プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/04/28 08:40 yuccalina

町田樹と哲学と日常~不定期便『哲子な部屋』その1

氷上の哲学者と呼ばれるフィギュアスケーター町田樹さんの影響で、それまで私には全く無縁だった哲学が、ほんの少し近づいた頃、偶然にもブログを通じて、哲学のプロフェッショナルの方と交流する機会を得ることが出来ました。

そもそも哲学とは何かという基本的なことすら知らなかった私ですが、その方と知り合ったことで、私の様な一塊の主婦の日常生活の中でも、非常に大切なことなのではないか、と思い始めました。そして、何故、町田樹が氷上の哲学者と呼ばれるのか、本当の意味が分かったような気がします。

別に、まっちーは難解なワードや言い回しで、小難しい事を語ってるから、哲学的なのではありません。

以下はその哲学研究者、岡野さんのブログから引用したものです。それほど長文ではありませんので、是非全文を読んで頂きたいところですが、私が重要と感じた部分を抜粋し、更に下線を引きました。

日本人に<思考力>が求められる時代 『神秘主義哲学の立場から』より

ものを考えるという事、価値観や世界観という事を扱うのが哲学ですので、本当は哲学は、皆に関係のあるものだと思います。

皆が、自分個人の欲求的、感情的視点を持ち寄るだけですと、最終的に、その社会は何処に行ってしまうのか分かりません。また、逆に特定の利益を追求するために、社会全体を損なわせることになる言論誘導に、大衆自身が気づかず、それを支持するようでは問題があります。

伝統的秩序のもつ機能に頼ることが難しくなってしまった今日ほど、日本人に<思考力>が求められる時代はないのではないでしょうか。目先の利便性などに捉われて「下手な考え」で世の中を改変していこうとする人たちに、したいようにさせていては危険です。国民一人ひとりが、そうした人々の言動を冷静に見極めることができるよう、本当の<思考力>を鍛える必要が出てきました

社会の全体を良くしていくために要求されるのは、私は<哲学的思考>だと思います。『哲学とは何か』のカテゴリで書きましたが、それは<利害>を求めて行われる思考ではなく、<真実>を求めて行われる思考なのです。それは、自己を超えた純公共的な視点からなされる総合的、現実的な思考であり、また問題の根源を掘り下げてみる思考です。様々な情報を綜合し、精査し、真実を追求し、理想だけではなく現実を視野に入れ、大局を見ていけるような<思考力>が、日本人に必要になっていると思います。



哲学とは真実の追求であり、社会を築く為には哲学的な思考は必要不可欠なのですね。

で、一見自己の世界に埋没していそうなフィギュアスケートにおいて、自分の中のフィギュアスケートだけでなく、フィギュアスケートの中の自分を、理想だけでなく現実を見据えながら追求しているからこそ、町田樹は氷上の哲学者と呼ばれるのだなあ、と気が付いた次第です。

さて、真実の追求とはとても重い言葉ではありますが、この情報社会の中で、私達は常にデマや情報操作に晒されていることは、意識しておいた方が良さそう。ですから、自分の目で確かめられない事には、常に細心の注意を払いたいもの。その為には一方の意見だけで、物事を判断すべきではないと思います。

そう言う意味で、何か問題が起きたとき、様々な意見が平等には情報提供されるべきですが、マスコミはそれを果たしているのかどうか。一方で、ネットには常に怪しげな情報が渦巻き、平気でデマを流す人間もいたりします。そういう環境の中で、自分の頭で思考せずに、簡単に誰かの意見に追従するのはとても危険なのでしょう。

岡野さんは別の記事(『哲学とは何か』最終回 ~ 私たちの日常における<無にして見る思考> ~ )で、哲学的思考をする上で大切なのは、

ドクサ(思い込み)を捨ててエポケー(判断停止)をすること

と書いております。エポケーとは物事の本質を見極めるには、ありのままをただ見つめ結論を急ぐなということで、その為には思い込みを捨てなければいかんのですね。

東北の時にもありましたけど、今般の熊本大分の震災でも、人々を惑わす情報を垂れ流す人間がいることを、とても悲しく思います。また、マスコミは震災報道に絡めて、別の話に誘導する意図がアリアリだったりもします。こう言った非常事の時こそ、本当に必要なことはなんなのかを、利害を抜きにして考えないといけないのでしょうね。

さて、哲学若葉マークの私ではありますが、これまでテーマとしてきたヨガや仏教とも通じる部分がありそう。例えば、ヨガにおいて、

自分を枠にはめずに、今ここにある自分を見つめること

と言われることがよくありますが、そうするためには自分を客観視する工程が必ず必要になります。ヨガのアサナ(ポーズ)をしながら、自分の体の状態や心の状態を外側から観察するのです。今、気が付いたんですけど、先述のドクサ=思い込みを捨てて、エポケー=判断停止する、と非常に近いものを感じます。

で、凝り固まった自分の価値観から離れて物事を見つめるという作業は、日常生活でも行うことが出来ます。私がよくヨガクラスで教えられたのは

買い物をする時等、それが本当に自分の欲しいものなのか、必要なものなのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

以前、ファッションの記事で少し書いたことがありますが、私が大々的なバーゲンセールに殆ど行かないのは、雰囲気に煽られて立ち止まって考える時間を与えてもらえないからです。そこでは、”必要だから欲しい”よりも”得をしたい”というヨコシマな考えがふと過ぎって、しょうもないものを掴んでしまうことがが、、、。お店のお姉さん&お兄さん達が「お買い得」を連呼してる訳ですから、見事に煽りに乗ってしまったのでしょう。

とか言う話が哲学的とは、勿論言いませんが、こうした一つの個人的な欲求にしても、まやかしがあると言うことです。本当の欲求とは達成されたときに満足感だけを得られるが、まやかしの欲求には罪悪感だけしか残らないそうですよ。私も色々と身に覚えがありますです(*´~`*)

それと、去年の秋に哲学者ハンナ・アーレントの伝記映画を見ることになったのも(記事はコチラ)、このような出会いがあったからこそと思っています。ここでは詳しくは書きませんが、アーレントの言葉、

私が望むのは考えることで人間が強くなることです。
危機的状況にあっても、考え抜くことで、破滅に至らぬよう。


と言う言葉は、今でも胸に深く刺さっています。

そんな訳で、今後も岡野さんのブログを参照しつつ、日常に繋がるお話を紹介していけたらなと思っております。


お読み頂きありがとうございました。
お↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: 町田樹 ヨガ

テーマ:哲学/倫理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015/12/02 10:09 yuccalina

NHK杯フィギュアと町田樹ロス

様々なドラマがあった先週末のフィギュアスケートNHK杯。遅ればせながら感想を書いておこうと思います。浅田真央選手が本調子(体調悪そうだったなあ)でなかった為、気持ちが盛り下がってしまったせいもあるんでしょうが、私が一番に思ったのは、

早くキスクラで町田樹さんの姿が見たいよ~!

という困った結果に。

それは、グランプリシリーズデビュー戦となった木原万莉子選手の横に、キャシー・リードさんがいたからなんです。昨シーズンで現役引退した彼女がコーチとして新しい道を踏み出しているところは、開催地長野の子供達にスケート教室をしてる映像も流れて、とても嬉しかったんです。

と、そこからなじぇか町田樹不足による禁断症状が現れ出した~?

かどーかはよく分かりませんぐが、まっちーも振付師になって、キスクラに座ってくんねーかなー、と妄想してしまった次第。

今季も素敵なプログラムは沢山出揃ってるのですが、やっぱ私が見たいのは、

町田樹×フィリップ・ミルズ

と、

浅田真央×タチアナ・タラソワ

やね、と再確認。

せめて、後者だけでも残ってくれたら、気持ちの盛り上がりは違ったかもね。いやー、別に『素敵なあなた』も『蝶々夫人』も十分素敵なんですが、まっちーが言うところの「ひとつの作品として」云々するには、ラフマニノフのピアコンみたいに入り込めなくてね、トホホ。

とゆー訳で、羽生結弦選手の完全優勝、素晴らしかったけど、自分の気持ち的には世間の盛り上り程にはいかんかったな。特にショートのショパン『バラード1番』で見せたドヤ顔には、ドン引きしてもーた。このプロで初めてのノーミスだったから、高ぶる気持ちはよーく分かるんだけど、ああ、まっちーなら、そこで目を閉じて、静かに喜びを噛み締めるとこやね。とかつい妄想。お辞儀をしてリンクを出るところまで、作品の世界観を崩さない主義でしたから。また、バラ1は浅田真央ちゃんの優雅なイメージも強く残ってる為、余計に、ハーニャがドヤドヤ、ドタドタして見えてしまった、というのは否めませんね。

まあ、まっちー欠乏症のせいで、頭がバカになってる奴の言ってる事なので、気にしないでください。勿論ハーニャは違う人間なのですから、同じことを望む私が間違ってるんです。それにスポーツだからね、ガッツポーズやドヤ顔が自体、悪いとは思ってませんぐ。ただ、余りにも皆でドヤドヤし過ぎてると、見てて疲れるんだわあ。なので、私にとって、まっちーの存在の大きさが、再確認出来るような、男子シングルだったという訳です。

いやー、それにしても男子の空中戦は凄かったっすね。隣で見てたダンナが一言、

「細いイケメンばっかやん」

確かに、

羽生結弦
ボーヤン・ジン(イケメンになるかはまだ未知数か?)
マキシム・コフトゥン
ミハル・ブレジナ
コンスタンティン・ミンショフ

みーんなほっせえなー!ペンシルタイプか?肩幅も広くないし。

無良くんだけ、やたらガッチリして見えちゃうわね。4回転ジャンプを素早く軽く跳ぶには、こう言う体型の方が有利なのかな?そういや、今年シニア1年目のピトキーエフ君(ロシア)とか、日本ジュニアのエース山本草太くんも同系だし、そもそもプルシェンコがそうなんだわね。

さて、女子の方は宮原知子選手がGPS初優勝。ショート、フリー共に素晴らしい演技でしたが、今年はショートのフラメンコ(ファイヤー・ダンス)でドヤドヤしてるのが新鮮で良いわあ。



ってハーニャにはあんまりドヤドヤしないでね、と言ってる一方で、知子ちゃんはもっとやってけれ~!と思う。そういうプログラムですからね。そら、もしも『ため息』でドヤドヤされたら私も引きますから。

そうそう、知子ちゃんはショートとフリーで全く違う顔を見せてくれて、ハッとさせられたんですが、私が羽生選手の演技に得点相応な満足感が得られない理由は、どんな曲で滑っても、何か同じテイストになっちゃってるとこかな。もしかすっと、「得点を取るぞ~」という彼のギラギラ感が、全てに出ちゃってるのかもね?でも、スポーツならそれでも良いのか?答えは出ませんな。

浅田真央選手は悔しい試合となってしまいましたが、まだ休養明けってことを考えれば、こういうことがあっても仕方ないですよ。勝負はやっぱり全日本とその後の世界フィギュアな訳で、その前のグランプリファイナルで上手く調整出来ると良いです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらポチして頂けると嬉しいですm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 町田樹 浅田真央

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2015/10/09 09:48 yuccalina

町田樹の『継ぐ者』最終章

浅田真央選手の蝶々さんに酔いしれたジャパンオープンの翌日、10月4日はアイスショー、カーニヴァル・オン・アイスを見ました。町田樹さまが「これで最後の演技」と自身のサイトで明言していた『継ぐ者』を何度もリピして、目に焼き付けているブログ主です。

いやー、ショーのオープニングでまっちーが3ルッツを跳ぶと大きな歓声が沸いて、それだけでじ~んとしてしまったブログ主ですが、渾身の『継ぐ者』最終章を堪能させて頂きますた。



冒頭の羽ばたくような腕が、ひとつの宇宙を描き出すベジャール『ボレロ』のようでもあり、差し伸べ、そして何かを放つようなまっちーの手の美しさよ。6分という、フリープロよりも長い尺ではありますが、まっちーにとって必要な音をなんとかここまで凝縮した編曲なんだそうですね。そしてピアノの一音たりとも逃すまいと、自分の持ってる全てを詰め込んだプロ。

だからこそ、自分の思い描く完成形から外れるのは許せなかったのでしょうね。最後の3ルッツで足元がよろけたのを、必死で踏みとどまったまっちー。そのせいで、つなきが一つ抜けてしまいましたが、私はその姿にすら感動してしまった。

「ショーなんだし、脚に来てたなら、ダブルにしても良かったかもしれないのに」

って思いつつも、ソチのショートで、「僕はこんな失敗はしない」と3ルッツの失敗を悔やんだ彼の姿が頭に浮かび、私は納得したのでありました。

まっちー、素晴らしい作品をありがとう!


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2015/10/01 14:38 yuccalina

今週末はフィギュアジャパンオープンと、知子ちゃん優勝のUSインターナショナルクラッシック

いよいよ今週末3(土)はフィギュアスケートジャパンオープンで~す。昨シーズンは町田樹ロスと浅田真央選手休養の為、例年よりも余り気合が入らずに過ごしてしまいましたが、今年は真央さん復帰で盛り上がるのは必至でありましょう。また、彼女の復帰を祝うように、海外選手もかなりの充実ぶりです。

日本チーム
浅田真央
宮原知子
村上大介
宇野昌磨

北アメリカチーム
アシュリー・ワグナー
グレイシー・ゴールド
パトリック・チャン
ジェレミー・アボット

ヨーロッパチーム
アデリナ・ソトニコワ
エリザベータ・トゥクタミシェワ
ハビエル・フェルナンデス
ブライアン・ジュベール

ゲスト
荒川静香
メリル・デービス&
チャーリー・ホワイト

競技団体の役員さんがちゃっかりゲストで出るのには、モヤモヤ感が無きにしもあらずですが、世界王者として参加のハビエルとか、浅田真央選手同様に今季復帰のPチャン選手の参戦も嬉しい限りです。

女子も充実してますよね。3チームとも、日本、アメリカ、ロシアの2トップが参加という感じ?昨シーズン怪我で休養になってしまったソトニコワ選手が、どれだけ戻してきてるかも楽しみなところ。

その中で一番ドキドキするのはそりゃー、勿論浅田真央選手で、初お披露目のマダム・バタフライがチョーー楽しみです。

が、しかし、今回は一足先に新プロを披露した、宮原知子(さとこ)選手のお話をしましょう。

グランプリシリーズ(GPS)の前哨戦となる、USインターナショナルクラッシックで、見事優勝しましたよ。知子ちゃんはブログ主と誕生日が一緒なんて、また特別な感情を抱いているのでありますが、今シーズンのショート「ファイヤーダンス」もフリー「ため息」も、素敵プロに仕上がっている模様。





フリーでは3ルッツで転倒がありましたが、初戦とは思えないくらいの仕上がり。リストの「ため息」の振付けはローリー・ニコルだそうですが、浅田真央選手の「愛の夢」を彷彿とさせる振付けが、ここそこに見られてウットリですね。

彼女のどこが良いかって、真面目で丁寧で優雅で、かつ力強さも兼ね備えてところでして、特に背中の美しさはピカ一だと思いますね。それと、演技後のお辞儀の仕方が、若い子によく見られるセカセカした感じがまったくないのも良いです。演技の余韻を楽しめるとでも言いましょうか。あの町田樹さんもそうでしたが、お辞儀をするところまで含めての演技、を味わえるのです。

さて、宮原選手がとても聡明なお嬢さんであることは、フィギュアファンの間ではとても有名な話ですが、こんな動画もありましたよ。英語で受答えしてます。



相変わらず声は小さくて控えめではありますが、自分の言いたいことはキッチリと、分かりやすく言葉にする。彼女の真面目さが伝わってきますね。知子ちゃんは浅田真央さんと一緒にGPSを戦うのを、とても嬉しく思っているそうです。今シーズン、本当に楽しみです。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 浅田真央 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

2015/09/02 00:13 yuccalina

グレゴリー青山の『スケオタデイズ』シーズン2がスタート!

来月にはフィギュアスケートの新シーズン開幕(ジュニアはもう始まってますけどね)ですが、ネット上で久しぶりに見た、まっちーこと町田樹サマのお姿に、おおーっと感動したブログ主です。それは漫画家グレゴリー青山センセーのフィギュアスケート愛満載のWeb漫画『スケオタデイズ』。って、デフォルメされたグレゴリ先生がまっちーポーズを真似てるだけなんですがが。

このWeb漫画、しばらくお休みしてましたが、復活してたんですね。「りんスポにて・その1」は、町田樹『エデンの東』の最初のポーズでスタートしております。

スケオタデイズ~『コミックエッセイ劇場』より

ちなみに、シーズン1はコミック化されておりますよ。

スケオタデイズ~戦慄のフィギュア底なし沼 (Amazon.co.jp 商品詳細)
book4.jpg

今回の話の舞台、臨海スポーツセンター(略してりんスポ)は、町田樹(元)選手が『エデンの東』を練習していたリンクなのですね!りんスポの存続には紆余曲折があったこと、先生が見に行かれた「御礼フェスティヴァル」での出来事などが描かれております。ショーにおける高橋大輔さん、町田樹さん、鈴木明子さん、村上佳菜子選手のリアルな絵と共に、募金運動するスケーター達も登場。その中に村主章枝さんが描かれていたのも印象的でございました。関東出身の方なので、余りピンと来なかったのです。

で、その1の終わりがとっても思わせぶりで、気になりますわ。リンクに表れた有名人が一体誰なのか?続きを早く読みたいです~!

先日の久保ミツロウ先生もうそうですが、フィギュアスケートの新シーズンを前に、スケオタ系漫画家の皆様もシーズン開幕、ということかもしれませんね。グレゴリ先生はミツロウ先生の美麗な画風に比べ、ちょっとクセがある為、好き嫌いはあるかとは思いますが、グレゴリ先生の漫画もフィギュア愛に溢れ、かつ楽しい内容です。今シーズンも楽しみにしております。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 町田樹

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR