FC2ブログ
プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(16才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2019/07/12 09:01 yuccalina

シド・バレットは不思議王子~その(7)ダニエル・タメットを読んで分かったこと

本当にひっさしぶりぶり、ブリ大根(^^;)に、シド・バレットの話書きます。

このシリーズ、拙ブログの常連さんであったpipco1980さんが、昨年他界されて以来、もう更新するつもりなかったんですが、、。

今月7日はシドの命日ってこともあり、書いてみることにしました。

既に昨年の話ですが、自閉症(アスペルガー症候群)で、サヴァン症候群で、共感覚の持ち主、ダニエル・タメット氏の本を読んだ時、世も世ならシド・バレットの脳もスキャンして脳科学研究に生かせたのではなかろうか?

なんて、思う事がありました。『天才が語る』(原題Embracing The Wide Sky)については、インスタで少し書いてた(下記画像をクリックすると記事に飛びます)のですが、読みながらシドの事を思い浮かべてたのは、言うまでもございません。彼もアスペで共感覚と言われて(妹の談話)た訳ですから。

彼の青春時代に丁度サイケデリックブームで到来、自己改革の手段としてドラッグで実験してた知識人を追う様に、彼もお薬に手を出したのでしょうから、自分を知る為なら喜んで脳科学の実験に協力してたのではないかしらと。





下の画像はジェームス・ブラウンを絡めておりまするが、シドに当てはまる内容でもあります。

で、脳科学的に音楽がもたらす快感についてなんですが、

私達は音楽を聴いてる時、ある程度次の展開を予測していて、予測どおりに展開すると脳は活気づくが、予想が裏切られた時は、もっと興奮するように出来てるらしいです。音楽やダンスでインプロヴィゼーションが人を熱狂させるのは、科学的にも証明されてるってことなんでしょうね。そういえばお笑いでも、台本通りっぽいのより、ちょっとハプニングあった方が、絶対面白いですもんね。

そんで、タメット氏は自閉症者の独創性について、

・規則に従って結果にたどり着くのではなく、むしろその規則を曲げたり壊したりする事で、独創性は手に入れられる。
・関連性がないように見える物や発想を繋げるという能力が、自閉症的な発想と並外れた独創性の核心にあるように思える。


と書かれております。

つー訳で、最後にInterstella Overdriveをお楽しみください。今年の七夕は星見えんかったけど、、。



シド・バレットを巡る旅、ぼちぼち再開しようかな。

いつかその(8)へ続く
スポンサーサイト

タグ: シド・バレット サイケデリック 自閉症 発達障害

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

2019/04/06 11:56 yuccalina

坂本慎太郎と、ゆらゆら帝国と、失われた20年?を求めて~その7

ゆらゆら帝国のしびれを聴いてたら、レニー・クラヴィッツが出てきてビックリした54歳の春。



私ですら知っている超有名なギターリフ。



『Are You Gonna Go My Way』にソックリな『傷だらけのギター』

リズムがちょっとズレてる、つーかオマケ付けた感じ?

にしても、恰好良過ぎるね、坂本慎太郎と赤茶色のギター!歌詞もムチャクチャ良いです(^O^)/

タグ: ゆらゆら帝国 坂本慎太郎 サイケデリック

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

2019/01/15 11:03 yuccalina

坂本慎太郎と、ゆらゆら帝国と、失われた20年?を求めて~その4

新年も坂本慎太郎及びゆらゆら帝国ネタでスタートです。

殆ど自分で動画見る為に記事を書いてます。

遅れてきたファンによる、今更な内容であることを先にお断りしておきます。

で今回は、ロックアーティストなのに子供好き、というギャップ萌えについて。

彼の歌詞にも良く現れてるのが、子供の頃の思い出を大切にしているところでして、『小さいけど一人前』って曲からも、それが良く分かります。



童心を忘れないこと自体は、珍しい話ではないと思うのだけれども、子供のバックコーラスを入れたり、メインヴォーカルを取らせるアーティストってそんなにいない気がする。名盤『ゆらゆら帝国のめまい』から『ボタンが一つ』



この恋は二人を~、「変・え・た♪」をさりげなくかぶせてくる慎太郎さんの声が素敵だす♡

そして、同アルバムの『冷たいギフト』も子供達の歌声がピッタリ。



ベスト盤収録のカーペンターズカバー『イエスタディワンスモア』も子供コーラスが良いスパイスになってるのでわ?



童心を持ち続けるが故に子供は苦手、という人の方が世間には多い気がするのですが、子供を愛情深く見つめつつも、童心を忘れないでいるのは、非常に優れたバランス感覚の持ち主なのではないでしょうか?

とか思いつつ、最後にお知らせ。

私はインスタグラムを利用しておりますが、たまにギターの弾き語り動画も投稿しております。坂本慎太郎の曲もチラホラやっております。下手くそですが怖い物見たさの方はどうぞ。

Instagram動画『恋がしたい』
Instagram動画『幻とのつきあい方』
Instagram動画『君はそう決めた』

その5へ続く

タグ: 坂本慎太郎 ゆらゆら帝国 サイケデリック

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

2018/12/25 10:49 yuccalina

坂本慎太郎と、ゆらゆら帝国と、失われた20年?を求めて~その3

皆様こんにチワワ(^^)/

遅れてきた坂本慎太郎ファンのYuccalinaです。

坂本慎太郎及びゆらゆら帝国が、
長らく放置だったブログ再開の原動力となっております。

とか言いつつ、迂闊にもこのシリーズのその1を、削除してしまったんで、その分も補いつつの、その3。

ちなみに、失われた20年とわ、私がワールドミュージック志向やら、結婚、出産、子育てやらで、ロックから遠ざかっていた1990~2010年頃のことです。

さて、本家の?イギリスだって、昔からアートスクール出身者がポイント高かったロック界な訳ですがが、坂本慎太郎は美術大生時代にデビューし、アルバムのアートワークやPVでも、その才能を発揮しまくってた訳っすね。

『ラメのパンタロン』は『タモリ倶楽部』エンディングを思わせるお尻フリフリからの、エレベーターで痙攣するの図がヤバイ。コマが増えていくと、マン・レイの映画の様にも見えるし~(^_^;)



『夜行性の生き物三匹』の延々ひょっとこ阿波踊りは、ミニマルであり、シュールであり、微妙にフリを変えて、ズレを楽しむとこがファンキーでもあります。



ゆらゆら帝国で考え中』はアングルがビートクラブっぽくて素敵~♡♡♡



とか、これらは初期の作品になるのだと思いまするが、セカンドソロの『あなたもロボットになれる』は、ポップでありつつ毒があるのが良いです。スティールギターをフィーチャーしたセカンドが、ダークなハワイアンっぽくなってるのは、東北震災の影響だそうですね。



何やらポジティヴに歌う『あなたもロボットになれる』は、かつて社会に背を向けるかのように「マシーンになりたい!」と切望していたウルトラヴォックス(=ジョン・フォックス)とは、文字通り隔世の感があって、なんか面白いなと思ったのは私だけでしょうかねえ。



と言ったところで、その4へ続

タグ: 坂本慎太郎 ゆらゆら帝国 サイケデリック

テーマ:サイケデリック - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR