は余り印象に残ってなかったものだが、ジョンセバのブルースハープ、メッチャカッコいいじゃないですか。タイトルは勿論、彼らの育った、そしてディランでも有名なグリニッチヴィレッジのカフェの名前から。

さて、あの時代のアメリカにおいて、スタジオミュージシャンの力に頼らず、バンドとしてレコーディングをしていた意義は大きいと思います。レッキングクルー全盛期、音楽の中心は西海岸へと移っていく中で、スプーンフルはニューヨークで頑張ってたんだなあ。電子楽器や録音技術が未熟な時代にあって、バンドの力だけで様々なアイディアを持ってたんじゃないでそか❓オートハープとかカズーとか、それまでロックで使用されなかった楽器、ジャグバンドで使われる小道具等遊び心があって楽しいのがスプーンフルの良さですね。

テレビ出演映像からすると、アイドル的人気があったみたいです。『Did You Ever Have To Make Up Your Mind❓』は、いかにも60年代なひな壇で演奏するパターンで、勿論口パクでそね。



お調子者ザルがカメラ目線で、かなり慣れてる感じです。アメリカにもビートルズ旋風がやって来て、アメリカのバンドもスーツ着て似たような髪型してたりしたけど、スプーンフルはボーダーTシャツがトレードマークですた。それが逆にイギリスで受けた、というのも面白いですね。

超男前はいないけど、4人ともそこそこシュッとしてて、ブスがいないこと。4人のタイプが違ってること。等、受け入れられやすい要素だったのではないか、と思います。そして、そんな4人の仲良しな雰囲気は、一番重要な、ジョンセバの書くハッピーでウキウキする歌にピッタリとマッチしていたんだと思います。

つー訳で、次回はそのジョンセバ曲の魅力がパワーアップするセカンド『Daydream』です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR