プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/02/25 13:32 yuccalina

『沈黙サイレンス』に見たサマディな瞬間~不定期便『哲子な部屋』その4

話題の映画『沈黙サイレンス』を見たのには、ある理由があります。

<こちらの画像をクリックするとインスタ投稿に飛びます>




私の哲学のお師匠さん、Okanoさんのブログ『神秘主義哲学の立場から』の、下記の記事を読んで、非常に興味をもったからです。

遠藤周作『沈黙』~スコセッシ監督の映画に描かれなかったもの~

以下記事からの引用は青字で表記します。

私が個人的に残念だったのは、原作にある、まさに殉教しようとするロドリゴの心中の劇的ドラマがほとんど取り上げられておらず、踏絵の場面に繋げるために変更すら加えられていた点です。クリスチャンの方々は、原作のこの箇所にはあまり眼を向けたくないのかもしれません。しかし、神秘主義の立場 ―― それはキリスト教からすれば、異端的であるわけですが ―― からすると、宗教体験というもののリアルな特徴が絶妙な仕方で描かれており、遠藤周作の作家としての力量に感心させられる箇所なのです。更に、ここを読むかどうかで、全体の解釈にも影響が出て来ると思います。もしかしたらクリスチャンには抵抗があるかもしれませんが、禅などに関心のある方は、興味深いと思われるパッセージかもしれません。

キリスト教そのものの立場からみると、司祭が踏絵を踏むというのは、信仰の挫折の物語かもしれません。そうした人間の弱さをも包み、その痛みに寄り添う神の愛が描かれているのが、遠藤周作の『沈黙』だと言っても良いのですが、踏絵の場面はロドリゴの単なる思惑ではなく、明らかに一種の宗教体験として描かれています

記事には小説の文章を引用しつつ、丁寧に解説していますが、それをシンプルに書くと、

自分の土台となっている神を捨てることは、神を信じている自分自身を捨てること(=自己放下)、その結果として神の沈黙が破られる。

と言う、ある種の矛盾ですが、そればヨガを学ぶ私としては、サマディのプロセスの様に思えて、妙に納得出来たんですね。

で、実際映画を見て思ったのは、主人公ロドリゴが棄教したのは、単に拷問される信者達の声に耐え切れず、彼等を救う為に踏み絵に足をかけ、その結果として神の声を聴いた。

また、「汝の為すべきことを為せ」と言うキリストの言葉が絶妙なタイミングで挿入されるので、

為すべきこと=踏み絵を踏んで信者達を助けること

とロドリゴ自身が自分に言い聞かせた、と取ることも出来ます。

しかし、何れにせよ、ロドリゴが自己放下するプロセスは全く描かれず、矛盾と葛藤する描写も薄かったと思います。まあ、物語の流れとしては、違和感なく繋がってた気もするんですが、宗教とは?信仰とは?を深く考えていたであろう、原作者の意図が無視されたと取られても仕方ないですね。

で、ヨガにおけるサマディとは、私も勿論経験したことはなく、本からの知識でしかないですが、

自我を捨てることで真我と出会った状態

「何かを手放すことで何かを受けとる」プロセスは、ヨガの世界では、常に共通する流れでもあります。また、真我アートマンとは宇宙の真理ブラフマンと繋がってるから、神と繋がったと解釈しても良いのかもしれませんが、ヨガにおける神とか霊性というのは、キリストのような人格神ではないので、同じと言ったら怒られるかもしれませんね。

スコセッシ監督はイタリア系でカトリックですから、この小説を扱うことだけでもかなりのチャレンジだったかもしれません。ですから、キリスト教関係者に配慮して、その場面を省いたとしても致し方ないかなと思います。

しかし、映画を見てて、我ながら驚いたのは、隠れキリシタンの村人達にあまり共感出来なかったことです。それは、彼等の信仰心の描き方が、余りに薄っぺらく感じたから。年貢も苦しみもない"はらいそ"=パラダイスの話ばかりして、実際ロドリゴに「十字架やロザリオといった形のあるものばかり求めるのが気になる」と言うモノローグがありましたし、意図的にそうなっていたのかな?

そんな訳で、教科書で学んだ子供の頃は迫害された人々をもっと可哀想と思っていた筈ですが、ポルトガルの政治的意図を考えたら、警戒されるのは当然、と言う目で終始見てしまった気がします。

政治的野心を抜きに、純粋に信仰として広めたかったのなら、まずは日本と言う国を理解してから、その文化にあった布教の仕方があった筈です。

「絶対的真理なのだから、どこへ行っても通用する」

と言うのは、傲慢過ぎるよイエズス会!その結果、無辜の民が拷問にかけられて、

「理解しない幕府が悪い」

では、余りにもドイヒー!

で、何だか腹が立ってきちゃいました。

そんで、形に拘る、に関してですが、教会に行かなくても、十字架がなくても信仰する事は出来るんじゃないか、と思ってしまう私の考えは日本的なんでしょうかね。だから、お奉行さまが「踏み絵はほんの形だけなんだから」と促したのも、実に日本的だったのでしょうね。形だけ捨てたことにして、心の中で十字を切ろうがキリストの像を思い浮かべようが構わない、とでも言ってるように、私には聞こえてしまったんです。

その根底に、形あるものはいつか滅びる、諸行無常感がある訳ですが、諸行無常という流れを作ってる大きな力としての神の存在、と言うのを常にどこかで意識している。それが私が思っている神様ということになります。

そう言えば、ザ・ザのマット・ジョンソンは『Armageddon Days Are Here Again』の中で、

キリストはローマにもイスラエルにもいない
キリストは教会にも行かない

と歌って、物議を醸したのを思い出しました。頭を丸めてハーブティーを飲み瞑想する生活をしてたジョンソンは、キリスト教的価値観から解放された人だったのでしょう。

とまあ、あーだこーだ書いてまいりましたが、『沈黙』は今度小説も読んでみようと思ってますので、読了後にまた取り上げてみたいと思っております。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

2017/02/17 15:13 yuccalina

時を超える服ミナペルホネンのこと

何かと評判のよろしくない朝日新聞でも、良い記事も結構載っているものです。



上の画像をクリックするとインスタ投稿に飛びます。

個性的で魅力的なオリジナルテキスタイルの服を世に送り出しているブランド、ミナペルホネンのデザイナー皆川明のお話がとても素敵だったんで、もう少し書いておこうかと思います。

流行のサイクルに乗る為には、低コストで消費される服を作らなければならず、そこに疑問を抱いた皆川さんは、流行に背を向ける覚悟をします。服地から企画し、流行に左右されない末長く愛される服を目指す。日本の素晴らしい技術を持った職人や工場を活性化させることで、自分の服作りの可能性も広がっていると。そこで感じられたのは、

メーカーと工場は上下関係ではなく、一緒に服作りをするパートナーである。

そこにあるのは信頼関係です。そういう中でしたら、職人さんも工場の方々にも、より良いモノを作りたい、と言うモチベーションが生まれるのは当然でしょうね。

インスタ投稿でも引き合いに出してますが、私は三宅一生氏のドキュメンタリーを思い出したんです。そこでは、折り紙のドレスを縫製している東北の工場が紹介されていて、一生氏はこう語っておりました。

「日本の職人さんは決して諦めない。どんな難しい要求にも答えようと頑張ってくれるし、”こんなもの出来ますよ”とアイディアを出してくれたりもする」と。

一生氏は職人さんや工場の人達も含めて、服作りの仲間だと言ってました。下の動画は、Issey Miyakeの折り紙ドレス132 5.シリーズ。




話を皆川さんに戻すと、インスタのコメントで教えて下さった方がいて、『プロフェッショナル』の動画があったので、貼っておきますね。



皆川さんは、ビジネス面だけでなく、アーティストとしてとてもヨガ的な思考の持ち主なんですね。マイナスの中にプラスの要素を見つける、なんて。

私もいつかミナの服を着てみたいです。



YouTubeにあったコレクション動画。何年前のでも、これ着てみたい!という服があるんです。

テーマ:レディースファッション - ジャンル:ファッション・ブランド

2017/02/09 09:24 yuccalina

世界をどう理解するかも人それぞれ~『僕と世界の方程式』

またもやインスタからのネタ下しになりますが、自閉症で数学の才能を持つ少年を描いたイギリス映画、『僕と世界の方程式』を見ました。手短に書きますがネタバレ有りですので、宜しく。

<こちらの画像をクリックするとインスタの投稿に飛びます>




映画に出てくる数学の問題は、殆ど理解出来なかった私ではありますが、人はこの世に生まれて、何を手掛かりにこの世界を理解していくのかは、人それぞれなんだろうなと思いました。図形や数字への興味から入っていく人も沢山いるのでしょうね。母親が息子の世界を知るべく、数学の勉強を始めて、最後には、人を好きになるってどんなことを、数学に例えて説明する。それを理解した息子との距離が近付いたエンディングが素敵でした。数学オリンピックのどんな問題よりも、彼が解くべきだったのは愛の方程式であったとなっ?

で、その中国少女との淡い恋でなんですが、

実を言うと私は最初、

これはもしや中国名物のハニートラップではっ?

と疑ってしまったのでwww

そうじゃなくて、逆にホッとしたんです。

嫌ですねえ、薄汚れた大人ってwww

つい疑っちゃう。

後で知ったんですが、『リトルダンサー』と同じスタッフだったんですね。見た後に、気持ちがスッキリしたのも同じでしたよ。自閉症云々を別にしても、人間ドラマとして、とても素敵な映画だと思います。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

2017/01/26 09:25 yuccalina

ブルース&ソウルレコーズ買いました!~Black America Meets The Beatles

インスタからのネタ下ろしばかりで何ですが、ブルース&ソウルレコーズ2016年12月号がヒいジョーに良かった。



映画マッスルショールズで知って、ノックアウトされたウィルソン・ピケットのヘイ・ジュードが付録CDに入ってるとのことで、即決だったんですが、



他にもイカした曲が沢山。The Watts 103rd Street Rhythm Bandによるファンキーなイエローサブマリンは、音頭以上のインパクトでしたが、動画は見つからず。

で、今回はVol.1, 2とリリースされている、Black America Sings Beatlesの収録曲を、幾つか紹介したいと思います(下の画像は第1集Come Together)。

61KGHXI6qaL__SX425_.jpg

まずは、スティーヴィー・ワンダーの『We Can Work It Out』



こちらの動画はホワイトハウスにご招待されての演奏。客席にオバマ夫妻とポールが並んでノリノリなのも、よろしおすなあ。キーボードのリフが耳に残るし、間奏のブルースハープもカッコいいんです。
投稿後に気が付いたんで、追記。
このスティーヴィー・ワンダーのカバーはBlack America Singsシリーズには、入っておりませんですた。
雑誌誌面に名カヴァー50選なるものがあり、そちらで紹介されてたので、混同してしまったようです。スミマセンm(__)m


そして、アル・グリーンの『I Wanna Hold Your Hand』(Vol.1に収録)



これはお蔵入りになってたセッションらしいんですが、冒頭からリラックスして曲を楽しんでるのが伝わってきますなあ。テンポを落としてのバックビートがファンキーで、思わず踊りたくなっちゃいます。キャーキャー!

ジュニア・パーカーの『Lady Madonna』(Vol.1に収録)もゆったりバックビートで、セクスィー部長なノリが素敵。



最後はジョージの曲行きましょうか。ニーナ・シモンによる『Here Comes The Sun』(Vol.2 Let It Beに収録)。



これは、中々オサレなんじゃないでしょうか?元々チョイかすれ声は、大好物なワタクシなんですが、曲の雰囲気とジャジーなヴォーカルが、凄くあってると思います。あー、こっちのCDも欲しくなっちゃったなあ。多分買うと思います、はい。

タグ: R&B ソウル 60年代 70年代

テーマ:The Beatles(ビートルズ) - ジャンル:音楽

2017/01/12 09:30 yuccalina

シド・バレット評伝とディスりたい人達の話

去年読んで、ブログにどう書こうか、ずっと迷っていた本がこれ。

516XKGJVHXL__SX321_BO1,204,203,200_

Amazonで中古が安かったんで買っちゃった。DVD『シド・バレット・ストーリー』を先に見てたし、ナルホドナルホド、とすらすらと読めた感じですが、ショックな話も多いです。

情緒不安定からか、シドは歴代の彼女を殴ってたらしい。暴力はいかんよねえ。

それと、気になったんが、ケヴィン・エアーズが『O Wot A Dream』(1973年Bananamour収録)を歌った時の話として、

「シドとは会ったことないが、、」

と話したというくだりは、おやおや?

では1969年『Joy Of A Toy』時にあったとされるセッションは偽物なのかい?まあ、多分本にある発言が間違いか、ケヴィンの記憶違いってことすかね?

しかしですねっ!一番びっくらこいたのは、序文をこの人が書いてたことですっ!

julian23.jpg

ジュリアン・コープ

また、お会いしましたわね。そういや、ジュリアンの自叙伝、まだ、じぇんじぇん読んでませんわあ。

とか思ってるそばから、最近、パティ・スミスの『M Train』も買っちゃったのよね。



そう言う訳で、

今年の抱負は、溜まってる本を読む

です。

最後にまたシド・バレット評伝に話を戻します。シドとは関係ない話ですがが、ロジャー・ウォーターズの父親がイタリアで戦死したという記述にも、おやおや?

「俺の父親は日本兵に殺された」

初来日のインタビューでの開口一番がこれ!

と言うのは渋谷陽一がラジオで言っとった。以来、

ロジャー・ウォーターズって見た目だけじゃなくて中身もブスっぽいな。

と思ってた私ですがが、さらに嫌いになりますたwww

イタリアで亡くなったのなら日本兵はありえませんねえ。多分恨む相手、ディスる相手として、

イタリア人<日本人

の方が都合が良いから、勝手に脳内変換したのでしょうか?

とか、どーでも良いことに突っ込んでごめんなさいね。

そう言えば、ジュリアンが日本贔屓の理由として、

「敗戦でボロボロになったのに、立ち直ったのが素晴らしい」と言ってましたが、彼がクラウト(ドイツ)・ロックのファンでもあったのは、そう言う意味もあるのでしょうか。ウォーターズとは世代が違うので、感覚も違うんでしょうねえ。昔見た『孤高の警部ジョージ・ジェントリー』というちょっと恥ずかしい邦題の刑事ドラマは、60年代のロンドンが舞台だったんですが、ドイツ人が嫌われ者として登場してたのを思い出します。

「戦争に負けた国の奴の方が金持ちなのが納得いかん」

とか恨まれていた。ちなみにジェントリーの亡妻はイタリア人だった、という設定でした。60年代はまだ戦争の影が色濃かったのでしょうか。ジョン・レノンとオノ・ヨーコにイギリス中がヒステリー反応を起こしたのも仕方ないのかなあ。

ちなみに、ジョンの最初の妻シンシアが

「ダンナを寝取ったのはヨーコではなく歌手のアルマ・コーガン」

にしたかったのも、ウォーターズと似たような心理を感じずにはいられませんぐ。日本人に負けたのではない!と言いたかったのか?まあ、ジョンにとってヨーコが特別な存在であることが面白くないので、ちょっとでも価値を下げたくて必死な感じ~~www

別にどっちが先でも構わんとです。肝腎なのは、ジョンが女性達にインスパイアされて書いた曲がどんなものなのか、です。そして、お生憎様、それを書き変えるに足るエピソードではなかった様です。

タグ: シド・バレット ジュリアン・コープ ケヴィン・エアーズ 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR