プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2014/12/24 11:10 yuccalina

クリスマスイヴに『ハレルヤ』を聴く&見る~ジェレミー・テン×ジェフ・バックリー、レナード・コーエン、ジョン・ケイルetc.

今年の音楽記事は先日のクリス・ステイミーで終わりにするつもりだったんですが、ひょんな所からネタが飛び込んで来ました。

フィギュアグランプリシリーズのビデオ録画を整理してたら、こんなの見つけちゃったんですよ。カナダのジェレミー・テン選手がジェフ・バックリーの『ハレルヤ』を使用してたんですね。



私は元々この曲を聴いたのは、ジョン・ケイルによるカバーでした。オリジナルがカナダのレナード・コーエンによるものだとは、勿論知っていました。何せ納められてたアルバムが、コーエンへのトリビュートアルバム『I'm Your Fan 』でしたから。

で、ジェフ・バックリーについては、お父さんのティムの方はアルバム持ってましたが、かなり売れて有名になってた息子の方はノーマークだったことにが付いたんですね。で、まあ、そのあたりはまたYouTubeのお世話になって、アルバム『Grace』を聴いてみましたけど。



今回は『ハレルヤ』に話を絞りたいと思います。クリスマスに丁度良さげな、厳かな雰囲気の曲ですよね。作者のレナード・コーエンがユダヤ人で歌詞は旧約聖書から引用してたり、セクシャルな内容でもあるので、キリスト教関係ねーじゃんという話もありそうですが、まあ「Hallelujah=主を褒め称えよ」はキリスト教でも用いられる祈りの言葉だし、そもそもクリスマスとキリスト教はイコールじゃないし、とあれこれ言い訳しつつ、色んなバージョンを聴き比べたいと思います。

先ずは一番思い入れのあるのがジョン・ケイルですが、ヴァイオリン、チェロと共演してるブリュッセルでのライヴが、中々素敵なんです。



やはり、私は彼のピアノと声が好きなんですわ。ジェフ・バックリーはオリジナルでなく、ジョン・ケイルをお手本にしたそうですね。

そして、アレクサンドラ・バークのソウルフルなヴォーカルも素敵だし、



普段は滅多に聴かないボンジョヴィも



曲が良いと聴き入っちゃいますね。

其々の個性を際立たせるのは、素晴らしい楽曲であるが故なんでしょうねえ。

と言ったところで最後に本家レナード・コーエン。



声低っ!そして、渋い!そこはかとなく感じる色気。そもそも、私はレナード・コーエンが歌ってる姿を見たのは、これが初めてかもしれません。元祖「上手いと言うよりは味のある歌声」とでも言うのでしょうか。顔はダスティン・ホフマンみたいですが、セルジュ・ゲンズブールとルー・リードを足して割ったような雰囲気ですね。何十年ぶりに聴いたのか思い出せないんですが、こんなにルーズな感じだったかしら?と新鮮な驚きがあったのでした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン 
スポンサーサイト

タグ: クリスマス

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2014/12/20 12:13 yuccalina

再びの『Chrisimas Time Again』と『Angels』~Peter Holssaple & Chris Stamey

毎年クリスマスはトモローの好きなチキンとピザを食べるくらいで、大きなイベントでもないわが家ですが、カーステレオではクリスマスソングやそれっぽい雰囲気の曲を流したりはしております。

ブログを始めて以来、この時期に音楽記事で紹介したクリスマス関連の曲は以下の通り。
(各エントリーへは曲名をクリック)

1. Must Be Santa by Brave Combo
2. Must Be Santa by Bob Dylan


3. Child's Christmas In Wales by John Cale

4. The Hallelujah Chorus by The Roches
5. Christmas Carol by The Roches


6. Jesus Christ by Big Star
7. The Chrismas Song by Alex Chilton


8. Christmas Time Again by The dB's & Friends*

9. Christmas Wish by The Spampinato Brothers
10. Christmas Time Is Here by NRBQ


で、今年はもうネタも尽きたし、やめとこうかなあと思っていた矢先、YouTubeで気になる動画を発見してしまったのです。実は8のThe dB'sは私的にかなり押してるアルバムだったのですが、当時は好きな曲の動画が無くて心残りだったんです。

Christmas Time AgainChristmas Time Again
(2006/11/21)
DB's

商品詳細を見る


The dB'sやChris Stamey名義で探してたから見つからなかったのかもね。The dB’sの中心メンバーだった、Chris StameyとPeter Holsappleのデュオは、Peter Holsapple & Chris Stameyでアルバムを出してたので、ライヴ動画もそっちの名義で出ていたのですわ。



アルバム1曲目の『Christmas Time』をアコースティックセットで披露しています。ちなみ並びが左からChris StameyとPeter Holsappleなので、ちょいとややこしいですが、アコースティックでもややクセのあるポップな曲の魅力は充分に伝わるかなと思いまして、紹介することにしました。

で、この動画のお蔭で、もう1曲Holssaple & Stameyで良いのを見つけちゃいましたよ『Angels』。



天使の格好をした子供達も可愛いし、2人が別人のように若いのも、またおつですな。

とか、思ってたら曲が途中で切れてたので、音だけのやつも貼っておきますね。



さて、このChris Stamey、The dB'sそしてHolsapple & Stameyにしても、ちょっと捻くれたポップであり、ギターサウンドは後のオルタナティヴロック(特にホーボーケンあたりの)に結構影響を与えてるような気がします。人気知名度共にイマイチなまま何十年でも、地道に音楽を続けているのは嬉しいですね。YouTubeでの閲覧回数も非常に地味なんですが、ワタクシのブログも、地味に貢献できたら良いなと思います。

そんな訳で、クリスマスと関係ないですが、最後にThe dB'sの大好きな曲『Judy』を紹介して終わります。



歌詞は去って行った恋人Judyに許しをこう内容ですが、この映像はミケランジェロ・アントニオーニ1953年の作品『La signora senza camelie』の様です。あまり曲と合ってる気がしないのですが、他になかったので、、。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン 

タグ: クリスマス

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2013/12/23 14:59 yuccalina

NRBQのChristmas Wish

明日はクリスマスイヴですね。だから何だって話ですが、今年はクリスマス音楽をマメに更新してきたので、最後はこれです。またもやニッチなアーティストで締めませう。別名、永遠のドサ回りバンド、NRBQ(ニュー・リズム&ブルーズ・カルテット)の「Christmas Wish」です。

N.R.B.Q.のクリスマス・ウィッシュ(デラックス・エディション)N.R.B.Q.のクリスマス・ウィッシュ(デラックス・エディション)
(2000/11/25)
NRBQ

商品詳細を見る


全17曲で、収録時間は30分足らずという短さではありますが、何度でもリピートして聴きたいキュートな曲が詰まってます。取り分けタイトル曲の「Christmas Wish」が大好き!

しかし!NRBQ版の動画が見つかりませんでした。こちらはアメリカのインディーフォークロックデュオ、She & Himによるカバーですが、中々素敵です。



そして、元メンバーのSpampinato兄弟によるライブバージョンはこちら。



ドサ回りバンドと呼ばれる所以は、ライヴの楽しさにあるんでしょうねえ。気怠くジャージーなピアノに酔いしれたい「Christmas Time Is Here」も良いですわ。



私は日本盤CDを持ってるんですが、ライナーノーツに寄稿してるメンツも豪華です。鈴木慶一、コモエスタ八重樫、直枝政広、青山陽一、ヒックスヴィル等々。日本に於いてもミュージシャンズ・ミュージシャンな訳ですね。

そう言えば、前回クリス・ステイミーの話でも話題に上げた、ヨ・ラ・テンゴがNRBQの「Captain Lou」をカバーしてたと知って、何だか嬉しくなっちゃいました。動画探ししてたら偶々出てきたんですよね。




Tap Dancin BatsTap Dancin Bats
(1994/10/26)
Nrbq

商品詳細を見る


この曲は初めて聴いたアルバム「Tapdancin' Bat」 に入ってて一番好きな曲なのでした。こりゃあ、ヨ・ラ・テンゴのこともいつかは書いとかなくちゃいかんわね。音楽エントリーはネタ切れの心配よりも、宿題か溜まっていく一方ですが、来年も地道に書いていこうと思います。取り合えず年内の音楽ネタはこれにて終了です。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: R&B クリスマス

テーマ:メリー・クリスマス☆ - ジャンル:音楽

2013/12/20 08:25 yuccalina

Chris Stameyの「Christmas Time Again」

これまで紹介してきたクリスマスの音楽は、John Cale, The Roches, Big StarにAlex Chiltonと、王道から離れたアーティストばかりでありますが、今回はさらにニッチかもしれませんねえ。前回予告の通りThe dB'sのアルバム「Christmas Time Again」です。

Christmas TimeChristmas Time
(1993/09/18)
Chris Stamey

商品詳細を見る


最初に前回エントリーの訂正をします。Chris StameyがAlex Chiltonと一緒に活動してた時期があったのは事実のようですが、SneakersはChrisが幼なじみのMitch Easterと組んでいたバンドで別物らしいです。77年、Chiltonがニューヨークに出てきた時に組んだ、Alex Chilton and the Cossacksのラインナップに、Chris Stameyの名がありました。ちなみに、Television のRichard Lloydも参加してたので、結構凄いメンツですね。

てな訳でここから本題です。実はこれ、1985年にChris Stamey Group名義で発表された「Christmas Time」をベースに2006年に曲を追加して、リニューアルされたものなんです。私は先の「Christmas Time」のアナログ盤を持ってたのですが、CDで買い直そうと思ってたら、知らない間にこんなんなってたのね?

<アナログとCDのジャケット表と裏>
christmas2.jpg
christmas3.jpg

トラックリスト
1. Christmas Time - The dB's
2. Home for the Holidays - The dB's*
3. (It'S Going to Be a) Lonely Christmas - Marchall Crenshaw
4. Jesus Christ - Big Star
5. Holiday Spirit - The dB's*
6. Christmas Time Is Here - Thad Cockrell & Roman Candle
7. Houses on the Hill - Whiskeytown*
8. The Only Law the Santa Claus Understood - Ted Lyons
9. I Saw Three Ships - Don Dixon
10. Christmas Is The Only Time - Wes Lachot*
11. Christmas Light - Keegan DeWitt & the Sparrows
12. Santa's Moonlight Sleighride - Ted Lyons
13. Sha La La - Cathy Harrington*
14. The Christmas Song - Alex Chilton
15. Christmas Is Saturday - Don Dixon
16. Feliz Navidad - The dB's
17. O Holy Night - Peter Holsapple
18. You're What I Want for Christmas - Chris Stamey & Cathy Harrington*
19. Silent Nocturne - Brent Lambert
20. It's A Wonderful Life - Chris Stamey
21. Snow Is Falling - Chris Stamey & Mary Mac

(赤字がオリジナルのアナログ盤に収録されていた曲、*印は今回紹介したもの)

曲が3倍以上に増えてますよ。The dB'sとChris Stamey以外のアーティストも増えて豪華な顔ぶれ。その中には先日紹介したBig Star及びAlex Chiltonも含まれる訳ですが、その他Marshall CrenshawやオルタナティヴカントリーのWhiskeytownも。Don DixonはMitch Easterと一緒にREMのプロデュースしてた方ですね。15曲目の「Christmas Is Saturday」はブルーズ色が強くてカッコいい曲です。今回YouTubeで曲探ししたんですが、中々見つからなく、取りあえず下のリンクから全曲のサンプルが聴けるみたいなんで、興味ある方は先ずどうぞ。

Christmas Time Again - The dB's / Songs, Reviews, Credits, Awards / AllMusic

そんな中、ネット検索してもバンドの実態が不明だったWes LachotのChristmas Is The Only TimeはYouTubeで発見。



ミディアムテンポのバラードで和んでくださいませー。そして、Whiskeytownの「Houses on the Hill」はリーダーだったRyan Adamsのライヴヴァージョンも発見。



ちなみに、アナログ盤の曲で唯一「Something Came Over Me(The Electric Version)」がCDに収められていませんでしたが、同曲は後にChris Stameyの「Fireworks」というソロアルバムに収録されてます。但し同じバージョンかどうかは不明。

FireworksFireworks
(1991/10/22)
Chris Stamey

商品詳細を見る




さて、The dBsとその中心人物だったChris Stameyを知ったのは、イギリスのポストパンク、ニューウェイヴにどっぷり浸かっていた80年代のことでした。アメリカのロックはダサいと決め付けていたあの頃、それでもクールなアメリカーンを探して、ヴェルベッツやらテレヴィジョンやらトム・ヴァーレインを聴いていたあの頃。多分The dB'sも同じニューヨークパンクの系統だと思って聴いてました。その他には、The Feelies及び別プロジェクトのYung Wu、Yo La Tengoとかも同じ頃。ちなみに、この辺りのバンドは確かニューヨークじゃなくて、ニュージャージーのホーボーケンの出だったような、、。Chris Stameyのレコードを出してたインディーズ、コヨーテレコードも確かホーボーケンだったわ。Mitch EasterとLet's Activeを知ったのはChris Stamey繋がりだったけど、Alex Chiltonは前回書いた通り別ルートだったなー、等々思い出に浸りつつ聴いてみました。

まー、The dB'sにしろ、Chris Stameyにしろ、どれもこれもポップなんですが、どこかヒネリの効いたポップ、って感じでしょうか。The dB'sの「Home for the Holidays」はカントリー調。



「Holiday Spirits」パンキッシュながらも、どこかキュートさを持ち合わせてて、それがホセ・フェルシアーノのカヴァー「Feliz Navidad」でもいかんなく発揮されております。



ストレートに、ロックンロールしてる感じをパンクと呼んでも良いのかな?ラモーンズなんて正にそーゆーバンドな訳ですが、The dB'sにはそこに変化球が入ってくる感じとでも言いましょうか。

Chris Stameyのソロも、まーそんな感じ。結構ポップなんですけど、「ややっ!そう来るんかあー?」と思わせる展開をしたりする、そんなお方です。このChristmas Time Againで一番好きな曲は、Cathy Harringtonとゆー女性とデュエットしてるYou're What I Want For Christmasなんですが、YouTube動画の代わりに下記リンクで聴けますよ。

↓こちらをクリック
You're What I Want For Christmas

なんか女性ヴォーカルも可愛くて和むんだわ~。このCathy Harringtonさんって、やっぱネット検索しても情報が無くてねー。クリスのアルバムに参加してる以外、音楽活動してないみたいなんで、ホントに只のお友達なんでしょうかね。元々アナログ盤はChris Stamey Group名義でスペシャルゲストにThe dB'sとクレジットされてたんですが、きっと、クリスと仲間たちみたいなノリだったんですよ。ジャケット写真には女性が2人なので、Cathy HarringtonとMary Macなんでしょう。で、CathyさんがソロでやってるSha La Laがまたキューーーーートな曲なんですけどおお。

↓こちらをクリック
Cathy Harrington - Sha La La

名義はCathyさん単独ですが、バックコーラスにクリスの声がちゃんと聴こえますねえー。打ち込みの音がいかにも80年代な作りですけど、これ、今聴いても大好きなんですわ~。そして、アルバムではこの後に先日紹介したAlex Chilton「The Christmas Song」と続くのが、何気に選曲の妙があるなと思いますね。キュートな女性ヴォーカルの後に渋い奴来たどー!って感じで。ただの寄せ集めじゃないぞと。

と言う訳で1985年の「Christmas Tme 」The dB'sおよびChris Stameyを知った私は、当然のことながら、1987年クリスのソロ「It's Alright」も良く聴きました。こちらにもポップな曲ありましよー。Cara Leeとか。



しかしね、これまでに日本盤が出た事あるんだろうか?と疑問に思ってたら、クリスがYo La Tengoと組んだアルバムは出てましたね。これはYo La Tengo有りきで出されたのでしょうか?ヨ・ラ・テンゴって、むかーーしカレッジチャートが流行り出した頃に来日して、渋谷のちっちゃいクラブでライヴを見たのですが、いつの間にか出世してた。

ア・クエスチョン・オヴ・テンパラチュアア・クエスチョン・オヴ・テンパラチュア
(2005/02/18)
クリス・ステイミー・ウィズ・ヨ・ラ・テンゴ

商品詳細を見る




テレヴィジョンの「ヴィーナス」のポップなカヴァーが素敵です。クリスさん、まだ現役で頑張ってるみたいなんで、今後もYouTube等で動向が見れると良いなーー、と思っています。

という訳で、いつもの通り纏まりなく、話がアッチコッチしましたが、クリスマスにはクリス・ステイミーの「クリスマス・タイム・アゲイン」を聴いてるぞ、と言うお話でした。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: クリスマス NYパンク

テーマ:メリー・クリスマス☆ - ジャンル:音楽

2013/12/16 08:45 yuccalina

Big Star 「Jesus Christ」とAlex Chiltonの「The Christmas Song」

仏教徒にはクリスマスなぞカンケー無い!と思ってる日本人が多いのかどうか知りませんが、そもそもがキリスト教と関係無い、ケルト民族の冬至のお祭りなんだからエエやん!と去年か一昨年に書いたような、、。まー、大体私的には仏教は、宗教でなく哲学だと思ってるんですけどね。

とか言う御託と矛盾するかもしれませんが、私がクリスマスに聴いてきた曲の1つに、Big Starの「Jesus Christ」がありました。



サード(シスター・ラヴァーズ)(紙ジャケット仕様)サード(シスター・ラヴァーズ)(紙ジャケット仕様)
(2005/11/23)
ビッグ・スター

商品詳細を見る


別にクリスマスのこと歌ってる曲じゃないですけどね。ジーザスクライスト!を連呼してる割には、ポップな曲調が良いわ。1978年のサードアルバム「Sister Lovers」に収録されております。

Alex Chiltonがソロになってからの「The Christmas Song」も大好き。こちらは定番ソングのカヴァーですが、なんでしょうかね、この気怠い感じは?ジャジーと言っても良いのでしょうか?メンフィス生まれで親はジャズミュージシャンというのも関係してそうですね。



Cliches/Loose Shoes and...Cliches/Loose Shoes and...
(2004/11/09)
Alex Chilton

商品詳細を見る


こちらは1994年のアルバム「Cliches」に収録。ソロになってからは、よりブルーズやジャズに接近していたようです。Big Star及びAlex Chiltonって、今では様々な編集盤が出てるようですね。昔は日本盤って出てなかったのになー。彼のキャリアが、ボックストップスというブルーアイドソウルのグループでスタートし、全米ナンバーワンヒットを持ってる(The Letter)と知ったのは、大分後の話ですけど、自分自身のブルーズ志向ともシンクロしてるアーティストなんで、とても印象が深いんですよ。Big StarとAlex Chiltonについては、また別の機会に取り上げたいなと思います。

んで、最後はクリスマスソングと関係ないのですが、私がBig Star及びAlex Chiltonを知ったキッカケになったThis Motal Coilの「It'll End In Tears」について。This Motal Coilは、4ADという80年代を代表する英国インディーズアーティスト達のコラボレーションです。Cocteau Twins、Dead Can Danceなど、その後も活躍しました。このアルバムの中で「Kangaroo」と「Holocaust」の2つがBig Starの曲で、どちらも上記のサードアルバムに収められています。



涙の終結(IT'LL END IN TEARS)涙の終結(IT'LL END IN TEARS)
(1999/02/20)
ジス・モータル・コイル

商品詳細を見る


どちらの曲も衝撃的でした。そのスローなテンポと静寂が、逆にガツーーンと来たと言いましょうか。即、「Alex Chiltonって誰やー?」となって、先述のサードアルバムを買いに走ったのは、言うまでもありません。

また、4ADレーベルはジャケットの美しさでも有名でしたが、このジャケ写真は、今見てもホント素敵ですわー。まっ、カンガルーなんてクリスマスと全然関係ないと思いますが、イヴの夜を厳かに過ごしたい方には、案外良い曲かもしれませんね。

と言ったところで、次回音楽エントリーの予告です。このBig Star「Jesus Christ」とAlex Chiltonの「The Christmas Song」の2曲とも収録されたThe dB'sのコンピレーションアルバム「Christmas Time Again」について。要するに、今回ひとつに纏めて書くと長くなるんで、2回に分けたんですわ。

Christmas Time AgainChristmas Time Again
(2006/11/21)
DB's

商品詳細を見る


The dB'sの中心的存在だったChris Stameyは、デビュー前にAlex Chilton、Mitch Easter(REMのプロデューサーとしても有名ね)と、The Sneakersと言うバンドを組んでいたそうで、長く交流があった模様。The dB's名義のアルバムに、直接関わりのないこの2曲が組み込まれたのも、そう言った経緯があるのか?どーかは分かりませんが、取りあえず次回はChris Stameyをフィーチャーするぞー!と息巻いておりますわ。



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: クリスマス イギリス

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR