プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/05/04 15:17 yuccalina

再びの、、、『父のワルツ』

新学期が始まって1ヶ月ですが、まだペースがつかめておりません。

PTAの仕事、私は別に大したこと何もしてないにも関わらず、分けわからなくて、ドッと疲れています。20年も事務仕事から遠ざかってるので、全てにおいて勝手が分からないと。これまで、学校の息子に関する書類、市役所福祉関係、デイサービス2カ所、の書類整理だけでアップアップしてたとこに、もう一つ増えたからねえ。

で、つい現実逃避したくて、書類の山を背に、ギターを弾いたりしてまう私は、

宿題の山から目をそらしてマンガ読んでた子供時代と、やってることは殆ど同じだす(^^;)

先日、姉と久しぶりに会ったら、父の手術の話聞いてちょっと落ち込んでしまった。特に生死に関わる病気ではないから、と言うけれど、

「ゆかりに心配かけたくないから、黙っててと言われてた」というのがかなりショックであった。

その夜、実家に電話して、

「そんなに気を遣われるほど、大変な生活してないし、言ってくれなかった方がショックだよ」

と言いながら、泣いてしまった。まあ、そもそも更年期のせいもあって、情緒不安定になりがちなんだけど、病気の時でさえ、親にそんな気を遣わせてしまう自分が、チョー親不孝に思えて、悲しくなっちゃったのかもしれん。

いや、そもそも私はずっと親不孝なことしてきた訳で、今更孝行娘のつもりだったんか~~い!と自らツッコミを入れることで、何とか気持ちを収めたのでした。

そんな訳で?鈴木常吉さんの『父のワルツ』です。



この出前コンサートから早4年かあ、、。と感慨に浸りつつ、最近はこの曲をギターで弾き語りなぞしています。インスタグラムに動画(ここには貼れません)

インスタ動画のリンク

もあるので、もの好きなお方は聴いてみてください。

スポンサーサイト

タグ: 鈴木常吉

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

2016/07/26 14:45 yuccalina

漂う雲と鈴木常吉~DVD『浮ぶ海峡』について

先日『Musica En Compostela』と言うアルバムを紹介した時(コチラ)、わざわざ鈴木常吉さんの話から入ったのには、こんな理由があった訳です。

購入してから既に1年半経ってるのですがが、常吉さんの演奏旅行を追った映像作品、『浮ぶ海峡』をご紹介いたしますです。

tsunekichi7.jpg



おおっ、予告編に中尾勘二さんがチラッと映っておりますねえ、ソウルでお食事中?

湯浅学氏によるライナーの文と共に、心に染入る一枚ですので、

常吉さんの音楽が好きな方は持ってないといかんと思います。

とか、1年半放置してた人間が言うのも何ですが、この音が必要となるタイミングってのがあっただけでして、例え今聴いてピンと来なくても、分かる時がきっと来るのです。

で、このDVD、アマゾンでも入手可能ではありますが、出来れば常吉さんのHPのしゃぼん玉通販からの購入をお勧めいたします。

しゃぼん玉通販

何故って、常吉さんが直筆であなたへの宛名を書いて、送ってくださるからです。希望すれば、CDやDVDにサインも入れて下さいます。

こーゆーのって、昔インディーズのアーティスト達が、ライヴでカセット等を手売りしてた、古き良き時代を思わせますね。

さて、DVDの内容についてですが、台北編の『深夜食堂』をイメージしたレトロな舞台セットが中々良い味を出してますね。ちょこっとネット検索してみたら、台湾では主人公(小林薫)のコスプレするファンまでいるくらい、盛り上がってたそうな。

湯浅氏のライナーにある

浮ぶ→
落ちて転がる→
佇む→
歌う→
眠る→
漂う

と言う単語のすべてが常吉さんを想起させるものではありますが、私が一番しっくりくるというか、元々イメージしてたのは最後の”漂う”です。ので、記事のタイトルにも使わせて頂きました。

そして、それは雲を表すワードとしても重なっています。

はい、鈴木常吉さんには何故か雲が似合う。

セカンドアルバム『望郷』のジャケット写真にも、背景に雲が映ってますけど、

<右下はボーナスシングルCD>
tsunekichi11.jpg

かつて、つれれこ社中で『雲』

tsunekichi8.jpg

なんていうアルバムも出してましたっけ。

頂いたサインも何やら雲のようで、、、

tsunekichi9.jpg

ふわふわり、と。

このアルバムについてはまた別の機会に書くかもしれませんが、

漂っていると感じるのは、常吉さんの音楽が、程よく肩の力が抜けていて、押し付けを感じないからかもしれません。これはかつて書いたのですが、声は結構な美声、森本レオ的透明感を私は感じるのですが、それを強く前に押し出す歌い方をしてないのがまた良いのです。

『浮ぶ海峡』は、歌うたいであり、ギター弾きであり、アコーディオン弾きである鈴木常吉と共に、浮んで、落ちて、転んで、佇んで、歌って、眠って、そして漂うことが出来る一枚です。是非ともあなたのDVDライブラリーに加えてくださいませ。

因みに撮影、編集は先の『望郷』のジャケットやファースト『ぜいご』の内ジャケの写真を撮影した写真家桑本正士さんによるもの。

tsunekichi12.jpg

私は彼が70年代から活躍するとても有名なカメラマンさんだったとは、つい最近まで知らなかったのですが、90年代にコンポステラのライヴに通っていた頃、彼等のジャケット写真やDMのハガキで知りました。

tsunekichi10.jpg

アーティストに寄り添う桑本氏のカメラワークも是非ご堪能くださいませ。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 鈴木常吉

テーマ:インディーズ - ジャンル:音楽

2016/07/07 09:00 yuccalina

星の原っぱで会いませう~『Musica En Compostela』向島ゆり子+関島岳郎+中尾勘二

あれは3年前、このブログでも紹介しますたが、私は鈴木常吉さんの演奏会を企画し、執り行いました。あ、もしやこれ、プロデュースしたとか言ってOKなん?

IMG_convert_20121219140222.jpg

、、かどうかはどうでも良いのですが、場所は自閉症の我が息子トモローがお世話になっているデイサービスの福祉施設(とは言え普通の民家を借りてる)で、参加したのはウチを含め三家族と所長のOさんで、お客は10数人と言う、とてもこじんまりとした会になりました。しかし、それはそれは忘れ難い思い出となったのです。

そもそものキッカケについてはコチラの記事に詳しいのですが、常吉さんのHPに、「音楽行商、どこでも行きます!」とあったからです。

で、知的障害児を前に演奏すると言う、常吉さんにとって初めての試みを前に、当初は一人で行くつもりだったのを、「中尾勘二くんと一緒でも良いですか?」と、相談がありました。二人で行けばギャラも二人分になるので、そのあたりを気にされていたようでしたが、私は逆に、ええっ?中尾さんも来てくれるの~?と、半分舞い上がってしまったのでした。

はい、すみません、ここまでが前置きでして、今回は鈴木常吉さんのお話ではございませんぐ。

タイトルにもありますが、星の原っぱ=コンポステラと言う名のバンドについて、これまで何度か書いていました。フロントマンであったサックス奏者篠田正己さん亡き後、メンバーであった中尾勘二さん、関島岳郎さんの二人は、様々なユニットで活躍されていましたが、こちらのCDはヴァイオリニスト、向島ゆり子さんはとのトリオで、コンポステラ時代の曲も再演しています。

Musica En Compostela 向島ゆり子 関島岳郎 中尾勘二 (Amazon co.jp 商品情報)
51eGr4Vn3IL.jpg

私は向島さんの演奏、多分一度だけ見たことがあります。美尾洋乃さんのライヴでサポートをされてたのを記憶しております。ただし、裏付けは取れませんでしたが。

という訳で、収録曲は以下の通り、カッコ内は作曲者名。

1. 鉄道ワルツ (Takero Sekijima)
2. くつやのマルチン (Takero Sekijima)
3. 身それた花 (Kanji Nakao)
4. ウィスパリング (Schonberger-Coburn-Rose)
5. 海を渡る風 (Takero Sekijima)
6. サム・ハッピー・デイ サムハッピーデイ (Charley Patton)
7. ルーマニア民俗舞曲 (B.Bartok)
I棒踊り
II帯の踊り
III踏み踊り
IV角笛の踊り
Vルーマニア風ポルカ
VI速い踊り
8. プレヴネ・マルシュ (Turkish Traditional)
9. 煙 (Takero Sekijima)
10. 同志は倒れぬ (N.N.Ikonnikow)
11. 月下の一群 (Takero Sekijima)
12. ナーダム N (Eiichi Hayashi)
13. シーベック・シーモア (Turlough O'Carolan)
14. ありそうでない曲 (Kanji Nakao)


この中から気になるところを紹介していたい、と思ってたのですが、ここで問題が。

YouTubeにこのアルバムの曲が、1つもアップされておりませんぐ(ToT)

なので、私が一番注目した7.バルトーク・ベラの『ルーマニア舞曲』を皆さんに聴いてもらえないのが非常に残念なんです。常日頃私が親しんでいるトランシルヴァニアの音楽でもありますが、オーケストラで聞き慣れたこの曲をトリオでパワフルに奏でてるんですよ。

向島さんはカテゴリー的には前衛ジャズになるんでしょうか。彼女のリーダーアルバムの曲が、いくつかあったので、紹介しておきます。





ラテン系ジャズのアルバムみたいですが、こちらもカッコいいですね。

それとライヴからの映像で、こんなのも、、。



しかし、どれもこのMusica En Compostelaには入ってない曲ですた。

なので、ここから先は別バージョンの動画ということで、よろしく。

コンポステラの大好きな曲2.『くつやのマルチン』は、ミニマルミュージックを思わせるリフレインに、心地よい空間が感じられる音です。



ここにリードヴァイオリンが絡むのよねええ。笛やラッパ系だとほのぼのしてる曲に、泣きの要素が加わった感じですけど、向島さんの音はどこかしら潔いよいとゆーか、ねちっこくないのが素敵です。とかなんとか、言葉で説明するだけで音源がないのは辛いですが、この曲は、栗コーダーカルテット版もあります。



さらにほのぼの感アップですな。

栗コーダーカルテットは1.『鉄道ワルツ』もありますたわ。



で、10.の『同志は倒れぬ』もコンポステラのレパートリーでしたっけね。



そして、渋さ知らズで有名な12.『ナーダム』



おおっ、ウッドベースでない不破さんは、初めてみたかも~~ですがが、作曲者である林栄一さんの動画も貼っておきますね。



ややスローなテンポで、後ノリなのが新鮮ですた。

この曲は向島トリオでも、モンゴルの広大な草原がイメージできる、勇ましい演奏なんですよん。

と、言うわけでCDの音源動画がなくて、消化不良気味ですがが、Amazonで売ってますから、CD買って聴いて頂けると嬉しいですわわ~!

ちなみに、3年前の演奏会の後、常吉さんにお礼のメールを送ったところ、演奏会を楽しめたことと、「いつもは無愛想で頑固者の中尾くんが、帰りの車の中で上機嫌だった」と書いて下さったので、それはトモローのこんな触れ合いのお陰だったのかもしれませんぐ。

<中尾さんの膝に乗るトモロー>
tomoro83_convert_20130121142654.jpg
<常吉さんとじゃれるトモロー>
tomoro82_convert_20130121142721.jpg
<矢鱈と中尾さんの顔に近いトモロー。常吉さんの膝の上はお友達のK君>
tsune-nakao.jpg


トモローってば、可愛かったなあ~!今ではデカくて、膝の上なんか絶対に乗れましぇ~~ん!

とか、何か最後は親バカ全開な話になっても~たわm(__)m


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 鈴木常吉

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

2013/04/24 08:10 yuccalina

成長と共に変化してきた親子の距離感

先日、アーユルヴェーダの話題(こちら)でも、少し触れたのですが、わが家の自閉っこトモロー11歳の変化について、もう少し書いておこうと思います。

毎年春は学校での環境が変わることで、不安定にはなっていましが、今年は輪をかけて荒れ捲っております。自分の頭や体を叩くことが多く、ちょっと前までニコニコ笑っていたかと思うと、急にギャーギャー泣き出したり。これまでとは何か違うなー、と確信したのは、夜寝るときに脚をマッサージしてたときのこと。これまでに春先や、行事前で神経過敏になっている時は、足裏にストレス性の汗をかいていたのですが、今回は出ていないようです。また、今まではいつも体が冷え気味で寝付けなかったのが、逆に熱くなっているような。しかも、矢鱈と頭を叩くので、余計カッカしてる感じです。

これってやっぱり体の成長と関係してるのでしょうか。顔を見ると頬が段々スッキリしてきて、アゴが太くなってきているようです。ヒゲや体毛等の変化は、まだハッキリとは表れていませんが、最近顔にブツブツ、出来物が多くなってきたのです。ニキビってやつなのかどうかは分かりませんが、アーユルヴェーダでは皮膚の発疹は、ピッタ(火の性質)が過剰の時に出る症状です。トモローはお腹が弱くて嘔吐しやすいとこや、掌や足裏にストレス性の汗をかくとこ等、体質は私に似てるとずっと思っていたのですが、パパからピッタの性質も受け継いでいるのかもしれません。と言うのも、私は中学高校時代に、殆んどニキビは出ませんでした。自分の中では、今よりも十分攻撃的で怒りやすかったと自覚しているものの、一般的に見れば大人しい方だったのかも?しかし、生まれ持った体質性格がどうこうよりもここで考えるべきは、私の親もきっと、子供の成長に従って接し方を変えていっただろう、と言うことでした。

<分かりにくいですが、唇の上に2つ、左の鼻孔に1つブツブツが>
tomoro126.jpg

と、その前に一応、アーユルヴェーダ的アプローチを記しておきます。取り合えず、これまで体を温める為に、私と一緒に多目に摂っていた生姜を減らすことにしました。毎朝、トモローと私は生姜汁入りの柚子茶を飲んでいたのですが、柚子茶入りのカモミールティーに変更。直ぐに変化は望んでませんし、はなっから厳密に管理するつもりは全然ないのですが、取り合えず、体も気持ちもカッカしやすい人に合わないスパイスやハーブ類には、気を付けていこうと思っています。

で、肝心の接し方について。これまでは何かと世話をやいていたのを、なるべく手を離して見守るように変えていきたいです。まあ、私としては徐々に手を離してきたつもりなんですが、パパがいまだに赤ちゃん言葉でお世話してる、って感じなので、ここらで釘を刺しておかねばならないかも?私がパパに「抱っこ&おんぶ禁止令」を言い渡したのが丁度3年前でした。今回は、年相応は無理でも、もっとお兄さんとして扱って、という感じてしょうか。しかし、これもダンナのプライドを傷付けないように、言い方を考えないとね。それにはやはり、発達外来で私の意見にお墨付きを貰って来なくちゃ。「抱っこ禁止令」の時もそうだったんですが、私が直接意見するより、「先生がこう言ってた」の方が、男ってやつは納得しやすいらしいです。あー、面倒くさ。

これまでにも、トモローが段々と「自分の意志でやろう」としつつあるのを感じていましたので、私が手を出して怒らせてしまった時は、「あ、そう。じゃあ、勝手にして良いよ!」と知らんぷり。すると、トモローは暫くすると、私のご機嫌を伺うかのように、腕にスリスリしがみついてたもので、それがまた可愛いなー、なんて思っていました。しかし、現在はスリ寄ってくるどころか、一度怒り出すと中々収まらないようです。そう言えば、お散歩する時も、直ぐに一人で歩きたがるし、肩に抱きついてくることも少なくなってきました。しかし、その一方ではまだまだ甘えたい気持ちも見え隠れしていて、私がずーーっと黙って見ていると、それに対して因縁をつけるように、迫って来たりします。うーーん、何かどんどん可愛げがなくなってますね。

そこでふと3ヵ月ほど前の出来事を思い出しました。こんな短い間でもトモローの中で大きな変化が起きていたのでしょうか。1月末、某福祉施設で行った鈴木常吉さん演奏会でのこと(記事はこちら)。トモローはサックス奏者中尾勘二さんと会うなり、膝にちょこんと座って甘えていました。微笑ましく感じる一方で、実を言えば私は不安に思ってたことがあったのです。その時の記事には載せてなかったのですが、下の写真は鈴木常吉さんとじゃれあってた時のものです。掌を舐めているのが分かります。

tomoro83_convert_20130121142654.jpg
tomoro125.jpg

また、写真には残ってませんが、トモローは中尾勘二さんのヒゲを、何度も触らせてもらっていたようです。まだギリギリ許される?ってか笑って許してもらっていましたが、やはり体が大きくなってもこのままだったら困るなー、と思っていたのです。

そう、幸いにも?誰にでもベタベタ触る子ではなくなってきている、ってことなんでしょうね。今起きている変化は、親を含め人との距離感が変わりつつあるということで、肯定的に受け止めるべきと。但し、トモローの場合、まだまだ完全に身辺自立出来てないこともあり、距離感を保ちながらの介助は、更にさじ加減が難しくなりそうです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: アーユルヴェーダ 鈴木常吉

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

2013/02/13 08:15 yuccalina

「父のワルツ」と父のこと

昨日話題にした映画「最初の人間」は、父を知らずに育った主人公の父親への強い思いが描かれていました。母親や叔父に「どんな人だったの?」と尋ねては、自分なりの父親像を思い描く少年のいたいけな姿に、胸がキューンとなりました。今回はちょっと父親について、書いてみたいと思います。

先日、1月にトモローが通っている施設で行われた鈴木常吉さんの演奏会の模様を、YouTubeでアップした話(こちら)を書きましたが、1曲だけ残しておいたのがこの「父のワルツ」。ファーストコンタクトから中尾勘二さんに興味津々だったトモロー。若しかしたら、演奏中に彼に纏わりつくかもしれんなー、と予感はしていたのですが、やはりここでやってくれました。ムクッと立ち上がって突進。

<0:48頃に中尾さんに突進するトモローが写り込んでいます>


取りあえず演奏の邪魔をせずに済んでホッとしましたが、逆にもう少し泳がせても大丈夫だったかな、と言う気もしてしまいました。中尾さんの肩に触る程度で、気が済んでたかも?その後トモローは中尾さんの足元でゴロゴロしながら曲を聴いていました。

で、このファーストアルバム「ぜいご」に収められた短調のワルツ曲は、酔っぱらったお父さんと踊る幼い息子の視点で描かれています。

酒くさいあなたの息で 

子供は頭がくらくらしたが

必死にしがみついていた

こんなワルツも楽じゃない


ぜいごぜいご
(2010/12/26)
鈴木常吉

商品詳細を見る


酔っぱらって足元が覚束なくても、シャツにしがみつく少年にはきっと信頼感があったのでしょう。と、この歌を聴きながらちょっと、自分の幼い頃の父親との思い出に心を馳せてみることにしました。

父とワルツは踊ったことないですが、私は柔道技(大外刈りか?)かけてもらって、背中からコテッと倒されるのが大好きでした。父が夕方帰宅すると「じゅーどー、じゅーどー」と言ってせがんだのをよく憶えています。ちなみに父は別に有段者でも何でもないんですけどね。多分一瞬フワッと体が浮く感覚が、好きだったのだと思います。また、身体が軽かったころは、背中からドシーンと落ちるのが楽しかったのかもしれません。しかし、その幼い頃の良い思い出のせいか、ハマカーン浜谷が柔道やってるとこ見ながら、「浜谷に技かけられてー!投げられてー!」とか、ヘンタイ染みたことを思ってしまう私です。

ところで、私は物心ついたころから「父親似」としか、言われたことがありません。見た目も性格的にもです。母とは違って愛想が悪く、気が利かない上にお勉強もイマイチでした。母方の祖父母、親戚から可愛がられた記憶が殆どなく、覚えているのは箸の使い方が下手とか、食べ方が汚いとか、悪いことばかり。「可愛くて賢い姉と比べ、出来の悪い残念な子」という扱いでした。ところが、秋田の父方の親戚のウケは頗るよろしくて、居心地の良かったこと。

私がこのブログでも度々東北系日本人を名乗り、秋田や東北の話題を出す背景には、そういう父との繋がりがあるのです。私には常に、姉や回りの子供達と同じことをさせたくて必死だった母。それに対し父は「無理強いするな」といつもかばってくれました。自分自身が母親になってからは、母の気持ちも理解し、自分を思ってくれてたんだと分かりましたが、やはり今ならばきっと「発達障害傾向」と認定されていたであろう、変わった子供だった私にとって、父の存在は大きかったと思っています。ああ、何か今キーボードを叩きながら思い出してしまいましたよ。左右の理解が中々出来ない私に、食事中、箸とお茶碗を持ちながら、根気よく丁寧に教えてくれた父の姿。後々、父の口から聞いた話によると、自身も成長が遅くて学校でいじめられた経験があったとか。朝になるとお腹が痛くなり、軽く登校拒否っぽい時期もあったそうな。そんな時、彼の父(祖父)は、「そんな体が弱いんじゃあ、、」と息子を連れて温泉に湯治に連れてってくれたそうです。

そんな事を思い出しながら聴く「父のワルツ」は、また一味違っていたのでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: 鈴木常吉 東北 発達障害

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR