プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2013/02/18 13:50 yuccalina

ハマカーンのお仕事記録⑤ (2月4日~2月17日)

先週お休みした分、溜まってしまった「ハマカーンのお仕事記録」。今回は分量が多いので、気になったとこだけ手短かに行きます。

2/ 4 宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!SP (日本テレビ)
2/ 5 ちょこっとアイドル育成バラエティ スタート☆スター (テレビ東京)
2/ 6 1番ソングSHOW (日本テレビ)
2/ 6 学生才能発掘バラエティ 学生HEROS! (テレビ朝日)
2/ 8 高校講座・生物 (NHK Eテレ)*
2/ 8 テイバン.tv (BS朝日)*
2/ 9 メレンゲの気持ち (日本テレビ)
2/ 9 サタデーバリューフィーバー ハッピーエンディングノート (日本テレビ)
2/10 スクール革命! (日本テレビ)
2/10 行列の出来る法律相談所 (日本テレビ)
2/10 アシタスイッチ-神田のみ (TBSテレビ)
2/11 使える!オトナ講座3 新生活のすすめ (テレビ東京)
2/12 今夜もドル箱S (テレビ東京)
2/14 快脳マジかるハテナ (日本テレビ)
2/14 ぐるぐるナインティナイン (日本テレビ)
2/14 とんねるずのみなさんのおかげでした (フジテレビ)
2/14 ダウンタウンDX (日本テレビ)
2/15 高校講座・生物 (NHK Eテレ)*
2/15 テイバン.tv (BS朝日)* 
2/15 ぷっすま (テレビ朝日)
2/16 めちゃイケSP (フジテレビ)
2/17 世界まる見え!DX特別版 (日本テレビ)
2/17 ワラッタメ天国 (フジテレビ)
*はレギュラー番組


14日(木)の夜は7時台から4番組連続出演の快挙でしたが、先ずは「帰れま10」に続いて壇蜜と共演した「メレンゲの気持ち」。彼女に足の臭いを嗅がれて、チョー嬉しそうな浜谷の笑顔に、何故だかキューンとしてしまった私って変ですか?エッチなおねえさんに足を捕まれた絵が、何とも可愛らしいとでも言いましょうか。

<浜谷のこの笑顔を見ると私は幸せな気分になるのよね~>
hamakaan15_convert_20130216182852.jpg
hamakaan16_convert_20130216182830.jpg

ちなみに女性ファンも多いという壇蜜さん。対極なガサツ女の私も結構好きです。秋田県出身だから贔屓目もありますが、鳥居みゆきちゃんが演じた「江古田ちゃん」のような全裸生活をしているとか?そのアバンギャルド性は、流石、暗黒舞踏の祖、土方巽を生んだお国柄とでも言いましょうか。

って、話が逸れてしまいましたが、「みなさんのおかげでした」では、ボブ・サップと相撲して冷水に飛び込んだり、パンイチで一芸を見せたりと、体を張って頑張ってる浜谷の姿に、私の中で好感度がまたアップしましたよ。

「行列」では宮迫博之がクオリティの高い「下衆の極み」を披露して浜谷を困らせる場面がありましたが、今後もこのパターンは増えそうですね。フジモンやザキヤマさんのも見てみたいですし、同じ芸人さんに真似される事で、「下衆の極み」が益々お茶の間に浸透してくれたら良いなと思います。「ダウンタウンDX」でちょっと力んで空回りの感はあったものの、全体的にはどの番組も良い感じに馴染んでいたと思います。

そして、THE MANZAI優勝以前から定期的に出演していた「ぷっすま」は、ハマカーンが剪スケを接待する企画で、母校の東京農工大でのロケ。神ちゃんが柔道するとこ、初めて見ましたが、やっぱり浜谷の柔道着姿に萌え~!でした。ユウスケも「これを見た女の子達がジュンとしてるかも」と言ってましたが、ここにジュンとしてるオバハンもいまっせ~!

hamakaan14_convert_20130216182914.jpg

浜谷があたかも技をかけられたように自ら転がってくれる接待柔道も、楽しそうでよかったですわ。最近大暴落した柔道界の株を、彼の力で上げて欲しい、、って違うか~?尚、この企画は来週に続くらしく、予告には磁石の永沢たかし(秋田県出身)の姿が。「ぷっすま」次回も楽しみですわ。

ところで、神ちゃんがうの姉さんと共演した「アシタスイッチ」については、前回書きましたので、興味のある方は合わせてお読み頂けたら嬉しいです。そんな神ちゃんですが、今週「アメトーク」の「女子っぽい芸人」に一人で登場するのが楽しみです。きっと笑いよりも真面目に美容の話をしてくれそうです。それでは、また~。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ: ハマカーン 東北 アメトーク 鳥居みゆき

テーマ:ハマカーン - ジャンル:お笑い

2012/11/19 08:40 yuccalina

もう中学生が楽しかったIPPONグランプリ

作りが豪華になった分、始まる前の煽りにウンザリしてるのが正直な話。深夜時代から、大体見てきた私だが、ゴールデンに昇格し豪華なゲストを並べ出したのと反比例するかの様に、ワクワク感が低下するこの現象。正に「すべらない話」と同じ道を辿っているかのようなIPPONグランプリだけど、今回は予選テストを勝ち抜いてチャレンジ枠で登場したもう中学生(以下「もう中」)のお陰で幾分和んだよ。

優勝はロバート秋山、予選で破れた千原ジュニアには、厳しい採点(9ポイントでIPPON成らず)が続いたのには、ちょっと作為を感じたな。前回の優勝に対してクレームがあったらしいし。バカリズムや設楽統と同様、沢山出場している芸人は、ちょっと飽きられてたり、IPPONのハードルが上がっている感じもした。一方、決勝戦で破れた又吉直樹は惜しかったなー。ブロック戦ではバカリズムと良い勝負で決勝まで上がってきたけれど、今回は手数を多くした分、不発か多くてゼロポイントの回答が目立った。長文でダラダラ説明的になると、も一つ面白くないんだなー。だけど、彼にはやっぱりこう言う番組で沢山活躍して欲しいな、と改めて思った次第。

そんな中、優勝に絡まなくても大活躍したのがもう中。彼の独特な価値観の前では、あのホリケンさえも「ワケがわからない」って呆れていたっけ。既に何度か言及したが、発達障害っぽい芸人の中でも、私はもう中にはとりわけ愛着を感じている。「カッコいい寝言」のお題に対する回答「秋は何でもアリ」には、そう思ってるのか、と真面目に納得してしまったわ。ちなみに、もう中学生がどんな芸人か知らない方は、下の動画を見てみてください。



「こんなのお笑いじゃない!」とか、「動きや喋りにイライラする」とか言う人がいるのも勿論分かるが、お笑いのセオリーに縛られない、独自の世界になごむ私みたいな人間も決して少なくないと思っている。勝ち負けは別として、あの舞台で物怖じせず、自分を出している姿が頼もしかった。そして彼を見守る周囲の先輩芸人達の心優しきツッコミにも心和んだ。徳井もジュニアも設楽も、みーんな優しいね。

思えば、私がフジモンを好きになったのも、もう中を相手にツッコんでいい感じにしてあげてるのを見てからだったんだな。だからフジモンが、狩野英考を可愛いと発言した時も、凄く納得が行ったのであった。

とまー、大喜利の内容云々よりも、「もう中ありきの内容」になってしまったが、色んな意味で予想外に楽しいIPPONグランプリであった。

最後に、この番組に出て欲しい芸人のこと。以前も書いたが、オードリー若林は過去出場した2回とも面白かったので、また見たい。最近はフジの「世界は言葉でできている」で、マジな言葉ばっか紡ぎだしては「コピーライター」と弄られている若林。それも別に嫌いじゃないんだけど、この番組でお笑い芸人であることを思い知らせてもらいたい。そして、こちらも過去の発言の繰り返しになるけど、サンドウィッチマン冨澤と鳥居みゆきちゃんもね。この二人、一度は見てみたいのだわ。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: 発達障害 又吉直樹 オードリー サンドウィッチマン 鳥居みゆき

テーマ:お笑い番組 - ジャンル:お笑い

2012/09/29 06:40 yuccalina

THE MANZAI 2012認定漫才師~dr.ハインリッヒはガールズ漫才の星?

1週間たってしまったが、THE MANZAI 2012認定漫才師のネタ披露番組の話。モンスターエンジン、千鳥とウーマンラッシュアワーが見られなかったんが残念だったけど、中々面白かったっす。

当ブログでハマカーンを応援してる話は散々書いてるが、今回も良い感じだったよー。客席が「出るぞー」「来るぞー」と「下衆の極み待ち」してる空気が伝わってきたもんね。ネタは既にレッドカーペットや笑点で披露された「金魚すくい」。夢を金魚に突き破られるポイの話ね。磁石・永沢の「こんな感じでーす」てな〆の一言も、オトボケ東北人の空気出してて好きだし、流れ星・ちゅうえいがツカミのギャグ「かー、チューエーイ」がことのほか受けてゴキゲンな姿もえかったよ。逆に大丈夫か?と心配になったのはジャングルポケット。全然漫才になってないんだが、このままでいいのであらうか。

とか何とか気になる芸人さんは沢山いるんだが(何せ50組だし)、今回は初めて見た女性コンビ、dr.ハインリッヒの話をしたい。女子はもう一組、最近テレビでよく見かけるニッチェも認定されてて甲乙付けがたい。タイプは全然違うんだが、どちらも個性的で、女子ならではの自由さを感じるわー。ニッチェはボケの江上が歌うゴスペル調の童謡にしびれたが、その前に登場したdr.ハインリッヒのインパクトも凄かった。髪の色だけ違って同じ顔した双子なんだが、鳥居みゆきちゃん的異次元を彷徨しているような佇まい、怪しげな手足の動き。それには不釣り合いな関西弁で、「人間失格の太宰治にカツを入れてるんや」「生まれてすみませんへのアンチテーゼやな」云々。

<ネタの動画がなくて、顔見せ程度ですが、、>


いんやー、この子達好きだわー。大体がコンビ名がドイツ風なとこからして、愛犬にホルガーなんて名前を付けてた私は、同じ匂いを嗅ぎ付けて鼻がヒクヒクしてたんだけどさ。司会のナイナイ岡村も、興味津々のリアクションしてたなー。日頃みゆきちゃんとの絡みを見てても、あの手のタイプは好きなのかもしれんね。

どっかで誰かが「dr.ハインリッヒはお笑い界の少年ナイフ」と書いてたんだが、なるほどー、ガールズバンドの楽しさ、自由さを感じさせるわね。少年ナイフも同じ関西だしさ。でも、ガールズバンドなら私的にはゼルダかなと思った。太宰をネタにしてたあたりで、まーちょっと文学の香りもあるんかなー?とゆー訳で、スコット・フィッツジェラルドのヨメの名を取ったゼルダでも良くないすか?

<ゼルダの「Are You Lucky?」はCMソングにもなったのだよ。>


去年のチキチキジョニーは大阪のオバハン2人だったが、dr.ハインリッヒはガールズ漫才と呼ぶに相応しい。これまでは、パワープリンのレギュラー、スパイクがガールズ漫才では一歩前を行ってた気がするんだが、dr.ハインリッヒがどう食い込んでくるのか、今後がとっても楽しみだ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: ハマカーン 鳥居みゆき

テーマ:THE MANZAI - ジャンル:お笑い

2012/07/02 08:16 yuccalina

東北ネタ三種盛合せ‐ごはんの友と佐藤錦とお笑いと

すっごく久しぶりですが、お気に入りのごはんの友を紹介します。

「青なんばん味噌っこきゅうり」は、コープデリにて購入。岩手県花巻市の㈱道奥の商品です。私は半分秋田県人の血を引いてるせいか、東北のお漬物は大抵口に合い、山形の「ぜんご漬け」なども大好きです。

gohannotomo1.jpg

で、この「青なんばん味噌っこきゅうり」とは、青なんばん=青唐辛子入りのきゅうりの味噌漬。甘めの味噌に唐辛子のピリリとした辛さがご飯にベストマッチです。しかし、辛いものが苦手な人は、ちょっとキツいかな。

ちなみに「味噌っこ」というネーミングで、私は幼い頃の1ページが頭をよぎりました。父親の秋田の実家では、味噌汁が「しるっこ」と呼ばれていました。味噌汁→味噌汁っこ→汁っこ?という経緯で変化してたとしたら、何か変な感じですけど、とにかく「しるっこさ、けぇ」と言われて、全く何のこっちゃ分からなかった衝撃を思い出してしまいました。「けぇ」は「食え」が訛った言葉なので、標準語に直訳したら、「味噌汁食べなさい」になりますが、別に命令する意図はなく、勧めてるだけなんで「お味噌汁をどうぞ」みたいな感じでしょうね。と、暫し思い出にも浸らせてくれる「青なんばん味噌っこきゅうり」のお話でした。

さて、このタイミングで金曜日の夜、ダンナが会社からお土産を持ち帰ってきました。山形県出身の後輩から、佐藤錦(サクランボ)を貰ったそうです。

snsk_convert_20120630155251.jpg

見てください!この色ツヤ。見た目だけでも、スーパーで売られてる佐藤錦と、明らかに違います。そして、口にしてみると、その弾力のある果肉の甘酸っぱさといったらもう、今まで買って食べていたのとは全くの別物でした。味に敏感なトモちんも直ぐに食いついてきて、この表情です。

tomoro32.jpg

「次はいつ食べられるか分かんないから、大事に食べて~」という母の願も虚しく、アッという間に食べられてしまいました。

と、何か東北ネタが続いたんで、も1つオマケ。私はお笑いに関しても、東北贔屓なとこがあるかもしれません。狩野英考(宮城)は別ジャンルで、ウド鈴木(山形)もちょっとパワーあり過ぎとは思いますが、東北の笑いの底に通じている「とぼけた事をボソッと言う感じ」がとても好きなのです。あの島田紳助はサンドウィッチマン(宮城)がM-1で優勝した後「それまで東北はお笑いの不毛地帯だった」的なコメントを残していましたが、私には結構違和感がありました。それは多分、ドラマ「時間ですよ」等で見ていた喜劇俳優、故・由利徹(宮城)のせいだと思います。後にビートたけしがリスペクトしている事を知り、さらに愛着がありました。あの、すっとぼけた脱力感が、私の耳に滲みついていたのかもしれません。

東北弁が「寒い国では、あまり喋らないから言葉が短くなって出来上がった」という説と直接関係はないでしょうけど、余り言葉の数で勝負してないとこなど、どこかでお国柄が出てるような気がします。あまり前には出てこないけど、ちょっとした間に入って絶妙な笑いを生む感じ、と言えば良いのでしょうか。こじつけになるかもしれませんが、博多大吉さんが半分東北人(母親が福島の方だそうです)と知った時に、妙に納得するものがありました。「アメトーク・華丸大吉芸人」でこの話題が出た時に、「あの控えめな感じはやっぱりそうなの?」と思わず頷いた東北系日本人(何それ?)は、多分私だけではないでしょう。そして、M-1チャンプのサンドウィッチマン(一昨日のエンタも面白かった)にしても、グイグイ押して笑いを取る感じではありませんよね。

ここでもう1つ、東北の笑いの特徴として私が感じているのは、アバンギャルド(前衛)性です。その代表格は言わずと知れた鳥居みゆきちゃん(秋田育ちではないようですが)。彼女を見ていると、暗黒舞踏の祖、故・土方巽(麿赤児の師匠)を生んだ秋田の血脈を感じてしまいます。ロシア・アバンギャルドしかり?前衛的なものは寒い土地で生まれるものなんでしょうか。ちなみにSMAPのアバンギャルド担当(と私が勝手に決めている)草剪剛くんは、泥酔し全裸パフォーマンスをして世間を騒がせた事がありますが、彼の父親は秋田県人だそうですよ。

と、ちょっと話がズレちゃいましたが、そんな東北のオトボケ感とアバンギャルド性を兼ね備えてると思える、私が今一番注目してる東北系芸人は、磁石のボケ、永沢たかし(秋田)です。実は昨年のThe Manzaiでも、私は彼が秋田県出身とは知らずに応援していました。それまでは、レッドカーペット等でショートネタを見た事があっただけなんで、ネタの中で永沢が「んだんだ」言ってたのも知りませんでした。The Manzaiでは、残念ながらナイツと同じ組で敗退してしまいましたが、彼のボケの感性はとっても私好みなのです。そんな訳で今年はさらに、磁石を応援したいと思っております。月日が経つのは早いもので、The Manzaiの予選、もう始まってるんですよねっ!

サンドウィッチマンのお手紙シリーズとはまた一味違う磁石のネタ>



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: アメトーク 博多大吉 サンドウィッチマン 鳥居みゆき 東北 ごはんの友

テーマ:ブレイクしてほしい芸人 - ジャンル:お笑い

2012/06/14 08:12 yuccalina

「おどおどオードリー」‐名越先生に身ぐるみを剥がされた春日とデビル若林

久しぶりにお笑いの話題。先日友人とカフェに入った時のこと、メニューを見ながら「おすすめブレンドってどんなのだろ?」という友人に対し、私は一言「在庫がかさばってるやつでしょ」。性格わりーよね私。ま、そのメニューには「同じ値段でLサイズにできます」と書いてあったんで、私の説が当たってる可能性はあるけどね。一方、家族でよく食べにいくサイゼリアで、店員さんが食べ終わった皿をサッサと片付けるのは良いが、去り際の一言「ごゆっくりどうぞ」が白々しく聞こえる。「思てないやろー?食べ終わったらはよ帰れ思ーてるやろー?」と(勿論)心ん中でツッコミを入れる私。別にカフェのメニューにもサイゼリアにも、いちゃもんつける気は全然無くて、単にツッコむのが楽しいだけなのだが、、、。

そんな性格わりー私はオードリー若林のツッコミが大好きである。自ら「性格が悪い」という彼に勝手にシンパシーを抱いているわけだ。迷惑な話かもしれんが、別にストーカーしてんじゃないから、これくらい良いでしょ?

とゆー訳でCS放送、フジテレビONEにて放送中の冠番組「おどおどオードリー」のDVDを買ってしまった。精神科医・名越康文先生とのトークが見たかったのだ。これまでブログに名前を出したことないけど、私は池田清彦先生にハマる以前、TVで見る一番好きな文化人は名越先生なのであった。

おどおどオードリー 白ワインのブリーフはやめられない編 [DVD]おどおどオードリー 白ワインのブリーフはやめられない編 [DVD]
(2012/05/16)
オードリー

商品詳細を見る


私はオードリーのオールナイトニッポン(ANN)は毎週聞いてるわけじゃないし、出演番組も逐一チェックしてないので、このトーク内容がどれだけ世間に浸透してるのか全然わからんのだが、春日にとってかなりシビアな内容だった。実は見る前は、若林ばかりが名越先生に性格分析されるものと思ってたんだが、身ぐるみ剥がれたのは春日であった。これはこれで中々面白かったが、春日が方向性を見失わないか心配でもある。支配意欲が強く、ありのままの自分を受け入れられない男。髪を七三分にけピンクベストを着ないと人前に出られないとか、同じアパートに住み続けるというパターナリスムは、現実逃避の表れとか言われて、狼狽える春日。繊細な神経で頭ん中は観念で渦巻いているが、それを体力だけで支えてると。その一方で若林は「幸せな恋愛が出来ないタイプ」だってさ。「過剰な集中力があるので、恋愛に悲劇性を求め、わざわざ病的な女性とかに手を出す」と名越先生に言われ、空かさず春日が若林の過去を暴露しちゃった。昔、DV女と付き合ってて、池に突き落とされたことあるんだって。大丈夫かあー?若林も心配だなー。でも、以前オードリーが鳥居みゆきちゃんと共演した時に、若林が矢鱈楽しそうにしてたのを覚えてて、やっぱり彼はみゆきちゃんみたいな子が好きだったんだと納得。そのちょっと変わった子を好む彼だからこそ、春日との相性はバッチリみたいよ。ウドちゃんなんかも絡むのが凄く楽しい、と言う若林。逆にそつなく上手な人とのコラボはそれほど楽しくなかったそうで、名前は出さなかったが、もしや友近やノンスタ石田のことかな?するってえと、この前ドランク鈴木とやったのは、かなり楽しかったのかもね。一見出来の悪そうな、手のかかる子を自分の力でなんとかする事に喜びを感じるような、ある意味自信家でもあるのかな。その辺は自分とは正反対かも。

とか何とか思いつつ、その他の企画も面白かったよ。春日を酔っぱらわせて大喜利をさせる実験では、素面よりも冴えた回答が出てきて驚いたし、ブリーフ運動会(ハマカーン浜谷の肉体美が見れるど)はかなりオゲレツだが、ひょうきん族からガンバルマンにも通じる低俗さは、結構私の好みであった。そして、最近徐々に解禁しつつあるが、毒づいてばかりのデビル若林が見られるのが良いと思う。ANNや「たりないふたり」での彼が好きな人には、中々オススメの番組ですよ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: オードリー ハマカーン 鳥居みゆき

テーマ:オードリー - ジャンル:お笑い

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR