プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/12/16 09:01 yuccalina

「THE MANZAI 2014」観客と寄り添い楽しませる博多華丸大吉

今年は2年前と同じく総選挙と重なった漫才師No.1決定戦THE MANZAI 2014は、博多華丸大吉の優勝で幕を閉じました。2011年の第一回大会も華大を応援してきたワタクシですので、とても嬉しかったです。この称号を汚さないようにと、慎重なコメントをする大吉さんは、勝って兜の緒を締めていましたね。

決勝進出した12組中見たことがなかったのは、「馬鹿よ貴方は」という異色のコンビだけでしたが、彼等も含め、明らかに滑っていたコンビはなく、皆それぞれ面白かったです。ブロック戦敗退組で印象に残ったのは、二丁拳銃と磁石かな。どちらも以前からずっと好きなコンビだったんで、応援してたんです。

最終決戦に残ったアキナ、トレンディエンジェル、博多華丸大吉は、見た目も漫才のスタイルも異なっていましたけど、共通していたのは、「勝つぞ~」というギラギラ感、気持ちだけで先走ったような前のめり感がなく、程よく力が抜けていたことでしょうか。それぞれ漫才を楽しんでた気がします。予選の順位がアキナ7位、トレンディ11位、華大が6位と、プレッシャーを感じずに済む位置だった、というのもありそうですけどね。

アキナはキングオブコントでも面白かったのですが、そもそもソーセージ時代にルミネで見た時から、私は結構好きだったんです。若手としては、スピードよりも間を上手く使うところとか、ツッコミ秋山の喋り方が優しそうなところ等が私好みなのかもしれません。



トレンディは見た目も、一発ギャク、顔芸とポップな魅力が炸裂してました。ナイナイ岡村から好かれてるので、ホームアドバンテージがあったと言えなくもないですが、理屈抜きに私はお腹を抱えて笑いましたわ。



そして、華丸さんが第一回大会で放った名言「スピーチとスカートは短い方が良い!」を踏襲する、和める酔っ払いお父さんのネタは、正に漫才界の寅さんではないでしょうか?ずっとビートたけしに押されてた華大でしたが、第一回は「会社に強制されて出た」と確か『ブラマヨとゆかいな仲間たち』で暴露してて、2、3回目はエントリーしませんでした。それが今回また出場した裏には、やはりビートたけしの後押しがあったんですね。2011年とは違って、前向きな姿勢で大会に出られたのも、大きかったかもしれません。



それにしても、THE MANZAIの12組にしろ、またキングオブコントのファイナリストを見ても、テレビの人気者って中々残れないのが現状です。それは、バラエティの仕事と舞台でお客さんを前にしてコントや漫才するのとでは、勝手が違うからなんでしょう。そんな中、華大はテレビでコンスタントに活躍しつつも、「テレビの仕事はすべて劇場での漫才に繋がっている」と言って、決して舞台を疎かにしなかった。その努力が結実した故の優勝ではないか?と、私はこの結果をとても意義深いと思っております。

ところで、今年は放送時間が、テレ朝のフィギュアグランプリファイナル(男女フリー)とまるかぶりでしたが、私は漫才を優先しました。THE MANZAIは毎年終了後にはネットが荒れるんですけど、フィギュアと同じ採点による勝敗であっても、審査員が誰に一票を入れたがハッキリしていて、その理由も聞くことが出来る、と言う意味ではスッキリしていると思います。また、春風亭小朝が言ってましたが、予選1位学天即と2位囲碁将棋が本来持っている力を出しきれてなかったのでは?馬鹿よ貴方はというシュール漫才に場の空気を乱されて、その影響を受けたのでは?とフォローしてました。それは、例え実力があるのが分かっていても、その場の空気を支配するパフォーマンスが出来なければ勝てない、と言うことの裏返しでもあります。私の素人考えですけど、その場の空気を掴んで持ってる力を出すためには、ある程度力が抜けてないといかんのかもしれませんね。私はルミネで何度も生の漫才を見たことがありますが、お客さんとの呼吸があってる漫才師さんだと、まるで私にお話してくれてるの?と勘違いするくらい、とても近くに感じるんです。多分、華大は一番お客さんに寄り添って漫才をしてくれていたんじゃないかしら?漫才とは話術やネタの良し悪しを見せつけるものでなく、本来はお客さん達を楽しませるもの、華大にはそうしたお笑いの原点が垣間見れ、優勝となったことに、私はいたく感動したのでありました。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン 
スポンサーサイト

タグ: 博多大吉 ビートたけし

テーマ:THE MANZAI - ジャンル:お笑い

2014/04/12 10:07 yuccalina

ハマカーンのお仕事ウォッチング~笑点での漫才と新レギュラーの「バイキング」

大分ご無沙汰でしたが、2012年漫才王者ハマカーンのお仕事レポートを、緩~く不定期更新しております。ブレイクから2年目ですが、地道にテレビ出演はしてますね。前回から2ヶ月空いてしまいましたが、笑点で久し振りに漫才を見たのと、月曜お昼のレギュラー「バイキング」が始まったので、ちょっくら書いておこうかなと。

でも、その前にこの2ヶ月間で気になったことを。現、漫才王者のウーマンラッシュアワーとの共演がいくつかありましたが、何と「ブラマヨとゆかいな仲間たち」はハマカーンが呼ばれる前に、ウーマンが出てしまってショックでした。それと「北野演芸館」にも呼ばれてないのが気になります。ウーマンは勿論のこと、流れ星が出てましたから。もしやたけしと共演NGとか無いでしょうねえ。心配です。実は昨年ビートたけしと石橋貴明の番組「日曜ゴールデンで何やってんだTV」の出演スケジュールにハマカーンは一度エントリーされてたのですが、オンエアーがなかったことがあったんですよ。気になりますわ。神ちゃんの方が結構スタッフさんに失礼な態度を取ってしまって気を使うことがある、と浜谷があるトーク番組でお悩み相談してましたし。

まあ、ロンドンハーツでは二人で、モテBodyグランプリに出て、神ちゃんが意外な細マッチョで好評だったのは、良かったですよ。他にも、通販や料理番組のレポーターなど、複数回起用されてる番組も多いので、順調ではあると思いますけどね。どちらも、神ちゃんの得意分野、グルメと女子力を発揮したお仕事でした。

<通販番組でのハマカーン
hamakaan114.jpg

と言ったところで、先ずは笑点の漫才から。

これまでに、彼らのテレビでの漫才が以前見たのと全く同じだった、というのは一度もありません。素晴らしいと思います。しかもネタの内容だけでなく、少しずつスタイルに改良を加えている。それは、浜谷と神ちゃんの関係性が、ちょっとずつ変わってきているんです。神ちゃんがちょっと上手いこと言ってツッコミの体になってたり、浜谷をコントロールして乗せてみたり。今回はヨガのポーズを教えてあげる、と言ってやらせたのが、チャイルドポーズで殆ど土下座の形、というオチでした。下衆の極みは最後に小さい声で言ってましたが、最近は殆ど使ってないみたいです。ドッカーンと大きい笑いはありませんでしたが、堅実に彼等らしい漫才な上に、色々と模索しているところが良いです。

そして、お昼の「バイキング」ですが、今をときめく坂上忍がMCを務める月曜日のレギュラーです。ロケ担当にサンドウィッチマン。先ず第一印象は、浜谷のファッションがダサい!ですかね。普段漫才する時と同じ服装で良いのになーと、若干居心地の悪さを感じます。ハマカーンは自ら笑いを取りに行くよりも、強烈なMC坂上を押さえるのが仕事みたいになっちゃいそうですが、大丈夫かな?まあ、同じ毒舌系で有吉弘行と浜谷の絡みは、これまで見てきて悪くなかったので、行けるのかな?神ちゃんがどうなるのかが、ちょっと心配です。ともあれ、月曜日のお昼は家にいることが多いので、しばらくは見てみようかと思っております。

最後にハマカーンから話は外れますが、ちょっと前のアメトークで、磁石の永沢たかしが体当たりリアクションをやってて、結構奇跡が起きてたのが嬉しかったです。ハマカーンや流れ星との共演も期待してますよ。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: ハマカーン サンドウィッチマン ビートたけし

テーマ:ハマカーン - ジャンル:お笑い

2014/03/18 08:00 yuccalina

流れ星ちゅうえいの一発ギャグでアヒンサー(非暴力)と、クドカンへ勝手にシンパシー

去年の漫才王者ウーマンラッシュアワーと共に、ビートたけしの東スポ大賞を受賞した流れ星。2年前にもTHE MANZAIで健闘した博多華丸大吉も名を連ねた、お笑い芸人にとって価値ある賞だと思っています。どこかのワイドショーで満面の笑みを浮かべたちゅうえいを見て、私も嬉しかったです。最近はお笑い番組を余り見てないのですが、活躍してるのですね。

彼等の漫才には独特のファンタジーがあり、好き嫌いが分かれるところですが、私はちゅうえいのキャラが主婦層の癒しとなるのを期待しております。漫才のつかみに使ってる、ファンファーレが鳴り、両手で作ったゲートがパーンと開くと、自分を指差して一言「ちゅうえい」、ってのも大好きで、彼の笑顔を見ると安心感があります。

<「パンパカパーンちゅうえい」が見られる漫才「肘神様」です>


更に言えば、私は彼の一発ギャグで救われているからでごさいます。それは、

んも~あったまきた!足は南、ど~も、コンパスおじさんです!

怒ってブチ切れると思わせてからの、のほほ~ん!な感じが大好きなんですよ。これぞ、アヒンサー(非暴力)の極みでございます。ヨガの御約束10項目(詳しくはこちら)で、一番最初に上げられるアヒンサー。心が怒りに支配されそうな時、私はコンパスおじさん(おばさんか?)と化すのでありました。これまで、私はトモローに切れそうになると、

この馬鹿ちんがぁ~!ゼーッ!

と金八+マジンガーZ(決してももクロではない)で堪えていたのですが、新しい技を頂きやした~。

さて、今回東スポ大賞を話題にしようと思ったのには、もう一つ理由があります。久し振りに週刊文春を買ってみたら、宮藤官九郎の連載エッセイ「いま なんつった?」に、彼も受けた東スポ大賞授賞式での事が書かれていたからです。

週刊文春 2014年 3/20号 [雑誌]週刊文春 2014年 3/20号 [雑誌]
(2014/03/13)
不明

商品詳細を見る


クドカンのドラマも映画も、ボチボチ見てる程度の私ですが、今回は彼のビートたけしへの思い入れが分かって、とっても嬉しかったんですよ。

自分のスピーチでは何も言えなかった。どうした?その場にいる誰よりも俺がたけしさんを愛しているのに(軍団を除く)。好き過ぎる人には気持ちを伝えらえないものです。

あー、分かるわ~。と共感しまくる私。んで、クドカンさんは「自分にとってのビートたけしとは?」及びツービートの漫才がいかに革新的であったか、をひとしきり語ったのち、

小学生でツービートに出会い
中2でオールナイトニッポンの洗礼を受け
高1でハガキが読まれて、、、


とありました。クドカンは私より5歳下で学年にすると6年違います。なので、当然ズレる訳ですが、中学でツービートの漫才、短大でオールナイトニッポン、そして、投稿して読まれた時、私は20歳過ぎでした~!天下のクドカンと同じ道を通ってたなんて~!と勝手にシンパシー抱く一塊の主婦を笑わば笑え!でありますが、実はそのハガキが読まれた回はしっかりテープに録音していたにも関わらず、あまりに酷い下ネタだった為、誰にも教えらなかった、なんつー思い出も。

んで、最後は、、

やっぱり俺には才能がある!と勘違いして「たけし軍団に入るんだ!」と宣言し周囲を凍りつかせて28年。全国に何万人いるかわからない「才能勘違い組」の代表として表彰されたんだと思うことにしました。

と結ばれておりました。ちなみにワタクシのバヤイ一度採用されただけで、「ハガキ職人になるぞ!」と思ったものの、すぐにアイディアが枯渇して、サッサと諦めたんで、「才能勘違い」はありませんでしたけど。クドカンさんの「才能勘違い組」は謙遜か、もしくは自分に満足せずに目標を高くもってるからなんでしょうねえ。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: ビートたけし ヨガ

テーマ:ビートたけし - ジャンル:お笑い

2013/04/22 08:10 yuccalina

「もてもてナインティナイン」~自分らしさについて考えさせられた欽ちゃんの発言

漫才ブームが思春期と重なって、その後ビートたけしに傾倒した私にとって、欽ちゃん(萩本欽一)とは、ちょっと微妙な距離関係にあります。子供からお年寄りまで愛される彼の笑いを、若い頃はちょっと斜に構えて見てしまいました。当時ビートたけしの尖った笑いに比べたら、緩すぎて何だか好きというのが恥ずかしかったとでも言いましょうか。しかし、子供の頃はコント55号やドリフターズが大好きだったのは事実です。まだ、漫才とコントの違いも分からない子供にも分かりやすい面白さが、あったんだと思います。そんな欽ちゃんを好きと言うのが恥ずかしかったのは、多分、パンクロック好きを自称したら、昔ベイ・シティ・ローラーズを聴いてたのが、恥ずかしくて内緒にしておきたかったのと、少し似ているかもしれません。ちなみに、私が一番最初に漫才と認識して見た芸人さんは、多分夢路いとし喜味こいし師匠だったと記憶しています。

と言う訳で、久しぶりにテレビで欽ちゃんを見ました。少し前の話ですが4月9日放送の「もてもてナインティナイン」。雛壇には、欽ちゃんファミリーから佐藤B作と風見しんご、プレゼンターのびびる大木を始め、有吉弘行、陣内智則、ケンドーコバヤシ、バナナマン日村にすみれの面々。殆んどの芸人が共演したことがなくて、「欽ちゃんは都市伝説でしょ?」なんて発言も。

ご本人登場前に、ナイナイ矢部が「大将が来ても有吉さんには態度を変えて欲しくない」と釘を刺したのに対し、「それはまた別の話」とニヤニヤしながら返事してた有吉でしたが、見事に期待に応えてくれました。欽ちゃんが初出演のテレビで余りに緊張し、NGを19回も出してしまったエピソードのところ。欽ちゃんが「そういうことってない?有吉なんかありそうじゃない?」と振ると、間髪入れずに「そこまでマヌケな事はしたことない」との答え。空かさず立ち上がって、オイオイと有吉の腕をつかむ欽ちゃん。それを受けて岡村が一言「有吉くん言えるねー」

んで、有吉のマヌケって言葉はグッドチョイスだったもよう。欽ちゃんのお気に召したらしく、その後何度も被せて使ってましたよ。びびる大木が、エピソードを紹介する場面で「話が英雄っぽくなるから、マヌケな男とか、アドリブで足せよ」とリクエスト。すると雛壇でマヌケの大合唱が始まりますが、マヌケを連呼してる日村に対しては、「オマエ多すぎだろ。2回でいいだろ!」とダメ出しが。

kinchan2.jpg
kinchan.jpg

日村がシュンとして席に着いて、一段落した時にMCの矢部っちが一言、「えー、そのマヌケがですね、、、」ここでまたドッカンと笑いが起きて、一先ず収束。しかし、この時の芸人さん達の、何て楽しそうだったこと。ちょっとしたミニコントになってました。

さて、素人いじりとか、それまでドラマが大半でお笑いが皆無だった夜9時台の放送枠に、バラエティ番組を持ち込んだとか、他局と合同の特番とか、今では当たり前となっていることも、欽ちゃんが先鞭を付けたのだそうです。数々のエピソードの中で、私が一番印象に残ったのは、佐藤B作を「週刊金曜日」のレギュラーに選んだ理由でした。当時「欽ちゃんのドンとやってみよう」のレギュラーだった山口良一と同じ劇団(東京ボードビルショー)だった彼は、テレビ局に来たついでにと、欽ちゃんの楽屋に挨拶に来ました。帽子も取らず「ついでがあったから」と態々言って、ちょっと失礼な感じを醸してたのが、欽ちゃんは逆に気に入ったそうです。それは「この人は自分が得をしようという気がない」というところ。変に取り入って来ないところが、信用出来ると思ったんでしょうね。

さらに欽ちゃんは続けます。「人によく見てもらおうとか、色んな本が出てるけどね、まるで逆をやってる人に、惚れるってのもあるんだよ。だから、自分らしく生きてるってのが良いんじゃない。」

これって私自身も、これまでの人生でいつも思ってきたことだったんです。社交的で直ぐに友達になれるタイプの姉と違って、愛想のない子供だった私は、無理に社交的に振る舞おうという気は、更々ありませんでした。学校でクラスメートの話に、無理に合わせてみたこともありましたが、余りにも詰まらなかったので、直ぐに止めました。そうしたら、逆にそんな私を「面白い子」と思って、仲良くしてくれるお友達がいたことも、思い出したのでした。私は、多くの人から好かれる人気者よりも、例え数は少なくても、ありのままの自分を受け入れてくれる人がいればその方が楽だと、いつの間にか気が付いていたのかもしれません。

ところで、私は「ホンマでっかTV」が好きで見ることが多いのですが、「モテ仕草」指南の重田先生を見ていて、いつも思うのです。それは、自分がアピールしたいと思っていることであれば、取り入れても良いけど、自分らしくないと思うなら、無理にやる必要はないな、と。勿論前提として、何事も「やってみなければ分からない」から、チャレンジすることは意義があると思うのですが、自分の内側から共感出来ずに、形だけやっていたら、絶対ワザとらしくなってしまうと思うのです。

それはヨガの世界でも言われていることで、「自分らしく、でも自分を枠にはめ込まないように、挑戦することも忘れずに」と教えられています。つまり、何が自分らしいのかは、何事もチャレンジしてみないと分からないことですが、もしやってみて違うなと思ったら、途中で止めれば良い、ってことだと思います。

そういえば、何かまたブラックマヨネーズの吉田敬の言葉を思い出しましたよ。「漫才でもトークでも、出したいのは自分の人間性。自分の中に要素があるものでないと出来ない」と言い切っていた彼も、過去には色々と試行錯誤をしてきた様ですから。実はこの「もてもてナインティナイン」を見る前に、「ブラマヨとゆかいな仲間たち」で、欽ちゃんファミリーの関根勤が、こんな話をしていました。ブラマヨの2人に「今後ダウンタウンみたいにビッグになるためにはと、周囲の人間があれこれ言ってくるアドバイスは、全部無視して良いと思う。自分がなるほどなと思えることなら良いけど。」みたいな。「ブラックマヨネーズはダウンダウンとは違うんだから」ってね。自分らしく生きるのが一番良い、と言っていた欽ちゃんと重なって、何だか嬉しくなってしまった一コマでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: ホンマでっかTV ブラックマヨネーズ ビートたけし ヨガ

テーマ:自分を愛する - ジャンル:心と身体

2013/04/10 14:15 yuccalina

ハマカーン浜谷が元カノに反省漫才~ブラマヨの「謝りたい人がいます」

今回ハマカーンの話題ということで、便宜上お笑いのカテゴリーに入れておきましたが、漫才の出来云々を書くつもりは毛頭ないことを、先にお断りしておきます。

月曜日の深夜に始まったトークバラエティ「謝りたい人がいます」は、ブラックマヨネーズと小林麻耶がMCを務める、謝罪限定の「あの人に会いたい」的内容。私はこの手の、芸能人の私生活を晒してお涙頂戴的番組は、本当は余り好きじゃないけど、見届け人として、かつて謝りまくっていた陣内智則を配置するのは、中々好きなセンスです。ブラックマヨネーズにも笑いをガンガンとるより、場を和ませる気遣いが感じられましたよ。

さて、既にタイトルにある通り、浜谷は元カノに謝罪。3年間の同棲生活で彼女に対し「リアル下衆の極み」だったそうです。でも彼女は全く恨み辛みを言わずに、楽しかった事を喋ってくれました。

hamakaan31.jpg

彼女の前で、自分がいかに下衆の極みで鬼畜の所業をしてたかを漫才ネタにして披露。最後にすみませんでしたと深々と頭を下げた浜谷に対し、彼女は当時の自分の思いを手紙に書いて読んでくれました。そこで、あのTHE MANZAI優勝時にも泣かなかった浜谷が、目頭を押さえていました。最後にふと横を見ると、神ちゃんが「いたよ」と一言。そんな彼の顔を見て「涙が引っ込んだ」と浜谷。ちょっぴり笑える幕切れも良かったと思いますが、ずっと隣で見守っていた神ちゃんもかつて一緒に遊んでた仲間だったそうなので、二人の姿を見てきっとホッとしたことでしょう。

<「涙が引っこんだ」浜谷にハンカチを差し出す神ちゃん>
hamakaan32.jpg

同棲を解消した後に、彼女の方から復縁を匂わせてきた時、浜谷は突き放したそうです。「ゴキブリみたいなオレと一緒にいたら、この子は幸せになれないと確信があった」という浜谷の言葉に、私は何だかジーンと来ました。それはきっと、彼が1つ成長した瞬間だったんだと思ったからです。かつて「浜谷は良い男だってところを見たい!」と書いた私ですが、こうしたダメッぷりを出したとこを見て、やっぱり良い男だと思いました。

ここで話がちょっと脱線しますが、私が20才で社会に出た頃、毎日の生活がかったるくて仕方ありませんでした。ある休日のこと、父に「私の人生は気怠い」と言ったら、特にそれを批判することもなく一言「それはお前がまだ大切な人と出会っていないだけだよ」。当時は直ぐにピンと来ませんでしたが、その後の私の人生で、事ある毎に思い出された一言でした。私達は大切な人との出会いと別れを通して、日々どれだけのことを学んでいることか。

話を戻すと、浜谷の元カノとっても良い子でしたよ。同じ様なネタを、匿名で女性誌に安売りする女がいてもおかしくない話なのに、TVに顔出し出演でOKしてくれたんですから。もうその時点で、彼に悪意はないんだろうと想像出来ました。さらに結婚して子供もいるのなら、きっとダンナさんも理解ある人なんでしょう。

ところで、今回は謝罪人として浜谷の後にもう一人、武井壮が登場しました。彼がプロゴルファーを目指していた時の恩人の前で、宣言通り見事にホールインワンを決めるエンディングが余りにも盛り上がっちゃって、浜谷のエピソードはちょっと霞んじゃいましたね。ま、そのあたりも地味の極みハマカーンらしいと言えなくもないでしょうか。

最後にもう1つ、ギャンブルについて。昨夜の「もてもてナインティナイン」欽ちゃんが言ってました。「運は仕事に使え」と。同じような事をビートたけしも昔ラジオで言ってたのを、私はよく覚えています。それは、「人間には皆、大体均等に運不運が振り分けられているから、例えば宝くじなんかに当っちゃって、クジで運を使っちゃうのは勿体ない」みたいな話でした。当時私は10代後半か20歳くらいだったと思うのですが、ビートたけしに傾倒してましたので、ギャンブルは勿論のこと宝くじも買ったことがありません。だから何か運のいいことがあったのかは、定かではないのですが、ハマカーンが昔オンエアバトルで不運にあったこととか、もしかしたら浜谷のギャンブルが良くなかったのかも?とか思えなくもないですね。まー、考え方は人それぞれですけどね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: ハマカーン ブラックマヨネーズ ビートたけし

テーマ:ハマカーン - ジャンル:お笑い

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR