プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2012/11/01 08:30 yuccalina

ある日の昼食から~ゆかり漬と味付け山なめこ

このブログの中で、日頃からアーユルヴェーダ的食生活の話なぞ書いている私ですが、毎日大層なもんを作ったり、食べたりしている訳ではありません。基本的には粗食、時々インスタント、ごくたま~に外食してちょっと贅沢気分、てとこなのですが、下の写真はある日の私の昼食です。

cooking20_convert_20121031140950.jpg

矢鱈と品数だけありますが、大半は冷蔵庫にあった常備菜、そして市販のごはんの友です。 玄米雑穀ご飯に味噌汁、そしてオカズは、左からスパムのポテトサラダ、ニンジンの味噌マヨカレー風味、アボカドのワサビしょうゆかけ、味付け山なめこ、紫色のが、冬瓜と大根のゆかり漬。アボカドはスライスしただけ、山なめこは瓶詰のもので、岩手県九戸郡洋野町の㈱長根商店謹製、コープデリにて購入しました。なめたけを上品にしたような味です。

cooking21_convert_20121031141011.jpg

その他は全て常備菜です。日々の調理を手抜きするためには、週に一度くらい時間をかけて常備菜を作っておくと、後がとっても楽です。スパムポテサラ、味噌マヨ人参は既に紹介しましたので、興味のある方は過去のエントリーをご覧ください。

スパムのポテトサラダ粒マスタード仕立て
ニンジンの味噌マヨカレー風味和え

で、今回紹介したいのが、冬瓜&大根のゆかり漬です。実はこのメニュー、「ローノイエ」(byすくるんさん)というブログで紹介されていた「ゆかり風味のシャキシャキ冬瓜サラダ」を見て思い付いたと言いましょうか、「そうか、ゆかりも単にふりかけだけでなく、調味料と思って使えば良いのね」と思って、色んな野菜を漬け込んでみました。玉ねぎは独特の辛さとゆかりの味がイマイチ合いませんでしたが、大根やカブはいい感じです。

すくるんさんのオリジナルレシピはこちらから
ゆかり風味のシャキシャキ冬瓜サラダと、タラバガニ ‐ 「ローノイエ」より

で、上の写真の品は、大根と冬瓜をミックスして作ったものです。各々千切りにし、塩でもんで水気をよく絞ります。シャキシャキ感は無くなりますが、常備菜として日持ちさせたいので、、。そこに少量の酢とオリーブオイルをかけてよく馴染ませたら、最後にゆかりをお好みの量加えます。味見しながら好きな塩加減にして下さい。タッパー等に入れて一晩寝かせたら、綺麗な紫色になりますが、途中で何回かかき回すと色が均一につく様です。

因みに作りたてだとこんな色です。こちらはカブだけ(中1個分)で作ってみたものです。
cooking24_convert_20121101082130.jpg

一晩したらこんな感じ。3日もすると、さらに綺麗な赤紫色になります。酢を入れると脱色効果があるので色が綺麗に出るみたいですね。
cooking23_convert_20121101082150.jpg

んな訳で、ふと思いつきました。この色で思い出したのは、母が家で漬けていた紅ショウガ。毎年梅干しを漬けていて、出来た梅酢に生姜を漬けこんでいました。ゆかりでカンタン紅ショウガが出来るかも?と早速実験。失敗したら勿体ないんで、取りあえず約10㎝四方の小さなタッパーに、生姜のスライスを入れかぶる程度の酢を注ぎ、ゆかりを加える。一晩でこんな感じになってました。

cooking22_convert_20121101082211.jpg

ゆかりを入れ過ぎたか?それと、酢の量を少な目で作るなら、タッパーよりもジップロックを使った方がよいかもしれません。取りあえず味見をしながら、これから適当な量を探ってみたいと思います。

と言ったところで、ゆかりを使った即席漬物、先のニンジンの味噌マヨと同様、彩りとして作り置きがあるととても便利ですよ。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

タグ: 東北 常備菜 ごはんの友

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

2012/08/16 12:42 yuccalina

山形のだしと梅干入り餃子

なでしこジャパンの佐々木則夫監督が、山形県出身と知って好感度が急上昇中、東北系日本人のブログ主です。飄々としていて、口煩くないけど、肝心な時はビシッと言ってくれて頼りになりそうな、東北男の良い面が出ているような気がします。1つに注文を付けるなら、頭髪は真っ黒に染めない方がカッコ良いのでは?と白くなった生え際を見て思いました。

と、前置きはこれくらいにして、今回は山形の有名なごはんの友山形のだしを紹介しまーす。

dashi.jpg

私はコープ・デリのカタログに出てたら、必ず買っています。昔、テレビでウドちゃんが紹介してたような気がしますし、スーパーの売場でも見かけますので、関東以北ではポピュラーかもしれません。細かく刻んだ胡瓜、茗荷、生姜、昆布等を味付けしたもので、若干とろみがついています。ご飯に乗せて食べるだけでも美味しいですし、今の時期なら素麺や蕎麦、うどんにトッピングしたり、冷奴に乗せたり色んな食べ方が出来るので、毎日食べても飽きません。

<ある日の私の昼食。ごはんに乗せて。因みに左上は以前紹介した宗家キムチ>
lunch.jpg

私が特にお勧めしたいのが、納豆に混ぜる食べ方です。但し結構塩気が強いので、納豆に付いてるタレは入れない方が無難かも。

そして、今回もう1つ紹介したいのが、同じくコープ・デリで購入している梅ぼし。こちらは奈良県の勝栄きんさんが作っている、塩とシソのみで漬けた昔ながらの味。ハチミチ等で甘くしたものよりも、私の好みです。

cooking9_20120816085348.jpg
cooking8_convert_20120816085929.jpg

しかし、梅ぼしというのはそれだけで塩分が高いし、半分食べて取っておくことが出来ません。そこで、最近凝っているのが、調味料としての利用。私が気に入ってるのは、茄子などの味噌炒めに混ぜること。味噌をレシピの半量にして代わりに、種抜きして叩いた梅ぼし2つ分を、その他の酒・みりん等と混ぜるだけ。味噌味と酸味がよく合い、トモローも梅ぼし入り味噌炒めは大好き。

そして、梅ぼし入り餃子もイケます。我が家の餃子は豚肉、キャベツ(冬場は白菜)をベースに下ろし生姜、ネギ、大葉を入れるのが定番なのです。ニンニクとニラは入れたことがありません。塩を少な目にして代わりに梅ぼしをいれてみたところ、中々美味でした。

<梅干と大葉の相性もGOOD>
cooking7_20120816085415.jpg

<キレイな焦げ目がついたのをパチリ>cooking10_convert_20120816123619.jpg

ポン酢や食べラー油を付けて食すと更にGOODですよ。

という訳で、山形名産のごはんの友と、奈良の梅干しのお話でした。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: 東北 ごはんの友

テーマ:うちのごはん - ジャンル:結婚・家庭生活

2012/07/02 08:16 yuccalina

東北ネタ三種盛合せ‐ごはんの友と佐藤錦とお笑いと

すっごく久しぶりですが、お気に入りのごはんの友を紹介します。

「青なんばん味噌っこきゅうり」は、コープデリにて購入。岩手県花巻市の㈱道奥の商品です。私は半分秋田県人の血を引いてるせいか、東北のお漬物は大抵口に合い、山形の「ぜんご漬け」なども大好きです。

gohannotomo1.jpg

で、この「青なんばん味噌っこきゅうり」とは、青なんばん=青唐辛子入りのきゅうりの味噌漬。甘めの味噌に唐辛子のピリリとした辛さがご飯にベストマッチです。しかし、辛いものが苦手な人は、ちょっとキツいかな。

ちなみに「味噌っこ」というネーミングで、私は幼い頃の1ページが頭をよぎりました。父親の秋田の実家では、味噌汁が「しるっこ」と呼ばれていました。味噌汁→味噌汁っこ→汁っこ?という経緯で変化してたとしたら、何か変な感じですけど、とにかく「しるっこさ、けぇ」と言われて、全く何のこっちゃ分からなかった衝撃を思い出してしまいました。「けぇ」は「食え」が訛った言葉なので、標準語に直訳したら、「味噌汁食べなさい」になりますが、別に命令する意図はなく、勧めてるだけなんで「お味噌汁をどうぞ」みたいな感じでしょうね。と、暫し思い出にも浸らせてくれる「青なんばん味噌っこきゅうり」のお話でした。

さて、このタイミングで金曜日の夜、ダンナが会社からお土産を持ち帰ってきました。山形県出身の後輩から、佐藤錦(サクランボ)を貰ったそうです。

snsk_convert_20120630155251.jpg

見てください!この色ツヤ。見た目だけでも、スーパーで売られてる佐藤錦と、明らかに違います。そして、口にしてみると、その弾力のある果肉の甘酸っぱさといったらもう、今まで買って食べていたのとは全くの別物でした。味に敏感なトモちんも直ぐに食いついてきて、この表情です。

tomoro32.jpg

「次はいつ食べられるか分かんないから、大事に食べて~」という母の願も虚しく、アッという間に食べられてしまいました。

と、何か東北ネタが続いたんで、も1つオマケ。私はお笑いに関しても、東北贔屓なとこがあるかもしれません。狩野英考(宮城)は別ジャンルで、ウド鈴木(山形)もちょっとパワーあり過ぎとは思いますが、東北の笑いの底に通じている「とぼけた事をボソッと言う感じ」がとても好きなのです。あの島田紳助はサンドウィッチマン(宮城)がM-1で優勝した後「それまで東北はお笑いの不毛地帯だった」的なコメントを残していましたが、私には結構違和感がありました。それは多分、ドラマ「時間ですよ」等で見ていた喜劇俳優、故・由利徹(宮城)のせいだと思います。後にビートたけしがリスペクトしている事を知り、さらに愛着がありました。あの、すっとぼけた脱力感が、私の耳に滲みついていたのかもしれません。

東北弁が「寒い国では、あまり喋らないから言葉が短くなって出来上がった」という説と直接関係はないでしょうけど、余り言葉の数で勝負してないとこなど、どこかでお国柄が出てるような気がします。あまり前には出てこないけど、ちょっとした間に入って絶妙な笑いを生む感じ、と言えば良いのでしょうか。こじつけになるかもしれませんが、博多大吉さんが半分東北人(母親が福島の方だそうです)と知った時に、妙に納得するものがありました。「アメトーク・華丸大吉芸人」でこの話題が出た時に、「あの控えめな感じはやっぱりそうなの?」と思わず頷いた東北系日本人(何それ?)は、多分私だけではないでしょう。そして、M-1チャンプのサンドウィッチマン(一昨日のエンタも面白かった)にしても、グイグイ押して笑いを取る感じではありませんよね。

ここでもう1つ、東北の笑いの特徴として私が感じているのは、アバンギャルド(前衛)性です。その代表格は言わずと知れた鳥居みゆきちゃん(秋田育ちではないようですが)。彼女を見ていると、暗黒舞踏の祖、故・土方巽(麿赤児の師匠)を生んだ秋田の血脈を感じてしまいます。ロシア・アバンギャルドしかり?前衛的なものは寒い土地で生まれるものなんでしょうか。ちなみにSMAPのアバンギャルド担当(と私が勝手に決めている)草剪剛くんは、泥酔し全裸パフォーマンスをして世間を騒がせた事がありますが、彼の父親は秋田県人だそうですよ。

と、ちょっと話がズレちゃいましたが、そんな東北のオトボケ感とアバンギャルド性を兼ね備えてると思える、私が今一番注目してる東北系芸人は、磁石のボケ、永沢たかし(秋田)です。実は昨年のThe Manzaiでも、私は彼が秋田県出身とは知らずに応援していました。それまでは、レッドカーペット等でショートネタを見た事があっただけなんで、ネタの中で永沢が「んだんだ」言ってたのも知りませんでした。The Manzaiでは、残念ながらナイツと同じ組で敗退してしまいましたが、彼のボケの感性はとっても私好みなのです。そんな訳で今年はさらに、磁石を応援したいと思っております。月日が経つのは早いもので、The Manzaiの予選、もう始まってるんですよねっ!

サンドウィッチマンのお手紙シリーズとはまた一味違う磁石のネタ>



お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タグ: アメトーク 博多大吉 サンドウィッチマン 鳥居みゆき 東北 ごはんの友

テーマ:ブレイクしてほしい芸人 - ジャンル:お笑い

2012/04/07 08:32 yuccalina

ごはんの友の話‐情報もお待ちしてま~す!

一人、お家で昼食を食べる機会が多い主婦にとって、「ごはんの友 」は有り難い存在だ。自分が食べるだけでなく、夕食のおかずがもう一品欲しいな、と言う時にも便利だしね。漬物に佃煮、ふりかけから珍味まで、人に寄って好みは様々だろうけど、世の中にはどんな「ごはんの友」があるのか、考えただけでワクワクするわ~。わが家は週一でコープデリを頼んでいるのだが、「これは!」と思うのがあれば必ず試している。結果「ムムッ」と微妙なのもあれば「いーんです!これなんです!美味いんです!」もある。といつもの様に博多華丸が憑依しとりますが、今回は最近ヒットした「ごはんの友」を紹介しよ。今後もネタが沢山あれば、シリーズ化もありだなー、これは。

記念すべき?一品目に選ばれたのは、長野県の藤屋わさび農園(有)の野沢菜入り国産味噌わさび。ごはんには勿論、豆腐にのせたり、とろろ(ワサビと合うのよね)に加えても美味。味噌好きで野沢菜好きでワサビ好きな私には、正に夢のコラボレーションと言ってよいね。しかし、ワサビがかなり効いてるので、ワサビ好きの人にしかおすすめできないかなー。

gohannotomo.jpg

そして、もう一品は宗家(チョンカ)キムチ。韓流スターは全く響いてこない私だが、キムチはかなり好きだ。市販品は結構色々試しているんだが、これが今までで一番好きかもしれない。パッケージにある料理研究家コウテンケツさんの写真に最初は「ムムッ」とまたもや華丸さんが降りてきたが、蓋を開ければ、辛味、塩味、甘味、酸味のバランスが良い。そしてクドくない。最近「コク旨」とか「ウマ辛」とかいうネーミングにつられて買ってみた品は、私には甘過ぎるのが多かったんだが、 これは見た目にも赤色が少なく上品で、味も同様に濃すぎずそれでいてしっかり旨味もある、私の好みにピッタリなんだわ~。

<コウさんの写真ちょっとデカ過ぎ?>gohannnotomo1_convert_20120406154116.jpg

<実物は、もっと赤色が控えめです>gohannnotomo2_convert_20120406154137.jpg

コウさんの写真が気になったのには理由がある。かつて、厚化粧のイタリアンシェフKT氏がプロデュースしたキムチが、イマイチ、もとい、私の好みでなくてガッカリした時に、「こんな写真に金を使うなら、1円でも安くしてくれよー」と思ってしまったからだ。しかし、心配ご無用、全然オッケーでした。これから暫くはこのキムチをリピートするつもり。

ところで、このエントリーを機会に、にほんブログ村にトラコミュを立ち上げてみました。その名は
ごはんの友探査隊
です。

にほんブログ村に参加されてる方で、もしお気に入りの品を紹介する機会があったら、是非ともトラックバックをお願いしま~す。市販品は勿論、手作りのごはんの友レシピなんかも大歓迎。情報をお待ちしております。


お読み頂きありがとうございました。
↓良かったらどれか1つポチお願い致しますm(__)m


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

タグ: ごはんの友

テーマ:ご飯のお供 - ジャンル:グルメ

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR