プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/08/21 10:31 yuccalina

『自閉症の僕が跳びはねる理由』~自閉症者が自ら語る感覚と感情

自閉症の東田直樹さんは、障がい者用の文字盤を使うことで、コミュニケーションが出来るようになり、本も多数出版されています。以前から、興味を持っておりましたが、最近『自閉症の僕が跳びはねる理由』と『跳びはねる思考』の2冊を購入して読了しました。

book1.jpg

今回は先ず、3作目となる『自閉症の僕が~』について。2007年、東田さんが14歳の時に出版さたものです。

『自閉症の僕が跳びはねる理由』東田直樹 (Amazon co.jp.商品情報)
book2.jpg

タイトルにもなっている、ピョンピョン跳びはねることを始め、耳を塞いだり、オウム返しをしたり、等々自閉症特有の変った行動について、彼なりの理由を教えてくれます。自閉症者と関わる人には、非常に助けになる内容です。私はトモローを通じて、ある程度予想していたことが、どうも当っていらしい、と分かりました。それは、

手足の動きがぎこちないのは、手足がどこから付いてるのか、あまり実感がなくて、距離感がつかみにくい。自分の思い通りに動かすのが難しい。触覚にも問題があるかも。

なんだそうで、トモローがまともに物を掴めるようになったのが3歳半くらいなのですが、とにかくいつも恐る恐る手を伸ばしていたのを思い出しました。また、私が手を繋ごうとすると、ビクッとなって、直ぐに手を離されてしまった、なんて悲しい思い出も。当時はトモローが私を嫌ってるのかと思ったりしたもしましたが、皮膚感覚が人と違うのかな?と何となく想像はしてたんです。そして、なるほど、自分の手足が実感できない、というのは非常に納得出来る説明でした。

それと、私が一番心を打たれた部分を、少し引用したいと思います。

みんなが僕たちを誤解していることのひとつに、僕たちはみんなのような複雑な感情はないと思われていることです。目に見える行動が幼いので、心の中も同じだろうと思われているのです。
僕たちだって、みんなと同じ思いを持っています。上手く話せない分、みんなよりももっと繊細かもしれません。
思い通りにならない体、伝えられない気持ちを抱え、いつも僕らはぎりぎりのところで生きているのです。


トモローが繊細なのは、日々の生活でもヒシヒシと感じている私ですが、頭がカッカしてつい八つ当たりしてしまったこともしばしば。気を付けねば。

本書は20カ国以上で翻訳出版されたそうで、それほど自閉症の世界を知るべく資料が、広く求められているのでしょうね。そして、五感の違いという見地からは、自閉症でなくとも、自分は少し違う感覚があるかな?と思われる方、何か恐怖症を持っている方に、もしかしたら何かのヒントがあるかもしれません。出来れば障がいに関係なく、色んな人達に読んで頂きたい一冊です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: 恐怖症

テーマ:自閉症 - ジャンル:福祉・ボランティア

2013/04/12 14:31 yuccalina

子供を通して分かった自分自身の事と、アーユルヴェーダで確認出来た事

子供は親の鏡とよく言われますが、私もトモローを通じて、初めて理解できた自分自身のことが沢山あります。先日も、毎年春先に不調になるトモローの話を書きながら、かつては私も同じように憂鬱になってたな、と思い出したところです。遺伝的に体質や性格が似るのは、至極当然とは思いますが、トモローが自閉症と診断されて、気が付いたのは、障害とは言えない程度ですが、自分自身も発達障害の傾向があるということ。

左右をよく間違えたり、手先が不器用で蝶々結びが中々出来なかったこと。箸の使い方が下手で、食べこぼしが多かったこと。子供の頃に苦労した事をあげていったらキリがないのですが、一番嫌な思いをしたのは、掌に汗をかく手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)かもしれません。

これは、発達障害とは直接関係ない、恐怖症の1つですが、神経が過敏だとなりやすいんでしょうか、トモローも私ほど酷くはないものの、寝付きの悪いときは掌や足裏にジットリ汗をかいていることが多いです。で、自分に関しては、既に幼稚園児からの記憶が残っています。昔は折り紙の着色が悪く、水に浸かると直ぐに色落ちしてしまったのですが、私が折り紙を一生懸命折ろうとすると、いつも手が真っ赤になったりしたのでした。折り紙は当然、手の汗でぐちゃぐちゃになってしまいます。それを幼稚園の先生が嫌~な顔で見ていたのをよく覚えているのです。その後も学校でわら半紙のテスト用紙を破ってしまったり、フォークダンスで手を繋ぐのを嫌がられたり、家庭科の運針の布がじっとり湿ってしまい、縫い針が錆び付いたり、色んなことがありましたよ。だから、少し前にホンマでっかTVで、恐怖症の一種で「手掌多汗症」と言うのがあるのを知った時は、本当に救われる思いがしました。そういう症状で悩んでいるのが、自分だけじゃないと分かったからです。ちなみに、私は今でも緊張する場面で手汗をよくかきます。近年で一番大変だったのは、ヨガの指導者スクールで、他人と手を繋いだり体に触れたりしなければならない場面でしたが、予め「私は掌に汗をかきやすいので」と断っておくことで、何とか乗り越えました。

さて、この手掌多汗症とも関連するのですが、私は本当は神経過敏な子供だった筈なのに、実際は母から「無神経な図太い子供」と言われて育ってきました。何故そんなことになったのでしょう?母は、忘れ物が多かったり、物を無くしたり、空気が読めなかったり、と言った私の特性を「無神経だから」と理解したのでしょう。これって、今現在も発達障害の人々が抱えている問題とも近くないでしょうか?

それはつまり、KYなのは性格が悪いとか、育て方が悪かったとか言われて、根本的にものの理解の仕方がちょっと変わってるだけなことを、理解してもらえない状態、と言ってもいいでしょう。

つまり私が声を大にして言いたいのは、

注意力が足らなかったり、空気が読めないのは、決して無神経とイコールではない。そういうのが苦手な脳の構造をしているだけ。

と言うことです。意図的に空気を乱すつもりでなかったから、後でそう知らされて悩んでる人もいたりする訳です。ついでも、もう1つ加えれば、複数の作業を効率よく行えないのも、当然、怠け者だから出来ないのではなく、そうするのが苦手だからです。たまたま現代の日本が、場の雰囲気を読むことや、時間を短縮して効率良くすることを美徳とする世の中だったために、私みたいな人間は、ちょっと生き辛いものがあるのかもしれません。ですから、私は敢えてそれらに必死で着いて行くことを諦め、自分がどう見られるかも、なるべく気にしないように生きています。KYで、効率悪い生き方も良しとしよう、と。そう思えるようになったのは、ヨガの影響がとても大きかったです。良し悪しを判断せずに、自分らしさを肯定しようという考え方。そしてそれは、私のトモローの自閉症を受け入れるようとする気持ちを育んでくれた気がするのでした。

さて、体質についても思い当たる節がチラホラ。私は大食いな子供でしたが、胃腸は決して丈夫ではありませんでした。夕食が揚げ物だった日は、食べ過ぎるとよく下痢をしていたものです。トモローも揚げ物、油っこいものを食べ過ぎると、よく下痢をします。しかし、ダンナは自分が平気だからと、外食先のファミレスで、ミックスフライ等を頼み、トモローにも食べさせようとするので、口論になったことがあります。「だって欲しがってるから」と言うダンナに対し「後でお腹壊して辛いのはトモローなんだから」と私。また、この胃腸の弱さが反映してか、私は乗り物酔いや、発熱時に嘔吐することが多かったのですが、トモローも吐くことが多いです。ロタやノロウィルス意外でも、熱を出して吐いたことは何度もありました。そんな時、私が水分以外は絶食させようとしてるところに、ダンナが「何か食べさせなきゃ体がもたない」等と言って勝手に食べせた日にゃー、大喧嘩になりましたよ。「食べないと体力がもたない」は昔の話です。食べ物を消化することで体力が奪われるんですから。案の定、トモローは再び嘔吐してしまい、ダンナも納得した様ですが。

私が何故ダンナに怒ったのかというと、幼少時の1ページが脳裏に浮かんできたからです。私が風邪を引いて「気持ち悪いから食べたくない」と言っても、母はいつもお粥を食べろと無理強いしました。私が頑張って少し食べても、結局後でまた戻してしまい、それ見た母が「あーあ」と落胆してる感じが伝わってきた時は、申し訳ないよりも、「だから、食べたくないって言ったのに、お母さんが食べろって言ったからだよ」と恨めしい気持ちでした。

、、、と、別に私はここで母への恨み辛みを書きたいのではありません。子供の頃戦後の食糧難の時代だった母にとって、食べないことは生死に関わる大事だったから、あのように執拗に食べさせようとしたんだろうなあ、と想像は付きますから。母と自分の関係を思う時、いつもどこか「かみ合ってなかった」感があるのですが、別に虐げられたとか、愛されてなかったとかいうのとは全然違っていて、母も私を理解出来ずに大変だったんだろうなあ、と思います。その辺の話は別の機会に書こうと思っていますが、その辺の経験は、私とトモローとの関係に少しは役立っているようです。自分があのように体調不良の時に無理に食べて、症状を悪化させた経験があったからこそ、食べないことが体に良い時もある、と確信出来た訳ですから。事実、家族3人でノロウィルスを患った時、私とトモローは2日間絶食した後は、比較的速く回復しましたが、「力がでないから」と無理に食べていたダンナは、中々下痢が治らずにいました。

後に私はアーユルヴェーダを学び始めて、断食が健康法の1つであることを知り、自分の考えが間違っていないと確信。断食は、別に精神を鍛えるための苦行とかではなくて、食べ物を消化することで疲れた胃腸を、ときどき休ませると良いですよ、って事です。勿論、持病があって断食をすると危険な人もいるでしょうが、私は年に2、3回はプチ断食を行っています。胃腸の弱い私ですが、断食後はとても快調になるのが分かるのです。

イラストで解る おうちで毒出し! アーユルヴェーダイラストで解る おうちで毒出し! アーユルヴェーダ
(2012/09/24)
西川 眞知子

商品詳細を見る


以前紹介した西川真智子先生の本「おうちで毒出し!アーユルヴェーダ」にも、プチ断食のやり方が載っています。断食以外にも日々の生活に生かせる事が沢山載っています。アーユルヴェーダやヨガをまだ良く知らない人でも馴染みやすい内容、構成になっていますので、興味のある人は、是非ご覧になってみてください。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: ヨガ アーユルヴェーダ 恐怖症

テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体

2012/04/16 13:47 yuccalina

桜のピンクカーペットと「寂しさを受け止める」の話

1週間前にソメイヨシノが満開だった公園に、昨日再び行ってみました。花が半分以上散り、地面が花びらでピンクカーペットになっているのを見て、トモちんもテンションが上がったのか、普段よりもあちこち活発に動き回っていました。

tomoro16.jpg

束の間でも楽しい時間が過ごせて良かったです。と言うのも新学期が始まってから、トモちんの調子はイマイチのようなのです。毎年この時期は不安定だし、震災があって修了式もなく新学期を迎えた昨年に比べたら、全然楽なんですけどね。どうやら、教室と担任が変わったこと以上に、仲良しだった(とゆーか一方的に好いてただけかも?)Hちゃんが、違うクラスになってしまい寂しいみたいです。特別支援学校の小学部は、基本的にクラス変えはない筈なんですが、Hちゃんは足にも障害があり成長と共に自力歩行が困難になってきた為、車椅子のクラスに移ってしまったのでした。

実は、寂しいという感情を表してくれるのも、トモちんにとっては成長の1つです。3月末の離任式の時は、校舎を出るなり「フエーーン」と泣きながら走り出したので、ビックリしてしまいました。療育施設でも学校に入ってからも、その様な場で泣き出した事が今まで一度もなかったものですから。「ホンマでっかTV」の先生方がどこかで言ってた記憶があるのですが、「感情表現は脳の発達と密接に関わる」らしいですし、喜ばしいことと受け止めています。嫌だとか、悲しいとか、モヤモヤした不安とかの感情を持つ事自体が悪いのではありません。むしろ、それらを表現したり、誰かに受け取ってもらう事で、人は成長しているんじゃないでしょうか?

これまで何度か話題にしてきた西川眞知子先生のアーユルヴェーダの本にも、ストレスに関して次のような記述がありました。

「生体が生きていく過程にはストレスが必要なものでもあるのです。肉体的ストレスも、精神的ストレスもない状態では、人間の成長は逆に歪んでしまいます。」
肉体的ストレスとして一番良い例は「宇宙飛行士です。重力というストレスが骨にかからないために、骨粗しょう症に類似した状態になってしますのです。」
また「精神的ストレスにしても、いつもいいことばかりがあって甘やかされている人は、人格的には鍛えられません。要は適当なストレスが心身には必要なのです。」
(97頁より)

インドの生命科学 アーユルヴェーダインドの生命科学 アーユルヴェーダ
(1996/04)
上馬場 和夫、西川 眞知子 他

商品詳細を見る


それを踏まえれば、最近、このブログで話題にしていた「せねばならない」と自分を追い込むことも100%否定する事は出来ませんねえ。実は「何かをしたい」と思ってするのも「せねばならない」と思うのも、私達の心は本来完全に自由なのです。自己選択出来る筈なんですよね。だから、多分自分で「今私は、せねばモードに入ってるな」と意識出来てたら、それで大丈夫な気がします。ヨガをされてる方はレッスンにおいて「自分の心と体に向き合い、対話しよう」と言われる事が多いかもしれません。それだけ私達は日常生活の中で「無意識に行ってる」事が多いんですね。自分が今どんな気持ちなのか立ち止まりもせず、ひたすら時間に追われていると、「感じる力」が段々と弱っていくかもしれません。ヨガが体だけでなく心にも良いのは、そうした「意識する力」が引き出されるからなんだと思います。

それと、少々話がズレるかもしれませんが、以前「ホンマでっかTV」で恐怖症治療の話が出た時に、「他の事で恐怖感を紛らわすのは対処法として良くない」と言われてました。「怖いよ~」という気持ちを遠ざけずに、受け止めていくことで、気持ちが鍛えられるそうです。

自閉症児の親にとって変化の多い春は、何かと大変な時期ですが、これも子供が成長するチャンスの1つ、とポジティヴに受け入れたいと思います。ま、実際家の中はグッチャグチャで、酷いもんなんですけど、「法に触れる訳じゃなし。人命に関わる訳でもなし。」と言い訳しながら、私はなるべく「せねばモード」に陥らぬように過ごしております。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

タグ: ホンマでっかTV ヨガ アーユルヴェーダ 恐怖症

テーマ:ヴェーダ的生活 - ジャンル:心と身体

2012/03/12 00:15 yuccalina

足裏のバランスと靴選び

先日、ちょっと奮発してトモちんの靴を購入しました。アシックスすくすくGD・ウォーカーMINI-HI、楽天市場にある『健脚自慢』というお店にて6090円(税込)也。尚、送料は5250円以上の買上で無料、カラーは写真のベージュ他、ホワイト(シルバーに近い)、ブラックの3色です。

tomochin25.jpg

この靴を買った切っ掛けは、昨年トモちんの通う特別支援学校で行われた「自立活動の講習会」でした。主に車イスの子供達向けでしたが、自閉症の子供も何人か参加していました。例え身体障害でなくても、自閉症は脳神経の機能と深く関わる為、運動面に問題を抱える子も多いのです。「体の使い方で気になる点があれば」という事前アンケートに対して、専門の先生が丁寧に答えてくれました。私が書いたのは、足の重心が外側にかかっていて、ペタペタした歩き方。いかにもバランスが悪そうで、実際靴底も明らかに外側が減っていました。それに対し、一番の問題点は靴選びにあるとの指摘。とにかく足にあった歩きやすい靴に変えるのが改善策でしょう、と。その当時トモちんに履かせていた靴は、一般的な足の甲の中央にマジックテープが付いているタイプのもので、特に安物の粗悪品を選んだつもりはありませんでしたが、それでは、どんな靴が良いのでしょうか。足の長さと幅がちょうど良いのは当然の事として、靴底と踵の部分が確りしてて、内側に土踏まずのアーチがあり、足首を固定する為の紐またはベルトが付いている事、大体この辺の条件を満たすと良いそうです。イメージとしてはハイカットのバスケットシューズに近いでしょうか。

歩行困難な子供の為に作られたドイツ製の靴を見本として見せていただきましたが、それは一足2,3万円という高価な物でした。身障者ですと補助が受けられるそうですが、全額負担では中々手が出せません。そこで、先生は現在入手可能な靴で、インソール(中敷き)や足首ベルトの取り付け等を行ってくれて、専門のシューフィッターがいる靴屋さんを紹介してくれました。一緒に講習会を受けていた自閉症児のお友達は、実際そこで靴を購入したそうですが、ママ曰く「店まで車で1時間以上かかった上に、値段も何だかんだで1万円以上かかった。」と、少し不満げでした。成長期の子供の靴って、早いと半年に一度サイズをあげなくてはいけないので、やはり高価だと負担に感じてしまいます。そんな訳で、くだんの靴店には行かず、取り敢えず応急措置として、私が近隣の靴屋を巡り、一番適していそうな靴を購入し、現在使用しているこちら。お値段は2980円でした。

tomochin24.jpg

足首部分にベルトがあり、踵部分は硬く土踏まずアーチもありますが、靴がちょっと重たいのが難点でしょうか。そして、最近ネットショップで見つけたのが先にあげたアシックスすくすくGD・ウォーカーMINI-HIなのでした。何分にも本人に履き心地を確認出来ないので、私が見た目で判断する限りになりますが、歩き方に変化が出てきたようです。やはりハイカットで足首サポートの効果か、足裏の着地のしかた足首の動きが良くなってきたみたいです。

さて、足裏が外側重心というのは、実を言うと私自身もそうなのですが、以前から、交感神経が優位になって緊張を高める、と言われているので、常に気を付けていた事なのです。だったら、もっと早く子供の靴にも気が付かなくちゃいけなかったですね。足裏は親指側、小指側、踵の3点でバランス良く立つのが理想的ですが、親指の所にリラックスを高める副交感神経を刺激するツボがあるそうです。そして、足が靴の中で安定していないと、足指で地面押して足首を使う正しい歩き方が出来ないのです。その為に、踵と足首のサポートと土踏まずのアーチが必要な訳ですね。上に挙げた靴は2つとも、カップインソールが付いていて、土踏まずのアーチ程深いカーブは付いてませんが、全くペッタンコよりはマシかな。インソールをオーダーメイド出来るお店もあるみたいですが、取り敢えず今ので様子を見ようかと思います。

自閉症・発達障害のみならず、恐怖症等の神経症が気になる方は、一度自分の足裏バランスを確認してみると良いかもしれません。靴底の減り方を見れば歴然ですし、私はヨガで片足バランスのポーズをしながら、いつも確認しています。

そして、窮屈なパンプス等を履かなくてはいけないお仕事の人は、足裏を感じながら歩く事が難しいでしょうから、オフではなるべくウォーキングシューズ等で足を労って欲しいですね。足は健康のバロメーターと言われてますが、肉体面だけでなく、精神面にも深く関わっているのです。ヨガにおいても足の裏は良いエネルギーを大地から吸い上げる入口として、整えるのが大切な場所の1つです。靴はオシャレアイテムとしても重要ですが、そのオシャレも健康な心と体があってこそですからね。私自身もその辺の、オシャレと健康のバランスを考えながら靴を見直してみる、良い機会になりました。

タグ: 発達障害 恐怖症 ヨガ

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR