プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2015/08/01 08:53 yuccalina

インスタントアジアン麺~パクチー焼そばとラクサを食す&シンガポールの思い出

最近、料理カテゴリーの更新が滞っております。その分、音楽と映画、ガーデニングの比重が上がってるんで仕方ないんですけど。

で、今回も料理では無くて、以前カルディファームで購入したインスタント麺の実食報告でございます。

cooking333.jpg

暑くなってきたので、こう言うのが食べたくなる季節でもありますしね~!

以前パクチーラーメン(右上)は既に紹介しましたので、今回はパクチー焼きそば(左上)とラクサ(左下)を行きますよ。

先ずはパクチー焼きそばから。焼きそばと言ってもフライパンで焼くのではなくて、茹でた麺を湯切りして、粉のタレ、香味オイルと乾燥パクチーを混ぜるだけ。カップに入ってないけど、作り方はカップ焼きそばと同じですな。

foods43.jpg

でも、具無しは寂しいので、何かチョイ足ししたくなった。麺を茹でる時に後から油揚げとエノキタケを追加しました。味付けが薄くなるかな?と心配しましたが全然OK。ってか、そのまんま作ったら、かなり味が濃そうですよ。

そして、乾燥パクチーだけではやはり寂しい、とフレッシュパクチーもトッピングです。

foods44.jpg

これで美味しくない訳がないっ!ってパクチー好きな人しか納得しないでしょうなあ。

そして左下のラクサなんですが、これがかなり再現率が高くてビックリでした。タピオカ粉の白い中太麺はちょっと違うけど、スープの感じはかなり良いです。エビと魚の出汁をベースにココナッツミルクの甘味とサンバルソース的な辛さの組合せがたまらんです。

foods39.jpg

こちらもワンパターンですが油揚げ入れて、パクチー山盛りwww

って、これじゃあ全部同じヴィジュアルじゃないのっ!でも、先のパクチー焼きそばと比べると、クリームオレンジ色したスープと、麺の太さに違いが、、って分っかるっかなー?

foods40.jpg

ホレホレ、こんな感じで、ちょっと太めの白っぽい麺、頑張ってラクサに寄せてる感じが良いのですよ。

でも、例によってスープがしょっぱ過ぎて飲みきれない。

foods41.jpg

ので、翌日、雑穀ご飯を入れて食べました。

foods42.jpg

このスープ、ご飯にも合いますね。ラクサはパクチーラーメン&焼きそばの倍の値段するんですが、カロリーも高く、これだけでお昼一食分に充分足りるから、コストパフォーマンス的には変わらないかもしれません。

ところで、ラクサと言えば、15年前に友人とシンガポール旅行した時の写真がありました。

foods45.jpg

ややっ!?パクチーのトッピングが無いですね。でも、このスープの色は明らかにラクサなんです。箸を突っ込んだままですみませんが、チャイニーズだから許してちょ。これは商業ビルの地下にあったフードコートでして、安いお店でしたがとても美味しかったんです。その後、5年ほど前に赤坂のシンガポール料理屋で食べたラクサが、全然美味しくなくて、ガックリ肩を落としたことがあります。それに比べたら、このインスタント麺はかなりイケておりました。

それでは最後にもう一つ。タイのトムヤムラーメン。

foods46.jpg

トムヤム味のインスタント麺は、マレーシア時代もよく食べてました。麺が細くて直ぐに軟らかくなってしまうので、麺を楽しむという感じではないですけどね。

foods47.jpg

おっと、この日はパクチーがなかったので、代わりにベランダの三つ葉をトッピングしてみました。うーむ、香りはするけど、やはりトムヤム風味には負けてしまいますなあ。やっぱりパクチーがないと味がしまりませんね。

という訳で、今年の夏もエスニックインスタント麺が大活躍しそうです。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
スポンサーサイト

タグ: エスニック

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

2015/06/10 08:53 yuccalina

ナンプラーをプラスしてエスニック切干大根

先日、バクテー(肉骨茶)の付け合せに作った、エスニック切干大根(右側の小鉢)のレシピを紹介します。

cooking332.jpg

切干大根のパッケージにあるレシピを少しアレンジしただけですが、具にサクラエビ、セロリ、干し椎茸とパクチーの根、ナンプラーを入れるのがポイントです。

cooking336.jpg

<材料>
切干大根 30g
桜えび 20g
油揚 1枚
セロリ 1本
人参 2分の1本
干し椎茸 2本
パクチーの根(あれば)

油 大さじ1
だし汁 カップ1
干し椎茸の戻し汁 カップ2分の1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
醤油 小さじ2
ナンプラー 小さじ2分の1
酢 小さじ1


1. 切干大根は20分ほど水につけて戻す。人参、油揚げは細切り、セロリは食べやすい大きさに、戻した干し椎茸も薄切りにする。パクチーの根っこはみじん切り。
2. 鍋に油を熱し、サクラエビ、パクチーの根を入れて香りが立ったら、水気をしぼった切干大根とセロリを入れて2分ほどいためる。
3. さらに油揚げ、人参、干し椎茸を加えて炒める。
4. だし汁、干し椎茸の戻し汁、酒、みりん、砂糖をいれて10分ほど煮る。
5. 醤油、ナンプラー、酢を加えたら、落し蓋をし、煮汁が少し残るくらいまで弱~中火で煮る。

ところで、パクチーの根っこですが、ワタクシはスーパーで購入した場合、必ず捨てずに使います。直ぐに調理しない場合は、冷凍しておくんです。

cooking337.jpg

バクテースープに入れたり、みじん切りにしてカレー(ニンニクや生姜と一緒に最初に炒める)に入れたりと、色々と重宝しているのですが、このエスニック切干大根にもピッタリでした。セロリやサクラエビとも相性バツグンですよ。パクチーがお好きな方は、根っこも色々とお料理に使ってみて下さいね。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: エスニック

テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

2015/06/04 08:48 yuccalina

久し振りの自家製バクテーとインスタントエスニック麺

暑くなってきてエスニック料理全面解禁となったブログ主ですが、少し前に友人が遊びに来た際、久しぶりにバクテー(肉骨茶)を作ってみました。

cooking330.jpg

今年の3月にダンナと錦糸町オリチカの『A1バクテー』へ行った際、ダンナから

「ウチのバクテーは味が薄い」

と文句をたれられたので、リニューアルせねばと思ってたとこなんです。A1では甘くて濃厚なブラックソイソース(海南チキンラスなどにもかけるソース)を使用していたので、カルディファームで探したんですが見つからず、取りあえずネット検索でブラックソイの原材料を調べて見たら、砂糖が入っていた!そこで、日本の醤油に砂糖を、かなりテキトーな分量で入れてみました。そしたら結構良い感じになりましたわ。

お店のバクテーと、
foods34.jpg

こちらがわが家のバクテー。
cooking335.jpg

まあ、根本的な違いが肉の種類と分量なのは、薄々気が付いてたんですが、私は余り脂っこいのが好きではない為、豚のリブロースは使わず、いつも鶏肉。しかも、手羽中とササミを半々、さらにゆで卵も入れる。と、ダシがあまり濃厚にならないようなことを敢えてしてるんで、仕方ないか。だって、何か同じ部位の肉だけじゃ、つまらないんですもーん。しかも食べる前にレタスを加えるのも、私の勝手なアレンジなんでございます。

で、色々と具を足し過ぎたせいで、スープが見えなくなったりして。

cooking332.jpg

だから、文句言われちゃうんでしょうけど、今回、味はしっかりついていたので、ダンナからクレームはありませんでした。

友人とのランチはバクテーと雑穀ご飯、小鉢が一つと簡素なものでしたが、満足してもらえた様です。

cooking331.jpg

ちなみにグラスの赤い飲み物は、発泡酒+トマトジュースのレッドアイもどき。小鉢はバクテーに合うように、ナンプラーを入れたエスニック切干大根。桜海老とセロリが決め手ですが、レシピはまた別の機会に。

今回はマレー・シンガポール繋がりで、エスニックインスタント麺を紹介します。先日久しぶりにカルディファームに行ったら、こんなの見つけたんです。

cooking333.jpg

上段がベトナムのパクチー焼きそばとラーメン、下段がシンガポールのラクサとチリクラブヌードル(汁なし)です。

ベトナムのが98円なのに対し、シンガポール麺は230円とかなり割高でしたが、総カロリーが200近く高め(500kCal超)ですから、これだけで一食賄えそう。これはちょっと楽しみですね。ラクサはエビと魚ベースの出汁にココナッツミルクのスープで、タピオカ粉の白い中太麺です。クセがありますが結構ハマります。

が、今回は取りあえず、余分に買ったお安い方のベトナムパクチーラーメン(右上)を食べてみました。

cooking334.jpg

結構アッサリめのスープに乾燥パクチーがタップリ入ってます。たまりませんっ!がっ、ワタクシは更にフレッシュパクチーも入れてしまいましたよ。美味し。他のも食べてから、またリポートしたいと思います。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: エスニック

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

2015/05/29 08:50 yuccalina

神保町で会いませう(3)~プチ・エスニック・エリアと『マンダラ』のランチ

チェコの藍染展、ポーランド映画『パプーシャの黒い瞳』に続き、神保町散策話の続きです。

映画の後は1人でランチを取りました。外食する機会は余り多くない生活ですので、何にするかじっくり考えたいところですが、私は岩波ホールの裏側にあるプチ・エスニック・エリアが好きなんですよね。タイ料理が2軒、シンガポール、インドと、何故かエスニック料理店が4つ固まってるんですわ。東京メトロ神保町駅にも近くて、便利ですしね。

gourmet9.jpg

後で調べて見たら、4軒とも同じ『西インド会社』が経営しているそうです。なるほど。

2年前に『最初の人間』を見た後はシンガポール料理『マカン』で食べたのですが、今回はインド料理『マンダラ』を選択。ジプシーの映画を見た後だから、一番近そうなインドを選んだ、と言う訳でもないのですが、ここは以前から気になってるお店だったんです。

中華料理『多味屋』の地下で、一見見過ごしそうですが、

gourmet10.jpg

メニュー写真は結構高級な雰囲気です。

gourmet11.jpg

店内も小奇麗な感じで、価格設定も少し高めかな?って、あくまでも私の地元と比べてですが、、。どれもカレーが1種類でドリンク無しなのがなあ、、。

gourmet12.jpg
gourmet13.jpg

私は一番安いCセットで、カレーは野菜を選びました。インド料理は油分が多いため、腹持ちが良過ぎて、私は昼でも食べ過ぎると、夜までお腹が苦しかったりするんですよね。

gourmet14.jpg
gourmet15.jpg

ナンもカレーも小さ目に見えますが、ワタクシには充分な量でした。それでも、やはりデザートよりもドリンクを付けて欲しいなあ。私にとっては食後のチャイが、インド飯の楽しみの一つですから。

で、カレーについてですが、私は野菜を選ぶ事が多いんです。チキンやマトン、豆、キーマと言ったカレーは、どこでも具が殆ど変りばえしないのですが、、野菜カレーはどんなのを入れてるかで、結構お店のカラーが出ると思うからです。まあ、普段はカレーを2種選べるようなランチを食べる事が多いから、ってのもありますが、、。

カレーのベースはクリームたっぷりでココナッツ又はカシューナッツが入ってそうな甘さと舌触りがあります。これまで食べた中では一番クリーミーで濃厚。やはり北インド風?そして、具は揚げた茄子、ピーマン(緑)とトマトでした。針生姜のトッピングが私的にとても嬉しい。

これは初めてのパターンで、とても新鮮に感じましたわ。これまで食べた中で、圧倒的に頻度が高い野菜は、ジャガイモ、ニンジン、インゲンで、時々大根、オクラ、カリフラワーといったところ。茄子とピーマンとトマトでは、同類の野菜ばかりで、バランス的にどーなの?と思えなくもないですが、「季節の野菜」ならこれでOKですね。ちなみにトマトって、具でなくカレーベースに入れてる店が多くて、カレーが全体的に赤っぽいのは殆ど入ってるのではないかしら?例えばバターチキンは、赤いのと黄色いのと二つのタイプに分かれますが、前者はトマトの色なんですよね。って自分で作ってみて気が付きました。

一方、主食はナンかナン+小イエローライスしか選べないのが残念でした。私はイエローライスが大好きなんですが、両方だと絶対食べきれないので、仕方なくナンに。しかし、味は結構好きなタイプ。ナンの美味しさって、ギーの美味しさだと思います。なので、きっとイエローライスの味もよさそうな気がしますわ。

もしかしたら頼めばライスオンリーに出来たかもしれません。次の機会(また岩波ホールか?)があれば、是非食べてみたいです。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: エスニック インド

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

2014/07/01 08:45 yuccalina

スパイシーフードの季節

関東の梅雨明けには、まだもう少しかかりそうですが、夏の訪れと共にスパイシーフードを解禁するブログ主です。アーユルヴェーダ的食生活を細々と実戦する為には、暑い土地の食べ物は暑い季節に食べたいと。夏野菜が旬の方が、断然美味しいのです。

そんな訳でそろそろ、エスニックフードのレトルト等を購入し始めましたので、紹介しようかな。って、レトルトがアーユルヴェーダと反してるのは、取りあえず置いといてくださいませ。

おっと、その前に、ダンナがインドとタイの出張者から貰ったというお土産をちょっくら紹介。

foods12.jpg

左はインスタントのカレーヌードル。右が鶏肉と水だけあれば、バターチキンカレーが出来ちゃうインスタントのカレーペースト。インスタント麺の方を実食してみましたが。

foods16.jpg

なーんか、全然インドカレーっぽくなくて、ガッカリでした。それにインド人には石臼でオリジナルスパイスを調合してて欲しい、という勝手な思い込みがあるので、インスタントのペーストも、使ってて欲しくない、と思ったりもしてね。

そしてこちらが、タイのトムヤムクン味プリッツ。

foods13.jpg
foods15.jpg

これは中々イケました。結構好き。日本で出してもソコソコ売れるような気がしますよ。

んで、ここからがワタクシの一人ランチに活躍しそうな、日本で出ているエスニックのレトルトシリーズでして、先ずは無印良品のカレーです。これまで、バターチキンや野菜カレー、キーマカレーを紹介しましたが、まだまだありますよ。左から、ホウレンソウのパラック(サグとも言いますね)チキン、シンガポール風スープカレー、タイのマッサマンです。

foods9.jpg

自家製イエローライスと合わせて、パラックを食べてみました。

foods10.jpg

クリーミーで辛さもちょうど良い。バターチキンに続きこちらもヒットです。タイのマッサマンも、コクがあって美味しかったですよ。

foods20.jpg

そして、シンガポールカレー。

foods19.jpg

独特の酸味があって美味しいです。最近買ったボレスワビエツのボールで食べてみました。オサレなカフェで出てきそうな雰囲気?

お次は缶詰ですが、ツナ缶で有名ないなばの「タイカレーシリーズ」は、種類がドンドン増えてます。

foods11.jpg

ちょっと甘過ぎるので、私はいつも何か野菜とナンプラーを足しているのですが、お手軽に本格的な味が楽しめて重宝しております。しかし、いつの間にかトムヤムチキンなんてのもあって、「ツナ」が無くなってるじゃないですか?いなばは一体どこに向っているのでしょうか?

とか思ってたら、ニッスイとマルハでも似たような缶詰を出しているようです。

foods18.jpg

ムムッ?それほどタイカレーの人気が出てきたってことなんでしょうか?それとも日本とタイの間での経済交流を押す大きな力が働いているのでしょうか?ちょっと気になりますねえ。例えば、ブラジルのワールドカップと五輪が決まって以来、ブラジル由来の食べ物を矢鱈と流行らそうという動きは明らかでした。アサイ―、マテ茶などを一般的に広めようって、ゴリ押ししてたと思うんですよ。この缶詰業界の動向の裏にも何かあるのかなー?なんて、勘繰りたくなる今日この頃です。


お読み頂きありがとうございました。
↓良ろしかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: インド エスニック

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR