プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2017/01/12 09:30 yuccalina

シド・バレット評伝とディスりたい人達の話

去年読んで、ブログにどう書こうか、ずっと迷っていた本がこれ。

516XKGJVHXL__SX321_BO1,204,203,200_

Amazonで中古が安かったんで買っちゃった。DVD『シド・バレット・ストーリー』を先に見てたし、ナルホドナルホド、とすらすらと読めた感じですが、ショックな話も多いです。

情緒不安定からか、シドは歴代の彼女を殴ってたらしい。暴力はいかんよねえ。

それと、気になったんが、ケヴィン・エアーズが『O Wot A Dream』(1973年Bananamour収録)を歌った時の話として、

「シドとは会ったことないが、、」

と話したというくだりは、おやおや?

では1969年『Joy Of A Toy』時にあったとされるセッションは偽物なのかい?まあ、多分本にある発言が間違いか、ケヴィンの記憶違いってことすかね?

しかしですねっ!一番びっくらこいたのは、序文をこの人が書いてたことですっ!

julian23.jpg

ジュリアン・コープ

また、お会いしましたわね。そういや、ジュリアンの自叙伝、まだ、じぇんじぇん読んでませんわあ。

とか思ってるそばから、最近、パティ・スミスの『M Train』も買っちゃったのよね。



そう言う訳で、

今年の抱負は、溜まってる本を読む

です。

最後にまたシド・バレット評伝に話を戻します。シドとは関係ない話ですがが、ロジャー・ウォーターズの父親がイタリアで戦死したという記述にも、おやおや?

「俺の父親は日本兵に殺された」

初来日のインタビューでの開口一番がこれ!

と言うのは渋谷陽一がラジオで言っとった。以来、

ロジャー・ウォーターズって見た目だけじゃなくて中身もブスっぽいな。

と思ってた私ですがが、さらに嫌いになりますたwww

イタリアで亡くなったのなら日本兵はありえませんねえ。多分恨む相手、ディスる相手として、

イタリア人<日本人

の方が都合が良いから、勝手に脳内変換したのでしょうか?

とか、どーでも良いことに突っ込んでごめんなさいね。

そう言えば、ジュリアンが日本贔屓の理由として、

「敗戦でボロボロになったのに、立ち直ったのが素晴らしい」と言ってましたが、彼がクラウト(ドイツ)・ロックのファンでもあったのは、そう言う意味もあるのでしょうか。ウォーターズとは世代が違うので、感覚も違うんでしょうねえ。昔見た『孤高の警部ジョージ・ジェントリー』というちょっと恥ずかしい邦題の刑事ドラマは、60年代のロンドンが舞台だったんですが、ドイツ人が嫌われ者として登場してたのを思い出します。

「戦争に負けた国の奴の方が金持ちなのが納得いかん」

とか恨まれていた。ちなみにジェントリーの亡妻はイタリア人だった、という設定でした。60年代はまだ戦争の影が色濃かったのでしょうか。ジョン・レノンとオノ・ヨーコにイギリス中がヒステリー反応を起こしたのも仕方ないのかなあ。

ちなみに、ジョンの最初の妻シンシアが

「ダンナを寝取ったのはヨーコではなく歌手のアルマ・コーガン」

にしたかったのも、ウォーターズと似たような心理を感じずにはいられませんぐ。日本人に負けたのではない!と言いたかったのか?まあ、ジョンにとってヨーコが特別な存在であることが面白くないので、ちょっとでも価値を下げたくて必死な感じ~~www

別にどっちが先でも構わんとです。肝腎なのは、ジョンが女性達にインスパイアされて書いた曲がどんなものなのか、です。そして、お生憎様、それを書き変えるに足るエピソードではなかった様です。
スポンサーサイト

タグ: シド・バレット ジュリアン・コープ ケヴィン・エアーズ 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/12/31 19:34 yuccalina

何だか元気になる映画『フランシス・ハ』で書き収め

今年最後の更新は映画にしました。『フランシス・ハ』って結構話題になってた映画みたいですね。情報に疎いので全然知りませんでしたが、、。



上の画像をクリックするとインスタの投稿に飛びますので、よろしかったらどんぞ。



主人公フランシスはモダンダンスカンパニーの研修生27歳。プロのダンサーになる夢もそろそろ怪しくなってきた、微妙なお年頃。片付けが下手だったり、あれこれ話題が変わったり、知らないうちにケガしてたり、注意力欠陥気味なのは、ダンサーによくあるタイプです。それに、自分とも重なる部分があるので、そこで一気に入り込んでしまいますた。

ルームメイトで親友のソフィーを演じてるのがスティングの娘だったり、カンパニーの同僚レイチェル役がメリル・ストリープの娘だったりと、何気に豪華なキャストだったりもしますが、ハリウッドよりも、サンダンス映画の香りがする作品です。現代の話なのに全編モノクロとか、フランシスの日常を淡々と追う展開とかも。やはり私の好きなタイプ。

そして何よりもガツンと来たのが、レオン・カラックスの『汚れた血』のオマージュと思える、デヴィッド・ボウイーの『モダン・ラヴ』のシーンです。ここだけで、何度もリピしちゃいますたわ。



ちなみに『汚れた血』はこちら。



ソフィーには友情というよりは依存気味だったフランシスは、ある日ルーム・シェアを解消され、さらにソフィーの婚約に直面し、独り立ちを余儀なくされます。あっちこっち転がりながらも成長していく姿を見て、何だか元気になりました。

最後はダンサーを諦めて、才能があると言われた振付師の道を踏み出すのですが、モダンダンスを作る人間のキャラ設定としては、ピッタリハマってる気がしました。それは、

ソフィーがフランシスを親友と思いながらも「いつも張り合っていた」と告白するシーンで、キョトンとしてたところ。

人と競争しない、計算しない素直な性格ってのは、自由なモダンダンスの世界にはピッタリなんですよね。綺麗に纏めようとしない方が面白くなる世界ですから。逆にフランシスがソフィーを「いつも人ジャッジしてばかりいる」とクレームする場面もありました。ソフィーはマスコミで働く女性ですので、そうでなくちゃいかん訳ですけど。

こんな二人だからこそ、相性ピッタリなんでしょうけどね。

一時期ルームシェアをしながらもロマンスがなかった男性ベンジーとも、最後は何だか良い雰囲気で、今後の進展を期待させるような終わり方も良かったですが、何と言ってもエンディングの、タイトルの意味が分かるカットに思わずニンマリでした。

あ~やっぱり注意力欠陥ですな~。私もやりそうなミスだな~!

見た後でとっても元気になる映画。そして、またダンスが見たくなっちゃった。そんな訳でインスタでは、アルヴィン・エイリーの画像と組み合わせているのですた。

それでは、皆さま良いお年を。

タグ: コンテンポラリーダンス

テーマ:何回も見たくなる映画 - ジャンル:映画

2016/12/28 13:30 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.3

johnseba1.jpg

Lovin' SpoonfulのCDボックスを順に紹介しております。今回は名作の誉れ高い『Hums of the Lovin' Spoonful』です。オリジナルの収録曲は以下。クレジットが無いものは全てジョン・セバスチャン(ジョンセバ)作品で、今回動画を紹介してる曲は赤字にしております。

1. Lovin' You
2. Bes' Friends
3. Voodoo in My Basement
4. Darlin' Companion
5. Henry Thomas
6. Full Measure (Boone, Sebastian)
7. Rain on the Roof
8. Coconut Grove (Sebastian, Yanovsky)
9. Nashville Cats
10. 4 Eyes
11. Summer in the City (John Sebastian, Mark Sebastian, Boone)

10の作者に名を連らねているマーク・セバスチャンはジョンセバの弟さんで、彼のアイディアが曲作りにとても重要だったそう。6と10のスティーヴ・ブーンは主に作詞だと思いますが、彼はピアノを弾きながら曲のアイディアを出すこともあったそうです。

まずはオープニングの『Lovin' You』。実はこれが私の一番好きな曲でして、ギターが堪らなく好きなんです。勿論歌も良いのですが、気が付くとギターの音ばかり追ってます。特に間奏のとこが最高~~o(^▽^)o



なので、安っちいギターで自分もせっせと練習したりしております。

何だかんだ言って、スプーンフルはカントリーブルースっぽい曲が好きでして、『Darling Companion』もまあ、似たタイプの曲ですよね。こちらはかつてマグワンプスで仲間だったママキャスとのデュオVTR。



テレビ出演の映像でしょうね。

お次はドラマー、ジョー・バトラーの男前ヴォーカルシリーズで『Full Measure』です。



スティーヴ・ブーンの歌詞も『与える愛』の尊さについての心温まる内容。単に男女の愛だけじゃなくて、もっと普遍的と思えます。これは今年のクリスマスにも聴きました。

そして、再びTV出演のVTR行きますね。これは明らかに口パクですが、『Rain on the Roof』



この曲ではオートハープでなくアイリッシュハープを使用してるのですがが、楽器を手に入れた経緯が面白かったんです。66年のイギリスツアー中に、スプーンフルはアイルランドに招かれます。ギネスビールの御曹司(当時21歳)が「誕生日パーティーにLovin' Spoonfulを呼んでよ~!」とパパにおねだりしたらしく、グループはそこで演奏したと。んでダブリンの街角でアイリッシュハープを買って帰って出来た曲がこれであったと(以上ベスト盤CDのライナーより)。

曲自体も雨のロンドンだかダブリンをイミジして作ったんでしょうかね。何か可愛らしい曲ですよね。

そんで、もう一つ私が可愛い系の曲と思ってるのが『Nashville Cats』



こちらは生演奏してるようです。このTV映像も舞台セットが可愛いっすよね。

最後はNo.1シングルとなった『Summer in the City』です。この曲はかのヴェム・ヴェンダースに影響を与えたと言う点でも、私的にポイント高いです。インスタでも紹介しております。



間奏で車のクラクションや道路工事等の音をオーバーダビングして、都市であることを表現してるのですが、67年当時としては、意欲的な試みだったんではないでしょうか。こちらは、先のRain On The Roofと同じTV映像の様ですので、当然口パク。



クラクションの音に「アレレ?」とおどけて手をあげるジョンセバが何だか可愛いんです。スプーンフルの曲の中ではハードな感じだなー、と思ってたら、映画『ダイ・ハード3』に使用されてたそうですね。私は見たことない(ってかダイハードって1本も見てね~)ので、じぇんじぇん知りませんですたわ。

つー訳でいつかその4へ続く。

タグ: 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/12/25 14:51 yuccalina

映画関連インスタまとめ~『トミー』と『リストマニア』

インスタグラムを始めた当初は、ハンドメイド専用にするつもりだったんですが、結局ブログ同様色んなジャンルに首を突っ込んでおります。頻度は低いですが、映画ネタもチラホラと。

ケン・ラッセルもザ・フーも熱心なファンではないのに、なじぇか2本も見ちゃった。しかもミュージカルは苦手分野だというのにっ!





トミーはビートクラブとウッドストックのライヴで興味を持ちました。クラプトンやエルトン・ジョン、ティナ・ターナー等の豪華キャストも楽しみでしたが、歌うジャック・ニコルソンがさらに良かった。ただ、公開当時は自閉症への認識も薄かった為か、PTSDのトミーを「自閉症みたいになった」とかの説明されてたんですねえ。ちなみに、泣きも笑いも怒りもしない自閉症者なんて、私は一度も見たことないです。そして、お世辞にも童顔と言えないロジャー・ダルトリーが演じるトミー少年も微妙ですが、そこはおとぎ話チックに、リアリスムはてんで無視なんでしょうねえ。

ストーリーとあんま関係ないけど、オープニングで、軍事工場で働く母アン・マーグレットを見つつ、そうかあ、イギリスって日本とも戦争してたんだよなあ、とか、思うところも色々ありましたわ。


一方の『リストマニア』は、日本ではDVD化されてないレア映画として、CSの映画チャンネルで見ました。



ハンサムでもない上に巻き毛のロジャー・ダルトリーが、19世紀の伊達男ピアニスト、フランツ・リストを演じたのもビミョーー。演奏旅行した各地で女性と関係しまくって、子供を作り捲くってたのは本当らしいので、もっとイケメン俳優使えば良かったのに~!とかケン・ラッセルに望んではいかんのでしょうねえ。わざとインチキ臭い、パッと見イケメンと間違えそうな線を狙ってのダルトリーなのでしょうか。

って、私ってばダルトリーをディスりまくってますね。スミマセン。

でも、名曲『愛の夢』のシーンでチャップリンの真似させたりしてるから、やっぱりイケメンに描く気は毛頭なかったんじゃね?



そして、ワーグナーは悪魔に取りつかれた邪悪な音楽家!とする荒唐無稽なストーリーは、後年ナチスがワーグナーを国威発揚に使ったからなんでしょうね。何か見ててワーグナーが可哀想でしたわ。

最後も『愛の夢』で幕が閉じるのですが、愛人を率いてロケット飛行のリストは、さながら戦隊ヒーローですた。このスペーシーな感じも70年代っぽくあり、サイケデリックでもあり。



クラッシック曲をロック調にアレンジしたのはイエスのリック・ウェイクマンで、チョイ役で出演もしております。リストにワーグナーの悪魔祓いを命じる法王役は、リンゴ・スター。リンゴって何気にカルト映画に一杯出演しておりますわね。『キャンディ』で助べえな庭師やってたのを思い出しました。

とか、大した話はありませんでしたが、珍しい映画を見たので、取り敢えず記録しておきますね。


テーマ:カルト映画 - ジャンル:映画

2016/12/19 19:10 yuccalina

ハンドメイド関係Instagramまとめ

ブログ更新は相変わらず滞り気味ですが、ハンドメイドの方は順調に進んでおります。

前回紹介したもみの木模様のバッグは、お陰様で赤黒共に売れました。



クリスマスを意識して作った為、25日過ぎても売れ残ったら困るなあ、と思ってたので、ホッとしました。

以下は、その後の製作及び納品の投稿です。







茶色のバッグは花柄プリントのヴィンテージファブリックを初めて使用したものでして、今後もこういった柄物と刺繍の組み合わせに挑戦して行きたいと思っております。今回は試作品でもあるのですが、無事嫁入りしてくれると良いなあ。

それでは、また(^o^)/





タグ: 刺繍 トランシルヴァニア 東欧

テーマ:*刺しゅう* - ジャンル:趣味・実用

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR