プロフィール

yuccalina

Author:yuccalina
自閉症の息子(14才)と、エンジニアの夫との3人暮らしのアラフィー主婦です。45才でヨガ指導者スクールを卒業し、現在地元で極々細やかな教室を開催。

一方、トランシルヴァニア(カロタセグ地方)の伝統刺繍、イーラーショシュのステッチを用いた雑貨『Yuccalina Erdő=ユッカリーナ・エルドゥ』の制作も行っています。

ミンネ・ギャラリーにて作品展示中。

ブログでは主にハンドメイド、ガーデニングに加え、10代から親しんできたロック音楽に、映画、本等について綴っています。

月別アーカイブ
リンク

ユッカリーナのヨガ的雑記帳


2016/11/24 08:50 yuccalina

進化論はヒトへの戒め❓~不定期便『哲子な部屋』その3

皆さん今日は何の日かご存知でそか?

1859年の今日、ダーウィンの『種の起源』が刊行されたんですのよ、奥さんっ!!

『種の起源』チャールズ・ダーウィン(Amazon co.jp商品情報)
shunokigen.png

って、じぇんじぇん世間話っぽくないですわね。今朝の朝日新聞、私的ツボコラムである『福岡伸一の動的平衡』のタイトルは”進化し続ける生命 ヒトへの戒め”です。以下は引用(下線はブログ主による)。

進化論が生命観としてすばらしいのは、ヒトがサルから進化したことを指摘したからではなく、生命が常に動的なものだという真実を指摘したところにある。我々ヒトは、生命の頂点に位置する完成形では決してない。これまでもずっと変化し、これからもずっと変化す続ける生命の、未完成な一形態として、永遠の現在進行形にあるものだ。

福岡先生のコラムは文章は分かりやすい上に、文学的であるのも魅力なんですが、今回は宗教について、哲学的な鋭い指摘があったことに注目いたしました。

前半で、

「ヒトの祖先がサルだなんんてけしからんっ!」

と憤慨し、学校で進化論を教えることに反対する、アメリカの保守的キリスト教勢力に言及しているのですが、最後にこう結ぶのです。

これから何百万年かの後地球に君臨している生物は・・・・・・・自分たちがヒトから進化したことに憤慨しているかもしれない。しかし彼らもまた不完全な生命体として祈りを必要としているだろう。つまり進化論と宗教は対立していない、謙虚さを悟る意味でも進化の物語は大切なのである。

祖先がサルで憤慨するのは、ヒトが完成形と驕ってるから。人間は不完全だからこそ、祈りが必要であることも、宗教の本質が祈りであることも、どこかで忘れがちではないのかい?宗教を言い訳に好き勝手やってるヒトの蛮行を戒めよう!とまでの語気強さはありませんけど、科学の世界には、見習うべく謙虚さがあるってことかもしれませんね。

それと、”永遠の現在進行形”ってのも良いですね。常に流れを重視するヨガの世界観とも通じるものがありますから。

(いつかその4へ続く)
スポンサーサイト

テーマ:哲学/思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016/11/23 13:46 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.2

johnseba1.jpg

ラヴィン・スプーンフルのCDボックスを順に紹介しております。今回はセカンド『Daydream』ですが、アメリカでのリリースが1966年3月で、ファーストが前年の11月ですから、半年も経ってないんですね。こりゃあ働かせ過ぎだろ~❓と突っ込みたくなりますが、そういう時代だったんでしょうね。ビートルズもストーンズも皆、馬車馬のように働かされていたのか❓いや若い彼等にとっては、自分等の音楽がレコードになるなら、嬉々としてレコーディングしまくっていたのか。

といきなりクレーマーですみませんが、オリジナルの収録曲は以下。Wikiからのコピペです。クレジットがないものは全てジョンセバ(ジョン・セバスチャン)作品。赤字は今回動画を紹介してる曲です。

1. "Daydream"
2. "There She Is"

3. "It's Not Time Now" Sebastian, Zal Yanovsky
4. "Warm Baby"
5. "Day Blues" Joe Butler, Sebastian
6. "Let the Boy Rock and Roll" Butler, Sebastian
7. "Jug Band Music"
8. "Didn't Want to Have to Do It"
9. "You Didn't Have to Be So Nice" Steve Boone, Sebastian
10. "Bald Headed Lena" Willy Perryman, Edward Sneed

11. "Butchie's Tune" Boone, Sebastian
12. "Big Noise from Speonk" Boone, Butler, Sebastian, Yanovsky

つー訳でカバーは10の1曲だけ!プロデューサーのエリック・ジェイコブセンから曲を作ってみたら?と勧められるまで、演奏に専念していたというジョンセバですが、作曲の才能が一気に開花した!という感じです。

彼の曲作りは例えば

『魔法を信じるかい❓』はマーサ&ヴァンデラスの『ヒートウエイヴ』にあった規則的なコード進行を真似て作ってみた(本人談)

と言う具合に誰それからの影響を決して隠さないのですが、テイストを真似つつもちゃんとオリジナリティーがあるのが凄いと思います。シングルヒットした『Daydream』もスプリームスの『愛はどこへいったの❓』の影響を受けているそうで、そのお話はインスタでも投稿しました。



このCDにはデモ版も収録されてましたので、まずはそちらから。



冒頭で「テイク6」と言うてますが、もうこの段階で既に名曲!ですよ。

そんで、もう1本は多分イギリスのテレビ番組の映像。



画質も音も良くないし、なんか微妙にズレてますが、自分用に貼っときます。

次もTVの映像から、ザル・ヤノフスキーがリード・ヴォーカルの『Bald Headed Lena』です。



スプーンフルはTV出演の動画が結構残ってて、見るのが楽しいんですが、口パクじゃなくてちゃんと演奏してるのも多いのが嬉しいですね。まあ、その分、この曲の聴きどころでもある”うがいしながら歌う”とこが無いんですけどね。ちなみにザルは『It's Not Time Now』でも、ジョンと一緒にリードを取ってます。

そして、こちらもシングルヒットになった『うれしいあの娘=You Didn't Have To Be So Nice』ですが、私はスプーンフルの曲ではこれが2番目に好きです。ちなみに『魔法を信じるかい❓』と『Daydream』は4,5番目くらいなんで、1番はまだ出ておりませんぐ。なじぇならそれは、サードアルバムに入ってますから。と話が逸れましたが、『うれしいあの娘』はイントロのチャイムの音を聴いただけでも、ウキウキしてしまいますね。ベースのスティーヴ・ブーンが鳴らしてるそうですが、彼の作詞でもあります。良い仕事してます。で、この動画は明らかにイギリスのTVでして、MCがハーマンハーミッツのピーター・ヌーンみたいです。



ロンドンだのリヴァプールだののセットがベタですが、これはカラーで見たかったですね。チャイムの音聞こえるからこれは口パクなのかと思ったんですが、歌はどうも歌ってるっぽいのが謎です。

そこでもう1本。こちらのアメリカのTV映像は明らかにライヴです。『魔法を信じるかい?』と2曲続いてる動画です。



最初にやり直ししてますもんね(^o^)

しかし、女性ファンがキャーキャーやかましそうで、これじゃ演奏が聞こえないかも?それと音楽とは関係ないですがが、ジョンセバのパンツの丈が気になるなあ。足首が出てるハンパ丈は、もしやオサレなのか❓

さて、前回ドラマーのジョー・バトラーを男前ヴォーカルとして紹介しますたが、今回も2曲歌っております。『Butchers' Tune』も良いんですが、『There She Is』にしました。



そして、最後はブルース色が強いインスト曲でアルバムエンディングでもある『Big Noise from Speonk』です。



これを運転中に聴いてると、ついブルース・ブラザーズ宜しくドリフト駐車したくなってしまいますがが、勿論そんなん出来ませんぐ!気持ちだけね(^_^;)

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

2016/11/14 10:50 yuccalina

『レッキング・クルー』とレオン・ラッセル

インスタグラムでちょこちょこ投稿している音楽や映画ネタの書き足りない部分は、折を見てブログでフォローしていこうと思っています。

つー訳で『レッキングクルー』のDVD買っちゃいました。ボーナストラックではなく、丸々一枚ボーナス盤の2枚組です!



上記インスタの写真にも載せてますが、右下の『マッスルショールズ』と『永遠のモータウン』も併せて見てほしいものです。これで50~70年代のアメリカンロック&ポップスの大半が分かると言っても過言ではない?



そんで、『永遠のモータウン』の記事を書いてた時に知ったのですが、実はこのレッキングクルーのメンバーと、ファンク・ブラザーズのメンバーは結構被ってたそうですね。当時ベーシストのキャロル・ケイが自分等に全く触れられてなかったことに、モノ申したとか。ま、黒人を描く映画において、白人のお手柄は最小限に留めたい的な、悪く言えば逆差別、良く言えば演出は、これまでもあちこちで散見しておりますた。『グローリー明日への行進』で白人の公民権運動家ダイアン・ナッシュを、アフリカ系女優が演じてたとか(記事はこちら)、『キャデラック・レコード』でレナード・チェスが守銭奴のエロ爺扱いだったとか(記事はこちら)、

なので、モータウンではガン無視されたキャロル・ケイが、今回はほぼ主役扱いで良かった良かった。勿論、ドラマーのハル・ブレイン、トミー・テデスコ(ギター)もフィーチャー。監督は彼の息子のデニー・テデスコで、映画を撮るキッカケとなったのは、父が癌を患ったから。20年の歳月をかけて、まとめ上げられた壮大なドキュメンタリーです。

私はBS-TBSの音楽番組『Song To Soul』を良く見てるので、レッキングクルーのメンバーや当時活躍していたアーティスト、フィル・スペクターを筆頭とするプロデューサー等の予備知識が若干ありました。なので、ロネッツ、ビーチボーイズ、ママス&パパス、ライチャス・ブラザーズのヒット曲の話はとても興味深かったです。しかし、逆に言えば、いきなりこの映画だけ見ても、登場人物が多すぎて、情報を整理するのが結構難しいのではないか?とも思います。その辺りを補う為にも、ブックレットをもう少し充実させてほしかったです。

バーズの『ミスター・タンブリンマン』では、ロジャー・マッギンしかギターを弾かせてもらえなかった話はビックリでした。バーズでさえスタジオミュージシャン頼みだったんですねえ。マッギン曰く

「彼等なら数時間で終わるが、自分達だけでやった『ターン・ターン・ターン』は77回目でやっとOKが出た」

ってことは、やはりレコード会社の予算削減の意味合いもありそうですね。で、後にバンド主体で曲作りをし演奏もする流れを作ったバンドとして、バッファロー・スプリングフィールドが挙げられていたのが印象的でした。そのお蔭でスタジオミュージシャン達の仕事はどんどん減っていったと。

で私は、実はラヴィン・スプーンフルが先端を行ってたのでは?とも思いましたよ。あ勿論、私の贔屓目もありますけど、ジョンセバが

「ビーチボーイズもバーズもレッキングクルー使ってけど、僕等は自前で演奏してたもんね!」

と自慢したくなる気持ちも良く分かったんですね。60年代にスプリームスと一緒にツアー出来たのも、ファンク・ブラザーズの演奏と並べて遜色ない技量が無ければ、出来なかったってことなんでしょうね。今、スプーンフルのCDボックスのボーナストラックを聴きながら思うんですが、あの時代のアメリカのバンドでアウトテイクが残ってるのって、かなり少ないのかもしれません。

さて、レッキング・クルーの中から、アーティストとして独立したギタリスト、グレン・キャンベルのお話が出てきましたが、あれ?レオン・ラッセルは?インタヴューには登場してましたが、話の中心にはなってなかったのが残念です。13日に他界されたそうですね。スワンプロックについてはこれまでちょこちょこ書いてましたが、彼のことは全然触れてなかったなあ、と思い出しました。それはまた別の機会に、ということで。



合掌。

テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

2016/11/06 21:55 yuccalina

ハンドメイド関係Instagramまとめ

インスタグラムに投稿した写真のまとめです。それぞれ写真をクリックすれば、記事を見ることができます。









クリスマスを前に、トートバッグを3つにブローチ、オーナメント兼バッグチャーム等、頑張って沢山作ってみましたよ。すべて、谷中の東欧雑貨クリコさんに納品しました。

がっ、お店は18(金)まで、ヨーロッパへ買い付けの為、お休みだそうです。

ところで、最後のマスタードイエローのバッグなんですが、インスタ投稿の後で、オマケのタッセルブローチを付けたので、ここで紹介しておきますね。

DSC_0266.jpg
DSC_0258.jpg
DSC_0259.jpg

付ける場所を変えて、色々楽しんでもらえたら良いなと思います(^o^)/

タグ: トランシルヴァニア 東欧 刺繍

テーマ:*刺しゅう* - ジャンル:趣味・実用

2016/10/31 14:00 yuccalina

I am lovin' Lovin' Spoonful Vol.1

以前予告した通り、ラヴィン・スプーンフル(以下スプーンフルと略)のCDボックスのアルバムを順番に紹介していきます。

johnseba1.jpg

普段は余り有名でないアーティスト及び音楽について書くことが多いので、このようなメジャーなやつは逆に身構えちゃいますなあ。もし、間違ってること書いてたら、 ジャンジャン指摘してくださいまし。

つー訳でデビュー曲『Do You Believe In Magic』がいきなり大ヒットのファーストから。

正確には、それ以前にエレクトラレコードで録音した『Good Time Music』など数曲があるんですがが、ちゃんとボーナストラックで入ってるのも嬉しいねえ🎵😍🎵

実を言えば、私が一番最初にジョン・セバスチャン(以下ジョンセバと略)作品と認識して聴いた曲は、ボ・ブランメルズによるこの曲のカバーだったりするのよねん。

とか言いつつ、今回はオリジナルの収録曲に関してしか書きませんぐ。

つー訳で、以下に収録曲を。デビューアルバムの半分以上がカバーで、ブルースものが多いです。

1. Do You Believe in Magic*
2. Blues in the Bottle
3. Sportin' Life
4. My Gal
5. You Baby
6. Fishin' Blues
7. Did You Ever Have to Make Up Your Mind?*
8. Wild About My Lovin'
9. Other Side of This Life
10. Younger Girl*
11. On the Road Again*
12. Night Owl Blues**

*印がジョンセバの作品で、**が4人の共作名義、そして今回動画紹介する曲は赤字にしてみますた。

で、最初はやっぱ『魔法を信じるかい❓』からにしまそうね。



オートハープを抱えて歌うジョンセバは、私のツボなんですが、後ろで踊るミニスカギャルにも時代を感じますねえ。

ん❓スクールメイツか、ザ・バーズか❓

って感じなんですがが、要するに、ニッポン歌謡界はこんなとこも英米の真似してたんだなー、と分かって面白いんです。

という流れからの、『My Gal』



カッコいいよねー。50年代のヴィンテージなロケンロールを思わせる、ブルースナンバー。

そして、ロネッツのカバー『You Baby』を歌うはドラマーのジョー・バトラー。



昔はジョーのヴォーカルに全くノーマークだったことに気付きましたわ。次もジョーが歌うフレッド・ニールの『Other Side of This Life』



これも好き。なんつーか、歌声が二枚目なんだよね。魅力的な良い声してると思う。

てのを踏まえつつ、次の動画をご覧くださいまし。



スプーンフル、テレビでビートルズの『ヘルプ!』を歌うの巻。中心はジョー・バトラーなんです。

やっぱ、バンドでももっと歌いたかったのかな❓YouTubeのコメント欄では、

「ジョーは良い声してるんだから、もっと歌えば良かったのに~!」

と言う書きこみを複数見かけますた。

そうそう、ザル・ヤノフスキーも歌える子だったからさ、スプーンフルも上手くやれば、ザ・バンドみたいにリード・ヴォーカルを分担しても良かったかも❓

あ、でも曲作りは殆どジョンセバだったから、それは難しかったかもね。ちなみにベースのスティーヴ・ブーンは作詞をしてたそうですが、彼だけリード・ヴォーカル取ってないのよね。見かけからして奥ゆかしく、影で支えるミスターベースマンだったらしい、、。

で、歌声が一番男前なのはジョー・バトラーで、ザルはコミカル担当。ジョンセバはその中間で、親しみやすく暖かみを感じる歌声。ブルースシンガー気取りでない感じがも良いのです。

インスタにも書きますたが、『Fishin' Blues』と『Blues In The Bottle』は多分私が初めて良いなと思ったブルース曲で、ジョンセバの歌声も陽気な感じでブルーな部分がないのが、入り口としては逆に良かったんだとおもいますです。

で、50過ぎて聴き直してみたら、ブルース系の曲では、インストルメンタルの『Night Owl Blues』が一番好きかも。



若い頃は余り印象に残ってなかったものだが、ジョンセバのブルースハープ、メッチャカッコいいじゃないですか。タイトルは勿論、彼らの育った、そしてディランでも有名なグリニッチヴィレッジのカフェの名前から。

さて、あの時代のアメリカにおいて、スタジオミュージシャンの力に頼らず、バンドとしてレコーディングをしていた意義は大きいと思います。レッキングクルー全盛期、音楽の中心は西海岸へと移っていく中で、スプーンフルはニューヨークで頑張ってたんだなあ。電子楽器や録音技術が未熟な時代にあって、バンドの力だけで様々なアイディアを持ってたんじゃないでそか❓オートハープとかカズーとか、それまでロックで使用されなかった楽器、ジャグバンドで使われる小道具等遊び心があって楽しいのがスプーンフルの良さですね。

テレビ出演映像からすると、アイドル的人気があったみたいです。『Did You Ever Have To Make Up Your Mind❓』は、いかにも60年代なひな壇で演奏するパターンで、勿論口パクでそね。



お調子者ザルがカメラ目線で、かなり慣れてる感じです。アメリカにもビートルズ旋風がやって来て、アメリカのバンドもスーツ着て似たような髪型してたりしたけど、スプーンフルはボーダーTシャツがトレードマークですた。それが逆にイギリスで受けた、というのも面白いですね。

超男前はいないけど、4人ともそこそこシュッとしてて、ブスがいないこと。4人のタイプが違ってること。等、受け入れられやすい要素だったのではないか、と思います。そして、そんな4人の仲良しな雰囲気は、一番重要な、ジョンセバの書くハッピーでウキウキする歌にピッタリとマッチしていたんだと思います。

つー訳で、次回はそのジョンセバ曲の魅力がパワーアップするセカンド『Daydream』です。


お読み頂きありがとうございました。
↓宜しかったらポチお願い致しますm(__)m

blogram投票ボタン

タグ: 60年代

テーマ:60年代から70年代のPOPs & ROCK - ジャンル:音楽

ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
最新トラックバック
ユーザータグ
フリーエリア
RSSリンクの表示
Web page translation
QRコード
QR